There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン195「愛こそが、私が感謝のうちに歩む道だ。」

レッスン195です。

今日のテーマは「愛こそが、私が感謝のうちに歩むだ。」です。




Lesson 195


Love is the way I walk in gratitude.
愛こそが、私が感謝のうちに歩むだ。




1. Gratitude is a lesson hard to learn for those who look upon the world amiss.
 この世界を間違って見ている者たちにとって学ぶことが困難なレッスンは、感謝するということです。

 The most that they can do is see themselves as better off than others.
 彼らにできることといえばせいぜい、自分が他の者たちよりもましだとみなすことくらいです。

 And they try to be content because another seems to suffer more than they.
 そして、彼らは、他の者が自分よりもより苦しんでいるように見えることで、満足しようとします。

 How pitiful and deprecating are such thoughts!
 そのように考えるなんて、なんと情けなくて卑しいことでしょうか。

 For who has cause for thanks while others have less cause?
 というのも、感謝できることが他の者たちにより少ないというのに、自分だけ感謝できるものを得られる者は誰もいないはずだからです。

 And who could suffer less because he sees another suffer more?
 そして、いったい誰が、他の者がより苦しんでいるのを見ることで、自分はより苦しまずにいられるというのでしょうか。

 Your gratitude is due to Him alone Who made all cause of sorrow disappear throughout the world.
 あなたの感謝は、世界中の悲しみの原因をすべて消え去らせた存在のみに捧げるにふさわしいのです。





2. It is insane to offer thanks because of suffering.
 苦しんでいることを理由にして感謝を捧げるなど狂気の沙汰です。

 But it is equally insane to fail in gratitude to One Who offers you the certain means whereby all pain is healed, and suffering replaced with laughter and with happiness.
 しかし、すべての苦痛が癒され、苦しみが笑い声と幸せに置き換わるための確かな手段を差し延べてくれる存在に感謝し損ねることも、同じように狂気だといえます。

 Nor could the even partly sane refuse to take the steps which He directs, and follow in the way He sets before them, to escape a prison that they thought contained no door to the deliverance they now perceive.
 しかも、少しでも正気である者であれば、誰も神が導く歩みを踏み出すのを拒むことはできないし、今では知覚している解放に至るためのいかなる扉もないと思い込んでいた牢獄から脱出するために、自分の前に神が用意してくれるに従うことを拒むこともできません。

 Your brother is your "enemy" because you see in him the rival for your peace; a plunderer who takes his joy from you, and leaves you nothing but a black despair so bitter and relentless that there is no hope remaining.
 あなたの兄弟があなたの「」になるのは、あなたが兄弟の中に自分の平安を競い合う対抗者を見ているからです。その兄弟は、あなたから喜びを奪い取って自分の喜びとする盗賊であり、あなたにあまりに深刻で容赦のない陰鬱な絶望だけを残すので、何の希望も残りません。

 Now is vengeance all there is to wish for.
 そうなると、復讐だけが望まれることとなります。

 Now can you but try to bring him down to lie in death with you, as useless as yourself; as little left within his grasping fingers as in yours.
 今や、あなたはただ、その兄弟を打ち倒して、自分自身と同じように役立たずで、自分と同じように握り締めた手のひらの中に何も残されていない者として、自分と一緒に死の床につかせようとすることしかできません。




4. You do not offer God your gratitude because your brother is more slave than you, nor could you sanely be enraged if he seems freer.
 あなたの兄弟が自分よりも奴隷状態にあるからといって、あなたは、神に感謝を捧げてはなりません。また、自分の兄弟がより自由に見えるからといって、正気であるなら、あなたは憤慨することなどできるはずがありません。

 Love makes no comparisons.
 愛は、いかなる比較もしません。

 And gratitude can only be sincere if it be joined to love.
 そして、感謝は、それが愛に結びついているときにだけ、真摯なものとなることができます。

 We offer thanks to God our Father that in us all things will find their freedom.
 私たちは、我らの父なる神に、私たちの中に、あらゆるものが自分たちの自由を見出すことになることについて、感謝を捧げます。

 It will never be that some are loosed while others still are bound.
 他の者たちが依然として束縛されたままなのに、ある者たちだけが解放されるということは絶対にありえません。

 For who can bargain in the name of love?
 というのも、愛の名において取引できる者など誰ひとりいないからです。




5. Therefore give thanks, but in sincerity.
 だから、ただ真摯に感謝を捧げてください。

 And let your gratitude make room for all who will escape with you; the sick, the weak, the needy and afraid, and those who mourn a seeming loss or feel apparent pain, who suffer cold or hunger, or who walk the way of hatred and the path of death.
 そして、あなたの感謝によって、あなたと共に脱出することになる者たちのための居場所を設けてください。あなたと一緒に脱出するのは、病んだ者、弱い者、欠乏し怖がっている者、そして、見せかけの喪失に嘆き悲しみ、見せかけの苦痛を味わう者、寒さと飢えに苦しむ者、憎しみと死のを歩む者たちなのです。

 All these go with you.
 このような者たちみんなが、あなたと一緒に行くのです。

 Let us not compare ourselves with them, for thus we split them off from our awareness of the unity we share with them, as they must share with us.
 私たちが自分たちのことを彼らと比較しないようにしましょう。というのも、比較することで、私たちは、彼らが私たちと分かち合うのと同じように、私たちも彼らと分かち合っている一体性についての自覚から彼らを切り離すことになってしまうからです。





