FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン154「私は、神の使者のひとりだ。」

レッスン154です。


今日のテーマは、「私は、神の使者のひとりだ。」です。






Lesson 154


I am among the ministers of God.
私は、神の使者のひとりだ。



1. Let us today be neither arrogant nor falsely humble.
 今日、私たちは、傲慢になることも、間違った謙虚さに陥ることもないようにしましょう。

 We have gone beyond such foolishness.
 私たちは、すでにこのような愚かしさを乗り越えています。

 We cannot judge ourselves, nor need we do so.
 私たちには自分自身の価値を判断することはできないし、私たちは価値判断する必要もありません。

 These are but attempts to hold decision off, and to delay commitment to our function.
 自分の価値を判断しようとすることは、ただ決断を延期して、自分の役割に取り組むのを遅らせようとすることにしかなりません。

 It is not our part to judge our worth, nor can we know what role is best for us; what we can do within a larger plan we cannot see in its entirety.
 自分の価値を判断するのは、私たちの役目ではありません。しかも、私たちには、どんな役割が自分たちにとって最もふさわしいのか知ることもできません。より偉大な計画の中で自分にできることが何なのか、私たちにはその全体像を見ることもできません。

 Our part is cast in Heaven, not in hell.
 私たちの役割は、地獄ではなくて天国において割り当てられています。

 And what we think is weakness can be strength; what we believe to be our strength is often arrogance.
 そして、私たちが弱さだと思っていることが強さであることがありうるし、私たちがそれが自分の強さだと信じることが傲慢さであることがしばしばあります。



2. Whatever your appointed role may be, it was selected by the Voice for God, Whose function is to speak for you as well.
 あなたに割り当てられた役割が何であろうとも、その役割は神を代弁する大いなるによって選ばれたのであり、その聖霊にはあなたを代弁するという役目もあります。

 Seeing your strengths exactly as they are, and equally aware of where they can be best applied, for what, to whom and when, He chooses and accepts your part for you.
 聖霊はあなたの力強さをまさにありのままに見ており、そしてまた、その強さをどこで、何に対して、誰に、いつ適用するのが最善なのかもわかっているので、あなたのためにあなたの役割を選択し、受け入れてくれます。

 He does not work without your own consent.
 聖霊は、あなた自身の同意なくして働くことはありません。

 But He is not deceived in what you are, and listens only to His Voice in you.
 しかし、聖霊は、あなたが何者なのか誤解することはありません。だから、聖霊は、あなたの中に自らのだけを聞きます。



3. It is through His ability to hear one Voice which is His Own that you become aware at last there is one Voice in you.
 聖霊自身のものであるひとつの大いなるを聞く聖霊の能力を通して、あなたはついに、ひとつの大いなるが自分の中にあると気づくようになります。

 And that one Voice appoints your function, and relays it to you, giving you the strength to understand it, do what it entails, and to succeed in everything you do that is related to it.
 そして、そのひとつの大いなるは、あなたの役割を定め、あなたに自分の役割を理解し、その役割を果たすためにする必要があることなし、そして、自分の役割に関連してあなたがなすすべてのことに成功する力を与えたうえで、その役割をあなたに渡してくれます。

 God has joined His Son in this, and thus His Son becomes His messenger of unity with Him.
 これによって神は神の子とひとつに結びつき、こうして、神の子は、神との一体性を伝える神の使者となります。



4. It is this joining, through the Voice for God, of Father and of Son, that sets apart salvation from the world.
 神を代弁する大いなるを介するこの父と子の結びつきこそ、この世界から救済を際立たせるものです。

 It is this Voice which speaks of laws the world does not obey; which promises salvation from all sin, with guilt abolished in the mind that God created sinless.
 この世界が従っていない法則について語るのはこの大いなる声です。その法は、神が罪なき者として創造した心から罪悪感を取り消し、すべての罪からの救済を約束するものです。

 Now this mind becomes aware again of Who created it, and of His lasting union with itself.
 今、この心は、自分を創造した偉大な存在が誰なのか、そして、自分自身と創造主が永遠にひとつに結びついていることについて、再び自覚を取り戻します。

 So is its Self the one reality in which its will and that of God are joined.
 そうして、その心の真の自己は、ひとつの現実となり、その中で、その心の意図は神の意図とひとつに結びつきます。



