There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T14-8 聖なる邂逅




今回は、テキストから、聖なる出会いの場所という一節をご紹介します。


テキスト第十四章 

VIII. The Holy Meeting Place
八 聖なる出会いの場所



1. In the darkness you have obscured the glory God gave you, and the power He bestowed upon his guiltless Son.
 の中で、あなたはがあなたに与えてくれた栄光なきの子に授けた力を覆い隠してしまいました。

 All this lies hidden in every darkened place, shrouded in guilt and in the dark denial of innocence.
 この栄光と力のすべてが、悪感で覆われ、潔白さを否認するに包まれて暗くなったすべての場所に隠されています。

 Behind the dark doors you have closed lies nothing, because nothing can obscure the gift of God.
 しかし、あなたが閉ざした暗い扉の向こう側には何もありません。なぜなら、の贈り物を覆い隠せるものは何ひとつないからです。

 It is the closing of the doors that interferes with recognition of the power of God that shines in you.
 扉を閉じていることが、あなたが自分の中で輝くの力に気づく邪魔をしているのです。

 Banish not power from your mind, but let all that would hide your glory be brought to the judgment of the Holy Spirit, and there undone.
 あなたの心からその力を追い払おうとしてはなりません。そうではなく、あなたの栄光を隠そうとするものをすべて、聖霊の審判の下へともたらし、そこで取り消してもらってください。

 Whom he would save for glory is saved for it.
 聖霊栄光のために救おうとする者は、その栄光ゆえにすでに救われています。

 He has promised the Father that through him you would be released from littleness to glory.
 聖霊は、あなたが聖霊を通して卑小さから栄光へと解放されることを大いなる父に約束しています。

 To what he promised God he is wholly faithful, for he shares with God the promise that was given him to share with you.
 そして、聖霊は神と約束したことは絶対に守ります。なぜなら、聖霊はあなたと共有するようにと神から与えられた約束を神と共有しているからです。




2. He shares it still, for you.
 聖霊は今でも、あなたのためにその約束を共有しています。

 Everything that promises otherwise, great or small, however much or little valued, he will replace with the one promise given unto him to lay upon the altar to your Father and his Son.
 あなたが聖霊を通して卑小さから栄光へと解放されること以外のことを約束するものは、たとえそれが重大なことであろうが些細なことであろうが、大切にされていようが軽視されていようが、そんなことに関わりなく、そのすべてを神と神の子の祭壇に置くために聖霊に与えられた唯一の約束と置き換えることを聖霊は意図しています。

 No altar stands to God without his Son.
 神の子なくして神への祭壇は成り立ちません。

 And nothing brought there that is not equally worthy of Both, but will be replaced by gifts wholly acceptable to Father and to Son.
 そして、祭壇に持ち込まれた捧げものが神と子に等しくふさわしいものでなければ、神と子にとって完全にふさわしい贈り物へと置き替えられるだけです。

 Can you offer guilt to God?
 あなたには悪感を神に捧げることはできません。

 You cannot, then, offer it to his Son.
 したがって、あなたは神の子にも悪感を差し出すことはできないはずです。

 For They are not apart, and gifts to one are offered to the other.
 というのは、神と神の子は分離していないので、神に捧げる贈り物は神の子にも差し出すことになるからです。

 You know not God because you know not this.
 あなたがこのことを知らないので、あなたは神を知らないのです。

 And yet you do know God and also this.
 それでも、あなたは本当は神を知っているし、このこともわかっているのです。

 All this is safe within you, where the Holy Spirit shines.
 このことはすべて、あなたの心の中の聖霊が輝いている場所に無事にしまわれています。

 He shines not in division, but in the meeting place where God, united with his Son, speaks to his Son through him.
 聖霊はあなたの心の中の分離した区分で輝いているのではなくて、神が子とひとつに結ばれ、聖霊を通して神が子に語りかける出会いの場で輝いています。

 Communication between what cannot be divided cannot cease.
 引き離すことのできないもの同士の間のコミュニケーションが途絶えるはずがありません。

 The holy meeting place of the unseparated Father and his Son lies in the Holy Spirit and in you.
 分離していない父と子の聖なる出会いの場所は、聖霊の中に、つまり、あなたの中にあります。

 All interference in the communication that God himself wills with his Son is quite impossible here.
 この聖なる場所では、神自ら子とコミュニケーションをしようと意図することを邪魔しようとしても、そんなことは絶対に不可能です。

 Unbroken and uninterrupted love flows constantly between the Father and the Son, as Both would have it be.
 大いなる父と子の間には、断絶したり途切れたりしないが絶え間なく流れており、それは両者がそう望んだとおりのことです。

