There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T7-11 神の恩寵ってどういう意味?

0   0



今回は、テキスト第七章から ”The State of Grace”「恵みに満ちた状態」という一節をご紹介します。

「Grace」の意味は、恩寵、慈、恩恵、優雅さ、上品さ等です。語源としては、喜ばせるという意味があるそうです。

恵み」という言葉で訳していますが、違和感がある場合は、ほかの言葉に置き換えて読んでみてください。

欠乏感はどうしてなくならない?
が参考になると思います。


さて、この節では、私たちの自然な状態は、神の恩寵に満ちた状態であり、ストレスに満ちた欠乏状態のほうこそが不自然な状態なのだといいます。

そして、ストレスを感じる欠乏状態が生じてしまう理由は、そもそも神の子は、自分で作り出す環境に適応するようには創造されていないからであって、神の子は、恵みのない環境に順応できないし、環境を自分に適合させることもできないということです。

そうだとすれば、自然な状態に戻るには、神の法と元来調和していない自分で作り上げたこの世界を自分に適合させようと無駄な努力をするのではなく、聖霊の導きを受けて、見せかけの自分の王国の向こう側にある神の王国を見て、そこにある神の尊厳に気づくことが必要になります。

自分の兄弟の中に神の尊厳、神の贈り物があることに気づくことで、神との共同創造者としてのその兄弟の創造力と自分の創造力を承認することになります。

自分の兄弟を神の子として遇し、そして自分の救い主として見るということはコースで繰り返されることです。

分離の目線で世界を眺めているかぎり、価値の序列に知覚が歪められ、マザーテレサのような存在の中に神を見出すことはできても、犯罪者やヒトラーのような存在の中に神を見るなど不敬の極みであるように感じるし、そんな人たちの中には悪魔が巣食っていて、神の片鱗すら残っていないように思えてしまうものです。

とくに、直接の被害者の立場の人からするとなおさらです。

けれど、分裂した無数の個別の自己である私たちは、表面上、エゴ・身体として、ジグソーパズルのピースのように、ばらばらで、それぞれに異なった特質を備える異質な存在であるように見えていますが、表面上の相違の背後には、ホログラムのフィルムの破片のように、ぼやけてはいても、それぞれの中に全体像が眠っているということでした。

この点については、「打ち砕かれた欠片の中に潜むものは

罪悪感から解放されることは可能なのか?
を読んでいただければと思います。


テキスト第七章 

XI. The State of Grace
十一 恵みに満ちた状態






1. The Holy Spirit will always guide you truly, because your joy is his.
 聖霊は、必ずあなたを正しく導いてくれます。なぜなら、あなたの喜びこそが聖霊喜びだからです。

 This is his will for everyone because he speaks for the Kingdom of God, which is joy.
 正しく導くことが、みんなのために聖霊が意図することです。なぜなら、聖霊は神の王国を代弁するものであり、その神の王国とはまさしく喜びだからです。

 Following him is therefore the easiest thing in the world, and the only thing that is easy, because it is not of the world.
 したがって、聖霊に従うことは、この世界において最も楽で、唯一容易なことなのです。なぜなら、聖霊に従うことは、この世界に属することではないからです。

 It is therefore natural.
 それゆえ、聖霊に従うのは自然なことなのです。

 The world goes against your nature, being out of accord with God's laws.
 この世界のほうこそ、神の法と調和していないので、あなたの自然な性質に逆らっているのです。

 The world perceives orders of difficulty in everything.
 この世界は、あらゆるものに関して、その難しさの序列を認めます。

 This is because the ego perceives nothing as wholly desirable.
 これは、エゴは何ひとつとして、全面的に望ましいものとして知覚しようとはしないからです。

 By demonstrating to yourself there is no order of difficulty in miracles, you will convince yourself that, in your natural state, there is no difficulty at all because it is a state of grace.
 奇跡には難しさの序列はないことを自分自身に実証することによって、あなたは自分の自然な状態においては、それが神の恵みに満ちた状態であるがゆえに、難しいことなどまったく存在しないと自分で確信するようになります。





2. Grace is the natural state of every Son of God.
 神の恵みに満ちた状態こそ、神の子全員の自然な状態です。

 When he is not in a state of grace, he is out of his natural environment and does not function well.
 神の子が恵みに満ちた状態にないときには、神の子は自分にとって自然な環境を外れてしまっているので、うまく自らの機能を発揮することができません。

