There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T7-3 神の王国の本当の姿とは




今回は、テキストから王国真実という一節をご紹介します。




テキスト第七章 
III. The Reality of the Kingdom
三 王国の真の姿



1. The Holy Spirit teaches one lesson, and applies it to all individuals in all situations.
 聖霊はひとつのレッスンを教え、そのひとつのレッスンをあらゆる状況において、すべての個人に適用します。

 Being conflict-free, he maximizes all efforts and all results.
 葛藤から免れているので、聖霊はすべての努力とすべての成果を最大限のものにします。

 By teaching the power of the Kingdom of God himself, he teaches you that all power is yours.
 神自身に由来する王国の力を教えることによって、聖霊はあなたに、すべての力があなたのものであると教えてくれます。

 Its application does not matter.
 その力がどのように用いられるのかは、何ら重要なことではありません。

 It is always maximal.
 その力はつねに最大限のものです。

 Your vigilance does not establish it as yours, but it does enable you to use it always and in all ways.
 あなたが注意を怠らないでいることで、その力があなたのものになるわけではありませんが、あなたが注意深くあることで、いかなるときも、そして、いかなる方法でも、あなたはその力を使えるようになります。

 When I said "I am with you always," I meant it literally.
 「私はいかなるときも、あなたたちと共にいる」と言ったとき、私は文字どおりの意味で言ったのです。

 I am not absent to anyone in any situation.
 私は、どんな状況にある誰からも離れてはいません。

 Because I am always with you, you are the way, the truth and the life.
 私がつねにあなたと共にいるのだから、あなたこそが道であり、真理であり、生命なのです。

 You did not make this power, any more than I did.
 私がこの力を作ったのではないように、あなたがこの力を作ったわけでもありません。

 It was created to be shared, and therefore cannot be meaningfully perceived as belonging to anyone at the expense of another.
 この力は分かち合われるために創造されました。したがって、他者の犠牲の上に誰かに属するものとしてこの力を解釈することは意味をなしません。

 Such a perception makes it meaningless by eliminating or overlooking its real and only meaning.
 このような見方は、この力の持つ本当の唯一の意味を無視するか見過ごすことによって、その力を無意味なものにしてしまいます。


名称未設定

2. God's meaning waits in the Kingdom, because that is where he placed it.
 神の意味は王国の中にあります。なぜなら、王国こそ神が自らの意味を置いた場所だからです。

 It does not wait in time.
 神の意味は、時間の中にはありません。

 It merely rests in the Kingdom because it belongs there, as you do.
 神の意味は、ただ王国の中だけにあります。なぜなら、神の意味は、あなたが王国に属するのと同じように、王国に属するからです。

 How can you who are God's meaning perceive yourself as absent from it?
 どうして神の意味であるあなたが、自分自身を王国にいないものとして知覚できるでしょうか。

 You can see yourself as separated from your meaning only by experiencing yourself as unreal.
 ただあなた自身を現実ではない架空のものとして体験することによってのみ、あなたは自分自身を自分の意味から分離したものとして見ることができます。

 This is why the ego is insane; it teaches that you are not what you are.
 これが、エゴが正気ではない理由です。エゴは、あなたのことを本当のあなたではないものとして教えているのです。

 That is so contradictory it is clearly impossible.
 あなたのことを本当のあなたではないものとして教えるということは、あまりにも矛盾しているので、疑いなく不可能なことです。

 It is therefore a lesson you cannot really learn, and therefore cannot really teach.
 それゆえ、あなたのことを本当のあなたでないものとして教えることは、実際には学ぶことなどできないレッスンであり、したがって、実際には教えることはできません。

 Yet you are always teaching.
 それでも、あなたはつねに教えています。

 You must, therefore, be teaching something else, even though the ego does not know what it is.
 そうだとすれば、たとえエゴにはそれが何であるかわかっていないとしても、あなたは何かほかのことを教えているに違いありません。

 The ego, then, is always being undone, and does suspect your motives.
 したがって、エゴはつねに取り消されていることになるので、エゴはあなたの動機を疑っています。

 Your mind cannot be unified in allegiance to the ego, because the mind does not belong to it.
 エゴに忠誠を誓いながら、あなたの心が統一されることはありえません。なぜなら、心はエゴには属していないからです。

 Yet what is "treacherous" to the ego is faithful to peace.
 しかし、エゴにとっての「裏切り者」は平安には忠実です。

 The ego's "enemy" is therefore your friend.
 したがって、エゴの「」はあなたの味方なのです。




3. I said before that the ego's friend is not part of you, because the ego perceives itself at war and therefore in need of allies.
 前にも述べましたが、エゴの味方はあなたの一部ではありません。なぜなら、エゴは自らを交戦中の身だと知覚するので、そのために同盟を結ぶ味方を必要としているからです。

