There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン184「神の名は、私が承継したものだ。」

レッスン184です。

今日のテーマは「神の名は、私が承継したものだ。」です。




Lesson 184



The Name of God is my inheritance.
神の名は、私が承継したものだ。


1. You live by symbols.
 あなたは象徴によって生きています。

 You have made up names for everything you see.
 あなたは、自分の見るあらゆるもののために名前を作り出してきました。

 Each one becomes a separate entity, identified by its own name.
 一つひとつが、それ自身の名前によって識別され、分離した存在となります。

 By this you carve it out of unity.
 名前をつけて識別することによって、あなたはひとつに統合されたものから、それを切り分けます。

 By this you designate its special attributes, and set it off from other things by emphasizing space surrounding it.
 名前をつけて識別することによって、あなたはそれに特別な属性を割り当て、その周囲の空間を際立たせてそれを他の物事から区別します。

 This space you lay between all things to which you give a different name; all happenings in terms of place and time; all bodies which are greeted by a name.
 時間と空間の観点であらゆる出来事が起こり、名前で挨拶し合うすべての身体が存在するこの空間を、あなたは、すべての物事の間に、それぞれに異なった名前を与えることによって設けます。





2. This space you see as setting off all things from one another is the means by which the world's perception is achieved.
 あなたがすべての物事を他のものから区切っているものとしてあなたが見るこの空間は、この世界の知覚が成り立つための手段だといえます。

 You see something where nothing is, and see as well nothing where there is unity; a space between all things, between all things and you.
 あなたは何も無いところに何かを見ます。そして、同じように、一体性のあるところに無を見て、すべての物事の間やすべての物事とあなたの間に隙間を見ています。

 Thus do you think that you have given life in separation.
 こうして、あなたは分離の中に生命を与えたと思い込んでいます。

 By this split you think you are established as a unity which functions with an independent will.
 この分割によって、あなたは自分が一個の独立した意志を持って機能する統一性をもった存在として確立されたものと思い込んでいます。




3. What are these names by which the world becomes a series of discrete events, of things ununified, of bodies kept apart and holding bits of mind as separate awarenesses?
 それによって、この世界が個々に独立した出来事と統一性の無い物事をひとまとめにしたものとなり、分離した意識としての心の断片を宿す隔絶した身体の寄せ集めにしてしまう、これらの名前とはいったい何なのでしょうか。

 You gave these names to them, establishing perception as you wished to have perception be.
 あなたはこれらの名前をそのような物事に与えて、自分の願いどおりに知覚できるように知覚の対象を設定しました。

 The nameless things were given names, and thus reality was given them as well.
 名もなきものが名前を与えられ、そうして、それらのものに現実味が与えられました。

 For what is named is given meaning and will then be seen as meaningful; a cause of true effect, with consequence inherent in itself.
 というのも、名づけられたものは意味を持ち、したがって、意味あるものと見なされ、それ自体本来的に結果をもたらす、本当の結果を生む原因であるものとされるからです。




4. This is the way reality is made by partial vision, purposefully set against the given truth.
 このようにして、本来の真理に意図的に対立する偏った視野によって現実が作り上げられるのです。

 Its enemy is wholeness.
 この部分的な見方の敵は、全体性です。

 It conceives of little things and looks upon them.
 部分的な視野は取るに足りないものを思いつき、取るに足りないものを見ます。

 And a lack of space, a sense of unity or vision that sees differently, become the threats which it must overcome, conflict with and deny.
 そして、隙間がない状態や統一の感覚、違ったふうに見るヴィジョンは、部分的な視野にとって、争って否定して打ち負かすべき脅威となります。



5. Yet does this other vision still remain a natural direction for the mind to channel its perception.
 しかし、このもうひとつのヴィジョンは依然として、心にとって、その知覚を伝達する自然な方向であり続けます。

 It is hard to teach the mind a thousand alien names, and thousands more.
 心にたくさんの相容れない名前を教え、さらに何千もの名前を教え込もうとするのは過酷なことです。

 Yet you believe this is what learning means; its one essential goal by which communication is achieved, and concepts can be meaningfully shared.
 それでも、あなたは、これこそ学習の意味するところであり、コミュニケーションを獲得し概念を有意義に共有できるための学習の本質的な目標だと信じています。




6. This is the sum of the inheritance the world bestows.
 無数の名前を覚えこむことこそが、この世界が授ける遺産の総計です。

 And everyone who learns to think that it is so accepts the signs and symbols that assert the world is real.
 そして、これがその通りだと思い込んで学ぶものたちはみな、この世界が本物だと断言する印や象徴を受け入れます。

 It is for this they stand.
 それらの印や象徴は、この世界が現実だと主張するものを表現しているのです。

 They leave no doubt that what is named is there.
 印や象徴は、名づけられたものが存在するということに疑問の余地を与えません。

