There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン167「生命はひとつであり、そのひとつの生命を私は神と分かち合っている。」

レッスン167です。

今日のテーマは「生命はひとつであり、そのひとつの生命を私は神と分かち合っている。」です。



Lesson 167



There is one life, and that I share with God.
生命はひとつであり、そのひとつの生命を私は神と分かち合っている。




1. There are not different kinds of life, for life is like the truth.
 さまざまな種類の生命があるわけではありません。というのも、生命は真理と同じものだからです。

 It does not have degrees.
 生命に序列はありません。

 It is the one condition in which all that God created share.
 生命は、神が創造したすべてが分かち合っている一なる状態です。

 Like all His Thoughts, it has no opposite.
 神の大いなる思いのすべてと同じように、生命は対極を持ちません。

 There is no death because what God created shares His life.
 神が創造したものは神の生命を分かち合っているので、は存在しません。

 There is no death because an opposite to God does not exist.
 神と相容れない対極は存在しないので、は存在しません。

 There is no death because the Father and the Son are One.
 父と子はひとつなので、は存在しないのです。




2. In this world, there appears to be a state that is life's opposite.
 この世界では、生命の反対の状態が存在するように思えます。

 You call it death.
 あなたたちは、その状態をと呼びます。

 Yet we have learned that the idea of death takes many forms.
 しかし、私たちはすでに、という想念が多様な形態をとることを学んできました。

 It is the one idea which underlies all feelings that are not supremely happy.
 は、至福ではないすべての感情の基盤となるひとつの想念です。

 It is the alarm to which you give response of any kind that is not perfect joy.
 死は危険な知らせであり、あなたはそれに対して完璧な喜び以外のあらゆる種類の反応を示します。

 All sorrow, loss, anxiety and suffering and pain, even a little sigh of weariness, a slight discomfort or the merest frown, acknowledge death.
 すべての悲しみや喪失、配、そして、苦悩と苦痛はもちろん、疲れて漏らす小さなため息、かすかな不快感やほんのわずかに眉をひそめることすら、死を承認することなのです。

 And thus deny you live.
 こうして、あなたは自分が生きていることを否認することになります。





3. You think that death is of the body.
 あなたは、死は身体に関するものだと思っています。

 Yet it is but an idea, irrelevant to what is seen as physical.
 しかし、死はただの想念であり、肉体的な死として見えているものとは無関係なものです。

 A thought is in the mind.
 思考は、の中にあります。

 It can be then applied as mind directs it.
 そうだとすれば、の命じる通りに思考を用いることができるはずです。

 But its origin is where it must be changed, if change occurs.
 ただし、変化が起こるためには、思考のであるにおいて思考が変化する必要があります。

 Ideas leave not their source.
 想念は、そのから離れることはありません。

 The emphasis this course has placed on that idea is due to its centrality in our attempts to change your mind about yourself.
 この想念はそのを離れないという考えをこのコースが強調するのは、自分自身についてのあなたのを変える私たちの試みにおいて、それが中核的な位置を占めるからです。

 It is the reason you can heal.
 想念はそのを離れないという考えが、あなたが癒されることができる理由です。

 It is the cause of healing.
 想念はそのを離れないという考えが癒しの原因です。

 It is why you cannot die.
 想念はそのを離れないという考えが、あなたが死ぬことがありえない理由です。

 Its truth established you as one with God.
 想念はその源を離れないという考えが本当であることが、あなたを神とひとつのものとして確立したのです。




4. Death is the thought that you are separate from your Creator.
 死は、あなたが自分の創造主から分離しているという想念です。

 It is the belief conditions change, emotions alternate because of causes you cannot control, you did not make, and you can never change.
 死は、あなたのコントロールが及ばず、あなたが作ってもおらず、そして、あなたには絶対に変えることのできない原因によって、状況や感情が変わって行くという信念です。

 It is the fixed belief ideas can leave their source, and take on qualities the source does not contain, becoming different from their own origin, apart from it in kind as well as distance, time and form.
 死は、想念はその源を離れることができ、そして、その源が持っていないような特質を持つようになり、距離や時間や形において、それ自体の起源とは異なる別の種類のものになることができるという固定観念です。




