There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン140「ただ救済だけが治癒と言うことができる。」

レッスン140です。

今日のテーマは「ただ救済だけが治癒と言うことができる。」です。





Lesson 140


Only salvation can be said to cure.
ただ救済だけが治癒と言うことができる。



1. "Cure" is a word that cannot be applied to any remedy the world accepts as beneficial.
 「治癒」は、この世界が効果があると受け入れているいかなる治療法にもあてはまりません。

 What the world perceives as therapeutic is but what will make the body "better."
 この世界で治療法として知覚されているものは、単に身体を「よりよく」するだけのものです。

 When it tries to heal the mind, it sees no separation from the body, where it thinks the mind exists.
 この世界の治療法では、心を癒そうとするとき、この世界が心がその中に存在すると思っている身体から心を切り離して見ることはありません。

 Its forms of healing thus must substitute illusion for illusion.
 したがって、この世界の治療法の癒しの形態は、幻想を代用の幻想で置き換えようとすることであるに違いありません。

 One belief in sickness takes another form, and so the patient now perceives himself as well.
 ある病気の信念が別の形を取ることで、患者はもう自分がよくなったものと知覚します。




2. He is not healed.
 その患者は癒されてなどいません

 He merely had a dream that he was sick, and in the dream he found a magic formula to make him well.
 彼は単に、自分が病気だという夢を見ていて、その夢の中で、自分を快方に向かわせる魔術的な解決法を見つけただけです。

 Yet he has not awakened from the dream, and so his mind remains exactly as it was before.
 しかし、彼はまだその夢から目を覚ましていません。だから、彼の心はまったく以前のまま変わっていません。

 He has not seen the light that would awaken him and end the dream.
 彼はまだ、自分を目覚めさせて夢を終わらせる光を見てはいません。

 What difference does the content of a dream make in reality?
 夢の中身が変わったからといって、現実において何の違いがあるというのでしょうか。

 One either sleeps or wakens.
 人は眠っているか目覚めているかのどちらかです。

 There is nothing in between.
 眠りと覚醒の中間などありません。




3. The happy dreams the Holy Spirit brings are different from the dreaming of the world, where one can merely dream he is awake.
 聖霊がもたらしてくれる幸せな夢は、この世界で夢見ているものとは違った形の夢です。この夢の中では、人は自分が目覚めていると夢見ることしかできません。

 The dreams forgiveness lets the mind perceive do not induce another form of sleep, so that the dreamer dreams another dream.
 赦しが心に知覚させる夢は、夢見る者が別の夢を見るように別の形の眠りを引き起こしたりしません。

 His happy dreams are heralds of the dawn of truth upon the mind.
 聖霊の幸せな夢は、心に真理が姿を現してくる前兆です。

 They lead from sleep to gentle waking, so that dreams are gone.
 幸せな夢は、数々の夢を去らせるために、眠りから優しい目覚めへと導いてくれます。

 And thus they cure for all eternity.
 こうして、幸せな夢はすべてを永遠に癒してくれます。



4. Atonement heals with certainty, and cures all sickness.
 贖罪は確実に癒し、すべての病気を治します。

 For the mind which understands that sickness can be nothing but a dream is not deceived by forms the dream may take.
 というのも、病気が夢でしかあり得ないと理解する心は、夢がどのような形を取ろうとも、それによって欺かれることはないからです。

 Sickness where guilt is absent cannot come, for it is but another form of guilt.
 病気は、罪悪感のない場所にやってくることはできません。なぜなら、病気は罪悪感が取る別の形態だからです。

 Atonement does not heal the sick, for that is not a cure.
 贖罪は病気自体を癒すことはしません。というのも、それでは真に治癒したことにならないからです。

 It takes away the guilt that makes the sickness possible.
 贖罪は、病気を可能にする罪悪感を取り去るのです。

 And that is cure indeed.
 そして、それこそ本当の治癒となります。

 For sickness now is gone, with nothing left to which it can return.
 というのも、もはや病気は去り、病気が舞い戻ってこられるような何ものも残ってはいないからです。