5. A messenger is not the one who writes the message he delivers.
 使者は、自分の届けるメッセージを書く者ではありません。

 Nor does he question the right of him who does, nor ask why he has chosen those who will receive the message that he brings.
 同じように、使者はメッセージを書く者にその資格があるのか疑ったり、メッセージの書き手がなぜ、彼がメッセージを届ける相手を受取人に選んだのか尋ねたりしません。

 It is enough that he accept it, give it to the ones for whom it is intended, and fulfill his role in its delivery.
 彼がメッセージを受け取り、そのメッセージを渡すべき相手に届ければ、メッセージを届ける彼の使者としての役目を果たすには十分です。

 If he determines what the messages should be, or what their purpose is, or where they should be carried, he is failing to perform his proper part as bringer of the Word.
 もし使者が、メッセージがどのような内容であるべきかとか、メッセージの目的は何かであるかとか、メッセージがどこに届けられるべきかを自分で決めようとするなら、彼は大いなる言葉を運ぶ者として自らが担う適切な役割を果たし損ねることになります。



6. There is one major difference in the role of Heaven's messengers, which sets them off from those the world appoints.
 もっとも、天の使者の役割には、この世界で任命される使者とは際立って異なるひとつの大きな相違点があります。

 The messages that they deliver are intended first for them.
 その相違点とはこのようなものです。すなわち、天の使者の運ぶメッセージは、まずもって彼ら使者自身に宛てられているということです。

 And it is only as they can accept them for themselves that they become able to bring them further, and to give them everywhere that they were meant to be.
 だから、そのメッセージを自分で受け入れることができてはじめて、その使者はそのメッセージをさらに自分以外の者たちに届けることができるようになり、それらのメッセージを受け取るべき者たちみんなに渡すことができるようになります。

 Like earthly messengers, they did not write the messages they bear, but they become their first receivers in the truest sense, receiving to prepare themselves to give.
 地上での使者と同じように、天の使者も自分の運ぶメッセージを自分で書いたわけではありませんが、天の使者は、自分たちが他者に与えられるようになる準備をするために受け取ることになるので、真の意味でそのメッセージの最初の受取人となるのです。



7. An earthly messenger fulfills his role by giving all his messages away.
 地上での使者は、自分の携えるメッセージを渡しきることによって自分の役割を果たします。

 The messengers of God perform their part by their acceptance of His messages as for themselves, and show they understand the messages by giving them away.
 神の使者は、神からのメッセージを自分のために受け入れることによって自分の役割を果たし、そのメッセージをほかの者に与えることによって、自分がそのメッセージを理解したことを示します。

 They choose no roles that are not given them by His authority.
 神の使者は、神の権威によって自分たちに与えられた役割以外の役割を選ぶことはありません。

 And so they gain by every message that they give away.
 だから、神の使者は、自分がほかの者に渡す一つひとつのメッセージによって、得ることになります。



8. Would you receive the messages of God?
 あなたは神からのメッセージを受け取りたいでしょうか。

 For thus do you become His messenger.
 というのも、そうすることで、あなたは神の使者となるからです。

 You are appointed now.
 もうあなたは、任命されているのです。

 And yet you wait to give the messages you have received.
 それなのに、まだ、あなたは自分がすでに受け取っているメッセージを与えずにいます。

 And so you do not know that they are yours, and do not recognize them.
 だから、あなたは、すでに自分が受け取っているメッセージが自分のものだとは知らず、それらのメッセージに気づきもしないのです。

 No one can receive and understand he has received until he gives.
 自分が与えるまでは、誰も自分がすでに受け取っているものを受け入れて、理解できるようにはなりません。

 For in the giving is his own acceptance of what he received.
 というのは、与えることで、彼は自分の受け取ったものを自分自身に受け入れることになるからです。



9. You who are now the messenger of God, receive His messages.
 今や神の使者となったあなたは、神のメッセージを受け取らねばなりません。

 For that is part of your appointed role.
 というのも、神のメッセージを受け取ることは、あなたに定められた役割の一部だからです。

 God has not failed to offer what you need, nor has it been left unaccepted.
 神があなたに必要なものを与え損ねたことなどないし、それが受けれられないままになったこともありません。

 Yet another part of your appointed task is yet to be accomplished.
 しかし、あなたに定められた任務のもうひとつの部分は、これから果たされることになります。

 He Who has received for you the messages of God would have them be received by you as well.
 あなたに代わって神からのメッセージを受け取っている聖霊は、そのメッセージをあなたにも受け取らせるつもりです。

 For thus do you identify with Him and claim your own.
 というのも、そうすることで、あなたは聖霊とひとつになり、神からのメッセージをわがものとする資格を得るからです。



