There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン161「聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。」

レッスン161です。

今日のテーマは「聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。」です。





今日のレッスンでは、「一人の兄弟は、すべての兄弟なのです。

一つひとつの心は全ての心を含んでいます。というのも、すべての心は一つだからです。

これこそ真理です。」に続けて、とはいえ、このような抽象的な言葉は、耳に心地よく情感として正しいような気分にさせてはくれても、根本的に理解されないし、理解すること自体不可能だと指摘します。

たしかにその通り、さすがイェシュア、といったところです。

心の自然な状態は抽象性にあるものの、自然な心(分割された)の周囲にかさぶたのように具体性の皮をかぶせてしまっている心の状態では、本来の自然な抽象思考は異質なものになってしまっているので、すべてのものは分裂してバラバラにしか見えず、一つであると見ることはできません。

そんな心に、抽象的な真理を示しても、外側の皮にはじき飛ばされて、心の中に沈み込んではいきません。

同じ具体性のレベルに立って、この抽象的な真理を具体性のレベルであてはめるという作業をすることで、かさぶたが幻でしかないということを本当に体得することができるというのでしょう。

この心をバラバラにして包む身体という皮袋は、本当はつながっているはずの兄弟を見ることが恐怖と憎しみを生み攻撃と罪悪感の連鎖を生み出します。

レッスンでは、一人の兄弟を残りの全兄弟たちの象徴として選んで、その人の具体性を捨象して、自分自身と一体の存在であることを体感する実践をします。
Lesson 161



Give me your blessing, holy Son of God.
聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。


1. Today we practice differently, and take a stand against our anger, that our fears may disappear and offer room to love.
 今日、私たちは、これまでとは違ったように実習し、自分の怒りに立ち向かう立場を取ります。そうすれば、私たちの恐れは消え去り、に場所を譲ります。

 Here is salvation in the simple words in which we practice with today's idea.
 私たちが実習する今日の考えの単純な言葉の中に救済があります。

 Here is the answer to temptation which can never fail to welcome in the Christ where fear and anger had prevailed before.
 ここに、誘惑に対する答えがあります。その答えは、恐れと怒りが以前には蔓延していた場所に、キリストを迎え入れることに絶対に失敗することはありません。

 Here is Atonement made complete, the world passed safely by and Heaven now restored.
 ここで贖罪は完了し、この世界を安全に通り過ぎ、そして、今や天国が回復されます。

 Here is the answer of the Voice for God.
 ここにこそ、神に代わって語る大いなる声の答えがあります。




2. Complete abstraction is the natural condition of the mind.
 完全な抽象性こそが、心の自然な状態です。

 But part of it is now unnatural.
 しかし、今のところ、心の一部は不自然になっています。

 It does not look on everything as one.
 その心の一部は、すべての物事を一つのものとしては見ていません。

 It sees instead but fragments of the whole, for only thus could it invent the partial world you see.
 その代わりに、その心の一部は、ただ全体の断片だけを見ています。というのも、こうすることによってのみ、その心の一部は、あなたの見ている断片的な世界を作り出すことができるからです。

 The purpose of all seeing is to show you what you wish to see.
 見るということのすべては、あなたが見たいと望むものをあなたに見せることを目的としています。

 All hearing but brings to your mind the sounds it wants to hear.
 聞くということはすべて、ただあなたの心が聞きたがっている音をあなたの心に運んでくるだけです。




3. Thus were specifics made.
 こうして、具体的な物事が作り出されました。

 And now it is specifics we must use in practicing.
 そして、今、私たちが実習において用いなければならないのはこの具体的な物事です。

 We give them to the Holy Spirit, that He may employ them for a purpose which is different from the one we gave to them.
 私たちは、具体的な物事を聖霊に渡します。そうすれば、聖霊は、私たちがこれまでそれらの具体的な物事を捧げてきた目的とは違う目的のために聖霊が用いることができるようになります。

 Yet He can use but what we made, to teach us from a different point of view, so we can see a different use in everything.
 しかし、あらゆるものについて違った活用法を見出すことができるように、聖霊が私たちに違った観点から教えるために、聖霊は私たちの作ったものしか用いることができません。




4. One brother is all brothers.
 一人の兄弟は、すべての兄弟なのです。

 Every mind contains all minds, for every mind is one.
 一つひとつの心はすべての心を含んでいます。というのも、すべての心は一つだからです。

 Such is the truth.
 これこそ真理です。

 Yet do these thoughts make clear the meaning of creation?
 しかし、このような考えは、創造の意味を明確にするでしょうか。

 Do these words bring perfect clarity with them to you?
 これらの言葉は、あなたに完璧に明快な理解をもたらすでしょうか。

 What can they seem to be but empty sounds; pretty, perhaps, correct in sentiment, yet fundamentally not understood nor understandable.
 それらの考えや言葉は、ただ空疎に響く音にしか思えないのではないでしょうか。聞こえはいいかもしれないし、情緒的に正しく感じられたとしても、根本的には理解されてはいないし、理解すること自体不可能なのではないでしょうか。

