There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

罪ってなに?

0   0



レッスン251からのSpecial Thoughtは「とは何か」です。

What Is Sin?
とは何か。



1. Sin is insanity.
 とは狂気です。

 It is the means by which the mind is driven mad, and seeks to let illusions take the place of truth.
 は、小さな心を狂気へと駆り立てて、幻想真理に取って代わるように求めさせるための手段です。

 And being mad, it sees illusions where the truth should be, and where it really is.
 そして、狂っているので、に惑わされた小さな心は、真理のあるべきところに、そして、真理が本当にあるところに、幻想を見てしまいます。

 Sin gave the body eyes, for what is there the sinless would behold?
 身体に目を与えます。というのも、のない者には見たいと思う幻想など何もないからです。

 What need have they of sights or sounds or touch?
 罪のない者たちに、見えるものや物音や触れるもので必要な何があるというのでしょうか。

 What would they hear or reach to grasp?
 罪のない者たちに、聞いたり手を伸ばして掴みたいどんなものがあるというのでしょう。

 What would they sense at all?
 彼らに感知しようとする何があるというのでしょうか。

 To sense is not to know.
 五感知覚することは、知ることではありません。

 And truth can be but filled with knowledge, and with nothing else.
 そして、真理はただ知識に満たされうるのみであり、それ以外の何ものによっても満たされることはありえません。




2. The body is the instrument the mind made in its efforts to deceive itself.
 身体は、小さな心が自分自身を何とか欺こうとして作り出した道具です。

 Its purpose is to strive.
 身体の目的は、何かを目指して求めることです。

 Yet can the goal of striving change.
 しかし、努力して求める目標は変わることができます。

 And now the body serves a different aim for striving.
 そして、今や、身体は違う目的のために尽力するために奉仕することになります。

 What it seeks for now is chosen by the aim the mind has taken as replacement for the goal of self-deception.
 今や、身体が追い求めるのは、小さな心が自己欺瞞の目標の代わりに取り入れた新たな目的によって選択されます。

 Truth can be its aim as well as lies.
 偽りと同じように、真理身体の目的となることができます。

 The senses then will seek instead for witnesses to what is true.
 そうなると、感覚は、今度は、真実であるものを証明するものを探すようになります。




3. Sin is the home of all illusions, which but stand for things imagined, issuing from thoughts that are untrue.
 罪は、あらゆる幻想の巣窟です。あらゆる幻想は、単に空想した物事を表しているだけで、偽りの思いから生まれるものです。

 They are the "proof" that what has no reality is real.
 幻想は、現実味のないものこそが現実だという「証拠」となります。

 Sin "proves" God's Son is evil; timelessness must have an end; eternal life must die.
 罪は、神の子は邪悪であり、時間のないものが終わりを持たねばならず、永遠の生命は死ぬに違いないことを「証明」します。

 And God Himself has lost the Son He loves, with but corruption to complete Himself, His Will forever overcome by death, love slain by hate, and peace to be no more.
 そして、神自身、愛するわが子を失い、神自身を完結させるものは堕落しかなく、神の意志は永遠に死によって征服され、愛は憎しみによって殺され、もはや平安はどこにもなくなってしまうことになります。




4. A madman's dreams are frightening, and sin appears indeed to terrify.
 狂人の見る夢は、ぎょっとするようなものであり、罪は、本当に恐ろしいものに見えます。

 And yet what sin perceives is but a childish game.
 それでも、罪が知覚するものは、ただの子供染みた遊びでしかありません。

 The Son of God may play he has become a body, prey to evil and to guilt, with but a little life that ends in death.
 神の子は、自分が、死で終わる短い命しか持たない身体となって、害悪や罪悪感に苛まれる振りをして遊ぶことができます。

 But all the while his Father shines on him, and loves him with an everlasting Love which his pretenses cannot change at all.
 しかし、その間中ずっと、彼の父は神の子のことを照らし、神の子の見せる振りなどによってまったく変わることのありえない永続する大いなる愛で神の子のことを愛してくれています。

 


5. How long, O Son of God, will you maintain the game of sin?
 ああ、神の子よ、あなたはどれだけ長い間、罪という遊びを続けようというのでしょうか。

 Shall we not put away these sharp-edged children's toys?
 こんな鋭利な刃のついた子供の玩具など片づけることにしてはどうでしょうか。

 How soon will you be ready to come home?
 いつになったらあなたは故郷に帰る準備をしてくれるのでしょうか。

 Perhaps today?
 もしかすると今日でしょうか。

 There is no sin.
 罪など存在しません。

 Creation is unchanged.
 創造されたものは、変わらないままです。

 Would you still hold return to Heaven back?
 それでもなお、あなたは天国に帰るのを先延ばしにしようというのでしょうか。

 How long, O holy Son of God, how long?
 どれだけ長く、ああ、聖なる神の子よ、いったいどれだけ長く引き伸ばそうとするのでしょうか。



ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/483-cbc2a38a
該当の記事は見つかりませんでした。