 And so it is.
 だから、今もその望みどおりになっています。

名称未設定


3. Let your mind wander not through darkened corridors, away from light's center.
 あなたの心を、光の中心から離れての回廊をさまよわせてはなりません。

 You may choose to lead yourself astray, but you can be brought together only by the Guide appointed for you.
 あなたは、自分を本来の道筋か逸らして導いてしまう選択をするかもしれません。それでも、あなたたちは、あなたたちのために任命された大いなる案内役によってのみ、また一緒にしてもらうことができます。

 He will surely lead you to where God and his Son await your recognition.
 聖霊は、あなたに気づいてもらうことを神と子が待ち侘びている場所へと、あなたを確実に導いてくれます。

 They are joined in giving you the gift of oneness, before which all separation vanishes.
 神と子は、一体性という贈り物をあなたに与えることで心をひとつに結び合わせており、その贈り物を前にしては、あらゆる分離状態は消え去ります。

 Unite with what you are.
 本来の自分とひとつに結ばれなさい。

 You cannot join with anything except reality.
 あなたには真の姿としか、ひとつになることはできません。

 God's glory and his Son's belong to you in truth.
 神の栄光と神の子の栄光は、本当にあなたのものです。

 They have no opposite, and nothing else can you bestow upon yourself.
 神と神の子の栄光には正反対のものなどありません。だから、あなたは神と子の栄光以外の何ものも、自分自身に与えることはできません。




4. There is no substitute for truth.
 真理に置き換わることのできるものなど、何もありません。

 And truth will make this plain to you as you are brought into the place where you must meet with truth.
 そして、あなたが真理と相見えざるをえない場所に連れて行かれたときに、真理はあなたに、真理に代わりなどないことを明かしてくれるでしょう。

 And there you must be led, through gentle understanding which can lead you nowhere else.
 そして、あなたはその場所に必ず導かれることになります。穏やかな理解を通して、あなたがそこ以外の場所に導かれることはありえないからです。

 Where God is, there are you.
 神の在るところには、あなたも居ます。

 Such is the truth.
 これこそが真理です。

 Nothing can change the knowledge, given you by God, into unknowingness.
 何ものも、神によってあなたに授けられた知識を無知へと変えることはできません。

 Everything God created knows its Creator.
 神に創造されたものはすべて、自らの大いなる創造主を知っています。

 For this is how creation is accomplished by the Creator and by his creations.
 というのは、創造は、創造主とその創造されたものたちとによって、創造主を知るという方法によって成し遂げられるものだからです。

 In the holy meeting place are joined the Father and his creations, and the creations of his Son with Them together.
 聖なる出会いの場所において、大いなる父と父の創造したものたちに、神の子の創造したものたちが加わって、彼らはみんなひとつに結ばれます。

 There is one link that joins Them all together, holding Them in the oneness out of which creation happens.
 そこには、みんなをひとつに結びつけるひとつの絆があります。その絆は、そこから創造の起こる一なる状態の中にみんなを保っています。

名称未設定


5. The link with which the Father joins himself to those he gives the power to create can never be dissolved.
 父なる神が創造力を授ける者たちと神自身とを結ぶ絆が解けてしまうことは、決してありえません。

 Heaven itself is union with all of creation, and with its one Creator.
 天国そのものは、すべての創造されたものたちとその唯一の創造主とがひとつに結ばれた姿です。

 And Heaven remains the Will of God for you.
 そして、天国はあなたのための神の大いなる意志であり続けます。

 Lay no gifts other than this upon your altars, for nothing can coexist with it.
 このようにひとつに結ばれる融合以外の贈り物をあなたの祭壇に置いてはなりません。なぜなら、それ以外に神の意志と共存できるものなど何もないからです。

 Here your little offerings are brought together with the gift of God, and only what is worthy of the Father will be accepted by the Son, for whom it is intended.
 ここでは、あなたの取るに足りない捧げものは、神の贈り物と一緒に集められます。そして、大いなる父にとって価値あるものだけが、それが授けられるようにと意図されているその大いなる子によって受け入れられることでしょう。

 To whom God gives himself, he is given.
 神が自身を与えようとする者に、神は与えられているのです。

 Your little gifts will vanish on the altar, where he has placed his own.
 あなたの取るに足りない捧げ物は、神が自分の贈り物を置いた祭壇の上で消え失せてしまうでしょう。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
出会い祭壇聖霊聖なる場所栄光

Comments 0

Leave a reply