 The mind that taught itself to think specifically can no longer grasp abstraction in the sense that it is all-encompassing.
 具体的に思考するように自分自身を調教した心には、もはやすべてを包含するという意味の抽象性を把握することができなくなっています。

 We need to see a little, that we learn a lot.
 ゆえに、私たちは多くを学ぶために、少しのものを見る必要があるのです。




5. It seems to be the body that we feel limits our freedom, makes us suffer, and at last puts out our life.
 私たちの自由を制限し、苦しめ、ついには生命を消し去ってしまうのは身体であるように私たちは感じています。

 Yet bodies are but symbols for a concrete form of fear.
 しかし、身体は単に、恐れが具体的な形をとった象徴でしかありません。

 Fear without symbols calls for no response, for symbols can stand for the meaningless.
 象徴がなければ、恐れは何の反応も呼び起こすことはありません。というのも、象徴は無意味なものを表すことができないからです。

 Love needs no symbols, being true.
 は真理であるので、どんな象徴をも必要とはしません。

 But fear attaches to specifics, being false.
 しかし、恐れは偽りなので、具体的な物事に取りつこうとします。




6. Bodies attack, but minds do not.
 身体は攻撃しますが、心は攻撃しません。

 This thought is surely reminiscent of our text, where it is often emphasized.
 この考えは確実に、そのことを繰り返し強調するテキストを想起させます。

 This is the reason bodies easily become fear's symbols.
 身体は攻撃するが心は攻撃しないという考えこそ、身体が容易に恐れの象徴となってしまう理由です。

 You have many times been urged to look beyond the body, for its sight presents the symbol of love's "enemy" Christ's vision does not see.
 あなたは何回も、身体を超えて見るようにと促されてきました。というのも、肉眼は、キリストヴィジョンには見えないの「敵」の象徴を見せるものだからです。

 The body is the target for attack, for no one thinks he hates a mind.
 身体は攻撃の的です。というのも、誰も自分が心を憎んでいるとは思ってはいないからです。

 Yet what but mind directs the body to attack?
 しかし、身体に攻撃するよう指示するのは心だけです。

 What else could be the seat of fear except what thinks of fear?
 恐れのことを考える心以外に、恐れを生み出す母体となるものはありえません。




7. Hate is specific.
 憎しみは具体的なものです。

 There must be a thing to be attacked.
 憎むときには、必ず攻撃すべき標的が存在しなければなりません。

 An enemy must be perceived in such a form he can be touched and seen and heard, and ultimately killed.
 敵というものは必ず、触れることができて、見たり聞いたりできて、究極的には殺すことができるような形として知覚されます。

 When hatred rests upon a thing, it calls for death as surely as God's Voice proclaims there is no death.
 憎しみが一つの物に向けられるとき、確実に死を求めます。それは、憎しみは神の大いなる声が死は無いと宣言するのと同じくらい確実なことです。

 Fear is insatiable, consuming everything its eyes behold, seeing itself in everything, compelled to turn upon itself and to destroy.
 恐れは貪欲で、すべてのものの中に自分自身を見てしまうので、自分自身に襲いかかって破壊するよう駆り立てられるので、その目に留まったものすべてを食らい尽くそうとします。




8. Who sees a brother as a body sees him as fear's symbol.
 兄弟のことを身体と見る者は、兄弟を恐れの象徴として見ています。

 And he will attack, because what he beholds is his own fear external to himself, poised to attack, and howling to unite with him again.
 だから、彼は攻撃することになります。なぜなら、彼が見ているのは、彼の外部に置かれた自分自身の恐れが、攻撃態勢を取り、自分と再び合体しようとして唸り声を上げている様だからです。

 Mistake not the intensity of rage projected fear must spawn.
 投影された恐れが生み出す憤怒の苛烈さを見誤ってはなりません。

 It shrieks in wrath, and claws the air in frantic hope it can reach to its maker and devour him.
 その憤怒は、激するあまり金切り声を上げて、自分の作り主を捕えて貪り食ってやろうと猛り狂ってかぎ爪で空中を掻き毟っています。




9. This do the body's eyes behold in one whom Heaven cherishes, the angels love and God created perfect.
 こんなことを肉眼は、天国が大切にし、天使たちがし、神が完璧に創造した兄弟の中に見ているのです。

 This is his reality.
 天国が大切にし、天使たちがし、神が完璧に創造した姿こそが兄弟の本当の姿です。

 And in Christ's vision is his loveliness reflected in a form so holy and so beautiful that you could scarce refrain from kneeling at his feet.
 そして、キリストヴィジョンには、あなたが思わず彼の足下に跪かずにいられないほどの神聖で美しい兄弟の素晴らしさが映し出されています。

