There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

M18 修正はどのようになされるか

今回は、マニュアルの第18節のご紹介です。

「どのように修正はなされるか」というテーマです。






罪には処罰、誤りには修正が対応します。


コースは、罪があることを認めないので、処罰も否認します。


もっとも、この幻想世界において誤りが生じることは否認しないので、誤りに対しては、それを正す修正を認めます。

私たちは眠りこけて自分がキリストのヴィジョンを持っていることを忘れてしまい、肉眼でしか知覚できなくなって愛をもって見るということができなくなっています。
こうして、物事に序列や程度があると知覚して、事実をありのままに見ることができなくなって、解釈をしては誤るということになってしまします。

聖霊は、私たちをこんな眠りから目覚めさせ、キリストのヴィジョンによる正しい知覚を回復させようとします(キリストのヴィジョンは、分離を否認して一なるものとして知覚することで、幻想の向こうに実相の世界を垣間見る作用で、知識を回復することにつながるものですが、知識を「知る」作用ではなく、あくまでもこの幻想世界における知覚作用の一つです。肉眼での視覚に対比するなら、第三の目によるヴィジョンといったイメージでしょうか)。
今日の一節の中核部分を抜粋します。

「You but mistake interpretation for the truth.
あなたは単に解釈が真理なのだと誤解しただけなのです。

And you are wrong.
だから、あなたは間違っているのです。

But a mistake is not a sin, nor has reality been taken from its throne by your mistakes.
しかし、間違いは罪ではありません。また、あなたの間違いによって、現実がその座を追われてしまったわけではありません。

God reigns forever, and His laws alone prevail upon you and upon the world.
は永遠に統治します。だから、の法だけがあなたとこの世界に優るのです。

His Love remains the only thing there is.
の愛だけが、そこに唯一あるものとして存続します。

Fear is illusion, for you are like Him.
恐れは幻想です。というのは、あなたはと同じものだからです。」

事実を解釈と混同し、真理を幻想と混同して誤解することで間違ってしまっただけだから、自分勝手に解釈していることが真理なのではない、そして、真理は、自分がどのように解釈していたかということに関わりなく、真理であり続けると気付くことが修正となります。

もし誰かに反応する際に、ほんの微かな苛立ちを感じるときには、自分が誤った解釈をしてしまったことに気付くことが大事であり、そんなときには、自分の中にいるガイドである聖霊にどのような反応すべきか判断してもらうとよいということです。

そして、テキストでは、私たちは、兄弟と一緒でなければ、修正を受け入れることも拒否することもできないといいます。


「4. Correction is for all who cannot see.
 修正は見ることのできない者みんなのためにあります。

 To open the eyes of the blind is the Holy Spirit's mission, for He knows that they have not lost their vision, but merely sleep.
 見えない人の目を開くことが聖霊の使命です。というのも、聖霊は彼らがヴィジョンを失ってしまったわけではなく、単に眠っているだけだと知っているからです。

 He would awaken them from the sleep of forgetting to the remembering of God.
 聖霊は、忘却の眠りの淵から彼らを目覚めさせ、のことを思い出させてくれます。

 Christ's eyes are open, and He will look upon whatever you see with love if you accept His vision as yours.
 キリストの目は開いています。だから、もしあなたがキリストのヴィジョンを自分のものとして受け入れるならば、キリストは、あなたが愛をもって見るものであれば何であれ、その全てに目を向けることでしょう。

 The Holy Spirit keeps the vision of Christ for every Son of God who sleeps.
 聖霊は、キリストのヴィジョンを、眠っているの子一人ひとりのために保ってくれています。

 In His sight the Son of God is perfect, and He longs to share His vision with you.
 キリストのヴィジョンに映る神の子は完璧なものです。だから、キリストは自らのヴィジョンをあなたと分かち合いたいと切望しています。

 He will show you the real world because God gave you Heaven.
 キリストは、実相の世界を見せてくれるでしょう。なぜなら、神はあなたに天国を与えてくれているからです。

 Through Him your Father calls His Son to remember.
 聖霊を通じて、父は子に思い出すようにと呼び掛けています。

 The awakening of His Son begins with his investment in the real world, and by this he will learn to re-invest in himself.
 神の子の目覚めは、実相の世界に全身全霊を投ずることから始まり、そうすることによって、彼は自分自身に投資し直すことを学びます。


 For reality is one with the Father and the Son, and the Holy Spirit blesses the real world in Their Name.
 それというのも、現実というのは、父と子が一つになった状態であり、聖霊は、父と子の名において実相の世界を祝福するからです。」(テキスト 第十二章 VI. The Vision of Christ 六 キリストのヴィジョン)


「1. Reason cannot see sin but can see errors, and leads to their correction.
 理性は罪を見ることはできません。しかし、誤りを見ることができるし、その誤り修正するように導くことができます。

 It does not value them, but their correction.
 理性は間違っていることを重要視することはありません。そうではなく、誤り修正することを重視します。

