There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T11-6 悪夢からの目覚め

0   0

テキスト第十一章から、救済への目覚めという一節をご紹介します。







テキスト 第十一章 

VI. Waking to Redemption
六 救済への目覚め


1. It is impossible not to believe what you see, but it is equally impossible to see what you do not believe.
 自分の見るものを信じないでいることは不可能です。しかし、同様に、自分の信じていないものを見ることも不可能です。

 Perceptions are built up on the basis of experience, and experience leads to beliefs.
 知覚は、体験に基づいて構築されます。そして、体験は信念を抱くように導きます。

 It is not until beliefs are fixed that perceptions stabilize.
 このような信念が固まってはじめて、知覚は安定します。

 In effect, then, what you believe you do see.
 それゆえ、実際に、あなたは自分が信じるものを確かに見ることになります。

 That is what I meant when I said, "Blessed are ye who have not seen and still believe," for those who believe in the resurrection will see it.
 私が「見ずしてなお信じる者は幸いである」と述べたときに意味したのは、このことです。なぜなら、復活を信じる者たちは復活を見ることになるからです。

 The resurrection is the complete triumph of Christ over the ego, not by attack but by transcendence.
 復活とは、キリストがエゴを完全に克服することです。それは、攻撃することによってではなく、超越することによって成就します。

 For Christ does rise above the ego and all its works, and ascends to the Father and his Kingdom.
 というのは、キリストは確かにエゴとそのすべての所業を超越して、大いなる父とその王国へと昇っていくからです。





2. Would you join in the resurrection or the crucifixion?
 あなたはキリストの復活に加わりたいのでしょうか、それともキリストの磔刑に加わりたいのでしょうか。

 Would you condemn your brothers or free them?
 あなたは自分の兄弟たちに有罪の宣告をしたいのでしょうか、それとも兄弟たちを解放したいのでしょうか。

 Would you transcend your prison and ascend to the Father?
 あなたは自分の牢獄を越えて大いなる父の下へと昇って行きたいのでしょうか。

 These questions are all the same, and are answered together.
 これらの質問はすべて同じものであり、一緒にまとめて答えることができます。

 There has been much confusion about what perception means, because the word is used both for awareness and for the interpretation of awareness.
 知覚が何を意味するのかについては、とても混乱されてきました。なぜなら、この知覚という言葉は自覚していることと、自覚したものについての解釈の両方に対して用いられているからです。

 Yet you cannot be aware without interpretation, for what you perceive is your interpretation.
 しかし、あなたは解釈しないで自覚することはできません。なぜなら、あなたが知覚するものは、あなたが解釈していることだからです。

名称未設定



3. This course is perfectly clear.
 このコースは完璧に明解なものです。

 If you do not see it clearly, it is because you are interpreting against it, and therefore do not believe it.
 もしあなたがこのコースを明確に理解できないとすれば、それは、あなたがコースの言わんとするところに反する解釈をしており、そのせいでコースを信じてはいないためです。

 And since belief determines perception, you do not perceive what it means and therefore do not accept it.
 そして、信念が知覚することを決定するのだから、あなたはコースが何を意味するか知覚しておらず、それゆえ、コースを受け入れてもいないことになります。

 Yet different experiences lead to different beliefs and experience does teach.
 しかし、異なった体験は異なった信念を導き、経験が確実に教えます。

 I am leading you to a new kind of experience that you will become less and less willing to deny.
 私があなたを新たな種類の体験をするように導いていくので、あなたは、そのような体験を拒絶したいという気持ちを徐々になくしていくはずです。

 Learning of Christ is easy, for to perceive with him involves no strain at all.
 キリストから学ぶことは易しいことです。というのは、キリストと共に知覚することにはまったく何のストレスも伴わないからです。

 His perceptions are your natural awareness, and it is only the distortions you introduce that tire you.
 キリストの知覚は、あなたの自然な気づきとなります。だから、あなたが疲れるとすれば、それはあなたが自然な気づきを歪めてしまっただけのことです。

 Let the Christ in you interpret for you, and do not try to limit what you see by narrow little beliefs that are unworthy of God's Son.
 あなたの中にいるキリストに、あなたに代わって解釈してもらうようにしてください。そして、あなたの見るものを、神の子にふさわしくない狭量で矮小な信念によって制限しようとしないでください。

 For until Christ comes into his own, the Son of God will see himself as Fatherless.
 なぜなら、神の子の中のキリストが姿を現すまでは、神の子は自分自身のことを父のない存在とみなしてしまうからです。





4. I am your resurrection and your life.
 私こそがあなたの復活であり、あなたの生命です。

 You live in me because you live in God.
 あなたは私の中に生きています。なぜなら、あなたは神の中に生きているからです。

 And everyone lives in you, as you live in everyone.
 そして、あなたがすべての者たちの中に生きているのと同じように、すべての者たちはあなたの中に生きています。

 Can you, then, perceive unworthiness in a brother and not perceive it in yourself?
 そうだとすれば、あなたはある兄弟の中に無価値さを知覚しておきながら、あなた自身の中に無価値さを知覚せずにいられるでしょうか。

