FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン262「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように」

レッスン262です。

今日のテーマは「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように」です。




まず、身体とは何かをご覧ください。

「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように」との今日のテーマの「相違」をどのように捉えるかが今日のレッスンではとても重要です。

これは、この世界にある多様性を全否定して、各自の個性や役割も否定して相違を知覚しないようにせよという意味でしょうか。

ひとつ前のレッスン261では、この世界にいる私たちアバターとの関係性とパラレルに対比する例として、私たちと私たちの身体ない世界の細胞や器官の関係性について考えました。

最後の癌細胞の例からわかるように、癌細胞は、自分以外の存在も自分と同じように無個性で同質な利己的存在に変えて自己増殖を図ろうとしますが、癌細胞の理念は自分と相違するものの存在を許さず、周囲のものすべてを自分自身と同じ平等なものに変えることを実現することです。

そして、この癌細胞の理念が実現してしまうと、人体内の様々な役割を担う組織、器官、細胞がそれぞれ独自に担う機能を果たせなくなって、最終的にその人体の死亡に至ることになります。


したがって、「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように」という今日のテーマは、見せかけの相違の知覚によって自他分離の錯覚に陥ることなく、すべてが等しくだという真理を忘れないようにとの趣旨だということになります。



Lesson 262


Let me perceive no differences today.
今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように。



1. Father, You have one Son.
 父よ、あなたにはひとりのがあります。

 And it is he that I would look upon today.
 そして、私が今日見たいのは、そのひとりです。

 He is Your one creation.
 彼は、あなたの唯一の創造物です。

 Why should I perceive a thousand forms in what remains as one?
 どうして私が、ひとつであり続けるものを無数の知覚しなければならないというのでしょう。

 Why should I give this one a thousand names, when only one suffices?
 どうして私が、たったひとつの名前で十分であるのに、この一なるものに無数の名前を与えなければならないというのでしょう。

 For Your Son must bear Your Name, for You created him.
 というのも、あなたが創造したがゆえに、あなたのはあなたの名を持っているに違いないからです。

 Let me not see him as a stranger to his Father, nor as stranger to myself.
 私がのことを彼の父にとって見知らぬものとして見たり、私自身と相容れないものとして見たりしないようにさせてください。

 For he is part of me and I of him, and we are part of You Who are our Source, eternally united in Your Love; eternally the holy Son of God.

 というのも、彼は私の一部であり、私は彼の一部であり、そして、私たちは、自分たちの大いなる源であるあなたの一部であり、あなたの大いなる愛の中で永遠にひとつに結ばれている永遠聖なだからです。

 

2. We who are one would recognize this day the truth about ourselves.
 ひとつである私たちは、今日という日に、自分たち自身についての真理を認識しようと思います。

 We would come home, and rest in unity.
 私たちは、帰郷し、ひとつに結ばれて安息したいと思います。

 For there is peace, and nowhere else can peace be sought and found.
 というのも、そこには平安があり、そして、そこ以外のどこを探そうとも、平安を見出すことはできないからです。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。


次

関連記事
名前創造平安真実一部永遠知覚

Comments 0

Leave a reply