 Reason will also tell you that when you think you sin, you call for help.
 理性はまた、あなたが罪を犯したと思うときには、助けを求めればよいのだと教えてくれます。

 Yet if you will not accept the help you call for, you will not believe that it is yours to give.
 ところが、あなたが、もし自分の呼んだ助けを受け入れようとしないなら、その助けを自分が与えられるとは信じないでしょう。

 And so you will not give it, thus maintaining the belief.
 だから、あなたは助けを与えようともしないし、そうして、自分は救われることはないという信念を持ち続けることになります。

 For uncorrected error of any kind deceives you about the power that is in you to make correction.
 というのは、どのような誤りであれ、それが修正されない限り、あなたが修正する力を持っていることについて、あなたを欺こうとするからです。

 If it can correct, and you allow it not to do so, you deny it to yourself and to your brother.
 もしあなたの力が修正できるとしても、あなたがその力を発動することを許さない限り、あなたは修正する力を自分自身にも兄弟にも否定することになってしまいます。

 And if he shares this same belief you both will think that you are damned.
 そして、もし兄弟もあなたと同じ信念を分かち合うようになったら、あなたたちは二人揃って永久に地獄に落とされたものと思いこんでしまうでしょう。

 This you could spare him and yourself.
 あなたは、自分たちがそんな目に遭わなくて済むようにすることができます。

 For reason would not make way for correction in you alone. 」
 というのは、理性は、あなただけに修正の道を開くわけではないからです。


2. Correction cannot be accepted or refused by you without your brother.
あなたは、兄弟と一緒でなければ、修正を受け入れることも拒否することもできません。

 Sin would maintain it can.
 罪はそれができると主張するでしょう。

 Yet reason tells you that you cannot see your brother or yourself as sinful and still perceive the other innocent.
 しかし、理性は、兄弟かあなた自身のどちらかが有罪だと見ておきながら、一方だけは潔白だと知覚しようとしても、そんなことはできないと教えてくれます。

 Who looks upon himself as guilty and sees a sinless world?
 一体誰が、自分自身を有罪だと見なしていながら、罪なき世界を見ることなどできるでしょうか。

 And who can see a sinful world and look upon himself apart from it?
 それに誰が、罪深い世界を目にしながら、自分だけはそんな世界から隔絶されたものだと見ることができるというのでしょうか。

 Sin would maintain you and your brother must be separate.
 罪は、あなたと兄弟とは切り離された別々の存在に違いないと言い張ることでしょう。

 But reason tells you that this must be wrong.
 しかし、理性がそんなことは間違っているはずだと教えてくれます。

 If you and your brother are joined, how could it be that you have private thoughts?
 もしあなたと兄弟が一つに結ばれているならば、どうしてあなたが自分だけの思いを持つことなどできるでしょうか。

 And how could thoughts that enter into what but seems like yours alone have no effect at all on what is yours?
 そして、あなただけのもののように思えるものの中にでも入り込める思いが、あなたのものであるものに、全く何の影響も及ぼさずにいるということがどうしてあり得るでしょうか。

 If minds are joined, this is impossible.
 もし心と心が結ばれているとすれば、そんなことは不可能です。」(テキスト 第二十一章 VI. Reason versus Madness 六 理性対狂気)



シシ神




Section 18
How Is Correction Made?
第18節
どのようにして修正はなされるのか


1. Correction of a lasting nature,--and only this is true correction,--cannot be made until the teacher of God has ceased to confuse interpretation with fact, or illusion with truth.
 永続的な性質を持つ修正(そして、これこそが真の修正です)は、神の教師が解釈を事実と混同したり、幻想を真理と混同したりすることが無くなるまでは、なされることはありえません。

 If he argues with his pupil about a magic thought, attacks it, tries to establish its error or demonstrate its falsity, he is but witnessing to its reality.
 もし神の教師が魔術的な思いについて自分の生徒と議論したり、それを攻撃したり、魔術的な思いの誤りを立証したり、それが真実でないことを実証しようとするなら、彼は単に魔術的な思いが本物であることを証明することにしかなりません。

 Depression is then inevitable, for he has "proved," both to his pupil and himself, that it is their task to escape from what is real.
 そのようなことをすれば、意気消沈してしまうことは避けられません。なぜなら、その神の教師は彼の生徒と彼自身の両方に対して、その本物であるものから逃げ出すことが自分たちの課題であると「証明」してしまったからです。

 And this can only be impossible.
 しかし、こんなことは不可能なことでしかありえません。

 Reality is changeless.
 現実とは不変のものです。

 Magic thoughts are but illusions.
 魔術的な思いは、幻想にすぎません。

 Otherwise salvation would be only the same age-old impossible dream in but another form.
 そうでなければ、救済は、単に昔と同じような不可能な夢がただ別の形をとって現れたものにすぎないことになってしまいます。

 Yet the dream of salvation has new content.
 しかし、救済の夢には、新しい中身があります。

 It is not the form alone in which the difference lies.
 違っているのは、形だけではないのです。




2. God's teachers' major lesson is to learn how to react to magic thoughts wholly without anger.
 神の教師の重要なレッスンは、魔術的な思いにまったく怒りを伴うことなく反応する方法を学ぶことです。

