There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン8「私の心は、過去の思いによって占領されている」

レッスン8です。

Workbook Lesson 8
My mind is preoccupied with past thoughts.
私の心は、過去の思いによって占領されている。




今日のレッスンは、私たちの心が自分の思いが外に向けて投影された過去の思いでいっぱいになってしまっているせいで、現在をありのままに見ることができなくなっているといいます。

そして、ある人が過去について本当に理解すべき事実は、過去などないということだけであり、それゆえに、過去を考えることは幻想を考えることでしかないということです。

だから、心が過去を思い描いたり、未来を予期したりしているとき、実際は、心は何も考えてなどおらず、空白になっているということです。

このような過去や未来に意識が飛んで実際には何も考えていないに等しい想念が私たちの心を占領してしまっている間は、真理が妨げられているといいます。

意識のスクリーンのデスクトップには、聖霊からのメッセージが待ち受けているのに、過去の分析や未来の計画をするためのウィンドウが夥しい数で開いて混沌とした状態で占領しているせいで、そこにアクセスできなくなっている状態です。

今日のレッスンは、このウィンドウを閉じるための最初の訓練です。
私たちが自分の心が本物の想念で満たされていると信じることをやめて、自分の心が単に空白になっているだけなのだということに気づくことが、ヴィジョンを得るための道を開く上での第一歩となるとのことです。


レッスンの後に、テキスト 第十三章 四 時間の役割 を丸々ご紹介しておきますので、参考にしてください。




Workbook Lesson 8


My mind is preoccupied with past thoughts.
私の心は、過去の思いによって占領されている。






1. This idea is, of course, the reason why you see only the past.
 もちろん、この考えこそが、あなたが過去しか見ていない理由です。

 No one really sees anything.
 誰も、本当に何も見てはいないのです。

 He sees only his thoughts projected outward.
 誰もが、自分の思いが外側に向けて投影されたものを見ているだけです。

 The mind's preoccupation with the past is the cause of the misconception about time from which your seeing suffers.
 心が過去によって占領されていることが、時間についての思い違いを引き起こす原因です。このことによってあなたは見ることによって悩まされることになるのです。

 Your mind cannot grasp the present, which is the only time there is.
 あなたの心は、存在する唯一の時間である現在を把握することができません。

 It therefore cannot understand time, and cannot, in fact, understand anything.
 それゆえに、あなたの心は時間のことを理解することができないのです。それどころか、何ごとも理解することなどできないのです。




2. The one wholly true thought one can hold about the past is that it is not here.
 ある人が過去について理解できるただひとつの完全に本当の思考とは、過去はここにはないということだけです。

 To think about it at all is therefore to think about illusions.
 それゆえ、少しでも過去について考えることは、幻について考えることなのです。

 Very few have realized what is actually entailed in picturing the past or in anticipating the future.
 過去を思い描いたり、未来を予期したりするときに本当は何が引き起こされているのか気づいている者はほとんどいません。

 The mind is actually blank when it does this, because it is not really thinking about anything.
 心が過去を思い描いたり、未来を予期したりするとき、実は心は空白になっているのです。なぜなら、そのとき心は本当に何も考えてなどいないからです。




3. The purpose of the exercises for today is to begin to train your mind to recognize when it is not really thinking at all.
 今日の練習の目的は、あなたの心が実際に何も考えていないとき、そのことに気づくようにあなたの心の訓練をしはじめることにあります。

 While thoughtless ideas preoccupy your mind, the truth is blocked.
 実際には何も真に考えているとは呼べないような想念があなたの心を占拠している間は、真理は遮断されています。

 Recognizing that your mind has been merely blank, rather than believing that it is filled with real ideas, is the first step to opening the way to vision.
 あなたの心が本物の想念で満たされていると信じることをやめて、あなたの心が単に空白になっていると認めることは、ヴィジョンに到る道を開くうえでの第一歩となります。




4. The exercises for today should be done with eyes closed.
 今日の練習は、目を閉じて行った方がよいでしょう。

 This is because you actually cannot see anything, and it is easier to recognize that no matter how vividly you may picture a thought, you are not seeing anything.
 それは、あなたが実際に何も見ることができないからであり、目を閉じていたほうが、いかに鮮明にあなたが思いを描こうとも、自分が何も見てなどいないということを認めやすいからです。

 With as little investment as possible, search your mind for the usual minute or so, merely noting the thoughts you find there.
 できるかぎり執着しないようにして、単に心の中に見つけた思いを覚えておくようにしながら、自分の心の中をいつも通り1分くらいかけて検索してください。

 Name each one by the central figure or theme it contains, and pass on to the next.
 一つひとつの思いに、その思いに含まれている主要な人物であるとか主要なテーマによって名前をつけて、それから次の思いへと移っていってください。

 Introduce the practice period by saying:
 実習は次のように言いながら始めるとよいでしょう。


I seem to be thinking about ______.
私は(   )について考えているようだ。



5. Then name each of your thoughts specifically, for example:
 それから、あなたの思いの一つひとつに特定の名前をつけてください。例えば、


I seem to be thinking about [name of a person], about [name of an object], about [name of an emotion], and so on,
私は、(●●さん)のことを、(●●というもの)について、(●●という感情)について、考えているようだ。


concluding at the end of the mind-searching period with:
心の中を検索する時間を次のように締めくくってください。