 You who are not at war must look for brothers and recognize all whom you see as brothers, because only equals are at peace.
 戦いに身を置いていないあなたは、兄弟たちを探し、自分の出会う人たちみんなのことを兄弟として認めなければなりません。なぜなら、同等である者たちだけが平安でいられるからです。

 Because God's equal Sons have everything, they cannot compete.
 神の同等な子らはあらゆるものを持っているので、彼らには競い合うことなどできません。

 Yet if they perceive any of their brothers as anything other than their perfect equals, the idea of competition has entered their minds.
 ところが、もし彼らが自分たちの兄弟の誰であろうと、その者のことを自分とは完璧に同等な者ではないと知覚するなら、競い合おうとする思いが彼らの心に入りこんだということです。

 Do not underestimate your need to be vigilant against this idea, because all your conflicts come from it.
 このような兄弟と競い合おうとする思いが自分の心に入りこまないように絶えず注意を払う必要性を軽く見ていてはなりません。なぜなら、あなたの葛藤のすべては、競争の想念が心に入りこむことから起こるからです。

 It is the belief that conflicting interests are possible, and therefore you have accepted the impossible as true.
 競争という想念を抱くことは、対立する利害関係がありうると信じることであり、したがって、あなたはすでにありえないことを真実として受け入れてしまっているのです。

 Is that different from saying you perceive yourself as unreal?
 それは、あなたが自分自身のことを真の姿とは違う架空の存在として知覚していると言うのとどう違うでしょうか。


名称未設定

4. To be in the Kingdom is merely to focus your full attention on it.
 王国の中に在ることは、単にあなたの完全な注意を王国に集中することにほかなりません。

 As long as you believe you can attend to what is not true, you are accepting conflict as your choice.
 あなたが真実ではないものに注意を向けることができると信じるかぎり、あなたは自分の選択肢として矛盾を受け入れていることになります。

 Is it really a choice?
 こんなものが本当に選択といえるでしょうか。

 It seems to be, but seeming and reality are hardly the same.
 それは選択のように見えはします。しかし、その見せかけと本当の姿とは、とうてい同じものとはいえません。

 You who are the Kingdom are not concerned with seeming.
 王国そのものであるあなたは、見せかけと関わりを持ってなどいません。

 Reality is yours because you are reality.
 現実はあなたのものです。なぜなら、あなたこそが現実だからです。

 This is how having and being are ultimately reconciled, not in the Kingdom, but in your mind.
 このようにして、所有することと実在することは究極的には一致するわけですが、それは王国の中でのことではなく、あなたの心の中においてのことです。

 The altar there is the only reality.
 あなたの心にある祭壇こそ、唯一の現実です。

 The altar is perfectly clear in thought, because it is a reflection of perfect Thought.
 その祭壇は思考の中において完全に明確になります。なぜなら、その祭壇は完全な大いなる思考を反映しているからです。

 Your right mind sees only brothers, because it sees only in its own light.
 あなたの正しい心は兄弟たちだけを見ます。なぜなら、正しい心はその心自体の光の中においてのみ見るからです。




5. God has lit your mind himself, and keeps your mind lit by his light because his light is what your mind is.
 神は、自らあなたの心を照らしてくれたし、自らの光であなたの心を照らし続けてくれています。なぜなら、神の光こそあなたの心の本質だからです。

 This is totally beyond question, and when you question it you are answered.
 このことにはまったく疑問の余地はありません。だから、あなたがそれに疑問を抱くなら、あなたには答えが与えられます。

 The Answer merely undoes the question by establishing the fact that to question reality is to question meaninglessly.
 その大いなる答えは単に、現実を疑うことは無意味に疑問を抱くことだという事実を確認することによって、その疑問を取り消すだけです。

 That is why the Holy Spirit never questions.
 だから、聖霊は決して疑問を呈することはありません。

 His sole function is to undo the questionable and thus lead to certainty.
 聖霊の唯一の役目は疑わしさを取り消し、そうすることで確信へと導くことです。

 The certain are perfectly calm, because they are not in doubt.
 確信のある者は完全に落ち着いています。というのも、彼らは疑念の中にいないからです。

 They do not raise questions, because nothing questionable enters their minds.
 確信のある者は、疑問を呈することもありません。なぜなら、何ひとつとして疑わしいことは彼らの心に入りこむことがないからです。

 This holds them in perfect serenity, because this is what they share, knowing what they are.
 疑いのないことが、彼らを完全な静穏の中に保ちます。なぜなら、完全な静穏こそ、本当の自分が何者なのか知っている彼らが分かち合うものだからです。

名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
王国真実選択矛盾競い合う兄弟対立エゴ注意

Comments 0

Leave a reply