 It can be seen, as is anticipated.
 名前をつけられたものは、期待どおりに見えるものとなります。

 What denies that it is true is but illusion, for it is the ultimate reality.
 名づけられたものが本物だということを否定するものはただの幻想ということになります。なぜなら、名づけられたものこそが究極的な現実ということだからです。

 To question it is madness; to accept its presence is the proof of sanity.
 名づけられたものの現実味を疑うことは狂気であり、その存在を受け入れることこそが正気の証拠となります。





7. Such is the teaching of the world.
 こんなものがこの世界の教えていることなのです。

 It is a phase of learning everyone who comes must go through.
 世界によるこの教育は、この世界にやってくる者みんなが通り抜けなければならない学習の一局面です。

 But the sooner he perceives on what it rests, how questionable are its premises, how doubtful its results, the sooner does he question its effects.
 しかし、この世界の教育が何に依拠しているのか、その前提がいかに疑わしいものなのか、その結果がどんなに怪しげなものか、早く知覚すれば、それだけ早くその教育の結果に疑問を抱くことになります。

 Learning that stops with what the world would teach stops short of meaning.
 学習がこの世界の教え込もうとするものだけで留まるなら、学習は意味にまで到達せずに止まってしまいます。

 In its proper place, it serves but as a starting point from which another kind of learning can begin, a new perception can be gained, and all the arbitrary names the world bestows can be withdrawn as they are raised to doubt.
 適切に位置づけられるなら、この世界の教育も、別の種類の学びを始め、新しい知覚を獲得し、この世界が割り当てたでたらめな名前のすべてに疑問を呈して撤回することができるようになるためのスターティング・ポイントとして役立ちます。




8. Think not you made the world.
 自分が世界を作り出したなどと考えてはなりません。

 Illusions, yes!
 幻想であれば、確かににあなたが作り出したものです。

 But what is true in earth and Heaven is beyond your naming.
 しかし、天と地において真理であるものは、あなたの名づけなど超越したものなのです。

 When you call upon a brother, it is to his body that you make appeal.
 あなたがある兄弟に呼びかけるとき、あなたが訴えかけているのは彼の身体に対してなのです。

 His true Identity is hidden from you by what you believe he really is.
 あなたの兄弟の真のアイデンティティーは、あなたが身体が彼の本質だと信じていることによって、隠されてしまっています。

 His body makes response to what you call him, for his mind consents to take the name you give him as his own.
 彼の身体はあなたが彼と呼ぶものに対して反応します。というのも、彼の心はあなたが彼に与える名前を自分のものとすることに同意するからです。

 And thus his unity is twice denied, for you perceive him separate from you, and he accepts this separate name as his.
 こうして、兄弟の一体性は、二重に否認されることになります。というのも、あなたは兄弟のことを自分から分離したものと知覚し、そして、兄弟もこの分離した名前を自分のものとして受け入れるからです。





9. It would indeed be strange if you were asked to go beyond all symbols of the world, forgetting them forever; yet were asked to take a teaching function.
 もしあなたがこの世界のあらゆる象徴を越えて進み、それらの象徴を永遠に忘れてしまうことを求められながら、それでいて、なお教える役目を引き受けるよういも求められるとしら、それは実に奇妙なことになります。

 You have need to use the symbols of the world a while.
 あなたはしばらくの間は、この世界の象徴を用いなければなりません。

 But be you not deceived by them as well.
 しかし、同時に象徴に欺かれてはなりません。

 They do not stand for anything at all, and in your practicing it is this thought that will release you from them.
 象徴は、何事もまったく表してなどいないのです。そして、このことをあなたが実習することで、この考えがあなたを象徴から解放してくれます。

 They become but means by which you can communicate in ways the world can understand, but which you recognize is not the unity where true communication can be found.
 象徴は、あなたがこの世界が理解できる方法でコミュニケーションを図ることができるための単なる手段となります。ただし、あなたは、それが真のコミュニケーションを見出すことのできる一なる状態ではないことに気づいています。




10. Thus what you need are intervals each day in which the learning of the world becomes a transitory phase; a prison house from which you go into the sunlight and forget the darkness.
 したがって、あなたには、毎日、牢獄から日の当たる場所に出て闇のことを忘れるような、この世界での学習を一時的な段階にできるような時間を持つことが必要なのです。

 Here you understand the Word, the Name which God has given you; the one Identity which all things share; the one acknowledgment of what is true.
 そこで、あなたは大いなる言葉と神があなたに授けてくれた名前、すべてのものが分かち合うひとつのアイデンティティー真理であることのひとつの認識を理解します。

 And then step back to darkness, not because you think it real, but only to proclaim its unreality in terms which still have meaning in the world that darkness rules.
 それから、闇の中へと戻りますが、それはあなたが闇が本当だと思うからではなく、闇が支配するこの世界の中でも依然として意味を持つ言葉でもって闇が実在しないことを単に宣言するためなのです。




11. Use all the little names and symbols which delineate the world of darkness.
 闇の世界を描き出している取るに足りない名前や象徴のすべてを用いるがよいでしょう。

