FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン238「救済は全面的に私の決断にかかっている」

レッスン238です。

今日のテーマは「救済は全面的に私の決断にかかっている」です。


まず、救済とは何かに目を通してから、レッスンに入りましょう。




救済が私たちの決断に委ねられていることは、これまでのレッスンでも明らかになっていると思います。

理屈としては、神はわが子を自由な存在として創造しているので、神の子が狂気に陥る自由すら否認しておらず、彼が自分が無数に分裂したちっぽけな生き物になっていると狂信したとしても、そこから強制的に元に戻すために子の意志に介入して正気に戻るよう意志を強いることはなく、あくまでも子が自らの自由意志で元に戻るためのお膳立てをすることしかできないということです。

これは一見、神が無力であるとかに欠ける証であるように思えるかもしれません。

しかし、これは、神の子が神すら介入できない神に等しい無制約の自由意志を持っていること、つまり、神の力が無限のもので、その無限の力を神は神の子に与えたことを意味するわけで、神が無力だということにはなりません。

神が子の自由意志に介入できないことは、むしろ神が無限の力を持つ証だといえます。

無限の力を持つ神がもし、自らの意志とイコールである子の自由意志を無視して意志を強制するとしたら、神自身、自由意志を喪失してしまうことになります。

神の意志と子の意志が真に等しいなら、これは単なる言葉遊びではなく、真実であるはずです。

それに、もし神が子の自由意志を無視して特定の意志を無理強いするなら、それは、神が子に対する信頼を捨てて、子には自分で正気に戻る力がないと見くびり、子に与えた無限の力を大きく制限することであり、むしろに欠けるものだということができます。

私たちはどうしても自分に置き換えて考えることしかできないので、創造ではなく幻想を創作する世界であり、バッファーによって変化から保護される仕組みのあるこの世界の観点で考えてしまいます。

この世界では、子供が本当にたいへんなときに親が手を差し延べて子供の再起のための基盤を整えてあげることは決して間違いではありません。子供は変化できるので、失敗を踏まえてフィードバックして立ち直ることができます。

けれど、天国における創造はすでに完全であり、無限の力と完全な自由意志を持つ存在として子が創造されている以上、これらの属性に変更を加えることは、創造を否定し、神の子神の子ではないものにすることであり、絶対にありえないことです。



Lesson 238


On my decision all salvation rests.
救済は全面的に私の決断にかかっている。



1. Father, Your trust in me has been so great, I must be worthy.
 よ、あなたが私を本当に深く信頼してくれているのだから、私には価値があるに違いありません。

 You created me, and know me as I am.
 あなたは私を創造し、私をありのままに知っています。

 And yet You placed Your Son's salvation in my hands, and let it rest on my decision.
 それでも、あなたは、あなたの子の救済を私の手に委ね、私の決断に任せてくれています。

 I must be beloved of You indeed.
 私は本当に、あなたから深くされているに違いありません。

 And I must be steadfast in holiness as well, that You would give Your Son to me in certainty that he is safe Who still is part of You, and yet is mine, because He is my Self.
 そして、私の神聖さも揺るぎないものであるに違いありません。だから、あなたは、依然としてあなたの一部でありながら、私の真の自己であるがゆえに私の一部でもあるわが子の無事を確信して、彼を私に託してくれているのです。



2. And so, again today, we pause to think how much our Father loves us.
 だから、今日再び、私たちは、いかに私たちのが私たちのことをしてくれているか考えるために立ち止まります。

 And how dear His Son, created by His Love, remains to Him Whose Love is made complete in him.
 そして、神の大いなるによって創造された神の子が、その大いなる神の子の中において完成される神にとって、いかに最の存在であるか考えることにします。


名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
決断救済神の子信頼価値創造神聖さ大いなる自己

Comments 0

Leave a reply