 Only in this way can they proclaim the truth about themselves.
 この怒りを持たずに反応するという方法によってのみ、彼らは自分たちについての真理を宣言することができます。

 Through them, the Holy Spirit can now speak of the reality of the Son of God.
 彼らを通して、今や、聖霊は神の子の本当の姿について語ることができます。

 Now He can remind the world of sinlessness, the one unchanged, unchangeable condition of all that God created.
 今や聖霊は、罪の無いことこそが、神の創造したあらゆるもののただ一つの不変にして変わりえない条件であることを、この世界に思い出させてくれます。

 Now He can speak the Word of God to listening ears, and bring Christ's vision to eyes that see.
 今こそ聖霊は、聴こうとする耳に神の言葉を語ることができます。そして、見ようとする目にキリストのヴィジョンを見せることができます。

 Now is He free to teach all minds the truth of what they are, so they will gladly be returned to Him.
 今こそ聖霊は、すべての心たちに、彼らが誰なのかという真理を心置きなく伝えることができます。だから、すべての心たちは喜んで神の許へと戻ってくることでしょう。

 And now is guilt forgiven, overlooked completely in His sight and in God's Word.
 そして、聖霊の視界と神の言葉の中において完全に見越されることで、今こそ罪は赦されます。




3. Anger but screeches, "Guilt is real!"
 怒りはただ「罪は本物だ!」と言って金切り声をあげます。

 Reality is blotted out as this insane belief is taken as replacement for God's Word.
 この狂気の信念が神の言葉に置き換わるものとして心に取り込まれると、現実は消し去られてしまいます。

 The body's eyes now "see"; its ears alone can "hear."
 こうなると今や、身体の目で「見」ることになり、身体の耳でしか「聴く」ことができなくなります。

 Its little space and tiny breath become the measure of reality.
 肉眼が目にする小さな場所と耳に響くちっぽけな囁きだけが現実味を図る尺度となってしまいます。

 And truth becomes diminutive and meaningless.
 そして、真理は、矮小で無意味なものになってしまいます。

 Correction has one answer to all this, and to the world that rests on this:
 修正は、このようなことすべて、そして、このようなことに基盤を置くこの世界に対し、次のような一つの答えを持っています。


You but mistake interpretation for the truth.
あなたは単に解釈が真理なのだと誤解しただけなのです。

And you are wrong.
だから、あなたは間違っているのです。

But a mistake is not a sin, nor has reality been taken from its throne by your mistakes.
しかし、間違いは罪ではありません。それに、あなたの間違いによって、現実がその座を追われてしまったわけではありません。

God reigns forever, and His laws alone prevail upon you and upon the world.
神は永遠に統治します。だから、神の法だけがあなたとこの世界を支配しているのです。

His Love remains the only thing there is.
神の大いなる愛だけが、そこに唯一あるものとして存続します。

Fear is illusion, for you are like Him.
恐れは幻想です。というのは、あなたは神と同じものだからです。



4. In order to heal, it thus becomes essential for the teacher of God to let all his own mistakes be corrected.
 かくして、癒しを行うためには、神の教師は、自分自身の間違いを修正してもらうことが絶対に必要になります。

 If he senses even the faintest hint of irritation in himself as he responds to anyone, let him instantly realize that he has made an interpretation that is not true.
 もし神の教師が誰かに反応する際に、ほんのかすかな苛立ちの印を感じるなら、すぐさま彼に自分が本物ではない解釈をなしてしまったことに気づかせてあげることです。

 Then let him turn within to his eternal Guide, and let Him judge what the response should be.
 それから、彼を自分の内なる永遠のガイドの方に向き直らせて、自分のガイドである聖霊にどのような反応をなすべきか判断してもらうようにさせればよいのです。

 So is he healed, and in his healing is his pupil healed with him.
 そうすれば、神の教師は癒されます。そして、彼が癒されることによって、彼の生徒も彼と一緒に癒されることになります。

 The sole responsibility of God's teacher is to accept the Atonement for himself.
 神の教師の果たすべき唯一の責任は、自分自身に贖罪を受け入れることだけです。

 Atonement means correction, or the undoing of errors.
 贖罪とは修正、すなわち、誤りを取り消すことを意味します。

 When this has been accomplished, the teacher of God becomes a miracle worker by definition.
 贖罪が成就するとき、神の教師は当然、奇跡をなすものとなります。

 His sins have been forgiven him, and he no longer condemns himself.
 彼の罪は赦されたのです。だから、もはや彼は自分自身を咎めることはありません。

 How can he then condemn anyone?
 だとすれば、どうしてその彼がほかの誰かのことを非難することなどできるでしょうか。

 And who is there whom his forgiveness can fail to heal?
 そして、彼の赦しが癒し損ねることができるような者がそこにいるとすれば、それは誰だというのでしょうか。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
修正間違い真理現実誤り魔術実相の世界キリスト聖霊

Comments 0

Leave a reply