There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T20-5 永遠の伝令

0   0

テキストから、「永遠前触れ」という一節をご紹介します。



テキスト第二十章 

V. Heralds of Eternity
五 永遠前触れ


1. In this world, God's Son comes closest to himself in a holy relationship.
 この世界においては、神聖な関係にあるとき、神の子は本来の自分に最も近づきます。

 There he begins to find the certainty his Father has in him.
 神聖な関係の中で神の子は、大いなるが彼に対して抱いている確信を見出しはじめます。

 And there he finds his function of restoring his Father's laws to what was held outside them, and finding what was lost.
 そして、神聖な関係の中で神の子は、なる神の法の適用の範囲外に置かれていたものに、神の法を回復させ、失われていたものを見つけ出すという自分の役目を見出します。

 Only in time can anything be lost, and never lost forever.
 ただ時間の中でのみ何かが失われうるだけで、決して永遠に失われてしまうわけではありません。

 So do the parts of God's Son gradually join in time, and with each joining is the end of time brought nearer.
 同様に、神の子の一部である者たちは時間の中で徐々にひとつに結ばれていき、彼らが結びつくたびに時間の終わりが近づいてきます。

 Each miracle of joining is a mighty herald of eternity.
 ひとつに結びつくという奇跡の一つひとつが、永遠の到来の力強い前触れとなります。

 No one who has a single purpose, unified and sure, can be afraid.
 統一されて確実なただひとつの目的を持つ者は、決して恐れを抱くことができません。

 No one who shares his purpose with him can not be one with him.
 彼の目的を彼と分かち合う者はみな、彼とひとつにならずにはいられません。





2. Each herald of eternity sings of the end of sin and fear.
 永遠の世界の伝令の一人ひとりが罪と恐れの終わりの歌を歌います。

 Each speaks in time of what is far beyond it.
 その一人ひとりが時間の中にありながら、時間をはるかに超えたものについて語ります。

 Two voices raised together call to the hearts of everyone, to let them beat as one.
 一緒になった二つの声が、みんなの胸に向けて、ひとつのものとして鼓動するようにと呼びかけます。

 And in that single heartbeat is the unity of love proclaimed and given welcome.
 そして、そのひとつになった鼓動の中で、の結びつきが宣言され、快く受け入れられます。

 Peace to your holy relationship, which has the power to hold the unity of the Son of God together.
 神の子たちを調和させて統一性を保つ力を持つあなたの神聖な関係に、平安がありますように。

 You give to one another for everyone, and in your gift is everyone made glad.
 あなたたちはお互いにみんなのために与えるのであり、あなたの贈り物はすべての者たちを喜ばせることになります。

 Forget not Who has given you the gifts you give, and through your not forgetting this, will you remember Who gave the gifts to Him to give to you.
 あなたが与える贈り物を自分に授けてくれた大いなる存在のことを忘れないでください。あなたがそれを忘れずにいれば、その贈り物をあなたに与えるようにと聖霊に授けてくれた偉大なる存在のことをあなたは思い出せるでしょう。

名称未設定



3. It is impossible to overestimate your brother's value.
 あなたの兄弟の価値を過大評価することは不可能です。

 Only the ego does this, but all it means is that it wants the other for itself, and therefore values him too little.
 ただエゴだけが兄弟を過大評価します。しかし、このことが意味しているのは、エゴは自分自身のために他者を望むのであって、結局、エゴは他者のことをあまりに過小に評価しているということです。

 What is inestimable clearly cannot be evaluated.
 計り知れないものを評価することが不可能なのは明らかです。

 Do you recognize the fear that rises from the meaningless attempt to judge what lies so far beyond your judgment you cannot even see it?
 あなたは、自分の判断力をはるかに越えていて、見ることさえできないようなものに、裁きを下そうと無意味な試みをすれば、そんな試みは恐怖を生み出してしまうと気がつかないのでしょうか。

 Judge not what is invisible to you or you will never see it, but wait in patience for its coming.
 自分の目に見えないものを裁こうとしないでください。さもなければ、あなたには決してそれが見えなくなってしまいます。ただ、それがやってくるのを辛抱強く待つことです。

 It will be given you to see your brother's worth when all you want for him is peace.
 あなたが自分の兄弟のために平安だけを望むようになったとき、あなたに彼の真価がわかるようになります。

 And what you want for him you will receive.
 そして、あなたが彼のために望むものを、あなたは受け取るでしょう。





4. How can you estimate the worth of him who offers peace to you?
 どのようにしてあなたは、自分に平安を差し延べてくれる人の真価を評価できるというのでしょうか。

 What would you want except his offering?
 あなたは、彼が差し延べてくれるもの以外に何が欲しいというのでしょう。

 His worth has been established by his Father, and you will recognize it as you receive his Father's gift through him.
 彼の価値は大いなるによって定められており、あなたが彼を通してからの贈り物を受け取るとき、あなたは彼の真価に気づくことになります。

 What is in him will shine so brightly in your grateful vision that you will merely love him and be glad.
 彼の中にあるものは、あなたへの感謝に満ちたヴィジョンの中で本当に明るく輝くので、あなたはただ彼をし喜ぶことでしょう。

 You will not think to judge him, for who would see the face of Christ and yet insist that judgment still has meaning?
 あなたは彼を裁こうとは思わなくなるはずです。というのは、キリストの顔を見ていながら、それでもなお裁くことに意味があると言い張る者など誰もいないからです。

 For this insistence is of those who do not see.
 そのような主張は、見ていない者たちがすることです。

 Vision or judgment is your choice, but never both of these.
 ヴィジョンかそれとも裁きか、それはあなたの選択次第です。ただし、決して両方を選ぶことはできません。


