There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン276「私に語るようにと、神の言葉が私に与えられている。」

レッスン276です。

今日のテーマは「私に語るようにと、神の言葉が私に与えられている。」です。




まず、キリストとは何かをご覧ください。

Lesson 276


The Word of God is given me to speak.
私に語るようにと、神の言葉が私に与えられている。

1. What is the Word of God?
 神の言葉とは何だろう。

 "My Son is pure and holy as Myself."
 それは、「私の子は、私自身と同じく清らかで神聖だ」という言葉だ。

 And thus did God become the Father of the Son He loves, for thus was he created.
 こうして神はその愛し子の父となったのであり、こうして神の子創造されたのだ。

 This the Word His Son did not create with Him, because in this His Son was born.
 この言葉は神の子が父とともに創造したものではない。なぜなら、この言葉によって神の子が生まれたからだ。

 Let us accept His Fatherhood, and all is given us.
 私たちが神の父性を受け入れられるようにしよう。そうすれば、私たちにすべてが与えられる。

 Deny we were created in His Love and we deny our Self, to be unsure of who we are, of Who our Father is, and for what purpose we have come.
 自分たちが神の愛の中で創造されたことを否認するなら、私たちは自分たちの大いなる自己を否認することになる。そうなると、私たちには自分が誰なのか、自分たちの父が誰なのか、そして、何の目的で自分たちが来ることになったのか確信が持てなくなってしまう。

 And yet, we need but to acknowledge Him Who gave His Word to us in our creation, to remember Him and so recall our Self.
 それでも、神を思い出し、そうして自分たちの真の自己を思い出すために、私たちはただ、私たちを創造するに際して私たちに自らの言葉を授けてくれた神を認めるだけでよいのだ。




2. Father, Your Word is mine.
 父よ、あなたの言葉は私のものです。

 And it is this that I would speak to all my brothers, who are given me to cherish as my own, as I am loved and blessed and saved by You.
 そして、私は、あなたの言葉を自分の兄弟たちみんなに語るつもりです。私があなたによって愛され、祝福され、救われているように、私の兄弟たちはみな、私自身として、大切にするようにと私に授けられているのです。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします



関連記事
神の言葉神聖創造神の子真の自己大いなる自己確信目的

Comments 0

Leave a reply