There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T17-4 二つの絵

1   0

今回は、特別な関係神聖な瞬間に関する「二つの」という一節をご紹介します。

特別な関係」というのは、エゴがそのエネルギー源である罪悪感を保つために、特別だと思える他者との間に作り出す関係性です。

エゴが信じる欠乏や必要性を満たしてくれる特性を備えているように見える他者(この他者も同じような必要性を満たしてくれる誰かを求めています)と関わることで愛の代用にしようとする場合が特別な愛情関係です。

反対に、エゴの信じている欠乏を助長するような憎しみ合うような関わりを持つ場合が特別な憎悪関係です。




いずれにせよ、個別の心はエゴに惑わされて、特別な関係へと入って行き、罪悪感を生み出すお決まりの愛憎関係の劇を何度も繰り返し再上演することになります。


神聖な瞬間というのは、エゴの代わりに聖霊を選択することで訪れるこの世界の時間を超越する瞬間のことで、その瞬間に永遠を垣間見ることになります。


この「二つの」では、額縁によるたとえがなされます。

エゴののほうは、特別な関係額縁にたとえます。

この特別な関係という額縁は、数あるエゴの防御システムの中でも、最も精巧かつ堂々たる見せかけで、エゴ自体のショボさ加減を上手に隠して尊大な姿が真の壮大さであるかのように偽装するものだといいます。

闇と死という小さなは、この額縁の影に隠れてぼやけてほとんど見られることはありません。
額縁の壮麗さに圧倒されて、多くの人たちは、こちらののほうに引き寄せられてしまいます。


他方で、聖霊ののほうは、きわめてシンプルな額縁に嵌められているだけだといいます。
天の永遠性の縮図である神聖な瞬間という絵が時という額縁に嵌められています。

エゴが妄想の体系であり、狂気であるということがわかってきて、エゴを手放そうという段に至っても、特別な関係という豪勢な額縁が惑わして、エゴの思考システムを放棄させないようにするといいます。

自分の本当にやりたいことのできる会社ではないが、世間で通りの良い一流企業への就職を決めた、ほかに好きな人がいるけど、収入が多くて社会的地位の高い人だから結婚することにした等々規模の大小はあれ、キリストの荒野の誘惑のような場面に誰もが人生で何度かは直面します。

自分が二つの絵を選ぶ場面で失敗したことがあると思っている方も、そうでない方も、じっくり読んでいただければと思います。










テキスト 第十七章 赦しと神聖な関係

IV. The Two Pictures
四 二つの絵


1. God established his relationship with you to make you happy, and nothing you do that does not share his purpose can be real.
 神はあなたを幸せにするために、自らとあなたとの関係を確立しました。だから、あなたがすることが何であれ、それがあなたを幸せにするという神の目的を分かち合うものでないなら、それが本物であるはずはありません。

 The purpose God ascribed to anything is its only function.
 何ものであれ、神がそのものに定めた目的を果たすことこそが、そのものの唯一の役割です。

 Because of his reason for creating his relationship with you, the function of relationships became forever "to make happy."
 神があなたとの関係を創造した理由のゆえに、関係を持つことの役割は、永遠に「幸せにする」ということになったのです。

 And nothing else.
 そして、それ以外の何ものでもありません。

 To fulfill this function you relate to your creations as God to his.
 この永遠に幸せにするという役割を果たすために、神が自ら創造したものと関わるように、あなたも自分が創造したものと関わります。

 For nothing God created is apart from happiness, and nothing God created but would extend happiness as its Creator did.
 なぜなら、神の創造したものは何ひとつ幸せから隔絶しているものなどないし、神の創造したものはひとつ残らず、その大いなる創造主がそうしたように、幸せを拡張せずにはいられないからです。

 Whatever does not fulfill this function cannot be real.
 何であれ、この幸せにするという役割を果たさないものは、本物ではありえません。

名称未設定


2. In this world it is impossible to create.
 この世界においては、創造することは不可能です。

 Yet it is possible to make happy.
 しかし、幸せにすることは可能です。

 I have said repeatedly that the Holy Spirit would not deprive you of your special relationships, but would transform them.
 私は、聖霊はあなたから特別な関係を奪うのではなく、ただ特別な関係を変容させてくれるのだと繰り返し述べてきました。

 And all that is meant by that is that he will restore to them the function given them by God.
 そして、私がこのように述べることによって伝えたかった意味は、特別な関係に神が与えた役割を、聖霊が回復させてくれるということだけです。

