FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

レッスン260です。

今日のテーマは「が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」です。




まず、罪とは何かをご覧ください。


T3-6 価値判断と権威問題が参考になると思います。

私たちが肉眼を通してしかものが見えず、キリストのヴィジョンで見ることができなくなったのは、自分の創始者が誰なのかという権威問題が生じたためです。

すなわち、は光であり、光の放射によって外に向けて拡張するのが本質であり、その拡張がの子です。

光が拡張した光線は当然、光と同じもので同じ属性と同じ力を持っていますが、親と子、光と光線には一点だけ相違があります。

それは、子は親を生まない、つまり、光の向かう向きは外に向けてしか向かわないということです。

この根本的な本質が、分離幻想によっての子が狂気に陥った際に、ねじ曲がり、子は自分自分の創始者である、つまり、自分であるという誤解をして光の拡張を自分のところで堰き止めてしまいました。

この権威問題によって、拡張が阻害されの経路が目詰まりを起こすことで、キリストのヴィジョンで見ることができなくなってしまったのであり、この問題の解消は権威問題を解消することで解決できることになります。




Lesson 260


Let me remember God created me.
が私を創造してくれたことを私が思い出せますように。



1. Father, I did not make myself, although in my insanity I thought I did.
 父よ、私は自分を作り出してはいませんでした。けれど、狂気の中で、私は自分自分自身を作り出したのだと思っていました。

 Yet, as Your Thought, I have not left my Source, remaining part of Who created me.
 しかし、あなたの抱く思いであるがゆえに、私は自らの大いなるを離れたことなどなく、私を創造した大いなる存在の一部であり続けています。

 Your Son, my Father, calls on You today.
 わが父よ、あなたの子が今日、あなたに求めます。

 Let me remember You created me.
 あなたが私を創造してくれたことを私に思い出させてください。

 Let me remember my Identity.
 私に本当の自分が誰なのか思い出させてください。

 And let my sinlessness arise again before Christ's vision, through which I would look upon my brothers and myself today.
 そして、キリストのヴィジョンの前に、私の潔白さが再び見えるようにしてください。キリストのヴィジョンを通して、私は今日、自分兄弟自分自身を見ることにします。



2. Now is our Source remembered, and Therein we find our true Identity at last.
 今こそ、私たちの大いなるが思い出され、その中で、私たちは、自分たちが本当は何者なのかついに見出します。

 Holy indeed are we, because our Source can know no sin.
 本当に私たちはなんと神聖なのでしょう。なぜなら、私たちの大いなるは、いかなるも知りえないからです。

 And we who are His Sons are like each other, and alike to Him.
 そして、そのの子である私たちは、互いに同じものであり、そして、とも同じものなのです。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
創造狂気自分キリストのヴィジョン兄弟神聖アイデンティティー

Comments 0

Leave a reply