FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン284「私には、傷つける思いすべてを変える選択ができる 」

レッスン284です。

今日のテーマは「私には、傷つける思いすべてを変える選択ができる」です。





まず、聖霊とは何かをご覧ください。

私たちは、真理から逃れて虚構からなる幻想世界を作り出してその中で生きています。

望んで偽りの中に安住している者にとって、真理真理だからといって受容されるわけではないし、むしろ、受け入れたくないものであるがゆえに、真理のほうこそ虚偽だとして拒絶されます。

ですから、真実は自ずから明らかになるはずだと期待して放って置いたのではいつまで経っても真理は虚偽の中に埋もれていく一方です。

とはいえ、真理を拒絶している私たち自身の本質が真理なので、自分を取り囲む虚構の嵐で自分を独楽のように回転させ続けるのをやめて独楽がたまに倒れて回転を止めて内面と向き合う機会が持てるようになれば、虚偽に対する疑いと真理に対する憧れが湧いてきます。

奇跡のコースに取り組む私たちのようにです。

そして、虚偽が本当に強固にこびりついて剥がれないので、コースに接することが当たり前の日常の一部にならないかぎり、簡単にダメージを受けたエゴは息を吹き返して、かつてと同じように幅を利かせることでしょう。

そこで、繰り返しが重要になります。

「This is the truth, at first to be but said and then repeated many times; and next to be accepted as but partly true, with many reservations.
 これが真理だ。初めのうちは、ただ単に言葉にするだけだが、それから何回も繰り返し、そして、次の段階では、多くの疑念をとどめつつも、少しだけ真実として受け入れられる。

 Then to be considered seriously more and more, and finally accepted as the truth.
 それから、よりいっそう真剣に考えるようになって、ようやく最後に真理として受け入れられる。」



Lesson 284


I can elect to change all thoughts that hurt.
私には、傷つける思いすべてを変える選択ができる。



1. Loss is not loss when properly perceived.
 正しく知覚するなら、損失損失ではない。

 Pain is impossible.
 苦痛は不可能だ。

 There is no grief with any cause at all.
 どのような原因による悲嘆もまったくありえない。

 And suffering of any kind is nothing but a dream.
 だから、いかなる種類の苦悩も単なるでしかないのだ。

 This is the truth, at first to be but said and then repeated many times; and next to be accepted as but partly true, with many reservations.
 これが真理だ。初めのうちは、ただ単に言葉にするだけだが、それから何回も繰り返し、そして、次の段階では、多くの疑念をとどめつつも、少しだけ真実として受け入れられる。

 Then to be considered seriously more and more, and finally accepted as the truth.
 それから、よりいっそう真剣に考えるようになって、ようやく最後に真理として受け入れられる。

 I can elect to change all thoughts that hurt.
 私は、傷つけることになるすべての思いを変える選択ができる。

 And I would go beyond these words today, and past all reservations, and arrive at full acceptance of the truth in them.
 だから、今日、私は、これらの言葉を越えて進み、すべての疑念を通り過ぎて、それらの中にある真理の完全な受容へと辿り着くことにしたい。



2. Father, what You have given cannot hurt, so grief and pain must be impossible.
 父よ、あなたの授けてくれたものが傷つけることなどありえません。だから、悲嘆苦痛など不可能であるに違いないのです。

 Let me not fail to trust in You today, accepting but the joyous as Your gifts; accepting but the joyous as the truth.
 喜びだけをあなたからの贈り物として受け入れ、そして、喜びのみを真理として受け入れることで、今日、私があなたを信頼し損ねることのないようにさせてください。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
知覚損失原因悲嘆苦痛苦悩真理懸念受容

Comments 0

Leave a reply