 The function you have given them is clearly not to make happy.
 あなたが特別な関係に与えてきた役割が、幸せにすることでないのは明らかです。

 But the holy relationship shares God's purpose, rather than aiming to make a substitute for it.
 しかし、神聖な関係は、神の目的の代用となるものを作り出すことに狙いを定めたりなどせずに、神の目的そのものを共有します。

 Every special relationship you have made is a substitute for God's Will, and glorifies yours instead of his because of the illusion that they are different.
 あなたが作り出してきた特別な関係はどれもこれも、神の大いなる意志の代用であり、あなたの意志と神の意志は異なっているという幻想を理由に、神の大いなる意志の代わりにあなたの意志を讃えようとします。




3. You have made very real relationships even in this world.
 あなたはこの世界の中においてさえ、とても実在的な関係を結んできました。

 Yet you do not recognize them because you have raised their substitutes to such predominance that, when truth calls to you, as it does constantly, you answer with a substitute.
 しかし、あなたは自分ではそのような関係に気づいていません。なぜなら、あなたはそれらの代用のほうに明らかに優越的な位置づけをしてしまっているために、絶えず真理があなたに呼びかけているのに、あなたは真理の呼びかけに対して、代用でもって答えてしまうからです。

 Every special relationship you have made has, as its fundamental purpose, the aim of occupying your mind so completely that you will not hear the call of truth.
 あなたが作ってきた特別な関係はどれも、あなたが真理の呼びかけに耳を貸さないように、あなたの心を完全に占領してしまうことに狙いを定め、このことを関係を結ぶ根本的な目的としています。

名称未設定


4. In a sense, the special relationship was the ego's answer to the creation of the Holy Spirit, who was God's answer to the separation.
 ある意味では、特別な関係は、分離に対する神の答えとして聖霊が創造されたことに対するエゴの答えだったといえます。

 For although the ego did not understand what had been created, it was aware of threat.
 なぜなら、エゴは何が創造されたのかまでは理解していなかったとはいえ、脅威を覚えたからです。

 The whole defense system the ego evolved to protect the separation from the Holy Spirit was in response to the gift with which God blessed it, and by his blessing enabled it to be healed.
 聖霊から分離状態を守るためにエゴが進化させた防衛システム全体は、神からの贈り物に対応するものでした。その贈り物をもって神は分離状態を祝福し、この神の祝福によって分離状態は癒されることが可能となったのです。

 This blessing holds within itself the truth about everything.
 この神の祝福は、あらゆることについての真理をそれ自体の中に含んでいます。

 And the truth is that the Holy Spirit is in close relationship with you, because in him is your relationship with God restored to you.
 そして、その真理とは、聖霊はあなたと密接な関係にあるということです。なぜなら、聖霊の中においてこそ、あなたの神との関係があなたに回復されるからです。

 The relationship with him has never been broken, because the Holy Spirit has not been separate from anyone since the separation.
 あなたの神との関係が断絶したことは一度たりともありません。なぜなら、分離以降、聖霊は誰からも離れたことなどないからです。

 And through him have all your holy relationships been carefully preserved, to serve God's purpose for you.
 そして、神があなたのために抱く目的に奉仕するようにと、聖霊によってあなたの神聖な関係のすべてが注意深く保持されてきたのです。




5. The ego is alert to threat, and the part of your mind into which the ego was accepted is very anxious to preserve its reason, as it sees it.
 エゴは脅威に対して警戒を怠りません。だから、自らの内にエゴを受け入れたあなたの心の部分は、エゴが正気であるとみなすとおりに自らの理性を維持しようと躍起になります。

 It does not realize that it is totally insane.
 こんなエゴを受け入れた心が、自分がまったくの狂気に陥っていると気づくはずがありません。

 And you must realize just what this means if you would be restored to sanity.
 だから、もしあなたが正気を取り戻したいなら、あなたはこのことが本当に何を意味するのか理解しなければなりません。

 The insane protect their thought systems, but they do so insanely.
 狂気に陥った者たちは自分の思考システムを守ろうとします。しかし、彼らは実に気狂いじみた方法で守ろうとします。

 And all their defenses are as insane as what they are supposed to protect.
 そして、彼らの防衛方法はどれもみな、彼らが守ろうとしているものと同じくらい狂っています。

 The separation has nothing in it, no part, no "reason," and no attribute that is not insane.
 分離状態にあるものの中には、どんな部分であれ、どんな「理由」であれ、どんな属性であれ、すべてが狂っていて、狂っていないものなど何ひとつありません。

