There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T11-3 闇から光へ

0   0



テキストから、から光へという一節をご紹介します。




テキスト第十一章 

III. From Darkness to Light
三 から光へ




1. When you are weary, remember you have hurt yourself.
 あなたが疲れ果てたとき、あなたは自分自身を傷つけてしまったのだと思い出してください。

 Your comforter will rest you, but you cannot.
 あなたの大いなる慰め主があなたを休ませてくれるでしょう。しかし、あなたには自分を休息させることができません。

 You do not know how, for if you did you could never have grown weary.
 あなたは、自分を休ませるにはどうすればよいのかわかっていません。というのは、もしあなたにそれがわかっていたなら、あなたが疲れ果てることなど決してなかったはずだからです。

 Unless you hurt yourself you could never suffer in any way, for that is not God's will for his Son.
 あなたが自分自身を傷つけないかぎり、あなたは決してどのようにも苦しむことはできません。なぜなら、そんなことは、わが子に対する神の意志ではないからです。

 Pain is not of him, for he knows no attack and his peace surrounds you silently.
 苦痛は神から来るものではありません。なぜなら、いかなる攻撃も神の知るところではないし、神の平安はあなたを静かに包み込んでいるからです。

 God is very quiet, for there is no conflict in him.
 神はとても静かに落ち着いています。というのも、神の中には葛藤がないからです。

 Conflict is the root of all evil, for being blind it does not see whom it attacks.
 葛藤こそが諸悪の根源です。なぜなら、葛藤は盲目なので、自分が誰を攻撃しているのかわからないからです。

 Yet it always attacks the Son of God, and the Son of God is you.
 しかし、葛藤は必ず神の子を攻撃することになります。そして、その神の子とは、あなたのことなのです。




2. God's Son is indeed in need of comfort, for he knows not what he does, believing his will is not his own.
 神の子が安らぎを得て元気づけられる必要があるのは確かです。というのも、彼は自分の意志のことを自分のものではないと信じてしまっているために、自分が何をしているのかわかっていないからです。

 The Kingdom is his, and yet he wanders homeless.
 王国が自分のものだというのに、神の子は家を持たない者のようにさまよっています。

 At home in God he is lonely, and amid all his brothers he is friendless.
 神の中のわが家にいるのに、彼は孤独です。そして、自分の兄弟全員に囲まれているにもかかわらず、彼には友がありません。

 Would God let this be real, when he did not will to be alone himself?
 神自身がひとりきりでいることなど意図しなかったというのに、その神が、わが子が孤独であることを現実のことにしておこうとなどするでしょうか。

 And if your will is his it cannot be true of you, because it is not true of him.
 そして、もしあなたの意志が神の意志であるなら、そんな姿があなたの本当の姿であるはずがありません。なぜなら、それは神にとって真実ではないからです。

名称未設定


3. O my child, if you knew what God wills for you, your joy would be complete!
 ああ、わが子よ、もしあなたが神があなたのために何を意図してくれているのか知っていたなら、あなたの喜びは完全なものとなるでしょうに。

 And what he wills has happened, for it was always true.
 そして、神が意図することはすでに起こっているのです。なぜなら、それはつねに真実だったからです。

 When the light comes and you have said, "God's Will is mine," you will see such beauty that you will know it is not of you.
 光がやってきて、あなたが「神の大いなる意志は私のものだ」と言ったとき、あなたは、あまりにも美しいものを目にすることになるので、その光が自分から来るものではないとわかるでしょう。

 Out of your joy you will create beauty in his Name, for your joy could no more be contained than his.
 あなたは喜びのあまり、神の大いなる名によって美しいものを創造するようになります。というのは、神の喜びが封じ込められることができないのと同じように、あなたの喜びも抑えきれないものだからです。

