There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン244「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない。」

レッスン244です。

今日のテーマは「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない。」です。




まず、世界とは何かをご覧ください。


Lesson 244


I am in danger nowhere in the world.
私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない。


1. Your Son is safe wherever he may be, for You are there with him.
 あなたの子はどこにいようとも安全です。というのも、あなたがそこに彼とともにあるからです。

 He need but call upon Your Name, and he will recollect his safety and Your Love, for they are one.
 神の子は、ただあなたの名を呼ぶだけでよいのです。そうすれば、彼は自分が安全であることとあなたの大いなるを思い出すことでしょう。というのも、神の子安全とあなたのとはひとつのものだからです。

 How can he fear or doubt or fail to know he cannot suffer, be endangered, or experience unhappiness, when he belongs to You, beloved and loving, in the safety of Your Fatherly embrace?
 神の子があなたに属するものとしてあなたの父なる抱擁安全の中にあり、され、に満ち溢れているというのに、どうして神の子が、自分が苦しんだり、危険にさらされたり、不幸を経験したりすることなどできないと知ることを恐れたり、疑ったり、知り損ねたりできるでしょうか。



2. And there we are in truth.
 そして、そこでは私たちは真理の中にあります。

 No storms can come into the hallowed haven of our home.
 聖なる避難所である私たちの家の中には、いかなる嵐も入り込むことはできません。

 In God we are secure.
 の中にいる私たちは安全です。

 For what can come to threaten God Himself, or make afraid what will forever be a part of Him?
 いったい何が自身を脅かしたり、永遠に神の一部であるものを怖がらせることができるというのでしょうか。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします


関連記事
世界安全危険神の子抱擁不幸真理永遠

Comments 0

Leave a reply