 And can you perceive it in yourself and not perceive it in God?
 そして、あなた自身の中に無価値さを知覚しておきながら、神の中に無価値さを知覚せずにいられるでしょうか。

 Believe in the resurrection because it has been accomplished, and it has been accomplished in you.
 復活を信じてください。なぜなら、それはすでになし遂げられており、それも、あなたの中でなし遂げられているからです。

 This is as true now as it will ever be, for the resurrection is the Will of God, which knows no time and no exceptions.
 このことは今、真実であるように、これからもずっと真実であり続けます。というのは、復活こそ、いかなる時間も例外も知るところではない神の大いなる意志だからです。

 But make no exceptions yourself, or you will not perceive what has been accomplished for you.
 しかし、あなた自身で例外を設けないでください。さもなければ、あなたは自分のためにすでになし遂げられているものを知覚することができなくなってしまいます。

 For we ascend unto the Father together, as it was in the beginning, is now and ever shall be, for such is the nature of God's Son as his Father created him.
 なぜなら、始まりにおいてそうであったように、今も、これからも、私たちは一緒に父の下へと昇るからです。というのも、そうすることこそ、父に創造されたままの神の子の生来の性質だからです。


名称未設定


5. Do not underestimate the power of the devotion of God's Son, nor the power the god he worships has over him.
 神の子の献身が持つ力を過小評価してはなりません。また、神の子が崇めるエゴの神がその神の子に及ぼす力についても、見くびってはなりません。

 For he places himself at the altar of his god, whether it be the god he made or the God Who created him.
 というのは、神の子は、それが自分で作り出した神であれ、自分を創造してくれた真の神であれ、自らの神の祭壇に自分自身を捧げることになるからです。

 That is why his slavery is as complete as his freedom, for he will obey only the god he accepts.
 これこそが、神の子が完全な奴隷となるか完全に自由になるかのいずれかである理由です。というのは、神の子は自ら受け入れる神にだけ従うことになるからです。

 The god of crucifixion demands that he crucify, and his worshippers obey.
 磔刑の神は、神の子に他の者を迫害することを要求し、磔刑の神の崇拝者たちはそれに従います。

 In his name they crucify themselves, believing that the power of the Son of God is born of sacrifice and pain.
 磔刑の神の名において、崇拝者たちは神の子の力は犠牲と苦痛から生まれるものと信じて、自分たち自身を十字架にかけようとします。

 The God of resurrection demands nothing, for he does not will to take away.
 これに対して、復活の神は何ひとつ要求しません。というのは、復活の神は取り上げることなど意図しないからです。

 He does not require obedience, for obedience implies submission.
 復活の神は従順であることを求めません。というのは、従順であることは屈服することを暗に意味するからです。

 He would only have you learn your will and follow it, not in the spirit of sacrifice and submission, but in the gladness of freedom.
 復活の神は犠牲や屈服の精神によるのではなく、自由の喜びに満ちてあなたが自らの意志を学んで、自らの意志に従うことだけを意図しています。





6. Resurrection must compel your allegiance gladly, because it is the symbol of joy.
 復活は、きっとあなたに喜んで忠誠を尽くすようにさせるに違いありません。なぜなら、復活こそが喜びの象徴だからです。

 Its whole compelling power lies in the fact that it represents what you want to be.
 復活の持つ、思わず引き込まれてしまうような迫力はすべて、復活があなたのこうありたいと望むものを象徴しているという事実によります。

 The freedom to leave behind everything that hurts you and humbles you and frightens you cannot be thrust upon you, but it can be offered you through the grace of God.
 あなたを傷つけたり、卑屈にさせたり、恐怖に陥れたりするものをことごとく置き去りにする自由を強制的にあなたに押しつけることはできません。しかし、この自由は神の恵みを通してあなたに差し延べられることができます。

 And you can accept it by his grace, for God is gracious to his Son, accepting him without question as his own.
 だから、あなたは神の恵みによって、その自由を受け入れることができます。というのは、神はわが子のことを何の疑いもなく自らに属するものとして受け入れているので、子を慈悲深くもてなしてくれるからです。

 Who, then, is your own?
 それでは、誰があなたに属するのでしょうか。

 The Father has given you all that is his, and he himself is yours with them.
 父なる神は、自らに属するものすべてをあなたに与えてくれています。だから、神に属するものと共に神自身もあなたのものなのです。

 Guard them in their resurrection, for otherwise you will not awake in God, safely surrounded by what is yours forever.
 あなたに属するものたちが復活するに際して、彼らのことを守ってください。というのも、そうしなければ、あなたは、あなたに永遠に属するものたちに安全に囲まれながら、神の中に目覚めることができなくなってしまうからです。


名称未設定


7. You will not find peace until you have removed the nails from the hands of God's Son, and taken the last thorn from his forehead.
 あなたが神の子の両手から釘を抜き去り、神の子の額から最後の棘を取り去るまでは、あなたが平安を見出すことはないでしょう。

 The Love of God surrounds his Son whom the god of crucifixion condemns.
 そして、神の大いなる愛が、磔刑の神に罪の宣告を受けた神の子を包み込みます。