 The bleak little world will vanish into nothingness, and your heart will be so filled with joy that it will leap into Heaven, and into the Presence of God.
 寒々とした、ちっぽけな世界は消え去って無に帰し、あなたの胸は喜びに満たされ、天国の中へと神の御前にまで舞い上がることでしょう。

 I cannot tell you what this will be like, for your heart is not ready.
 私には、これがどのようなものになるのかをあなたに教えることができません。というのは、あなたの心には、まだその準備ができていないからです。

 Yet I can tell you, and remind you often, that what God wills for himself he wills for you, and what he wills for you is yours.
 しかし、私は、次のことをあなたに教えることができるし、あなたに何度でも思い出させてあげることができます。それは、神が自身のために意図することは、神があなたのために意図することだし、また、神があなたのために意図することは、あなたの意図することだということです。




4. The way is not hard, but it is very different.
 そのための道は険しいものではありません。しかし、あなたの考える道とは、かなり異なっています。

 Yours is the way of pain, of which God knows nothing.
 あなたの考える道には苦痛を伴いますが、そんな苦痛など一切、神の知るところではありません。

 That way is hard indeed, and very lonely.
 あなたの考える道は実に険しく、きわめて孤独なものです。

 Fear and grief are your guests, and they go with you and abide with you on the way.
 あなたの道では、恐れと悲しみがあなたの招いた客であり、その道を歩む間、恐れと悲しみがあなたとともに進み、あなたと一緒に留まることになります。

 But the dark journey is not the way of God's Son.
 しかし、そのような暗澹たる旅路は、神の子の歩むべき道ではありません。

 Walk in light and do not see the dark companions, for they are not fit companions for the Son of God, who was created of light and in light.
 光の中を歩みなさい。そして、の同伴者たちなど見ないことです。そんな者たちは、光の中で光から創造された神の子と旅を共にするにはふさわしい仲間ではないからです。

 The Great Light always surrounds you and shines out from you.
 大いなる光がつねにあなたを包み込み、あなたから輝き出しています。

 How can you see the dark companions in a light such as this?
 これほどの光の中にいるというのに、どうしてあなたにの随伴者たちを見ることなどできるでしょうか。

 If you see them, it is only because you are denying the light.
 もしあなたに彼らが見えるとすれば、それは単に、あなたがその光を拒絶しているからでしかありません。

 But deny them instead, for the light is here and the way is clear.
 そうではなく、光を拒絶する代わりに、そんなの者たちのほうを拒絶してください。なぜなら、光はここにあるので、神の子の道は明らかになっているからです。

名称未設定


5. God hides nothing from his Son, even though his Son would hide himself.
 たとえ神の子が自分自身を隠そうとしても、神は何ひとつ神の子に隠すことはしません。

 Yet the Son of God cannot hide his glory, for God wills him to be glorious, and gave him the light that shines in him.
 たとえ彼がそうしようとしても、神の子には自分の栄光を隠すことはできません。なぜなら、神は子が栄光に満ちた者であることを意図し、彼の中で輝く光を彼に与えたからです。

 You will never lose your way, for God leads you.
 神があなたを導いてくれるので、あなたは決して道に迷うことはありえません。

 When you wander, you but undertake a journey that is not real.
 あなたが道に迷うとき、それはただ、あなたが本物ではない旅路に足を踏み出しているだけのことです。

 The dark companions, the dark way, are all illusions.
 の随伴者たちもに包まれた道も、すべて幻なのです。

 Turn toward the light, for the little spark in you is part of a light so great that it can sweep you out of all darkness forever.
 光のほうに向き直りなさい。というのも、あなたの中にある小さな閃光は、あなたを永遠にすべての闇の外へと払いのけられるほど偉大な光の一部だからです。

 For your Father is your Creator, and you are like him.
 そして、あなたの大いなる父こそがあなたの創造主なのであって、あなたはその大いなる父と同じものだからです。




6. The children of light cannot abide in darkness, for darkness is not in them.
 光の子供たちは闇の中に留まることはできません。なぜなら、その子供たちの中には闇などないからです。