 And its "protection" is part of it, as insane as the whole.
 そして、分離状態を「守ること」も分離の一部なので、分離全体がそうであるように、狂気の沙汰です。

 The special relationship, which is its chief defense, must therefore be insane.
 したがって、分離の最大の防衛策である特別な関係も、狂気の沙汰であるに違いないのです。

名称未設定


6. You have but little difficulty now in realizing that the thought system the special relationship protects is but a system of delusions.
 今では、あなたにとっては、特別な関係が守ろうとする思考システムが妄想の体系にすぎないと気づくことは少しも難しいことではないはずです。

 You recognize, at least in general terms, that the ego is insane.
 少なくとも一般的な意味において、エゴが狂気であることに、あなたは気づいています。

 Yet the special relationship still seems to you somehow to be "different. "
 それにもかかわらず、特別な関係だけは、なぜだか依然としてエゴの狂気とは「違う」ようにあなたには思えてしまいます。

 Yet we have looked at it far closer than we have at many other aspects of the ego's thought system that you have been willing to let go.
 しかし、私たちは、あなたが手放す気になってきているエゴの思考システムの多くの他の側面を見てきたときよりも、はるかに接近して特別な関係を見てきました。

 While this one remains, you will not let the others go.
 この特別な関係という側面が残っているかぎり、あなたは他の側面を捨て去ろうとはしないでしょう。

 For this one is not different.
 というのは、この特別な関係という側面だけが、エゴの思考システムの他の側面と違っているわけではいないからです。

 Retain this one, and you have retained the whole.
 この特別な関係という側面を保持するかぎり、あなたはエゴの全思考システムを保ちつづけることになってしまいます。




7. It is essential to realize that all defenses do what they would defend.
 どんな防衛体制であってもすべて、それが守ろうと意図するものを実際に守ることになるのだと理解することがきわめて重要です。

 The underlying basis for their effectiveness is that they offer what they defend.
 そうした防衛体制が効果を発揮するための根本的な基盤は、防衛体制が守ろうとする対象自体を自ら提供するということです。

 What they defend is placed in them for safe-keeping, and as they operate they bring it to you.
 防衛体制が守ろうとする対象は、その防衛体制の中に安全に保管されています。そして、防衛機構が作動するに際して、防衛体制は守ろうとする対象をあなたの許へともたらすのです。

 Every defense operates by giving gifts, and the gift is always a miniature of the thought system the defense protects, set in a golden frame.
 どんな防衛体制も、贈り物を与えることによって作動します。そして、その贈り物はつねに防衛体制が守ろうとする思考システムの縮図であり、金の額縁に嵌め込まれています。

 The frame is very elaborate, all set with jewels, and deeply carved and polished.
 その額縁はとても精巧なもので、どれにもみな様々な宝石が埋め込まれ、深い彫刻が施され、磨き上げられています。

 Its purpose is to be of value in itself, and to divert your attention from what it encloses.
 額縁の目的は、額縁自体に価値を持たせることによって、額縁に嵌められている絵から、あなたの注意を逸らさせることにあります。

 But the frame without the picture you cannot have.
 しかし、あなたは絵のない額縁を手に入れることはできません。

 Defenses operate to make you think you can.
 それでも、防衛機構は、自分には絵の無い額縁を手に入れることができるとあなたに思わせるように作動します。

名称未設定



8. The special relationship has the most imposing and deceptive frame of all the defenses the ego uses.
 特別な関係は、エゴの用いる防衛策の中でも最も堂々たる印象を与える見た目で惑わすような額縁を持っています。

 Its thought system is offered here, surrounded by a frame so heavy and so elaborate that the picture is almost obliterated by its imposing structure.
 この特別な関係の額縁の中にエゴの思考システムが掲げられているのですが、実に重々しく非常に精巧な額縁に嵌められているため、圧倒的な額縁の存在感によって、絵そのものはほとんどかき消されてしまっています。

 Into the frame are woven all sorts of fanciful and fragmented illusions of love, set with dreams of sacrifice and self- aggrandizement, and interlaced with gilded threads of self-destruction.
 そんな額縁には、奇抜に趣向を凝らして断片化された多様な愛の幻影が織り込まれ、犠牲や誇大妄想の夢の数々と一緒に、自己破壊という金色の糸で縫いつけられています。