5. Death cannot come from life.
 死は、生命から生じることはできません。

 Ideas remain united to their source.
 想念は、その源と結びついたままです。

 They can extend all that their source contains.
 想念は、その源が含むあらゆるものを拡張させることができます。

 In that, they can go far beyond themselves.
 拡張することで、想念はそれ自体をはるかに越えて進むことができます。

 But they can not give birth to what was never given them.
 しかし、想念は、自らに与えられていないものに生命を与えることはできません。

 As they are made, so will their making be.
 想念が形作るものは、それらの想念が作り出された通りのものになります。

 As they were born, so will they then give birth.
 自分が生み出されたように、想念は生み出すようになります。

 And where they come from, there will they return.
 そして、想念が生まれた場所へと、想念は帰ってゆくことになります。




6. The mind can think it sleeps, but that is all.
 は、自分が眠っていると思うことはできます。しかし、それだけのことです。

 It cannot change what is its waking state.
 心には、自分が目覚めているという状態そのものを変えることはできません。

 It cannot make a body, nor abide within a body.
 心は、身体を作ることも、身体の中に住むこともできません。

 What is alien to the mind does not exist, because it has no source.
 心と相容れないものは存在しないのです。なぜなら、そんなものにはいかなる源もないからです。

 For mind creates all things that are, and cannot give them attributes it lacks, nor change its own eternal, mindful state.
 心は存在するすべてのものを創造するのであり、それらに心が持っていない属性を与えたり、心自体の永遠性や心の充実した状態を変えることもできません。

 It cannot make the physical.
 心には物質的なものを作り出すことはできません。

 What seems to die is but the sign of mind asleep.
 死ぬように見えているものは、ただ心が眠りこんでいる印でしかありません。





7. The opposite of life can only be another form of life.
 生命の対極は、単に生命の別の形態でしかありえません。

 As such, it can be reconciled with what created it, because it is not opposite in truth.
 そうだとすれば、生命の対極もそれを創造したものと和解できるはずです。なぜなら、それは真の意味では対極とはいえないからです。

 Its form may change; it may appear to be what it is not.
 その生命の対極の取る形態は変わるかもしれません。それは本来の姿とは違うものに見えるかもしれません。

 Yet mind is mind, awake or sleeping.
 しかし、目覚めていようが眠っていようが、心は心です。

 It is not its opposite in anything created, nor in what it seems to make when it believes it sleeps.
 心は、創造された何ものとも対立することはありません。また、心が自分が眠っていると信じているときに、心が作り出しているように思えるものとも対立することはありません。




8. God creates only mind awake.
 神は、ただ目覚めた心だけを創造します。

 He does not sleep, and His creations cannot share what He gives not, nor make conditions which He does not share with them.
 神が眠ることはありません。だから、神の創造物は、神が与えておらず、神が創造物と分かち合わない状況を分かち合うことはできません。

 The thought of death is not the opposite to thoughts of life.
 死の想念は、生命の想念の対極ではありません。

 Forever unopposed by opposites of any kind, the Thoughts of God remain forever changeless, with the power to extend forever changelessly, but yet within themselves, for they are everywhere.
 永遠に、いかなる種類の対極によっても反対されることがないので、神の大いなる思いは、永遠に変わらないまま拡張し続ける力を備えて、永遠に不変であり続けます。しかし、神の大いなる思いが拡張するのは、自らの内においてです。というのは、神の大いなる思いは、あらゆる場所に存在するからです。




9. What seems to be the opposite of life is merely sleeping.
 生命の対極であるように見えるものは、単に眠っていることにすぎません。

 When the mind elects to be what it is not, and to assume an alien power which it does not have, a foreign state it cannot enter, or a false condition not within its Source, it merely seems to go to sleep a while.
 その心が心ではないものになるという選択をして、心が備えていない異質な力をわが物としようとしたり、心には入ることのできない相容れない状態や心の大いなる源の中にはない偽りの状況があるようにしようとするとき、その心は単にしばらくの間眠りに就くように見えるだけです。

 It dreams of time; an interval in which what seems to happen never has occurred, the changes wrought are substanceless, and all events are nowhere.
 その心は、時間という夢を見ています。その時間という間隔の中では、一度も起こったことのないことが起こっているように見えたり、実体のない変化が起こっているように見せかけられ、そして、どこにも存在しない出来事が起こっているように見えます。