5. Peace be to you who have been cured in God, and not in idle dreams.
 空疎な夢の中でではなく、神の中で癒されたあなたに平安がありますように。

 For cure must come from holiness, and holiness can not be found where sin is cherished.
 というのは、治癒は必ず神聖さから訪れるので、神聖さを罪が大切にされている場所で神聖さが見つかるはずがないからです。

 God abides in holy temples.
 神は、聖なる神殿に留まっています。

 He is barred where sin has entered.
 神は、罪の入り込んだ場所に入ってくることはできません。

 Yet there is no place where He is not.
 とはいえ、神の存在しない場所などどこにもありません。

 And therefore sin can have no home in which to hide from His beneficence.
 したがって、罪は神の恩恵から隠れて住む場所をどこにも持つことはできません。

 There is no place where holiness is not, and nowhere sin and sickness can abide.
 神聖さのない場所はどこにもありません。だから、罪と病気が留まることのできる場所などどこにもないのです。





6. This is the thought that cures.
 これが治癒をもたらす思いです。

 It does not make distinctions among unrealities.
 治癒をもたらす思いは、現実でないものの間に区別をつけることはしません。

 Nor does it seek to heal what is not sick, unmindful where the need for healing is.
 また、治癒をもたらす思いは、どこに癒しの必要性がるのかを気にかけもせずに、病んでもいないものを癒そうとしたりもしません。

 This is no magic.
 治癒をもたらす思いは魔術ではありません。

 It is merely an appeal to truth, which cannot fail to heal and heal forever.
 治癒をもたらす思いは、単に、真理に訴えかけるだけです。その真理が癒し損ねることはありえないし、永遠に癒してくれます。

 It is not a thought that judges an illusion by its size, its seeming gravity, or anything that is related to the form it takes.
 治癒をもたらす思いは、幻想の規模や見かけ上の重大さや幻想がとる形態が何であるかということによって、幻想を価値判断をするような思いではありません。

 It merely focuses on what it is, and knows that no illusion can be real.
 治癒をもたらす思いは、単に、それが何であるかということに焦点を合わせ、どんな幻想も本物になりえないと知っています。





7. Let us not try today to seek to cure what cannot suffer sickness.
 今日は、病を患うことのできないものを治そうとはしないことにします。

 Healing must be sought but where it is, and then applied to what is sick, so that it can be cured.
 癒しは、それが存在する場所で探されるべきだし、それから、病気であるものに適用されなければなりません。そうすれば、病気は治ります。

 There is no remedy the world provides that can effect a change in anything.
 この世界が提供できる治療法で、何かを変化させることができるものなど何もありません。

 The mind that brings illusions to the truth is really changed.
 幻想を真理にもたらす心だけが本当に変わることになります。

 There is no change but this.
 この変化以外の変化などありません。

 For how can one illusion differ from another but in attributes that have no substance, no reality, no core, and nothing that is truly different?
 というのも、いかなる実質も現実味も核心もなく、真に違ったところが何もないというのに、ある幻想が他の幻想と違うことなどありえないからです。




8. Today we seek to change our minds about the source of sickness, for we seek a cure for all illusions, not another shift among them.
 今日、私たちは、病気のについての自分の心を変える試みをします。というのも、私たちは、すべての幻想に対する治癒を求めているのであり、幻想の中で別の幻想に移ることを求めるわけではないからです。

 We will try today to find the source of healing, which is in our minds because our Father placed it there for us.
 今日、私たちは、癒しのを見つけ出すことを試みます。癒しのは、私たちの心の中にあります。なぜなら、私たちの父は、癒しのを私たちのために私たちの心の中においてくれたからです。

 It is not farther from us than ourselves.
 癒しのは、自分自身よりも遠く離れた場所にあるのではありません。

 It is as near to us as our own thoughts; so close it is impossible to lose.
 癒しのは、自分の思いと同じくらい私たちに近いところにあります。あまりに近いので失うことなど不可能です。

 We need but seek it and it must be found.
 私たちは、ただ癒しの源を探す必要があるだけであり、探せば、それは必ず見つかります。




9. We will not be misled today by what appears to us as sick.
 今日、私たちは、自分に病気のように見えるものによって惑わされないようにします。

 We go beyond appearances today and reach the source of healing, from which nothing is exempt.
 私たちは、今日、見せかけを越えて進み、そこから何ものも除外されることのない癒しの源に到達します。

