There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T22-Intro 救済と神聖な関係

0   0





第二十二章 救済と神聖な関係の序論をご紹介します。




特別な関係は、自分が完全ではない欠落した存在であるとの思いから、外にそれを完全なものにしてくれる偶像を求め、自分に欠乏しているものを備えているように見える他者の中から、自分に欠けているものを奪い取って、自分を補完して完全になろうという欠乏の原理に基づく関係です。

エゴの教育によって、この世界では、特別であることに価値があり、凡庸であることにはあまり価値を置かれません。

「あなただけ!」

「君だけ!」

「選ばれた存在」

とかいう言葉が私たちは大好きです。

スーパーでも、特別セールになっていると必要もないものを買ってしまったりします。

でも、特別性がエゴの策略によって、欠乏を信じさせられて、他者から自分に足りないものを奪い取ろうとする思いだとしたら、誰かを特別な存在として扱ったり、自分が誰かに特別な存在として見られることは、表面上はきれいに見えても、裏側では相手から吸い取れるだけ吸い取ってやろうというエゴの働きによるのだということになります。

「They stay until they think that there is nothing left to steal, and then move on.
 彼らは、お互いに相手から盗むことができるものが無くなったと思えるときまでは関係を続けますが、そのあとは、次の相手に移ります。」

 And so they wander through a world of strangers, unlike themselves, living with their bodies perhaps under a common roof that shelters neither; in the same room and yet a world apart.
 そうして、彼らは自分とは似ていない異邦人の世界をさまようことになります。彼らは身体だけは、どちらにも安らぎの場にならないひとつ屋根の下で暮らしますが、同じ部屋にいたとしても別の世界にいるのです。」




特別な関係と神聖な関係が参考になると思いますので、ご一読ください。


Chapter 22 SALVATION AND THE HOLY RELATIONSHIP
第二十二章 救済と神聖な関係




Introduction
序論



1. Take pity on yourself, so long enslaved.
 こんなにも長い間、奴隷となって生きてきた自分自身を哀れむがよいでしょう。

 Rejoice whom God hath joined have come together and need no longer look on sin apart.
 神に結び合わされし者よ、神に一緒にしてもらって、もうこれ以上、別々にを見つめる必要がなくなったことを喜びなさい。

 No two can look on sin together, for they could never see it in the same place and time.
 どんな二人であろうと、二人揃ってを見ることはできません。なぜなら、二人が、同じ場所、同じ時間にを見ることは絶対にできないからです。

 Sin is a strictly individual perception, seen in the other yet believed by each to be within himself.
 は、完全に個人的に知覚することです。相手の中にがあるものと見ながらも、各自は自分自身の中にがあると信じています。

 And each one seems to make a different error, and one the other cannot understand.
 そのうえ、それぞれが違う過ちを犯すように見え、そして、その誤りは、相手には理解できないもののように思えます。

 Brother, it is the same, made by the same, and forgiven for its maker in the same way.
 兄弟よ、その誤りは同じものです。同じである者が犯したものであるし、それを犯した者のために同じ方法で赦されるものです。

 The holiness of your relationship forgives you and your brother, undoing the effects of what you both believed and saw.
 あなたの関係の神聖さが、あなたとあなたの兄弟を赦し、あなたたち二人が信じて見たと思っているものの結果を取り消してくれます。

 And with their going is the need for sin gone with them.
 そして、その結果が消えていくにつれて、罪の必要性も一緒に去ってしまいます。





2. Who has need for sin?
 罪を必要とするのは誰でしょうか。

 Only the lonely and alone, who see their brothers different from themselves.
 それは、ひとりぼっちで孤独な者たち、すなわち、自分の兄弟のことを自分自身とは違うものと見ている者たちだけです。

 It is this difference, seen but not real, that makes the need for sin, not real but seen, seem justified.
 兄弟が自分と違うように見えているとはいえ、それは本当のことではありません。しかし、この兄弟との違いこそが、実在せず単に見えているだけの罪を必要とすることを正当なものに見せています。

 And all this would be real if sin were so.
 そして、もし罪が必要なものだとすれば、こうしたことはすべて本当のことになるでしょう。

