There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」

0   0

ワークブックのレッスン6です。

テーマは、自分のが乱れているのは、ありもしないものを見ているせいだというものです。





この考えを当てはめる前に、の中を検索してを乱す思いを見つけるよう指示されています。

この検索に際しては、現に今、怒りを感じているなどして、が乱れているのが分かりやすいなら、それをそのまま直視して捕まえればよいでしょうし、すぐに浮かんでこないようなら、の中に目を向けて、平安が乱され、穏やかでなかった場面を思い返して、無差別的にピックアップして、考えを当てはめる材料にしてみてください。

多くの方は、簡単に考えを当てはめる材料を見付けられることでしょう(笑)。材料が見当たらないという方は既にかなりの進歩を遂げているのか、あるいは逆に、自分の心に蓋をしてしまって、自由なアクセスができなくなってしまっているということになります。

このように言われて、今、微かにでも不快な思いをいだかれたなら、この思い自体を素材にしてもいいでしょう。

生まれてこのかた心が乱れたことのない人間などいないのですから、ゆっくり探して(1分程度と指示されていますが)みてください。


Workbook Lesson 6

I am upset because I see something that is not there.
私のが乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ。






I am upset because I see something that is not there.
私のが乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ。


1. The exercises with this idea are very similar to the preceding ones.
 この考えの実習は前回のレッスンととてもよく似ています。

 Again, it is necessary to name both the form of upset (anger, fear, worry, depression and so on) and the perceived source very specifically for any application of the idea.
 この考えを適用するためには、前回と同じように、の乱れの形(怒り、恐れ、心配落胆等々)とその知覚するものの両方にちゃんと具体的に名前をつけることが必要です。

 For example:
 例えば、


I am angry at ______ because I see something that is not there.
私が(   )に腹を立てているのは、私がそこにありもしない何かを見ているせいだ。

I am worried about ______ because I see something that is not there.
私が(   )のことを心配しているのは、私がそこにありもしない何かを見ているせいだ。


2. Today's idea is useful for application to anything that seems to upset you, and can profitably be used throughout the day for that purpose.
 今日の考えは、あなたのをかき乱すように思えるものになら何にでも適用して使うことができるし、その目的のためであれば、一日中、有益に用いることができます。

 However, the three or four practice periods which are required should be preceded by a minute or so of mind searching, as before, and the application of the idea to each upsetting thought uncovered in the search.
 しかしながら、前回と同じように、必要な3、4回の実習時間は、まず先に、一分程度ずつ心の中を検索する作業を進めるようにして、それから、心の検索によって明らかになった一つひとつの心を乱す思いに対して、この考えをあてはめるようにしてください。


3. Again, if you resist applying the idea to some upsetting thoughts more than to others, remind yourself of the two cautions stated in the previous lesson:
 そしてまた、もしあなたがある心をかき乱す思いに対してこの考えを当てはめることに対して、他の心をかき乱す思いにこの考えをあてはめるよりも、抵抗を感じるようなら、前のレッスンで述べた次の二つの注意点を思い出すようにしてください。


There are no small upsets.
心を乱す思いに小さいということはない。

They are all equally disturbing to my peace of mind.
それらは全て私の心の平安を乱す点で同等なものだ。


 And:
 そして、


I cannot keep this form of upset and let the others go.
私は、この心の乱れの形を保ちながら、他の心の乱れの形を手放すということはできない。

For the purposes of these exercises, then, I will regard them all as the same.
だから、この実習の目的のために、私は、それらをすべて同じものとして見なすことにする。

名称未設定




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/49-584e8659
該当の記事は見つかりませんでした。