FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン279「創造物の自由が私自身の自由を約束している」

レッスン279です。

今日のテーマは「創造物自由が私自身の自由約束している」です。




まず、キリストってなに?をご覧ください。

レッスン268「すべての物事が本当にあるがままになりますように」のエッセイでは、救済がすでに完了しているという表現について考えました。

「2. In order to understand the teaching-learning plan of salvation, it is necessary to grasp the concept of time that the course sets forth.
 教えることによって学ぶという救済の計画を理解するためには、このコースの掲げる時間概念を把握しておくことが必要です。

 Atonement corrects illusions, not truth.
 贖罪は幻想を修正するのであって、真理を修正するわけではありません。

 Therefore, it corrects what never was.
 したがって、贖罪は、一度も存在したことのないものを修正するわけです。

 Further, the plan for this correction was established and completed simultaneously, for the Will of God is entirely apart from time.
 さらに、修正のための計画は、それが立てられたと同時に完了しています。というのも、神の大いなる意志はまったく時間と関わりを持たないからです。

 So is all reality, being of Him.
 現実は神に属するものであるがゆえに、現実も同じくまったく時間とは無関係です。

 The instant the idea of separation entered the mind of God's Son, in that same instant was God's Answer given.
 分離するという想念が神の子の心に入りこんだ瞬間、その同じ瞬間に神の大いなる答えが与えられたのです。

 In time this happened very long ago.
 時間の中では、これは、はるか遠い昔に起こったことです。

 In reality it never happened at all.
 しかし、現実においては、神からの分離などまったく一度も起こってはいません。」(M2 生徒とは誰か

救済は、神の現実においては完了しているとしても、幻想世界の中では未完了のままです。

閉じた本の中に物語世界が畳み込まれて、読まれないかぎりは眠ったままでも、誰かが本を開いて読み始めるかぎり、開かれたページから時間が始まり、それまでは終わっていた物語が進んで、世界が展開します。

しかし、すでに書かれて終わっている物語であり世界なので、読み手が主人公への感情移入と自己同一化をとどめて自分が読み手であることを思い出しさえすれば、いつでも本を読むのをやめて日常に戻るように、物語世界から現実に戻ってくることが可能です。

物語世界の中での時間の進み方や登場人物、法則などは主人公に一体化しているかぎりは逃れようのない制限ですが、本当の自分を取り戻しさえすればまったく制限はなくなります。




Lesson 279


Creation's freedom promises my own.
創造物自由が私自身の自由約束している。



1. The end of dreams is promised me, because God's Son is not abandoned by His Love.
 の終わりが私には約束されている。なぜなら、神の子が神の大いなるに見捨てられることはないからだ。

 Only in dreams is there a time when he appears to be in prison, and awaits a future freedom, if it be at all.
 神の子が幽閉され、もし少しでも自由になれるときがあるとしても、未来解放を待たねばならないように思えるような時間が存在するのは、ただの中でのみのことだ。

 Yet in reality his dreams are gone, with truth established in their place.
 しかし、現実においては、神の子のは去り、のあった場所に真理が確固としてある。
 
 And now is freedom his already.
 だから、もはや自由はすでに神の子のものなのだ。

 Should I wait in chains which have been severed for release, when God is offering me freedom now?
 神が私に今、自由を差し延べてくれているというのに、すでに断ち切られている鎖につながれたまま解放されるのを私は待っているべきだろうか。

 

2. I will accept Your promises today, and give my faith to them.
 今日こそ、私はあなたの約束を受け入れ、あなたの約束を信頼します。

 My Father loves the Son Whom He created as His Own.
 私の父は、自らのものとして創造したわが子をしています。

 Would You withhold the gifts You gave to me?
 あなたが自ら私に授けてくれた贈り物を与えずにおくようなことをするでしょうか。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。


関連記事
創造物自由解放約束幽閉未来現実時間

Comments 0

Leave a reply