 For an unholy relationship is based on differences, where each one thinks the other has what he has not.
 なぜなら、神聖でない関係は、各自の相違に基盤を置いており、その関係においては、二人は互いに相手は自分が持っていないものを持っていると思い込んでいるからです。

 They come together, each to complete himself and rob the other.
 二人が一緒になるのは、各自が自分に欠けているものを相手から奪って、自分自身を補って完全になろうとするためです。

 They stay until they think that there is nothing left to steal, and then move on.
 彼らは、お互いに相手から盗むことができるものが無くなったと思えるときまでは関係を続けますが、そのあとは、次の相手に移ります。

 And so they wander through a world of strangers, unlike themselves, living with their bodies perhaps under a common roof that shelters neither; in the same room and yet a world apart.
 そうして、彼らは自分とは似ていない異邦人の世界をさまようことになります。彼らは身体だけは、どちらにも避難所にならないひとつ屋根の下で暮らしますが、同じ部屋にいたとしても別々の世界にいるのです。

名称未設定


3. A holy relationship starts from a different premise.
 神聖な関係は、それとは異なる前提からスタートします。

 Each one has looked within and seen no lack.
 二人とも、自らの内面を見つめはしましたが、そこに何の欠乏も見はしませんでした。

 Accepting his completion, he would extend it by joining with another, whole as himself.
 その人は、自分が完全であることを受け入れているので、彼は自分の完全性を、自分と同様に完全な存在である相手とひとつに結びつくことによって拡張しようとします。

 He sees no difference between these selves, for differences are only of the body.
 彼は、自分たちの小さな自己の間に何らの違いも見てはいません。というのも、相違というものは、ただ身体のみに属するものだからです。

 Therefore, he looks on nothing he would take.
 それゆえ、彼は相手の中に、相手から取り上げて自分のものにしたいと思うものを何ひとつ見ることはありません。

 He denies not his own reality because it is the truth.
 彼は、自分の本当の姿を否定しません。なぜなら、彼自身の真実の姿こそが真理だからです。

 Just under Heaven does he stand, but close enough not to return to earth.
 彼は、天国のすぐ下に立っていますが、そこは地上に戻らなくて済むくらい十分に天国に近づいた場所です。

 For this relationship has Heaven's holiness.
 というのは、このような神聖な関係天国の神聖さを備えているからです。

 How far from home can a relationship so like to Heaven be?
 それほどまでに天国に似た関係が、わが家である天国から、どれほど離れていることができるでしょうか。





4. Think what a holy relationship can teach!
 神聖な関係が何を教えることができるか考えてみてください。

 Here is belief in differences undone.
 神聖な関係において、違いがあるという信念が取り消されます。

 Here is the faith in differences shifted to sameness.
 神聖な関係において、信頼を置く対象は相違点から同一性へと移行します。

 Reason now can lead you and your brother to the logical conclusion of your union.
 そうなると、理性はあなたと兄弟を導いて、あなたたちがひとつに結ばれているという論理的な帰結に連れて行くことができるようになります。

 It must extend, as you extended when you joined.
 あなたたちがひとつに結びついたときにあなたが拡張したように、この結びつきは拡張していくに違いありません。

 It must reach out beyond itself, as you reached out beyond the body, to let yourselves be joined.
 あなたが身体を越えて拡張したように、あなたたち自身がひとつになれるように、神聖な関係における結びつきは、それ自体を越えて拡張していくに違いありません。

 And now the sameness that you saw extends and finally removes all sense of differences, so that the sameness that lies beneath them all becomes apparent.
 そして、今や、あなたの見た同一性は拡張していき、最終的に、すべての相違の感覚を取り除きます。それによって、相違の感覚の下に隠れていた同一性がすべて表面に現れてきます。

 Here is the golden circle where you recognize the Son of God.
 ここに黄金の輪があり、その輪の中で、あなたは神の子に気づくことになります。

 For what is born into a holy relationship can never end.
 なぜなら、神聖な関係の中に生まれたものは絶対に終わることがありえないものだからです。


名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/316-588cc33a
該当の記事は見つかりませんでした。