 The glitter of blood shines like rubies, and the tears are faceted like diamonds and gleam in the dim light in which the offering is made.
 鮮血はルビーのように輝き、涙はダイヤモンドのようにカットされ、捧げ物が供えられる仄暗い光の中で煌めいています。




9. Look at the picture.
 絵そのものを見てください。

 Do not let the frame distract you.
 決して額縁に注意を逸らされてはなりません。

 This gift is given you for your damnation, and if you take it you will believe that you are damned.
 こんな贈り物は、あなたを破滅させるために差し出されているのです。もし受け取りでもしたら、あなたは自分は確かに呪われて地獄行きだと信じてしまうでしょう。

 You cannot have the frame without the picture.
 あなたは絵のない額縁だけを手に入れることはできません。

 What you value is the frame, for there you see no conflict.
 それなのに、あなたはその額縁のほうに価値を置いています。なぜなら、あなたには、その額縁に何の葛藤もあるようには見えないからです。

 Yet the frame is only the wrapping for the gift of conflict.
 しかし、その額縁は、葛藤という贈り物を包む包み紙にすぎません。

 The frame is not the gift.
 額縁は贈り物ではないのです。

 Be not deceived by the most superficial aspects of this thought system, for these aspects enclose the whole, complete in every aspect.
 こんな思考システムの最も皮相な上っ面に騙されてはなりません。というのは、これらの側面はその思考システム全体を含んでおり、一つひとつの側面において完成されているからです。

 Death lies in this glittering gift.
 このギラギラと輝く贈り物の中には、死が横たわっています。

 Let not your gaze dwell on the hypnotic gleaming of the frame.
 あなたを催眠術にかけようとする額縁の輝きに見とれていてはなりません。

 Look at the picture, and realize that death is offered you.
 その額縁の中の絵をよく見て、自分に差し出されているのは死なのだと気づいてください。


名称未設定


10. That is why the holy instant is so important in the defense of truth.
 これこそが、真理を守る上で、神聖な瞬間がそんなにも重要な理由です。

 The truth itself needs no defense, but you do need defense against your acceptance of the gift of death.
 真理そのものは防衛を必要とはしません。しかし、自分が死の贈り物を受け入れてしまうことに対してあなたが防衛を必要としていることは確かです。

 When you who are truth accept an idea so dangerous to truth, you threaten truth with destruction.
 真理にとってそんなにも危険な考えを真理そのものであるあなたが受け入れるとしたら、あなたは真理を破滅の危機にさらすことになってしまいます。

 And your defense must now be undertaken, to keep truth whole.
 だから、真理を完全なままに保つために、あなたは今こそ防衛に着手しなければなりません。

 The power of Heaven, the love of God, the tears of Christ, and the joy of his eternal Spirit are marshalled to defend you from your own attack.
 天国の力、神の愛、キリストの涙、そして、キリストの永遠なる霊の喜びが、あなた自身の攻撃からあなたを守るために陣取ります。

 For you attack Them, being part of Them, and They must save you, for They love Themselves.
 なぜなら、彼らの一部でありながら、あなたが彼らのことを攻撃しようとするために、自分たち自身を愛しているがゆえに、彼らはあなたを守らなければならないからです。





11. The holy instant is a miniature of Heaven, sent you from Heaven.
 神聖な瞬間は天国の縮図であり、天国からあなたへと届けられたものです。

 It is a picture, too, set in a frame.
 神聖な瞬間もまた、額縁に嵌められた絵です。

 Yet if you accept this gift you will not see the frame at all, because the gift can only be accepted through your willingness to focus all your attention on the picture.
 しかし、もしあなたがこの贈り物を受け入れるなら、あなたにはその額縁はまったく目に入らないでしょう。なぜなら、この贈り物は、その絵自体に自らのすべての注意を集中させるというあなたの意欲を通じてのみ受け入れることができるものだからです。

 The holy instant is a miniature of eternity.
 神聖な瞬間は、永遠なるものの縮図です。

 It is a picture of timelessness, set in a frame of time.
 神聖な瞬間とは、時の無い永遠の絵が時間という額縁に嵌め込まれたものです。

 If you focus on the picture, you will realize that it was only the frame that made you think it was a picture.
 もしあなたがその絵に焦点を合わせるなら、あなたには、それまで自分が絵だと思い込まされていたのは額縁でしかなかったのだと気づくはずです。

 Without the frame, the picture is seen as what it represents.
 額縁を外して見れば、その絵はそれが象徴しているものそのものとして見えてきます。