 Do not be deceived by the dark comforters, and never let them enter the mind of God's Son, for they have no place in his temple.
 闇の慰め役たちに騙されないでください。そして、絶対に闇の慰め役たちを神の子の心に入り込ませないようにしなさい。なぜなら、そのような者たちには、神の神殿のどこにも居場所などないからです。

 When you are tempted to deny him remember that there are no other gods to place before him, and accept his will for you in peace.
 あなたが神を否認したいという誘惑に駆られるときには、真の神を差し置いて神とすべきほかの神々など一切存在しないということを思い出してください。そして、平安のうちに、あなたに対する神の意志を受け入れてください。

 For you cannot accept it otherwise.
 というのも、あなたは平安の中にないかぎり、神の意志を受け入ることができないからです。


名称未設定

7. Only God's Comforter can comfort you.
 神の大いなる慰め主だけが、あなたを休ませて元気づけることができます。

 In the quiet of his temple, he waits to give you the peace that is yours.
 神の神殿の静寂の中で、神はあなたのものである平安を与えるために、あなたを待っています。

 Give his peace, that you may enter the temple and find it waiting for you.
 神の平安を与えてください。そうすれば、あなたは神の神殿に入り、あなたを待ち受けている神の平安を見出すことでしょう。

 But be holy in the Presence of God, or you will not know that you are there.
 ただし、神の御前では神聖でありなさい。さもないと、あなたは自分がそこにいることを知ることができないでしょう。

 For what is unlike God cannot enter his mind, because it was not his thought and therefore does not belong to him.
 というのも、神に似ていないものは神の心に入れないからです。なぜなら、神に似ていないものは神の思いではなかったので、それゆえに、神には属さないからです。

 And your mind must be as pure as his, if you would know what belongs to you.
 そして、もしあなたが自分に属するものを知りたいなら、あなたの心を神の心と同じような清らかなものにしなければなりません。

 Guard carefully his temple, for he himself dwells there and abides in peace.
 神の神殿を注意深く見守ってください。なぜなら、神自らそこを住まいとし、平安のうちに留まっているからです。

 You cannot enter God's Presence with the dark companions beside you, but you also cannot enter alone.
 あなたは、神の御前に、傍らに闇に属する者たちを伴って入ることはできません。けれども、あなたは自分ひとりだけで入ることができるわけでもありません。

 All your brothers must enter with you, for until you have accepted them you cannot enter.
 あなたの兄弟たちみんなが、あなたと一緒に入らなければなりません。なぜなら、あなたが兄弟全員を受け入れるまでは、あなたは神の臨在へと入ることができないからです。

 For you cannot understand wholeness unless you are whole, and no part of the Son can be excluded if he would know the Wholeness of his Father.
 というのは、あなたが完全にならないかぎり、あなたには全体性を理解できないからです。また、もし子が大いなる父の全体性を知りたいと望むなら、神の子のどの部分も除外することはできないからです。




8. In your mind you can accept the whole Sonship and bless it with the light your Father gave it.
 あなたの心の中で、あなたは神の子全体を受け入れることができるし、あなたの大いなる父が神の子に与えた光で神の子全体を祝福することができます。

 Then you will be worthy to dwell in the temple with him, because it is your will not to be alone.
 そうすれば、あなたは大いなる父と共にその神殿に住むにふさわしい者となります。なぜなら、ひとりきりではいないことがあなたの意志だからです。

 God blessed his Son forever.
 神は、神の子を永遠に祝福しました。

 If you will bless him in time, you will be in eternity.
 もしあなたが時間の中で神の子を祝福するなら、あなたは永遠の中に存在することになります。

 Time cannot separate you from God if you use it on behalf of the eternal.
 もしあなたが時間を永遠なるもののために用いるなら、時間があなたを神から引き離すことなどできないのです。

名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/460-e71c078e
該当の記事は見つかりませんでした。