There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T17-1 空想を真理に引き渡す

今回はテキスト第十七章から「空想真理へと差し出す」をご紹介します。





Chapter 17 FORGIVENESS AND THE HOLY RELATIONSHIP
第十七章 赦しと神聖な関係

I. Bringing Fantasy to Truth
一 空想真理へともたらす



1. The betrayal of the Son of God lies only in illusions, and all his "sins" are but his own imagining.
 神の子の裏切りは幻想の中にしかありません。だから、神の子の「数多の罪」はどれもみな単に神の子自身の想像でしかありません。

 His reality is forever sinless.
 神の子の真の姿は、永遠に罪が無いままです。

 He need not be forgiven but awakened.
 神の子は、目覚めさせられる必要はあっても、赦される必要はありません。

 In his dreams he has betrayed himself, his brothers and his God.
 彼が見るの中で、神の子は自分自身を裏切り、自らの兄弟を裏切り、自らの大いなる神をも裏切ってきました。

 Yet what is done in dreams has not been really done.
 しかし、の中でなされたことは、実際になされたわけではありません。

 It is impossible to convince the dreamer that this is so, for dreams are what they are because of their illusion of reality.
 もっとも、を見ている当人に、あなたはの中にいての中での出来事は実際には起こってはいないのだと納得させようとしても、それは不可能です。なぜなら、が夢であるゆえんは、夢が幻想現実だと錯覚させるものだからです。

 Only in waking is the full release from them, for only then does it become perfectly apparent that they had no effect upon reality at all, and did not change it.
 夢からの完全な解放は目覚めることにしか見出せません。なぜなら、ただ目が覚めたときにだけ、夢は現実にまったく影響を与えておらず、現実を変えてはいなかったことが完璧に明らかになるからです。

 Fantasies change reality.
 夢想現実を変えようとすることです。

 That is their purpose.
 それこそ、夢想する目的です。

 They cannot do so in reality, but they can do so in the mind that would have reality be different.
 現実においては、夢想現実を変えることはできません。しかし、現実を違うものにしようと意図する心の中でなら、夢想は思うように現実を変えることができます。

名称未設定


2. It is, then, only your wish to change reality that is fearful, because by your wish you think you have accomplished what you wish.
 そうだとすれば、恐ろしいのは、現実を変えたいというあなたの願望だけだということになります。なぜなら、自ら望むことによって、あなたは自分の望むことを達成したものと思い込んでしまうからです。

 This strange position, in a sense, acknowledges your power.
 この夢想することで現実を変えられると思い込む奇妙な心理状態は、ある意味では、あなたの力を承認することだといえます。

 Yet by distorting it and devoting it to "evil," it also makes it unreal.
 しかし、それと同時に、この心理状態は、あなたの力を歪めて「邪悪」なものに捧げることによって、あなたの力を想像上のものにしてしまいます。

 You cannot be faithful to two masters who ask conflicting things of you.
 あなたは、自分に相容れないことを求める二人の主人に忠実であることはできません。

 What you use in fantasy you deny to truth.
 あなたが空想の中で使うものを、あなたは真理に対して拒むことになります。

 Yet what you give to truth to use for you is safe from fantasy.
 しかし、自分のために活用してもらうためにあなたが真理に捧げるものは、空想に害されることなく安全なままです。




3. When you maintain that there must be an order of difficulty in miracles, all you mean is that there are some things you would withhold from truth.
 あなたが奇跡には難しさの序列があるに違いないと主張するとき、あなたは単に自分には何かしら真理に渡さずにおきたいものがあると言っているだけなのです。

 You believe truth cannot deal with them only because you would keep them from truth.
 あなたは、自分が真理に渡さずにおきたいものについては、単に自分が真理に渡さずに取っておきさえすれば、真理も手を出せないはずだと信じているわけです。

 Very simply, your lack of faith in the power that heals all pain arises from your wish to retain some aspects of reality for fantasy.
 ごく簡単に言えば、あなたがあらゆる苦痛を癒す力を信頼できないでいるのは、空想のために現実のいくらかの側面を温存しておきたいというあなたの願望のためなのです。

 If you but realized what this must do to your appreciation of the whole!
 もしこうしたことが現実の全容の真価をあなたが正しく認めるうえで、どれほど悪影響を及ぼすか、あなたがそれに気づいてくれさえすれば、どんなによいことでしょう。

