FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン252「私の正体は神の子だ」

レッスン252です。

今日のテーマは「私の正体の子だ」です。




まず、罪とは何かをご覧ください。


「How far beyond this world my Self must be, and yet how near to me and close to God!
 私の大いなる自己は、どんなに遠くこの世界からかけ離れたものだろう。それでいながら、私の大いなる自己は、なんと私の間近にあり、なんとのすぐそばにあることだろう。」

詩的な表現ですが、ゲームや物語世界の主人公と現実世界でのゲームプレイヤーや読者の関係性に置き換えれば、文字どおりの真実を表現したものだということがわかります。

ひとつ前のレッスンのエッセイで述べたように、自分を細分化して幻想世界の人間という卑小な生き物が自分だと思い込んでいるの子が本当の自分を取り戻すために、赦しを手段として兄弟や世界は自分と等しい一体の存在だという認識が必要です。

はたらく細胞の人体に置き換えると、この一体性の認識は、自分だと思っていた存在は人体を構成する細胞であり、ほかの60兆個の細胞たちも自分と同じ人体を構成するものとして自分自身であるという自覚に相当します。

そしてさらに、脳を含めた人体は魂が所有しており、真の自分はこの魂であるという認識に相当するのが、自分や他者というアバターとなって様々な体験をしていた世界を作り出していたの子こそが真の自分だという自覚です。


Lesson 252



The Son of God is my Identity.
私の正体の子だ。



1. My Self is holy beyond all the thoughts of holiness of which I now conceive.
 私の本当の自己は、今の私に想像できるどんな神聖な思いも及ばないほど神聖なものだ。

 Its shimmering and perfect purity is far more brilliant than is any light that I have ever looked upon.
 私の大いなる自己の煌く完璧な清浄さは、私がこれまで目にしたことのあるどんなもはるかに及ばないほど眩しくり輝いている。

 Its love is limitless, with an intensity that holds all things within it, in the calm of quiet certainty.
 私の大いなる自己は無限であり、すべての物事をその内に、静かな確実さの中に穏やかに保つ力強さを備えている。

 Its strength comes not from burning impulses which move the world, but from the boundless Love of God Himself.
 私の大いなる自己の力強さは、この世界を突き動かす燃えるような衝動に由来するのではなく、自身の果てしない大いなる愛に由来するものだ。

 How far beyond this world my Self must be, and yet how near to me and close to God!
 私の大いなる自己は、どんなに遠くこの世界からかけ離れたものだろう。それでいながら、私の大いなる自己は、なんと私の間近にあり、なんとのすぐそばにあることだろう。



2. Father, You know my true Identity.
 父よ、あなたは私が本当は誰なのか知っています。

 Reveal It now to me who am Your Son, that I may waken to the truth in You, and know that Heaven is restored to me.
 今こそ、あなたの子である私に、あなたの中にある真理に目覚めて、天国が自分に回復されたと知ることができるように、私の真のアイデンティティーを明らかにしてください。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
正体想像神聖清浄衝動大いなる愛大いなる自己

Comments 0

Leave a reply