 Teach not that I died in vain.
 私が無駄にんだなどと教えないでください。

 Teach rather that I did not die by demonstrating that I live in you.
 そうではなく、私があなたの中に生きていることを実証することによって、私がななかったのだということを教えてください。

 For the undoing of the crucifixion of God's Son is the work of the redemption, in which everyone has a part of equal value.
 なぜなら、神の子を磔刑にすることを取り消すことが、救いのなすべき業だからです。そして、この救いをなし遂げるために一人ひとりが等しく重要な役割を担っているのです。

 God does not judge his guiltless Son.
 神は、罪のないわが子に裁きを下したりしません。

 Having given himself to him, how could it be otherwise?
 神自身を神の子に与えておきながら、どうして神が子に裁きを下したりなどできるでしょうか。





8. You have nailed yourself to a cross, and placed a crown of thorns upon your own head.
 あなたは自分自身を十字架に釘づけにし、自分の頭に荊の冠を被せました。

 Yet you cannot crucify God's Son, for the will of God cannot die.
 しかし、あなたは神の子を十字架にかけることはできません。なぜなら、神の意志である者がぬことなど不可能なことだからです。

 His Son has been redeemed from his own crucifixion, and you cannot assign to death whom God has given eternal life.
 神の子は、自分自身による磔刑から救われています。そして、あなたは神から永遠の生命を授けられた者にを課すことなどできません。

 The dream of crucifixion still lies heavy on your eyes, but what you see in dreams is not reality.
 磔刑のは、いまだにあなたの瞼の裏に重々しく留まっています。しかし、あなたがの中で見ていることは現実ではありません。

 While you perceive the Son of God as crucified, you are asleep.
 あなたが神の子が磔刑にされたものと知覚している間は、あなたは眠り込んでいるのです。

 And as long as you believe that you can crucify him, you are only having nightmares.
 そして、あなたが自分が神の子を磔刑にできると信じるかぎり、あなたはただ悪夢を見ているだけです。

 You who are beginning to wake are still aware of dreams, and have not yet forgotten them.
 あなたは目覚めはじめてはいますが、いまだに意識しており、まだを忘れ去ってはいません。

 The forgetting of dreams and the awareness of Christ come with the awakening of others to share your redemption.
 の忘却とキリストとしての覚醒は、あなたの救済を分かち合うために他の者たちが目覚めるのと一緒に訪れます。


名称未設定


9. You will awaken to your own call, for the Call to awake is within you.
 あなたは自らの呼びかけに呼応して、目を覚ますことでしょう。なぜなら、目覚めるようにとの大いなる呼びかけがあなたの中にあるからです。

 If I live in you, you are awake.
 もし私があなたの中に生きているなら、あなたは目覚めているはずです。

 Yet you must see the works I do through you, or you will not perceive that I have done them unto you.
 しかし、あなたは、あなたを通して私がなす業を見なければなりません。さもなければ、あなたは、私がそれらの働きをあなたに対してなしたことを知覚できないでしょう。

 Do not set limits on what you believe I can do through you, or you will not accept what I can do for you.
 あなたを通して私にできるとあなたが信じることに、自分で制限を課さないでください。さもないと、あなたは私があなたのためにすることができることを受け入れられなくなってしまいます。

 Yet it is done already, and unless you give all that you have received you will not know that your redeemer liveth, and that you have awakened with him.
 しかし、それらの業はすでになされているのです。あなたが自分がすでに受け取っているものすべてを与えないでいるかぎり、あなたは自分の救い主が生きていて、あなたも自分の救い主と一緒にすでに目覚めていることを知ることはないでしょう。

 Redemption is recognized only by sharing it.
 救済は、それを共有することによってのみ認識できるのです。





10. God's Son is saved.
 神の子は救われています。

 Bring only this awareness to the Sonship, and you will have a part in the redemption as valuable as mine.
 神の子が救われているというこの自覚だけを、神の子全員にもたらしなさい。そうすれば、あなたは救済において、私の役割と同じように重要な役割を担うようになるでしょう。

 For your part must be like mine if you learn it of me.
 というのは、もしあなたが私から自分の役割を学ぶなら、あなたの役割は私の役割と同じものになるに違いないからです。

 If you believe that yours is limited, you are limiting mine.
 もしあなたが自分の役割は限られたものであると信じるなら、あなたは私の役割までをも制限してしまうことになります。

 There is no order of difficulty in miracles because all of God's Sons are of equal value, and their equality is their oneness.
 奇跡に難しさの序列はありません。なぜなら、すべての神の子は同等の価値を持っており、みんなが平等であることは、みんなが一つであることを意味するからです。

 The whole power of God is in every part of him, and nothing contradictory to his will is either great or small.
 神の力のすべては、神のどの部分の中にもあります。そして、神の意志に矛盾するものには大きいも小さいもありません。

 What does not exist has no size and no measure.
 存在しないものには、大小もなければ、度合いもないのです。

 To God all things are possible.
 神にとっては、あらゆることが可能です。

 And to Christ it is given to be like the Father.
 そして、キリストには、大いなる父と同じ者であるようにと、神のすべての力が与えられているのです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/323-91012011
該当の記事は見つかりませんでした。