6. We thank our Father for one thing alone; that we are separate from no living thing, and therefore one with Him.
 私たちは、ただひとつのものだけのために、私たちの大いなる父に感謝します。それは、私たちは、生命を持つものすべてから分離してはおらず、したがって、神とひとつであるということです。

 And we rejoice that no exceptions ever can be made which would reduce our wholeness, nor impair or change our function to complete the One Who is Himself completion.
 そして、私たちは、私たちの全体性を減じ、完成そのものである一なる存在を完成させるという私たちの役割を損なったり、変えてしまうような、いかなる例外も設けることはできないことを喜びます。

 We give thanks for every living thing, for otherwise we offer thanks for nothing, and we fail to recognize the gifts of God to us.
 私たちは、生きとし生けるものに感謝します。というのは、そうでなければ、私たちは無に感謝することになり、私たちは神から私たちへの贈り物に気づけなくなってしまうからです。




7. Then let our brothers lean their tired heads against our shoulders as they rest a while.
 だから、自分の兄弟たちがしばらくの間安らぐことができるように、彼らの疲れた頭を私たちの肩にもたれさせてあげてください。

 We offer thanks for them.
 私たちは、自分の兄弟たちに感謝を捧げます。

 For if we can direct them to the peace that we would find, the way is opening at last to us.
 というのも、もし私たちが、彼らを私たちが見出すことになる平安のほうに導くことができたら、そのはついに私たちに開かれることになるからです。

 An ancient door is swinging free again; a long forgotten Word re-echoes in our memory, and gathers clarity as we are willing once again to hear.
 太古の扉が再び何の妨げもなく開け放たれます。長い間忘れられていた大いなる言葉が私たちの記憶の中に再びこだまし、私たちがもう一度喜んで聞こうとするにつれて、どんどんはっきり聞こえるようになってきます。




8. Walk, then, in gratitude the way of love.
 だから、感謝の中で、愛のを歩みなさい。

 For hatred is forgotten when we lay comparisons aside.
 というのも、私たちが比較することをやめるときに、憎しみは忘れ去られるからです。

 What more remains as obstacles to peace?
 平安への妨げとして、それ以上、何が残るというのでしょうか。

 The fear of God is now undone at last, and we forgive without comparing.
 神への恐れは、今、ついに取り消されました。そして、私たちは比較することなく、赦します。

 Thus we cannot choose to overlook some things, and yet retain some other things still locked away as "sins."
 こうして、私たちは、いくつかの物事は見過ごしておきながら、なお、いくつかの他の物事は「罪」として閉じ込めたままにしておくことを選択できなくなります。

 When your forgiveness is complete you will have total gratitude, for you will see that everything has earned the right to love by being loving, even as your Self.
 あなたの赦しが完成するとき、あなたは全面的な感謝を抱くことになります。というのも、あなたは、あらゆるものが、あなたの真の自己と等しく愛に溢れる存在であることによって、愛を得る権利を享有していることを理解するからです。




9. Today we learn to think of gratitude in place of anger, malice and revenge.
 今日、私たちは、怒りや悪意そして復讐心に感謝が取って代わるように考えることを学びます。

 We have been given everything.
 私たちには、すべてのものが授けられてきたのです。

 If we refuse to recognize it, we are not entitled therefore to our bitterness, and to a self-perception which regards us in a place of merciless pursuit, where we are badgered ceaselessly, and pushed about without a thought or care for us or for our future.
 もし私たちが、自分たちがすべてを与えられているということを認識するのを拒んだとしても、そのために、私たちは、自分が苦々しい境遇にふさわしいと思ったり、自分は、絶え間なく悩まされ、私たち自身や私たちの未来への思いや配慮もなく小突き回されるような、無慈悲な探求の場におかれた存在として自己を知覚しなければならなくなるわけではありません。

 Gratitude becomes the single thought we substitute for these insane perceptions.
 感謝は、私たちが、このような狂気知覚に代える唯一の思いとなります。

 God has cared for us, and calls us Son.
 神は私たちのことを大切に思い、私たちのことを子と呼んでくれます。

 Can there be more than this?
 これ以上のことがありうるでしょうか。




10. Our gratitude will pave the way to Him, and shorten our learning time by more than you could ever dream of.
 私たちの感謝は、神へのをなだらかにし、あなたにはとても夢見ることもできないほどまでに私たちの学びの時間を短縮します。

 Gratitude goes hand in hand with love, and where one is the other must be found.
 感謝は、愛と一緒に伴って行くものであり、感謝のあるところには愛も見出されます。

 For gratitude is but an aspect of the Love which is the Source of all creation.
 というのも、感謝は単に、あらゆる創造物の源である大いなる愛の一つの側面にほかならないからです。

 God gives thanks to you, His Son, for being what you are; His Own completion and the Source of love, along with Him.
 神は、神の子であるあなたに、あなた自身であることに対して、感謝を与えてくれます。それは、神自身の完成であり、神と同じく愛の源であるということです。

 Your gratitude to Him is one with His to you.
 あなたの神への感謝は、神のあなたへの感謝とひとつのものです。

 For love can walk no road except the way of gratitude, and thus we go who walk the way to God.
 というのも、愛は、感謝の道以外のいかなる道も歩むことができないので、神への道を歩む私たちは、その道を進むことになるからです。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
感謝狂気苦痛幸せ正気知覚牢獄兄弟

Comments 0

Leave a reply