There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン197「私が得るのは、ただ私の感謝だけだ。」

0   0

レッスン197です。

今日のテーマは「私が得るのは、ただ私の感謝だけだ。」です。





Lesson 197


It can be but my gratitude I earn.
私が得るのは、ただ私の感謝だけだ。




1. Here is the second step we take to free your mind from the belief in outside force pitted against your own.
 今日の考えは、あなた自身の力と対抗する外側の力が存在するとの信念から、あなたの心を解放するために、私たちが踏み出す第二のステップです。

 You make attempts at kindness and forgiveness.
 あなたは優しくして赦そうと心がけはします。

 Yet you turn them to attack again, unless you find external gratitude and lavish thanks.
 しかし、あなたが外側にある感謝や有り余る感謝を見出さないかぎり、あなたは優しさと赦しを再び攻撃に変えてしまいます。

 Your gifts must be received with honor, lest they be withdrawn.
 敬意をもって受け取られなければ、あなたからの贈り物は引っ込めてしまうに違いありません。

 And so you think God's gifts are loans at best; at worst, deceptions which would cheat you of defenses, to ensure that when He strikes He will not fail to kill.
 だから、あなたは贈り物はよく言ってせいぜい借り物でしかなく、悪くすれば、が攻撃するときにが殺し損ねることのないことを確実にするために、あなたの防衛の裏を掻くことだと思っています。





2. How easily are God and guilt confused by those who know not what their thoughts can do.
 自分たちの思考に何ができるのか知らない者たちは、なんと容易にと罪悪感を混同してしまうことでしょうか。

 Deny your strength, and weakness must become salvation to you.
 あなたの強さを否認するなら、弱さがあなたにとっての救済とならざるをえません。

 See yourself as bound, and bars become your home.
 自分自身を束縛されている者として見るなら、鉄格子があなたの家となります。

 Nor will you leave the prison house, or claim your strength, until guilt and salvation are not seen as one, and freedom and salvation are perceived as joined, with strength beside them, to be sought and claimed, and found and fully recognized.
 しかも、罪悪感と救済をひとつのものとみなし、そして、自由と救済を傍らに強さを伴うひとつに結びついたものとして知覚して、それを自らが当然に得るべきものとして求め、見つけ出して、完全に認識すべきものだとみなすまでは、あなたはその牢獄を去ることも、自分の強さを主張することもないでしょう。






3. The world must thank you when you offer it release from your illusions.
 あなたがこの世界にあなたの幻想からの解放を差し延べるとき、この世界はあなたに感謝するに違いありません。

 Yet your thanks belong to you as well, for its release can only mirror yours.
 しかし、あなたの感謝はまたあなたに属するものです。というのも、この世界の解放は、ただあなたの解放の反映でしかないからです。

 Your gratitude is all your gifts require, that they be a lasting offering of a thankful heart, released from hell forever.
 あなたの贈り物が、地獄から永遠に解放された感謝に溢れる心が永遠に差し延べるものとなるために必要なのは、あなたの感謝だけです。

 Is it this you would undo by taking back your gifts, because they were not honored?
 あなたの贈り物が敬意を払ってもらえないという理由で、あなたが自分の贈り物を引き下げることによって取り消そうとしているのはこれでしょうか。

 It is you who honor them and give them fitting thanks, for it is you who have received the gifts.
 自分の贈り物を尊び、自分の贈り物にふさわしい感謝を捧げるのはあなたです。というのも、贈り物を受け取ったのはあなただからです。





4. It does not matter if another thinks your gifts unworthy.
 もし別の者があなたの贈り物のことを無価値だと思ったとしても、それには何の問題もありあません。

 In his mind there is a part that joins with yours in thanking you.
 その人の心の中には、あなたに感謝しながら、あなたの心と結びついている部分が存在します。

 It does not matter if your gifts seem lost and ineffectual.
 もしあなたの贈り物が失われて、無益なものに見えるとしても、それは重要なことではありません。

 They are received where they are given.
 あなたの贈り物は、それらが授けられた場所で受け取られます。

 In your gratitude are they accepted universally, and thankfully acknowledged by the Heart of God Himself.
 あなたの感謝の中で、あなたの贈り物は全員に等しく受け入れられ、感謝の内に、自身の心によって完全に承認されます。

 And would you take them back, when He has gratefully accepted them?
 が感謝の内にあなたの贈り物を受け入れたというのに、あなたはそれを取り戻したいというのでしょうか。