 For as the whole thought system of the ego lies in its gifts, so the whole of Heaven lies in this instant, borrowed from eternity and set in time for you.
 なぜなら、エゴの全思考システムがエゴの贈り物の中にあるのと同じように、天国の全体は、永遠の世界から借用され、あなたのために時間の枠に嵌め込まれたこの神聖な瞬間の中にあるからです。


名称未設定


12. Two gifts are offered you.
 二つの贈り物があなたに差し出されています。

 Each is complete, and cannot be partially accepted.
 いずれもそれぞれに完結しており、部分的にだけ受け入れることはできません。

 Each is a picture of all that you can have, seen very differently.
 どちらも、あなたが手に入れることのできるすべてのものを描いた絵ですが、まったく違ったふうに見えます。

 You cannot compare their value by comparing a picture to a frame.
 あなたは、絵を額縁と比べることによって、両者の価値を比較することはできません。

 It must be the pictures only that you compare, or the comparison is wholly without meaning.
 あなたが比較しなければならないのは絵そのもの同士だけです。さもなければ、比較することにはまったく意味が無くなってしまいます。

 Remember that it is the picture that is the gift.
 贈り物は絵なのだということを忘れないでください。

 And only on this basis are you really free to choose.
 そして、このことを基盤にしてはじめて、あなたは本当に自由に選ぶことができます。

 Look at the pictures.
 その二枚の絵を見てください。

 Both of them.
 両方とも見るのです。

 One is a tiny picture, hard to see at all beneath the heavy shadows of its enormous and disproportionate enclosure.
 ひとつは小さな絵です。この絵は、それを囲む実に大きくて不釣り合いな額縁の重々しい影の下に隠れてほとんど見えません。

 The other is lightly framed and hung in light, lovely to look upon for what it is.
 もうひとつの絵は、簡素な額縁に嵌められて光の中に掛けてあり、絵そのものを眺めること自体が素晴らしいものです。




13. You who have tried so hard, and are still trying, to fit the better picture into the wrong frame and so combine what cannot be combined, accept this and be glad:
 これまで、それにふさわしくない額縁にもっと良い絵を合わせようとしたり、組み合わせようのない絵と額縁を組み合わせようと懸命に努力してきたばかりか、今なお躍起なっているあなたには、次に述べることを受け入れて喜んでほしいのです。

 These pictures are each framed perfectly for what they represent.
 それは、これらの絵はそれぞれが象徴するものに完璧によく似合う額縁に嵌められているということです。

 One is framed to be out of focus and not seen.
 ひとつの絵は、焦点をぼやかして、絵そのものが見えなくなるような額縁に嵌められています。

 The other is framed for perfect clarity.
 もうひとつの絵は、絵そのものが完璧に明瞭に見えるような額縁に嵌められています。

 The picture of darkness and of death grows less convincing as you search it out amid its wrappings.
 あなたがその絵を囲む額縁の中で絵を調べ上げるほど、闇と死の絵は説得力を失っていきます。

 As each senseless stone that seems to shine from the frame in darkness is exposed to light, it becomes dull and lifeless, and ceases to distract you from the picture.
 闇の中では額縁から輝きを放っているように見えていた一つひとつの無意味な宝石は、光にさらされるにつれて、どれもくすんで生気を失ってしまい、絵からあなたの注意を逸らすこともなくなります。

 And finally you look upon the picture itself, seeing at last that, unprotected by the frame, it has no meaning.
 そして、最後には、あなたは絵そのものを見ることになります。そしてついに、額縁によって保護されない状態では、そんな絵には何の意味も無いことがわかるようになります。


名称未設定


14. The other picture is lightly framed, for time cannot contain eternity.
 もうひとつの絵は、簡素な額縁に嵌められています。というのも、時間には永遠を封じ込めることなどできないからです。

 There is no distraction here.
 この絵には、注意を逸らすものは何もありません。

 The picture of Heaven and eternity grows more convincing as you look at it.
 あなたがその絵を見れば見るほど、ますます天国と永遠の絵に疑問の余地が無くなっていきます。

 And now, by real comparison, a transformation of both pictures can at last occur.
 そして今や、真に比較することによって、ついに二枚の絵の変容を起こすことができるようになります。

 And each is given its rightful place when both are seen in relation to each other.
 二枚の絵を互いに関連させて見るとき、一つひとつの絵にはふさわしい場が与えられることになります。