 When the mind awakes, it but continues as it always was.
 心が目覚めたとき、心はそれがつねにそうであった通りに存続するだけです。




10. Let us today be children of the truth, and not deny our holy heritage.
 今日は、私たちは真理の子供となり、自分たちの神聖な遺産を拒んだりしないことにしましょう。

 Our life is not as we imagine it.
 私たちの生命は、私たちが想像しているようなものではありません。

 Who changes life because he shuts his eyes, or makes himself what he is not because he sleeps, and sees in dreams an opposite to what he is?
 いったい誰が、自分の目を閉じたからといって、生命を変えることができるでしょうか。いったい誰が、眠りこんで、夢の中で本当の自分とは反対の姿を見たからといって、自分自身を本来の自分とは違うものに変えることができるでしょうか。

 We will not ask for death in any form today.
 私たちは、今日、いかなる形の死も求めることはしません。

 Nor will we let imagined opposites to life abide even an instant where the Thought of life eternal has been set by God Himself.
 そして、私たちは、神自身によって生命の大いなる思いが永遠にあるようにと定められた場所に、たとえ一瞬でも、生命の対極だと想像したものが留まることを許さないようにします。





11. His holy home we strive to keep today as He established it, and wills it be forever and forever.
 今日、私たちは、神の聖なる家を、神が確立し、永遠にそのままであり続けるようにと意図している通りに保つように努めます。

 He is Lord of what we think today.
 神こそが、今日、私たちの思考を導く主です。

 And in His Thoughts, which have no opposite, we understand there is one life, and that we share with Him, with all creation, with their thoughts as well, whom He created in a unity of life that cannot separate in death and leave the Source of life from where it came.
 そして、対極を持たない神の大いなる思いの中で、私たちは一なる生命の存在を理解します。そして、私たちが一なる生命を神とすべての創造物とまたその思いであるものたちと、分かち合っていることを理解します。そうすれば、神はすべての創造物を生命の統合の中に創造したのであり、この統合された生命が死によって分離することはありえないし、何ものも自らを生み出した生命の大いなる源を離れることはできないということがわかるようになります。




12. We share one life because we have one Source, a Source from which perfection comes to us, remaining always in the holy minds which He created perfect.
 私たちは、ひとつの生命を分かち合っています。なぜなら、私たちは、そこから自らに完璧さがもたらされるただひとつの大いなる源を持っており、そして、その完璧さはつねに、神が完璧なものとして創造した神聖な心たちの中に留まり続けるからです。

 As we were, so are we now and will forever be.
 私たちがこれまでそうあったように、私たちは、今もこれからも永遠にそのままであり続けます。

 A sleeping mind must waken, as it sees its own perfection mirroring the Lord of life so perfectly it fades into what is reflected there.
 眠っている心は必ず目を覚まします。眠っている心は、自らの完璧さが、生命の偉大なる主を真に完璧に反映している様を目にするので、そこに反映されているものの中へと溶けこむからです。

 And now it is no more a mere reflection.
 そうすればもう、それはもはや単なる反映ではなくなります。

 It becomes the thing reflected, and the light which makes reflection possible.
 それは、反映されたものそのものとなり、反映を可能なものにしている光となります。

 No vision now is needed.
 もう、いかなるヴィジョンも必要ありません。

 For the wakened mind is one that knows its Source, its Self, its Holiness.
 というのも、目覚めた心は、その大いなる源である自らの真の自己と自らの神聖さを知る一なる心だからです。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
反映自己完璧さ創造生命対極想念

Comments 3

Akiko

夢をもつこと

今日はレッスン167をやりました。
まだテキストも読んでいる途中なのですが、毎回葛藤することがあります。
私的な希望、夢を抱くことに躊躇してしまうようになってしまいました。
以前はエイブラハムやバシャールを読みあさっていましたのでワクワクすることに意識を向けて、ポジティブに過ごすような日々を送っておりましたが、ACIMを読むようになってこの幻想の世界から目覚めることを目指すとなると夢を持つのは違うのかな、と思うようになりました。

幻想の世界に執着していることになるだろうし、神が創造したままの私ではいれなくなるだろうし、自分には何かを創造できるんだという間違った信念によって夢を持つのかなって。もともと存在しないこの世界に現実味を持っているが故の葛藤だとは思うのですが・・・。どうなんでしょう・・・。