5. God blesses every gift you give to Him, and every gift is given Him, because it can be given only to yourself.
 あなたが神に捧げる一つひとつの贈り物を神は祝福し、あなたの捧げる贈り物はひとつ残らず、神に届きます。なぜなら、すべての贈り物は、ただあなた自身にだけ与えられているからです。

 And what belongs to God must be His Own.
 そして、神に属するものは、神自身のものであるに違いありません。
 
 Yet you will never realize His gifts are sure, eternal, changeless, limitless, forever giving out, extending love and adding to your never-ending joy while you forgive but to attack again.
 しかし、あなたがただ再び攻撃するためにだけ許しているかぎりは、神の贈り物が確実で、永遠で、不変で、無限なるものであり、永遠に与えられ続け、拡張し、あなたの決して終わることのない喜びに加えられるものであることに、あなたは決して気づかないでしょう。






6. Withdraw the gifts you give, and you will think that what is given you has been withdrawn.
 自分の与える贈り物を引き下げるなら、あなたは自分に与えられているものが取り上げられてしまったと思うことでしょう。

 But learn to let forgiveness take away the sins you think you see outside yourself, and you can never think the gifts of God are lent but for a little while, before He snatches them away again in death.
 しかし、あなたが赦しによって自分の外側に見ている罪の数々を取り去ってもらうことを学ぶなら、あなたは決して神の贈り物が、死によって再び神に取り上げられてしまうまでのしばらくの間だけ貸し出されるものだとは思わなくなります。

 For death will have no meaning for you then.
 というのも、そのとき、死はあなたにとって何の意味も持たなくなっているからです。





7. And with the end of this belief is fear forever over.
 そして、この信念の終わりとともに、恐れは永遠に去ることになります。

 Thank your Self for this, for He is grateful only unto God, and He gives thanks for you unto Himself.
 このことについて、あなたの大いなる自己に感謝しなさい。というのも、あなたの大いなる自己は、ただ神に対してのみ感謝し、神自身に対してあなたのことを感謝するからです。

 To everyone who lives will Christ yet come, for everyone must live and move in Him.
 生きとし生けるものの許へとやがてキリストがやってきます。というのも、誰もがキリストの内に生きて動いているに違いないからです。

 His Being in His Father is secure, because Their Will is One.
 父の内にキリストが在ることは確かなことです。なぜなら、キリストと神の大いなる意志はひとつだからです。

 Their gratitude to all They have created has no end, for gratitude remains a part of love.
 父と子が創造したすべてに対する父と子の感謝には、終わりがありません。というのも、感謝はの一部であり続けるからです。




8. Thanks be to you, the holy Son of God.
 聖なる神の子であるあなたに感謝がありますように。

 For as you were created, you contain all things within your Self.
 というのも、あなたは自らの大いなる自己のうちにすべてのものを含む存在として創造されたからです。

 And you are still as God created you.
 そして、あなたは今なお、神があなたを創造したままのあなたなのです。

 Nor can you dim the light of your perfection.
 そして、あなたには、あなたの完成の光を暗く翳らせることはできません。

 In your heart the Heart of God is laid.
 あなたの心の奥底には、神の心が横たわっています。

 He holds you dear, because you are Himself.
 神はあなたをおしく思っています。なぜなら、あなたは神自身だからです。

 All gratitude belongs to you, because of what you are.
 あなたの真の姿ゆえに、すべての感謝はあなたに属しています。




9. Give thanks as you receive it.
 そのすべての感謝をあなたが受け取るりながら、感謝を捧げてください。

 Be you free of all ingratitude to anyone who makes your Self complete.
 あなたの大いなる自己を完成させる誰に対しても、自分が恩知らずになることのないようにしなさい。

 And from this Self is no one left outside.
 そして、誰ひとりとして、この大いなる自己の外側に置き去りにされることはありません。

 Give thanks for all the countless channels which extend this Self.
 この大いなる自己拡張する無数の経路のすべてに感謝を捧げなさい。

 All that you do is given unto Him.
 あなたのなすことのすべては、大いなる自己に対して捧げることなのです。

 All that you think can only be His Thoughts, sharing with Him the holy Thoughts of God.
 あなたは聖なる神の思いを自らの大いなる自己と分かち合っていので、あなたの思うすべては、大いなる自己の思いであることしかできません。

 Earn now the gratitude you have denied yourself when you forgot the function God has given you.
 あなた神に与えられた役割を忘れていたときに、あなたが自分自身に拒絶していた感謝を、今こそ自分のものにしてください。

 But never think that He has ever ceased to offer thanks to you.
 ただし、神があなたに感謝を与えるのをやめていたことが一度でもあったなどと決して思ってはなりません。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/414-f4d86512
該当の記事は見つかりませんでした。