10. It is this joining that we undertake to recognize today.
 今日、私たちが認識することに取り組むのは、この聖霊との一体化です。

 We will not seek to keep our minds apart from Him Who speaks for us, for it is but our voice we hear as we attend Him.
 私たちは、私たちのために語る聖霊から私たちの心を離れたままに保とうとするのをやめます。というのは、私たちが聖霊に耳を傾けるときに聞こえるのは自分の声にほかならないからです。

 He alone can speak to us and for us, joining in one Voice the getting and the giving of God's Word; the giving and receiving of His Will.
 聖霊だけが私たちに語りかけ、私たちを代弁することができ、ひとつの大いなる声の中で、神の大いなる言葉を受け取ることと与えることをひとつに結びつけ、神の意志を与えることと受け取ることをひとつに結びつけることになります。



11. We practice giving Him what He would have, that we may recognize His gifts to us.
 私たちが神から私たちへの贈り物を認識できるように、私たちは、聖霊が持つことを意図するものを聖霊に渡す実習をします。

 He needs our voice that He may speak through us.
 聖霊が私たちを通して語ることができるように、聖霊は私たちの声を必要としています。

 He needs our hands to hold His messages, and carry them to those whom He appoints.
 聖霊のメッセージを携え、それらのメッセージを神が指名する者たちに届けるために、聖霊は私たちの手を必要としています。

 He needs our feet to bring us where He wills, that those who wait in misery may be at last delivered.
 悲惨さの中で待ち侘びる者たちがついに解放されるよう神が意図する場所に私たちを遣わすために、聖霊は私たちの足を必要としています。

 And He needs our will united with His Own, that we may be the true receivers of the gifts He gives.
 そして、神が与える贈り物の真の受取人となることができるように、聖霊は、私たちの意志が神自身の意志とひとつに結ばれることを必要としています。



12. Let us but learn this lesson for today: We will not recognize what we receive until we give it.
 「私たちが自分の受け取ったものを与えないかぎり、私たちは自分の受け取ったものに気づくことができない」という今日のこのレッスンだけを学びましょう。

 You have heard this said a hundred ways, a hundred times, and yet belief is lacking still.
 あなたは、すでにこのことを百通りの言い方で、百回は聞いてきました。それでもあなたはまだ、信じることができていません。

 But this is sure; until belief is given it, you will receive a thousand miracles and then receive a thousand more, but will not know that God Himself has left no gift beyond what you already have; nor has denied the tiniest of blessings to His Son.
 しかし、これだけは確かです。あなたがこのレッスンを信じるようにならないかぎり、あなたがこれから千もの奇跡を受け取り、さらに無数の奇跡を受け取ったとしても、あなたは次のことを知ることはないでしょう。それは、あなたがすでに持っている贈り物以外に神があなたに渡していない贈り物はひとつもないし、神はわが子にほんの小さな祝福を与えるのを拒んだことすらないということです。

 What can this mean to you, until you have identified with Him and with His Own?
 神と神の所有するものと自らが同一であるとあなたが認識するまでは、このことはあなたには意味をなさないでしょう。



13. Our lesson for today is stated thus:
 今日のレッスンは、次のように言うことができます。


I am among the ministers of God, and I am grateful that I have the means by which to recognize that I am free.
私は神の使者のひとりだ。だから、私は、自分が自由だと認識するための手段を自分が持っていることに感謝する。



14. The world recedes as we light up our minds, and realize these holy words are true.
 私たちが自分の心に明かりを灯し、これらの聖なる言葉が真実だと理解するとき、この世界は遠のいてゆきます。

 They are the message sent to us today from our Creator.
 これらの言葉は今日、私たちに創造主から送られたメッセージです。

 Now we demonstrate how they have changed our minds about ourselves, and what our function is.
 今、私たちは、これらのメッセージがどんなに自分自身と自分の役割が何なのかについて私たちの心を変えたか実証します。

 For as we prove that we accept no will we do not share, our many gifts from our Creator will spring to our sight and leap into our hands, and we will recognize what we received.
 というのは、自分が共有していないどんな意志も受け入れないと私たちが証明するとき、私たちの創造主からのたくさんの贈り物が私たちの目や手の中に飛びこんでくるので、私たちは自分が受け取ったものを認めるようになるからです。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
メッセージ役割言葉贈り物神の使者聖霊計画創造主

Comments 0

Leave a reply