2015-11-19 (Thu) 00:02 | EDIT | REPLY |   

 ken

Re: 夢をもつこと

Akikoさま

コメントありがとうございました。お返事が遅くなって申し訳ありません。

> 今日はレッスン167をやりました。
> まだテキストも読んでいる途中なのですが、毎回葛藤することがあります。
> 私的な希望、夢を抱くことに躊躇してしまうようになってしまいました。
> 以前はエイブラハムやバシャールを読みあさっていましたのでワクワクすることに意識を向けて、ポジティブに過ごすような日々を送っておりましたが、ACIMを読むようになってこの幻想の世界から目覚めることを目指すとなると夢を持つのは違うのかな、と思うようになりました。
>
> 幻想の世界に執着していることになるだろうし、神が創造したままの私ではいれなくなるだろうし、自分には何かを創造できるんだという間違った信念によって夢を持つのかなって。もともと存在しないこの世界に現実味を持っているが故の葛藤だとは思うのですが・・・。どうなんでしょう・・・。

私的な希望や夢を抱いてワクワクすることは、存在しないはずのこの世界に現実味を抱くことになってしまってよくないのではないかとのことです。

たしかに、ディスニーランドのようなテーマパークで様々なアトラクションにはまっている状態から現実に戻るには、「つぎはあのアトラクションをやりたい」とテーマパーク内での娯楽を追い求めることはベクトルとして逆ではあるでしょう。

この世界という楽しく「見える」遊園地の吸引力があまりに強いので、私たちは狂ったようにアトラクションを何度も楽しみたがる子供のようにのめり込みます。

でも、まだまだ遊び足りないという気持ちのまま外に出ても、執着を残したままになるので、簡単に舞い戻ってきてしまうはずです。

永遠においてはこの幻想の世界は既に終わっているといいます。
時間は幻想なのですから、もっと気楽に捉えてはどうでしょうか。

私的な希望、夢を抱き、実現することこそ、この幻想世界の醍醐味なのですから、とことん個人としての夢や希望を抱いてワクワクしながら生きればいいのではないでしょうか。

イェシュアが、けしからん!なんて言うと思いますか?


なにより、ワクワクする気持ちは、大事な指標だと思います。

奇跡のコースは、愛の発露の障害を除去することを目指すもので、その意味でマインドとハートでいえば、ハートを重視すると思います。
もっとも、コースは、知的な側面からアプローチするので、どうしても、学習者は頭でっかちになりがちです。

ワクワクはハートで感じるものです。
知的理解に基づくある時点におけるコースの解釈に縛られて、ワクワクを押し殺してでも世界の幻想性を追求しようという姿勢はどうみても、Happy Learner http://thereisnospoon.jp/?mode=m&no=287ではありませんよね。


奇跡のコースは、この世界を幻想と看破してそこから脱出することを説くので、どうしても、学習者は厭世的な気分になってしまいがちです。

それに、ワクワクすることに意識を向けてポジティブに過ごそうとすると、自分がエゴとしての欲求を追求するように思えて、罪悪感を覚えてしまうかもしれません。

たしかに、エイブラハムやバシャールといった高次元存在が勧めるワクワクは、必ずしもコースの言う聖霊を選ぶことに限らず、個としての魂が喜ぶような個性の発揮も含むものだとは思いますが、小さな自己としての個性の発揮を全てエゴに従うことと見なして否定する必要は全くないと思います(この世界での配役について
http://thereisnospoon.jp/?mode=m&no=22)。

ワクワクがエゴからくるものか聖霊からくるものかわからない、エゴに従ってしまったらたいへんだと恐怖を感じるかもしれませんが、
レッスン133
http://thereisnospoon.jp/blog-entry-307.html?sp
の基準に従って、間違えたら選び直していけばいいだけです。

エゴは戦って討ち滅ぼすべき強敵ではありません。

生気に漲る若者が変な宗教にかぶれていろんな欲望を抑圧しても、上手く行きっこないし、仮に上手に抑圧できたとしてもそれは、二重人格的に解離することに成功したとしか評価できません。

まだこんな自己欺瞞に比べれば、欲望を追求して好き放題やり切って人生を謳歌した結果、憑き物が落ちたように「もう要らない」「人生は夢のようなもんだ」という境地に到った人のほうが本当に「落ちている」はずです。