 Yet accept them not as your reality.
 しかし、それらを自分の現実として受け入れてはなりません。

 The Holy Spirit uses all of them, but He does not forget creation has one Name, one meaning, and a single Source which unifies all things within Itself.
 聖霊がそれらの名前や象徴のすべてを用いてくれます。しかし、聖霊は、創造物には、ひとつの大いなる名前とひとつの意味、そして、すべてのものをそれ自体の内に統合する単一の大いなる源しかないということを忘れることはありません。
 
 Use all the names the world bestows on them but for convenience, yet do not forget they share the Name of God along with you.
 この世界があらゆるものに割り当てたすべての名前をただ便宜上のものとして使いなさい。ただし、あらゆるものがあなた共に、神の名を分かち合っていることを忘れてはなりません。





12. God has no name.
 神はいかなる名も持ちません。

 And yet His Name becomes the final lesson that all things are one, and at this lesson does all learning end.
 それでも、神の名は、すべてのものがひとつであるという最終レッスンとなり、そして、このレッスンにおいて、すべての学びが終わることになります。

 All names are unified; all space is filled with truth's reflection.
 すべての名前が統合され、すべての空間は真理の反映で満たされます。

 Every gap is closed, and separation healed.
 あらゆる隙間が閉じられ、分離は癒されます。

 The Name of God is the inheritance He gave to those who chose the teaching of the world to take the place of Heaven.
 神の名は、天国に取って代わるものとしてこの世界が教えることを選択する者たちに神が与えた遺産なのです。

 In our practicing, our purpose is to let our minds accept what God has given as the answer to the pitiful inheritance you made as fitting tribute to the Son He loves.
 実習に際しての私たちの目的は、あなたたちの心が、神の愛し子にふさわしい貢物として自分で作り出した哀れな遺産に対する答えとして、神が与えてくれたものを私たちの心に受け入れるようにすることです。




13. No one can fail who seeks the meaning of the Name of God.
 神の名の意味を探し求める者は、誰も失敗することはありえません。

 Experience must come to supplement the Word.
 大いなる言葉を補うための体験が必ず訪れます。

 But first you must accept the Name for all reality, and realize the many names you gave its aspects have distorted what you see, but have not interfered with truth at all.
 しかし、まず、あなたはすべての現実にとっての名前を受け入れなければなりません。そして、現実の諸側面にあなたが割り当てた数多くの名前が自分の見る者を捻じ曲げてきたけれど、真理を妨げることはまったくなかったということに気づかなければなりません。

 One Name we bring into our practicing.
 ひとつの名前を私たちは実習の中へと持ち込みます。

 One Name we use to unify our sight.
 ひとつの名前を私たちは自分たちの視覚を統一するために用います。




14. And though we use a different name for each awareness of an aspect of God's Son, we understand that they have but one Name, which He has given them.
 そして、私たちは、神の子のある側面の一つひとつの自覚ごとに違った名前を用いますが、私たちは、それらにはひとつの名前しかないと理解しています。それは神がそれらに与えた名前です。

 It is this Name we use in practicing.
 この名前こそ、私たちが実習で用いるものです。

 And through Its use, all foolish separations disappear which kept us blind.
 この名前を用いることを通して、私たちを盲目に保ってきたすべての愚かしい分離の数々は消え去ります。

 And we are given strength to see beyond them.
 そして、私たちには分離を超えて見る力が授けられます。

 Now our sight is blessed with blessings we can give as we receive.
 今や、私たちの視覚は、私たちが受け取ると同時に与えることのできる恵みによって祝福されます。




15. Father, our Name is Yours.
 父よ、私たちの名はあなたの名です。

 In It we are united with all living things, and You Who are their one Creator.
 あなたの名において、私たちは、生きとし生けるものと、そしてその唯一の創造主であるあなたとひとつに結びつきます。

 What we made and call by many different names is but a shadow we have tried to cast across Your Own reality.
 私たちの作った数多くの異なった名前で呼ばれるものは、単に私たちがあなた自身の真の姿に投げかけた影でしかありません。

 And we are glad and thankful we were wrong.
 そして、私たちは、自分たちが間違っていたことを喜び、感謝します。

 All our mistakes we give to You, that we may be absolved from all effects our errors seemed to have.
 私たちが、自分たちの誤りが引き起こしたように見えるすべての結果から解放されるように、私たちのすべての間違いをあなたに捧げます。

 And we accept the truth You give, in place of every one of them.
 そして、私たちは、自分の間違いのすべてに代えて、あなたの授けてくれる真理を受け入れます。

 Your Name is our salvation and escape from what we made.
 あなたの名前は、私たちの救済であり、私たちの作り出したものからの解放です。

 Your Name unites us in the oneness which is our inheritance and peace.
 あなたの名前は、私たちを、私たちの受け継ぐ遺産であり平安である一なるものの中へと結びつけます。

 Amen.
 アーメン。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
神の名象徴名前分離遺産教育真理アイデンティティーコミュニケーション言葉

Comments 0

Leave a reply