名称未設定


5. Your brother's body is as little use to you as it is to him.
 あなたの兄弟の身体は、彼にとってほとんど役に立たないのと同じように、あなたにとってもほとんど役に立ちません。

 When it is used only as the Holy Spirit teaches, it has no function.
 身体が聖霊の教えるとおりにのみ使われるとき、身体には何の役目もありません。

 For minds need not the body to communicate.
 というのは、心同士がコミュニケーションを図るために身体は必要ないからです。

 The sight that sees the body has no use which serves the purpose of a holy relationship.
 身体を見る視覚は、神聖な関係の目的に奉仕するうえで役立つことはありません。

 And while you look upon your brother thus, the means and end have not been brought in line.
 そして、あなたが自分の兄弟を肉眼で見えるものとして見ているうちは、まだ手段と目的が一致していないのです。

 Why should it take so many holy instants to let this be accomplished, when one would do?
 手段と目的を一致させるために、一度で足りるはずの神聖な瞬間が、どうしてそんなに数多く要るというのでしょうか。

 There is but one.
 神聖な瞬間はただひとつしかありません。

 The little breath of eternity that runs through time like golden light is all the same; nothing before it, nothing afterwards.
 金色の光のように時間を駆け抜ける永遠のほんのかすかな息吹は、すべて同じものであり、その前に何もなければ、その後にも何もないのです。





6. You look upon each holy instant as a different point in time.
 あなたは一つひとつの神聖な瞬間を、時間の中における異なる時点として見ています。

 It never changes.
 神聖な瞬間は決して変化しません。

 All that it ever held or will ever hold is here right now.
 その瞬間が今まで保ってきたもの、これからも保つことになるものはすべて、今ここにあります。

 The past takes nothing from it, and the future will add no more.
 過去は神聖な瞬間から何かを取り去ることはないし、未来が何かをつけ加えることもありません。

 Here, then, is everything.
 したがって、ここにすべてがあるということになります。

 Here is the loveliness of your relationship, with means and end in perfect harmony already.
 すでに手段と目的が完璧に調和しているあなたの関係の美しさがここにあります。

 Here is the perfect faith that you will one day offer to your brother already offered you; and here the limitless forgiveness you will give each other already given, the face of Christ you yet will look upon already seen.
 あなたがいつの日か、自分の兄弟に捧げることになる完璧な信頼が、ここではすでにあなたに差し延べられています。そして、ここでは、あなたたちがお互いに与えることになる限りない赦しは、もう兄弟に与えられているのであって、あなたがこれから見ることになるキリストの顔も、ここではすでに見られています。


名称未設定


7. Can you evaluate the giver of a gift like this?
 あなたに、このような贈り物の与え主を評価できるでしょうか。

 Would you exchange this gift for any other?
 あなたは、これほどの贈り物をほかのものと交換したいでしょうか。

 This gift returns the laws of God to your remembrance.
 この贈り物は、神の法をあなたの記憶に回復させてくれます。

 And merely by remembering them, the laws that held you prisoner to pain and death must be forgotten.
 そして、単に神の法を思い出すだけで、あなたを苦しみと死の虜にしていた法則など忘れ去られてしまうに違いありません。

 This is no gift your brother's body offers you.
 これは、あなたの兄弟の身体があなたに差し出す贈り物ではありません。

 The veil that hides the gift hides him as well.
 その贈り物を覆い隠すヴェールが、あなたの兄弟のことも隠してしまっています。

 He is the gift, and yet he knows it not.
 彼こそが贈り物なのです。それにもかかわらず、当の兄弟にはまだそれがわかっていません。

 No more do you.
 それがわかっていないのは、あなたも同じです。

 And yet, have faith that he who sees the gift in both of you will offer and receive it for you both.
 それでもなお、あなたと兄弟の両方の中に贈り物を見ている聖霊が、その贈り物をあなたたち両方のために差し延べ、受け取ってくれると信頼してください。

 And through his vision will you see it, and through his understanding recognize it and love it as your own.
 そうすれば、聖霊のヴィジョンを通して、あなたにもその贈り物が見るし、聖霊の理解を通じて贈り物に気づき、自分自身のものとしてするようになるでしょう。





8. Be comforted, and feel the Holy Spirit watching over you in love and perfect confidence in what he sees.
 安心しなさい。そして、聖霊がを込めてあなたを見守り、自らの目にするものに完璧な確信を抱いているのを感じてください。

 He knows the Son of God, and shares his Father's certainty the universe rests in his gentle hands in safety and in peace.
 聖霊は、神の子を知っており、宇宙が神の子の優しい手の中で安全と平安のうちに安らいでいるという大いなるの確信を分かち合っています。

 Let us consider now what he must learn, to share his Father's confidence in him.
 ここで、大いなるが神の子に対して抱いている確信を分かち合うために、神の子が何を学ばなければならないか考えてみましょう。

 What is he, that the Creator of the universe should offer it to him and know it rests in safety?
 宇宙の大いなる創造主が、たとえ宇宙を彼に与えても、宇宙が無事に安らいだままだと知るほどの神の子とは、はたして何者なのでしょうか。

 He looks upon himself not as his Father knows him.
 当の神の子は自分自身のことを、大いなる父が知っているようには見ていません。

 And yet it is impossible the confidence of God should be misplaced.
 それでも、神が間違ったものに確信を持つということはありえないことなのです。

名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/386-fb541c2a
該当の記事は見つかりませんでした。