 We will succeed to the extent to which we realize that there can never be a meaningful distinction made between what is untrue and equally untrue.
 私たちは、真実でないものと同様に真実でないもの同士の間に意味のある区別など絶対にありえないということへの気づきの深まりに応じて成功するでしょう。

 Here there are no degrees, and no beliefs that what does not exist is truer in some forms than others.
 ここにおいては、いかなる程度もありません。また、存在しないものがある形においては、他のものよりもいっそう本物であるという信念もありません。

 All of them are false, and can be cured because they are not true.
 それらのすべては偽りであり、本当ではないので、治してもらうことができます。





10. So do we lay aside our amulets, our charms and medicines, our chants and bits of magic in whatever form they take.
 だから、私たちは、お守りや魔除け、薬、祈祷等あらゆる形で魔術に関わるものすべてを脇に置きます。

 We will be still and listen for the Voice of healing, which will cure all ills as one, restoring saneness to the Son of God.
 私たちは、じっと静かにして癒しの大いなる声に耳を澄ませます。その声は、あらゆる病を一つのものとして治し、神の子に正気を回復させます。

 No voice but this can cure.
 この癒しの声以外には何ものも治癒を行うことはできません。

 Today we hear a single Voice which speaks to us of truth, where all illusions end, and peace returns to the eternal, quiet home of God.
 今日、私たちは、真理について私たちに語る唯一の大いなる声を聞きます。その真理の中で、すべての幻想が終わり、永遠に静かな神の家に平安が戻ってきます。





11. We waken hearing Him, and let Him speak to us five minutes as the day begins, and end the day by listening again five minutes more before we go to sleep.
 私たちは、癒しの声を聞きながら起き、そして、1日の始まりに5分間、その声に語りかけてもらい、眠りに就く前に再び5分間耳を澄ませることで1日を終えます。

 Our only preparation is to let our interfering thoughts be laid aside, not separately, but all of them as one.
 私たちが唯一準備すべきなのは、私たちの障害となるような思念を個別にではなくて、それらの思いすべてを一つにまとめて放棄することだけです。

 They are the same.
 それらの思念はみな同じものだからです。

 We have no need to make them different, and thus delay the time when we can hear our Father speak to us.
 私たちは、それらの思念に区別をつけて、父が自分たちに語りかけるのを聞くことができる時を遅らせる必要などありません。

 We hear Him now.
 私たちは、今、父が語るのを聞きます。

 We come to Him today.
 私たちは、今日、父の下へと赴きます。






12. With nothing in our hands to which we cling, with lifted hearts and listening minds we pray:
 自分の両手に執着する何ものを何も握ることなく、胸を高鳴らせ、そして、聞こうとする心で次のように祈ります。


Only salvation can be said to cure.
ただ救済だけが治癒だと言うことができる。

Speak to us, Father, that we may be healed.
父よ、私たちに語りかけてください。そうすれば、私たちは癒されるでしょう。


 And we will feel salvation cover us with soft protection, and with peace so deep that no illusion can disturb our minds, nor offer proof to us that it is real.
 そして、私たちは、救済が私たちを優しく包み込んで保護してくれるのを感じます。そして、その平安はあまりに深いので、どのような幻想も私たちの心をかき乱すことはできないし、幻想が本物であるという証拠を何ひとつ提供することはできません。

 This will we learn today.
 今日、私たちはこのことを学ぶことになります。

 And we will say our prayer for healing hourly, and take a minute as the hour strikes, to hear the answer to our prayer be given us as we attend in silence and in joy.
 そして、私たちは、癒しの祈りを1時間ごとに唱え、1時間が経過するたびに、私たちが静寂と歓喜の中に身を投ずることで与えられる私たちの祈りに対する答えを聞くために1分間を費やします。

 This is the day when healing comes to us.
 今日は、癒しが私たちにもたらされる日です。

 This is the day when separation ends, and we remember Who we really are.
 今日こそ、分離が終わり、自分が本当は誰なのか私たちが思い出す日です。

名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします


関連記事
癒し治癒治す正気病気偽り幻想贖罪見せ掛け

Comments 0

Leave a reply