 The dark picture, brought to light, is not perceived as fearful, but the fact that it is just a picture is brought home at last.
 闇の絵も、光の下にもたらされると恐ろしいものには見えません。ただ、それが単なる絵でしかないという事実がようやく十分に納得されるだけのことです。

 And what you see there you will recognize as what it is; a picture of what you thought was real, and nothing more.
 そして、あなたは自分の目の前にあるものを見て、それが自分が現実であると思っていたものを描写した絵でしかなく、それ以上の何ものでもないとあるがままに認めるでしょう。

 For beyond this picture you will see nothing.
 というのは、この絵の向こう側にあなたに見えるものは何もないからです。





15. The picture of light, in clear-cut and unmistakable contrast, is transformed into what lies beyond the picture.
 それとは明快に間違えようのないほど対照的に、光の絵は、その絵の向こう側にあるものへと変容します。

 As you look on this, you realize that it is not a picture, but a reality.
 あなたがこの絵を見つめるにつれて、あなたは、それが絵ではなく現実であることに気がつくようになります。

 This is no figured representation of a thought system, but the Thought itself.
 これは思考システムが形をとって表現されたものではなく、大いなる思いそのものなのです。

 What it represents is there.
 大いなる思いの現れがそこにあります。

 The frame fades gently and God rises to your remembrance, offering you the whole of creation in exchange for your little picture, wholly without value and entirely deprived of meaning.
 額縁は静かに姿を消します。そして、まったく何の価値も無く完全に意味を喪失したあなたの小さな絵と引き換えに、創造のすべてをあなたに差し延べながら、神があなたの記憶によみがえってきます。

名称未設定

16. As God ascends into his rightful place and you to yours, you will experience again the meaning of relationship and know it to be true.
 神が自らにふさわしい場へと昇り、あなたも自分にふさわしい場に昇ると、あなたは関係を持つことの意味を再び体験し、それが真実だと知ることになります。

 Let us ascend in peace together to the Father, by giving him ascendance in our minds.
 私たちの心の中の支配を大いなる父に委ねることによって、私たちで一緒に大いなる父の許へと平安のうちに昇りましょう。

 We will gain everything by giving him the power and the glory, and keeping no illusions of where they are.
 力と栄光のありかについて何の幻想も抱くことなく、神に力と栄光を捧げることによって、私たちはすべてを得ることになります。

 They are in us, through his ascendance.
 その力と栄光は、私たちの心の中を治めることを神に任せることを通して、私たちの中に見出されます。

 What he has given is his.
 神が授けてくれるものは神自身のものです。

 It shines in every part of him, as in the whole.
 神の授けてくれるものは、神が全体において輝いているのと同じように、神のあらゆる部分においても輝いています。

 The whole reality of your relationship with him lies in our relationship to one another.
 あなたと神の関係の真の姿の全貌は、私たちのお互いの関係の中に見出すことができます。

 The holy instant shines alike on all relationships, for in it they are one.
 神聖な瞬間は、すべての関係に等しく輝きをもたらします。なぜなら、神聖な瞬間においてすべての関係はひとつになるからです。

 For here is only healing, already complete and perfect.
 というのも、神聖な瞬間には、すでに完成されていて完璧な癒しだけがあるからです。

 For here is God, and where he is only the perfect and complete can be.
 それに、神聖な瞬間には神が存在し、神が存在するところには、完璧で完成されたものしか存在できないからです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事

1 Comments

Kino says...""
ken様こんにちは。いつも有難うございます。
本稿は示唆に富んでいるものの、核を捉えることが出来ませんでした。
私にも(多分誰にも)、特別な関係の交友は存在し、それは
自分の持ち合わせない特性を備えている方、補え合えそうな特性の方、
憎悪的行動を表現する方などが結びつきの代表格だと存じますが、
本稿では彼らとの関係は「立派な額縁」で惑わされている否認すべき対象と
おっしゃっているようにも見えます。

特別な関係において、コースが導く学びの最終目標はどのようなものでしょうか?
自他分離の幻想につき、お互いの存在が共に自らの一部と認め合い
与えあう関係を築くことか、特別な関係そのものを手放す方向なのか。。

また、気付きの浅い今の私のような人間が、今後特別な関係と交わるにつき
心掛けるべき点をご指南頂けましたら幸いです。
何卒どうぞ宜しくお願い致します。
2013.06.12 12:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/36-d5606286
該当の記事は見つかりませんでした。