エゴに駆り立てられて幻想世界にどっぷり浸かり切るような体験をすることは人生の目標とするのは考え物ですが、人生の修行の一過程としては、省かずに履修したほうがいいものなのかもしれません。


他方で、奇跡のコースに吸引される人の中には、この世界に馴染めずに、現実逃避的にコースのいう幻想世界という発想に逃げ場所を見出す人も相当多いと思います。


今生の自分に配られたカードや配牌では、到底いい役で上がることは難しいといって投げ出して、早々にゲームを降りたいと思ってはいるけれど、届かないブドウが酸っぱいと言うキツネと同じで、叶うものならこの世界を謳歌したいという欲求が蓋をされた心の底でくすぶっているのです。

この場合も、一見、醒めた目線で世界を眺めているようには見えますが、思い通りにいかない世を拗ねて世界を嫌う方向で世界に強く執着しているということになります。

世界の快楽に溺れるのであれ、厭世的になるのであれ、ニュートラルに捉えていない限りは、実のところは、この世界に囚われているという点では同じだと思います。

私的な成功や幸せや夢を実現することにワクワクするようじゃ世界に執着していることになっちゃうとか、逆に、私の感じている通りにこの世界は幻でしかないんだから世間的に成功することや夢を追い求めるなんて馬鹿らしくてやってられないという意識は、かえってともに実在しない世界と子としての自分との束縛を強固にするだけだと思います。


精神世界的な方面に関心が向く個別の自己も最初の出発点は、エゴとしての自己承認欲求である場合が多いはずですが、人が自分の人生の夢として心の奥底から湧いてくる真の欲求は、きっと自分のエゴの表面的な欲望ではなくて大いなる自己への回帰を求める魂の叫びの発露であるはずです。

夢(個別の魂としてのカルマの精算的なものも全体としての大いなる自己の癒しにつながるでしょうから、必ずしも人助けにつながるものとは限らないと思います。)が本物なら、夢をワクワクしながら追い求める過程では、それまで敵にしか思えなかった誰かが愛おしく思える愛に満ちた存在へと変容したり、当たり前のことに思っていたことが色んな人の助けによって自分に差し延べられていることに気づいて感謝の気持ちが湧いて来たりと、人生が奇跡で溢れ返っている様を目の当たりにする幸せな夢に変わると思います。

世界の終わりは、世界が消滅することではなくて、真の世界が姿を現して、世界が天国へと変容することだといいます(http://thereisnospoon.jp/blog-entry-32.html 「この世界の終わりとは、世界が破壊されることではありません。そうではなくて、世界が天国へと変容することです。」(テキスト 第十一章 八 問題と答えhttp://thereisnospoon.jp/blog-entry-197.html)。

奇跡のコースは、結果である世界に働きかけることはせず、原因である心に取り組むコースではありますが、だからといって、世界は幻想だ、存在しないのだから世界に関心を抱いちゃだめだと自分の心の中に引きこもればいいというものではないと思います。

存在しない幻想世界から目覚める道具として、当の世界自体を自分の心を映し出す鏡として用いることができるのに、世界を幻想として見ないようにシャットアウトしようとするのはもったいないです。

ぜひ自分の心の奥底から湧き出してくるワクワクを無視したり押し殺したりしないで、希望をもって夢を抱いていただければと思います。

2015-11-22 (Sun) 11:05 | EDIT | REPLY |   

Akiko

02

kenさま、お忙しい中ご丁寧なお返事、アドバイスありがとうございました。ずっと気になっていた事だったので、kenさまから頂いたお返事を読み涙がでてしまいました。kenさまから新しい気づきを得れたことに心から感謝しております。ありがとうございます。

kenさまがおっしゃる通り、この世界が幻想なのだからと物事に無関心になりそうな時もあったので、そのことに触れてくださったことにも感謝しております。いまだに外側の出来事に心痛めることがありますが、ハッとkenさんがおっしゃったようにこの世界を自分の心を映し出す鏡として活用する、これを思い出す、気づくだけでもコースに出会えてよかったと思っています。

コースを学ぶ上でkenさまのこのHPに大変助けられています。わたしたちにご提示くださり本当にありがとうございます。

2015-11-27 (Fri) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply