There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン289「過去は終わっている。過去が私に触れることはできない。」

2   0

レッスン289です。

今日のテーマは「過去は終わっている。過去が私に触れることはできない。」です。




まず、聖霊とは何かをご覧ください。



Lesson 289


The past is over. It can touch me not.
過去は終わっている。過去が私に触れることはできない。


1. Unless the past is over in my mind, the real world must escape my sight.
 過去が私のの中で終わらないかぎり、私の視覚は、真の世界を見逃してしまうに違いない。

 For I am really looking nowhere; seeing but what is not there.
 というのも、私は本当にどこにもないものを見ているのであり、そこに存在しないものだけを見ているからだ。

 How can I then perceive the world forgiveness offers?
 そうだとすれば、どうして私に赦しが差し延べてくれる世界を知覚することができるだろう。

 This the past was made to hide, for this the world that can be looked on only now.
 この真の世界を隠すために、過去は作り出されたのだ。というのも、真の世界はただ今においてのみ見ることのできる世界だからだ。

 It has no past.
 真の世界には過去などない。

 For what can be forgiven but the past, and if it is forgiven it is gone.
 というのは、赦されうるのは過去だけだし、もし過去が赦されているなら、過去は去っているはずだからだ。



2. Father, let me not look upon a past that is not there.
 父よ、私がそこにありもしない過去を見ることがないようにさせてください。

 For You have offered me Your Own replacement, in a present world the past has left untouched and free of sin.
 というのも、あなた自身の代用をあなたが私に授けてくれたので、現在の世界においては、に害されることなくから解放されて過去は去っているからです。

 Here is the end of guilt.
 ここに悪感の終わりがあります。

 And here am I made ready for Your final step.
 そしてここで、あなたに最後の一歩を踏み出してもらう私の準備が整います。

 Shall I demand that You wait longer for Your Son to find the loveliness You planned to be the end of all his dreams and all his pain?
 あなたの子のあらゆるの数々やすべての苦痛の終わりとなるようにとあなたが計画してくれた素晴らしきものを、子が見出すためにもう少し待ってほしいと私があなたに求めなければならないということがあるでしょうか。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

2 Comments

そら says..."02"
はじめまして
素敵なブログですね!
英語版の本を買いましたが読めずに本棚で
ホコリをカブッテマス.....
こちらで読ませていただきます!!
2014.05.09 19:05 | URL | #- [edit]
ken says..."Re: 02"
> はじめまして
> 素敵なブログですね!
> 英語版の本を買いましたが読めずに本棚で
> ホコリをカブッテマス.....
> こちらで読ませていただきます!!

そらさん、はじめまして
どうもありがとうございます!
このブログを活用して、原文にも馴染んでいただければと思います
ワークブックは終わりに近づいていますが、テキストはまだまだこれからですが、読んでくださる方からの声がいただけると励みになります
それでは、今後ともよろしくお願いします!

2014.05.09 19:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/528-334d7f62
該当の記事は見つかりませんでした。