 Everything he does becomes a strain, because he was not created for the environment that he has made.
 恵みに満ちた状態にない神の子が行うことは、すべてがストレスに満ちたものになります。なぜなら、神の子は、自分で作り出した環境に適応するように創造されてはいないからです。

 He therefore cannot adapt to it, nor can he adapt it to him.
 したがって、神の子は恵みのない環境に順応できないし、その環境のほうを自分に適合させることもできません。

 There is no point in trying.
 努力しても無駄なのです。

 A Son of God is happy only when he knows he is with God.
 神の子は、自分が神と共にあると知っているときだけ幸せになることができます。

 That is the only environment in which he will not experience strain, because that is where he belongs.
 自分が神と共にいると知ることができるような環境においてのみ、神の子はストレスを経験しないで済むでしょう。なぜなら、その場所が神の子のいるべき場所だからです。

 It is also the only environment that is worthy of him, because his own worth is beyond anything he can make.
 そこはまた、神の子がいるに値する唯一の環境でもあります。なぜなら、神の子が持つ真価は、彼が自分で作りうるどんなものをも越えるものだからです。


名称未設定


3. Consider the kingdom you have made and judge its worth fairly.
 あなたの作った王国のことをよく考えてみてください。そして、自分が作り出した王国の価値を公正に判断してください。

 Is it worthy to be a home for a child of God?
 あなたの作り出した王国は、神の子供が住む家としてふさわしいといえるでしょうか。

 Does it protect his peace and shine love upon him?
 あなたの作り出した王国は、神の子の平安を守り、彼をの輝きで照らしてくれるでしょうか。

 Does it keep his heart untouched by fear, and allow him to give always, without any sense of loss?
 その王国は、神の子の思いが恐れによって何の影響も受けないままに保って、彼がいかなる喪失感も抱くことなくつねに与えることができるようにさせてくれるでしょうか。

 Does it teach him that this giving is his joy, and that God Himself thanks him for his giving?
 その王国は、このように与えることこそが彼にとっての喜びであり、彼が与えることに神自身が感謝していることを教えてくれるでしょうか。

 That is the only environment in which you can be happy.
 これらのことを適えてくれる環境こそ、あなたが幸せでいられる唯一の環境です。

 You cannot make it, any more than you can make yourself.
 あなたが自分自身を作り出すことができないように、あなたはそのような環境を自分で作り出すことはできません。

 It has been created for you, as you were created for it.
 あなたが神の王国のために創造されたように、神の王国もあなたのために創造されているのです。

 God watches over his children and denies them nothing.
 神は自身の子供たちを見守っていてくれるし、子供たちに何ひとつ拒むことはありません。

 Yet when they deny him they do not know this, because they deny themselves everything.
 しかし、子供たちが神を拒むとき、子供たちには、自分たちが神から何も拒まれていないことがわからなくなってしまいます。なぜなら、子供たちは、自分自身にすべてのものを拒んでいることになるからです。

 You who could give the love of God to everything you see and touch and remember, are literally denying heaven to yourself.
 自分が見たり、触れたり、思い出したりするすべてのものに神のを与えることができるはずのあなたが、文字どおり、自分自身に天国を拒んでいることになってしまうのです。





4. I call upon you to remember that I have chosen you to teach the Kingdom to the Kingdom.
 私はあなたに思い出してほしいのです。それは、あなたの王国に神の王国を教えるようにと私があなたを選んだのだということです。

 There are no exceptions to this lesson, because the lack of exceptions is the lesson.
 このレッスンにはいかなる例外もありません。なぜなら、例外が存在しないことこそ、まさに学ぶべき課題だからです。

 Every Son who returns to the Kingdom with this lesson in his heart has healed the Sonship and given thanks to God.
 このレッスンを胸に抱いて王国に帰還する一人ひとりの子らはみな、すでに神の子全体を癒し、神に感謝を捧げています。

 Everyone who learns this lesson has become the perfect teacher, because he has learned it of the Holy Spirit.
 このレッスンを学んだ者は、一人ひとりがみな、完璧な教師となっています。なぜなら、彼はこのレッスンを聖霊から学んだからです。


名称未設定


5. When a mind has only light, it knows only light.
 ある心がただ光だけを持っているとき、その心はただ光だけを知ることになります。

 Its own radiance shines all around it, and extends out into the darkness of other minds, transforming them into majesty.
 その心自身の輝きが周り全体を照らし出し、他の心たちの闇の中へと光を拡張し、それらの心を威厳の溢れるものへと変容させます。

