There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T11-7 現実の条件

テキストから、「現実の条件」という一節をご紹介します。



テキスト 第十一章 

VII. The Condition of Reality
七 現実の条件



1. The world as you perceive it cannot have been created by the Father, for the world is not as you see it.
 あなたが世界として知覚しているような世界が、父なる神によって創造された世界であるはずがありません。というのも、世界はあなたが見ている通りのものではないからです。

 God created only the eternal, and everything you see is perishable.
 神は永遠なるものだけを創造したのに、あなたが見ているものはひとつ残らず朽ち果ててしまうものです。

 Therefore, there must be another world that you do not see.
 したがって、あなたには見えていない別の世界が存在するに違いありません。

 The Bible speaks of a new Heaven and a new earth, yet this cannot be literally true, for the eternal are not re-created.
 聖書は新しい天と新しい地について述べています。しかし、これは文字どおりの意味での真実ではありえません。なぜなら、永遠であるはずのものが再び創造されるということはないからです。

 To perceive anew is merely to perceive again, implying that before, or in the interval between, you were not perceiving at all.
 新たに知覚するというのは、単に再び知覚し直すということでしかありません。それは、再び知覚する以前、または、再び知覚するまでの合間、あなたがまったく知覚していなかったことを意味しています。

 What, then, is the world that awaits your perception when you see it?
 そうだとすれば、あなたがそれを見るようになるとき、あなたに知覚されることを待ち受けている世界とは、どんな世界なのでしょうか。





2. Every loving thought that the Son of God ever had is eternal.
 今まで神の子が抱いた愛に満ちた思いは、ひとつ残らず永遠なるものです。

 The loving thoughts his mind perceives in this world are the world's only reality.
 この世界において、神の子の心が知覚する愛に満ちた思いだけが、この世界で唯一の現実だからです。

 They are still perceptions, because he still believes that he is separate.
 とはいえ、そうした思いも依然として知覚されるものです。なぜなら、神の子はいまだに自分が分離していると信じているからです。

 Yet they are eternal because they are loving.
 それでも、それらの思いは愛に満ちているので、永遠なるものです。

 And being loving they are like the Father, and therefore cannot die.
 そして、愛に満ちているので、それらの思いは大いなる父と同じものであり、したがって、死ぬことはありえません。

 The real world can actually be perceived.
 真の世界は、実際に知覚されうるものです。

 All that is necessary is a willingness to perceive nothing else.
 真の世界を知覚するために必要なのは、ただそれ以外には何も知覚しないでいようという意欲だけです。

 For if you perceive both good and evil, you are accepting both the false and the true and making no distinction between them.
 というのは、もしあなたがと悪の両方とも知覚するなら、あなたは偽りと真理の両方を受け入れていることになり、両方の相違を区別していないことになるからです。

名称未設定



3. The ego may see some good, but never only good.
 エゴも少しはを見ることがあるかもしれません。しかし、エゴだけを見ることは絶対にありません。

 That is why its perceptions are so variable.
 だからこそ、エゴの知覚はこんなにも不安定なのです。

 It does not reject goodness entirely, for that you could not accept.
 エゴは、を完全には拒絶しません。なぜなら、あなたにはそんなことを受け入れることができないからです。

 But it always adds something that is not real to the real, thus confusing illusion and reality.
 しかし、エゴはいつも本当のことに本当でない何かを付け加え、そうすることで、幻想と現実を混同させてしまいます。

 For perceptions cannot be partly true.
 というのは、知覚することが部分的にだけ真実になるということはありえないからです。

 If you believe in truth and illusion, you cannot tell which is true.
 もしあなたが真理と幻想の両方を信じるなら、あなたは真理と幻想のどちらが本物なのか区別できなくなります。

 To establish your personal autonomy you tried to create unlike your Father, believing that what you made is capable of being unlike him.
 あなたは自分の作り出すものであれば、大いなる父とは異なるものになりうると信じて、あなたは自分の個人的な自律を確立するために、自らの大いなる父とは違うように創造しようとしてきました。

 Yet everything true is like him.
 しかし、真実であるものは例外なくすべて、大いなる父に似ています。

 Perceiving only the real world will lead you to the real Heaven, because it will make you capable of understanding it.
 真の世界だけを知覚することが、あなたを本当の天国へと導いてくれます。なぜなら、真の世界だけを知覚することで、あなたは天国のことを理解できるようになるからです。





4. The perception of goodness is not knowledge, but the denial of the opposite of goodness enables you to recognize a condition in which opposites do not exist.
 を知覚することが知識であるわけではありません。しかし、の対極にあるものを否認することで、あなたは、対立が存在しない状態を認識できるようになります。

 And this is the condition of knowledge.
 そして、この対立が存在しない状態こそが知識の条件です。

 Without this awareness you have not met its conditions, and until you do you will not know it is yours already.
 対立が存在しない状態についての自覚がないなら、あなたは知識を得るための条件を満たしていないし、あなたがそれを満たすまでは、あなたは、知識がすでに自分のものであることがわからないでしょう。

 You have made many ideas that you have placed between yourself and your Creator, and these beliefs are the world as you perceive it.
 あなたは、数多くの想念を作り出しては、あなた自身とあなたの大いなる創造主との間にそれらの想念を置いてきました。そして、これらの信念こそが、あなたが知覚しているこの世界です。

 Truth is not absent here, but it is obscure.
 この世界に真理が存在しないわけではありません。ただし、この世界では、真理は覆い隠されて不明瞭になっています。

 You do not know the difference between what you have made and what you have created.
 あなたは、自分の作ったものと自分の創造したものとの違いがわかっていません。

 To believe that you can perceive the real world is to believe that you can know yourself.
 自分には真の世界を知覚することができると信じることは、自分には自分自身を知ることができると信じることです。

 You can know God because it is his will to be known.
 あなたは神を知ることができます。なぜなら、知ってもらうことこそ神の意志だからです。

 The real world is all that the Holy Spirit has saved for you out of what you have made, and to perceive only this is salvation, because it is the recognition that reality is only what is true.
 真の世界とは、あなたが自分で作ったものの中から、聖霊があなたのために取り置いてくれているものすべてのことです。そして、この聖霊があなたのために取っておいてくれたものだけを知覚することが救いです。なぜなら、それは現実とはただ本当であるもののことでしかないと認識することだからです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
世界真理創造知覚天国実相の世界真実エゴ永遠

Comments 0

Leave a reply