 What you reserve for yourself, you take away from him Who would release you.
 あなたが何かを自分自身のために取っておこうとするなら、あなたはそれを、自分を解放しようとしてくれている聖霊から奪い取ることになってしまいます。

 Unless you give it back, it is inevitable that your perspective on reality be warped and uncorrected.
 あなたがそれを聖霊に返さないかぎり、現実に対するあなたの見方は歪曲され、修正されないままになることは避けられません。


名称未設定

4. As long as you would have it so, so long will the illusion of an order of difficulty in miracles remain with you.
 あなたがそうあってほしいと思う間は、奇跡に難しさの序列があるという幻想があなたの許に留まり続けることになります。

 For you have established this order in reality by giving some of it to one teacher, and some to another.
 というのも、あなたは現実の一部分をある教師に与え、別の部分を別の教師に与えることによって、現実の中にこの序列を確立してしまったからです。

 And so you learn to deal with part of the truth in one way, and in another way the other part.
 こうしてあなたは、真理の一部分にはある方法で対処し、真理の別の部分には別の方法で対処することを学んでしまいます。

 To fragment truth is to destroy it by rendering it meaningless.
 真理をばらばらに断片化することは、真理を無意味なものにすることによって、真理を破壊しようとすることです。

 Orders of reality is a perspective without understanding; a frame of reference for reality to which it cannot really be compared at all.
 現実を序列化することは、実際には比較される余地などまったくありえない現実に対して、一定の評価基準を用いて比較しようという理解しがたいものの見方であるといえます。




5. Think you that you can bring truth to fantasy, and learn what truth means from the perspective of illusions?
 あなたは自分が真理を空想の中に持ち込むことができ、そして、錯覚したものの見方によって真理が意味することを学ぶことができるとでも思っているのでしょうか。

 Truth has no meaning in illusion.
 幻想の中では、真理は何の意味も持ちません。

 The frame of reference for its meaning must be itself.
 真理の意味を評価する基準は、真理そのものでなければなりません。

 When you try to bring truth to illusions, you are trying to make illusions real, and keep them by justifying your belief in them.
 あなたが真理を幻想の中に持ち込もうとするとき、あなたは幻想を本物にしようとしているのであって、自分が幻想を信じていることを正当化することによって、幻想を保ち続けようとしているのです。

 But to give illusions to truth is to enable truth to teach that the illusions are unreal, and thus enable you to escape from them.
 これに対して、幻想を真理に渡すことは、幻想が本物ではないことを真理が教えることを可能にするので、あなたは幻想から逃れることができるようにしてもらえます。

 Reserve not one idea aside from truth, or you establish orders of reality that must imprison you.
 ただのひとつとして想念を真理に渡さないまま残してはなりません。さもなければ、あなたは現実の序列を確立することになり、その序列が必ずあなたを幽閉してしまいます。

 There is no order in reality, because everything there is true.
 現実にはいかなる序列もありません。なぜなら、存在するすべてが真実だからです。

名称未設定


6. Be willing, then, to give all you have held outside the truth to him Who knows the truth, and in Whom all is brought to truth.
 それゆえに、あなたが真理の外側に留めていたものをすべて、真理を知る聖霊に喜んで渡しなさい。そうすれば、聖霊の中において、すべてが真理へともたらされることになります。

 Be not concerned with anything except your willingness to have this be accomplished.
 あなたはこれを達成してもらいたいという自分の意欲を除いては、ほかに何も心配しなくてよいのです。

 He will accomplish it; not you.
 これは聖霊が達成してくれるのであって、あなたが達成することではありません。

 But forget not this:
 しかし、次のことを忘れないでください。

 When you become disturbed and lose your peace of mind because another is attempting to solve his problems through fantasy, you are refusing to forgive yourself for just this same attempt.
 誰かが自分の問題を空想を通じて解決しようとしていることが原因であなたの心がかき乱され、あなたが心の平安を失うなら、それは、あなたがまったく同じ試みをしている自分自身を赦すことを拒絶しているのだということです。

 And you are holding both of you away from truth and from salvation.
 こうして、あなたは真理と救済からあなたたち二人ともを引き離すことになってしまいます。

 As you forgive him, you restore to truth what was denied by both of you.
 あなたが彼を赦すことで、あなたは自分たちが二人揃って否認していたものを真理へと戻すことになります。

 And you will see forgiveness where you have given it.
 そうすれば、あなたは自分が赦しを与えたところに、赦しを見出すことでしょう。

名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
真理空想願望夢想現実解放幻想聖霊奇跡

Comments 0

Leave a reply