 The Majesty of God is there, for you to recognize and appreciate and know.
 神の大いなる尊厳がそこにはあります。それは、あなたに気づいてもらい、その真価を認められ、知ってもらうことができるためなのです。

 Recognizing the Majesty of God as your brother is to accept your own inheritance.
 神の尊厳をあなたの兄弟に認めることは、あなた自身が受け継いだものを受け入れるということです。

 God gives only equally.
 神はただ平等に与えます。

 If you recognize his gift in anyone, you have acknowledged what he has given you.
 もしあなたが、神の贈り物が誰かの中にあると気づいたなら、それは、神があなたに与えてくれたものをあなたが承認したということです。

 Nothing is so easy to recognize as truth.
 真理ほど認識するのが簡単なものは何もありません。

 This is the recognition that is immediate, clear and natural.
 真理の認識は、即座に、明確に、そして自然になされるものです。

 You have trained yourself not to recognize it, and this has been very difficult for you.
 もっとも、あなたは真理を認識しないように自分自身を訓練してしまっています。そのために、真理を認識することは、これまであなたにとって、とても難しいものになっていたのです。





6. Out of your natural environment you may well ask, "What is truth?" since truth is the environment by which and for which you were created.
 自分にとって自然な環境の外にいるあなたが「真理とは何か」と尋ねたとしても、それはもっともなことです。なぜなら、真理とは、それによって、またそのために、あなたが創造された環境だからです。

 You do not know yourself, because you do not know your Creator.
 あなたは自分自身を知りません。なぜなら、あなたは自分の大いなる創造主を知らないからです。

 You do not know your creations because you do not know your brothers, who created them with you.
 あなたは、自分が創造したものたちのことを知りません。なぜなら、あなたは自分と一緒にそれらを創造してくれた兄弟たちのことを知らないからです。

 I have already said that only the whole Sonship is worthy to be co-creator with God, because only the whole Sonship can create like him.
 すでに述べたように、全体としての神の子だけが神との共同創造者となるにふさわしいのです。なぜなら、全体としての神の子だけが神のように創造できるからです。

 Whenever you heal a brother by recognizing his worth, you are acknowledging his power to create and yours.
 あなたが兄弟の真価を認めることによって兄弟を癒すたびに、あなたはその兄弟の創造力と自分の創造力を承認することになります。

 He cannot have lost what you recognize, and you must have the glory you see in him.
 あなたが気づくものを彼が失っているはずがないし、あなたがその兄弟の中に見る栄光をあなたも備えているに違いありません。

 He is a co-creator with God with you.
 その兄弟は、あなたと共に神との共同創造者なのです。

 Deny his creative power, and you are denying yours and that of God who created you.
 その兄弟の創造力を否認すると、あなたは自分の創造力だけでなく、あなたを創造してくれた神の創造力も拒絶することになってしまいます。


名称未設定


7. You cannot deny part of truth.
 あなたは真理の一部だけを否認することはできません。

 You do not know your creations because you do not know their creator.
 あなたは自分の創造したものたちのことを知りません。なぜなら、あなたは、彼らを創造した者のことを知らないからです。

 You do not know yourself because you do not know yours.
 つまり、あなたは自分自身を知らないのです。その理由は、あなたが自分の創造主を知らないからです。

 Your creations cannot establish your reality, any more than you can establish God's.
 あなたには神が実在することを確立することができないように、あなたの創造したものたちも、あなたが実在することを確立することはできません。

 But you can know both.
 しかし、あなたは自分と神の実在性を両方とも知ることができます。

 Being is known by sharing.
 実在は、共有することによって知られます。

 Because God shared his being with you, you can know him.
 神が自らの実在をあなたと分かち合ってくれたのだから、あなたには神を知ることができます。

 But you must also know all he created, to know what they have shared.
 しかし、あなたはまた、神の創造物のすべてが何を共有しているのかを知るために、神の創造物のすべてを知らなければなりません。

 Without your Father you will not know your fatherhood.
 あなたの大いなる父なくしては、あなたは自らの父性を知ることはできないでしょう。

 The Kingdom of God includes all his sons and their children, who are as like the sons as they are like the Father.
 神の王国はすべての神の子らと彼らの子供たち全員を含んでいます。すべての神の子らの子供たちは、子らが父と同じものであるように、神の子らと同じものなのです。

 Know, then, the sons of God, and you will know all creation.
 ゆえに、神の子らを知りなさい。そうすれば、あなたは創造のすべてを知ることになります。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/364-d0d5f194
該当の記事は見つかりませんでした。