FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン264「私は、神の大いなる愛によって包まれている」

レッスン264です。

今日のテーマは「私は、神の大いなるによって包まれている」です。




まず、身体とは何かをご覧ください。

身体という囲いが自分を守ることになり、身体こそ自分だと思うことは夢であり、本当の自分は身体ではなく、神の大いなるに包まれた神の子であるというのが真理です。

カプセル内視鏡の喩え(レッスン68「愛は一切の不平不満を抱かない」レッスン261「神は、私を無事に保護して私の安全を保障してくれる」)で考えると、身体と自己同一化する感覚が錯覚かもしれないということが少しは理解しやすくなると思います。

自分は身体ではなくであるという理解に基づくなら、
「身体とは何か」で語られるように、「4. The body is the means by which God's Son returns to sanity.
 身体は、神の子が正気を取り戻すための手段となります。」。

身体を自分だと思い込んでいる時には、エゴの思考によって癌細胞のように、自己増殖するための拠点、道具であった身体は、が自分だと気づいたなら、その身体に備わった特別な役割、個性を発揮して、他の身体たちに宿る兄弟である霊たちに、愛と助けを届けて自他一体を相互に認識し、自分たちが神の子であるという正気を取り戻すための愛を運ぶ乗り物と位置付けられるようになります。




Lesson 264


I am surrounded by the Love of God.

私は、神の大いなるによって包まれている。



1. Father, You stand before me and behind, beside me, in the place I see myself, and everywhere I go.
 父よ、あなたは、私が自分がいると思う場所であれば、私がどこに行こうとも、私の前にも後ろにも、私の傍らにもいてくれます。

 You are in all the things I look upon, the sounds I hear, and every hand that reaches for my own.
 私の見るすべての物事の中に、私が耳にするすべての音の中に、そして、私の手に差し出されるすべての手の中に、あなたはいます。

 In You time disappears, and place becomes a meaningless belief.
 あなたの中で時間は消え去り、そして、空間無意味な信念となります。

 For what surrounds Your Son and keeps him safe is Love Itself.
 というのも、あなたの子を包みこんで彼を安全に保っているのは、大いなるそのものだからです。

 There is no Source but this, and nothing is that does not share Its Holiness; that stands beyond Your one creation, or without the Love which holds all things within Itself.
 この大いなる以外にいかなる源もありません。そして、大いなる神聖さを分かち合うことのないものなど何もなく、あなたの唯一の創造物を超越するものも何もなく、あらゆる物事をそれ自体の内に抱擁するを伴わないものも何もありません。

 Father, Your Son is like Yourself.
 父よ、あなたの子は、あなた自身と同じものです。

 We come to You in Your Own Name today, to be at peace within Your everlasting Love.

 今日、私たちは、あなたの永続する不滅の大いなるの中で安らぐことができるように、あなた自身の名において、あなたの下へと赴きます。



2. My brothers, join with me in this today.
 私の兄弟たちよ、今日こそ、神の大いなる愛の中で私とひとつに結びついてください。

 This is salvation's prayer.
 これは、救済の祈りです。

 Must we not join in what will save the world, along with us?
 私たちは、自分たちと一緒に世界を救うものに加わるべできではないでしょうか。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
兄弟自分自身神の愛時間空間無意味な信念安全神聖さ創造物

Comments 0

Leave a reply