There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン7「私はただ過去だけを見ている」

Workbook Lesson 7
I see only the past
私は、ただ過去だけを見ている





レッスン7です。

時間に関するテーマがレッスン10まで続きます。

私たちがただ過去しか見ていないというのは、なかなか最初は受け入れにくいのではないでしょうか?

私たちは、自分たちが毎瞬毎舜移り行く現在を見ているつもりでいますし、ちゃんと意識すれば、過去の記憶や未来への期待や憂慮に影響されることなく、ありのまま目の前のものを見ることができるような気がします。

しかし、レッスンの言うように、コップひとつ見るにしても、過去の学習がなければ、見分けもつかないはずだし、コップを目にしたことが引き金になって、サーチ・エンジンが勝手に作動して、心の中の記憶が手繰り寄せられ、記憶と一緒になっている感情的なリンクが働いて、快・不快その他さまざまな気持ちまで引き起こされてしまいます。

私たちが肉眼知覚するものも、心の中で思考することも、すべて学習した記憶を用いての心理過程であって、過去しか見ていないということです。

そして、究極的に神の現実においては、この幻想世界自体、妄想された瞬間に取り消されて、救済は完了し、この世界自体すでに終了しているというのですから、私たちが過去しか見ることができないというのは当然のことなのかもしれません。「それはすでに書かれている」です。

Workbook Lesson 7

I see only the past
私は、ただ過去だけを見ている。





I see only the past.
私は、ただ過去だけを見ている。


1. This idea is particularly difficult to believe at first.
 この考えは、最初の間、特に信じることが難しいはずです。

 Yet it is the rationale for all of the preceding ones.
 しかし、これこそが、これまでのすべてのレッスンについての理論的な根拠です。

 It is the reason why nothing that you see means anything.
 あなたが過去しか見ていないことが、あなたが見るものすべてに何の意味もない理由です。

 It is the reason why you have given everything you see all the meaning that it has for you.
 あなたが過去しか見ていないことが、自分の見るすべてのものが自分にとって持つすべての意味を与えたのがあなたである理由です。

 It is the reason why you do not understand anything you see.
 あなたが過去しか見ていないことが、あなたが自分の見ているどんなもののことも理解できない理由です。

 It is the reason why your thoughts do not mean anything, and why they are like the things you see.
 あなたが過去しか見ていないことが、あなたの思いに何の意味もない理由であり、それらの思いがあなたの見ている物事と同じく無意味である理由です。

 It is the reason why you are never upset for the reason you think.
 あなたが過去しか見ていないことが、あなたが決して自分の考えているような理由で心がかき乱されているのではない理由です。

 It is the reason why you are upset because you see something that is not there.
 あなたが過去しか見ていないことが、あなたが、そこにありもしない何かを見るせいで、心がかき乱されてしまう理由です。



2. Old ideas about time are very difficult to change, because everything you believe is rooted in time, and depends on your not learning these new ideas about it.
 時間についてもともと抱いている考え方を変えることは非常に困難です。なぜなら、あなたが信じるすべてのことは時間に根ざしているし、あなたがこれらの時間に関する新しい考え方を学ばないことを頼みにしているからです。

 Yet that is precisely why you need new ideas about time.
 しかし、これこそがまさしく、あなたが時間に関する新たな考え方を必要としている理由でもあるのです。

 This first time idea is not really so strange as it may sound at first.
 時間に関して初めて出てきたこの考えは、実際のところ、初めてこの考えを聞いたときに感じるほど奇妙な考えではありません。




3. Look at a cup, for example.
 例えば、ひとつのコップを見てください。

 Do you see a cup, or are you merely reviewing your past experiences of picking up a cup, being thirsty, drinking from a cup, feeling the rim of a cup against your lips, having breakfast and so on?
 あなたはコップを見ているのでしょうか。それとも、喉が渇いて単にコップを持ち上げたり、コップから何かを飲んだり、コップの縁が自分の唇に触れる感覚や、朝食を食べたりしたような自分の過去の経験などを思い返しているだけなのでしょうか。

 Are not your aesthetic reactions to the cup, too, based on past experiences?
 あなたがそのコップを美しいと感じるかどうかといった反応もまた、過去の経験に基づいているのではないでしょうか。

 How else would you know whether or not this kind of cup will break if you drop it?
 もしあなたがコップを落としたとき、この種類のコップだと割れてしまうのかどうか、あなたは記憶に頼る以外にどのようにして知ることができるでしょうか。

 What do you know about this cup except what you learned in the past?
 あなたが過去に学習したことがなかったとしたら、このコップについて何があなたにわかるというのでしょうか。

 You would have no idea what this cup is, except for your past learning.
 過去に学習したこと以外には、あなたには、このコップが何であるのか皆目見当もつかないはずです。

 Do you, then, really see it?
 そうだとしたら、あなたは本当にこのコップを見ているといえるでしょうか。



4. Look about you.
 自分の周りをよく見てください。

 This is equally true of whatever you look at.
 このことは同じように、あなたが目にする何にでもあてはまる真理です。

 Acknowledge this by applying the idea for today indiscriminately to whatever catches your eye.
 今日の考えをあなたの目を捉える何にでも手当たり次第にあてはめることによって、自分が過去しか見ていないということを認めてください。

 For example:
 例えば、


I see only the past in this pencil.
私は、この鉛筆に過去だけを見ている。

I see only the past in this shoe.
私は、この靴に過去だけを見ている。

I see only the past in this hand.
私は、この手に過去だけを見ている。

I see only the past in that body.
私は、あの身体に過去だけを見ている。

I see only the past in that face.
私は、あの顔に過去だけを見ている。


5. Do not linger over any one thing in particular, but remember to omit nothing specifically.
 どんなものであれ、ひとつの物だけに考えをあてはめるのを特に長引かせないようにしてください。ただし、あてはめる対象から特別に何かだけ飛ばして省略することのないように気をつけてください。

 Glance briefly at each subject, and then move on to the next.
 一つひとつの対象をざっと一瞥し、それから次のものへと移ってください。

 Three or four practice periods, each to last a minute or so, will be enough.
 3、4回ほど実習することにして、それぞれ一分程度続ければ十分でしょう。


名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
肉眼知覚過去意味根拠困難奇妙手当たり次第対象

Comments 0

Leave a reply