 Yet you will take his hand instead, for you are like him in the sight that sees him thus.
 しかし、あなたは跪く代わりに、兄弟の手を取るでしょう。というのも、その兄弟をそのような素晴らしいものとして見る視覚の中では、あなたも兄弟と同じ素晴らしい存在だからです。

 Attack on him is enemy to you, for you will not perceive that in his hands is your salvation.
 兄弟に攻撃することは、自分に敵対することです。というのも、攻撃するあなたには、兄弟の手の中に自らの救済があるということが知覚できないからです。

 Ask him but for this, and he will give it to you.
 兄弟に救いだけを求めてください。そうすれば、兄弟はあなたに救いを与えてくれるでしょう。

 Ask him not to symbolize your fear.
 兄弟にあなたの恐れを象徴することを求めてはなりません。

 Would you request that love destroy itself?
 あなたは、に愛自身を滅ぼすことを求めたいのでしょうか。

 Or would you have it be revealed to you and set you free?
 それとも、あなたは、愛に自分の前に姿を現して、自分を自由にしてもらいたいでしょうか。




10. Today we practice in a form we have attempted earlier.
 今日、私たちは、前に試みた形で実習します。

 Your readiness is closer now, and you will come today nearer Christ's vision.
 あなたの準備は今では以前よりもずっと整っているので、あなたは今日、キリストヴィジョンにより接近できるでしょう。

 If you are intent on reaching it, you will succeed today.
 もしあなたにキリストヴィジョンに到達することに集中するなら、あなたは今日それに成功するでしょう。

 And once you have succeeded, you will not be willing to accept the witnesses your body's eyes call forth.
 そして、いったんあなたが成功すれば、あなたは自分の肉眼が見せる証拠を受け入れる意欲を持たなくなるでしょう。

 What you will see will sing to you of ancient melodies you will remember.
 あなたが見ることになるものは、あなたが思い出すことになる太古の旋律をあなたに聴かせてくれるでしょう。

 You are not forgot in Heaven.
 あなたは天国において忘れられてなどいません。

 Would you not remember it?
 あなたは、天国を思い出したくはありませんか。




11. Select one brother, symbol of the rest, and ask salvation of him.
 ほかのすべての兄弟たちの象徴として一人の兄弟を選んで、その人に救済を求めてください。

 See him first as clearly as you can, in that same form to which you are accustomed.
 まず、自分にできるかぎりはっきりと、あなたが慣れているのと同じ形でその人のことを思い描いてください。

 See his face, his hands and feet, his clothing.
 彼の顔を見て、彼の手と足、彼の服も見てください。

 Watch him smile, and see familiar gestures which he makes so frequently.
 彼が微笑むのを見つめ、そして、彼がよくする見慣れた仕草を眺めてください。

 Then think of this: What you are seeing now conceals from you the sight of one who can forgive you all your sins; whose sacred hands can take away the nails which pierce your own, and lift the crown of thorns which you have placed upon your bleeding head.
 それから、次のように考えてください。あなたが今見ているものが、あなたのすべての罪を赦すことのできる人の姿をあなたから隠してしまっている。その人の神聖な手は、あなたの手に打ち込まれた釘を抜き取り、あなたが自分の血の滴る頭に乗せた棘の冠を持ち上げてくれると。

Ask this of him, that he may set you free:
その兄弟があなたを自由にしてくれるように、次のように求めてください。



Give me your blessing, holy Son of God.
聖なる神の子よ、あなたの祝福を私に与えてください。

I would behold you with the eyes of Christ, and see my perfect sinlessness in you.
私は、キリストの目であなたを見つめ、あなたの中に自分の完璧な罪の無さを見ることにします。



12. And He will answer Whom you called upon.
 そうすれば、あなたが呼びかけたキリストが答えてくれるでしょう。

 For He will hear the Voice for God in you, and answer in your own.
 というのも、キリストはあなたの中に神に代わって語る声を聞き、あなた自身の声をもって答えてくれるからです。

 Behold him now, whom you have seen as merely flesh and bone, and recognize that Christ has come to you.
 あなたがこれまで単なる肉と骨の塊でしかないと見ていた兄弟を今、よく見つめなさい。そして、キリストが自分のところに訪れたことに気づいてください。

 Today's idea is your safe escape from anger and from fear.
 今日の考えは、あなたが怒りと恐れから安全に脱出する方法です。

 Be sure you use it instantly, should you be tempted to attack a brother and perceive in him the symbol of your fear.
 兄弟を攻撃したくなったり、自分の恐れの象徴を兄弟の中に知覚してしまいそうな誘惑に駆られたら、即座に今日の考えを用いるのを忘れないでください。

 And you will see him suddenly transformed from enemy to savior; from the devil into Christ.
 そうすれば、あなたは、その兄弟がたちまち敵から救い主へ、悪魔からキリストへと姿を変えるのを見ることになるでしょう。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします


関連記事
怒りキリストヴィジョン兄弟天国攻撃救済憎しみ抽象性

Comments 0

Leave a reply