But my mind is preoccupied with past thoughts.
しかし、私の心は過去の思いに占領されている。



6. This can be done four or five times during the day, unless you find it irritates you.
 この実習は、あなたがそれによって苛つかないようであれば、一日に4回か5回くらい行うことができます。

 If you find it trying, three or four times is sufficient.
 もしあなたが実習を苦しく感じるようなら、3回か4回で十分です。

 You might find it helpful, however, to include your irritation, or any emotion that the idea for today may induce, in the mind searching itself.
 とはいえ、あなたは、心の検索それ自体の中での自分の苛つきや、今日の考えが引き起こすどんな感情でも実習の対象に含めることが役に立つと気づくかもしれません。




テキスト 第十三章 
IV. The Function of Time
四 時間の役割


「1. And now the reason why you are afraid of this course should be apparent.
今や、あなたがなぜこのコースの教えに恐れを抱いているのか、その理由は明らかなはずです。

 For this is a course on love, because it is about you.
 それは、このコースは、あなたについて語るがゆえに、愛についての学びそのものだからです。

 You have been told that your function in this world is healing, and your function in Heaven is creating.
 あなたはこれまで、この世界におけるあなたの役割は癒しであり、天国におけるあなたの役割は創造であると告げられてきました。

 The ego teaches that your function on earth is destruction, and you have no function at all in Heaven.
 これに対して、エゴは、地上でのあなたの役割は破壊であり、天国には、あなたには何の役割もないと教えようとします。

 It would thus destroy you here and bury you here, leaving you no inheritance except the dust out of which it thinks you were made.
 このようにして、エゴはあなたを地上で破滅させ、地上に埋葬しようとしています。そして、エゴは、あなた方が土塊から作られたと思っているので、あなた方の受け継ぐものとして、土塊しか残そうとしません。

 As long as it is reasonably satisfied with you, as its reasoning goes, it offers you oblivion.
 エゴは、あなたにほどほどに満足している限りは、エゴ自らの論法に従って、あなたに忘却を捧げてくれます。

 When it becomes overtly savage, it offers you hell.
 もっとも、エゴが公然と残忍になったときには、エゴはあなたに地獄を差し出すのです。


2. Yet neither oblivion nor hell is as unacceptable to you as Heaven.
 とはいえ、忘却も地獄も、あなたにとっては、天国ほどは受け入れ難いものではありません。

 Your definition of Heaven is hell and oblivion, and the real Heaven is the greatest threat you think you could experience.
 天国に関するあなたの定義によると、天国はまさに地獄と忘却です。そして、あなたは、真の天国こそ、自分が体験し得る限り最大の脅威であると思っています。

 For hell and oblivion are ideas that you made up, and you are bent on demonstrating their reality to establish yours.
 それというのも、地獄と忘却はあなた自ら作り上げた観念であり、あなたは、自らの実在性を確立するために、地獄と忘却が本物であることを実証しようと懸命になるからです。


 If their reality is questioned, you believe that yours is.
 もし地獄と忘却の現実味に疑問が差し挟まれるなら、あなたは自分が実在することまで疑わしくなってしまうと信じています。

 For you believe that attack is your reality, and that your destruction is the final proof that you were right.
 なぜなら、あなたは攻撃することが自分が実在することであって、自らを破滅させることが自分の正しさを裏付ける最終的な証拠になると信じるからです。"


3. Under the circumstances, would it not be more desirable to have been wrong, even apart from the fact that you were wrong?
 こんな状況においては、あなたが間違っていたという事実は抜きにしても、間違っていた方が望ましいということにはならないでしょうか。

 While it could perhaps be argued that death suggests there was life, no one would claim that it proves there is life.
 死というものは、生命がかつては存在したということを示していると主張することはできるかもしれません。しかし、死が生命が今存在することを証明すると公言する者は誰もいないでしょう。

 Even the past life that death might indicate, could only have been futile if it must come to this, and needs this to prove that it was at all.
 もし生命が結局は死に終わり、いやしくも生命が存在したことを証明するために死が必要であるというのなら、死が指し示すかもしれない過去の生命ですら、単に空疎なものでしかあり得ないでしょう。

 You question Heaven, but you do not question this.
 あなたは天国のことは疑問に思うくせに、このことは疑問には思わないようです。

 Yet you could heal and be healed if you did question it.
 けれども、もしあなたがそれを疑問に思いさえしていたら、あなたは、癒すことも癒されることもできたはずです。

 And even though you know not Heaven, might it not be more desirable than death?
 そして、たとえあなたが天国を知らないとしても、天国の方が死などよりもずっと望ましくはないでしょうか。

 You have been as selective in your questioning as in your perception.
 あなたは知覚において選り好みをしたように、疑問を呈するに際しても選り好みをしてきました。

An open mind is more honest than this.
 開かれた心は、こんな選り好みなんかよりずっと信頼できるものです。


4. The ego has a strange notion of time, and it is with this notion that your questioning might well begin.
エゴは時間について奇妙な観念を持っています。そこで、あなたが質問を始めるなら、まず、このエゴの時間観念から始めるとよいでしょう。

 The ego invests heavily in the past, and in the end believes that the past is the only aspect of time that is meaningful.
 エゴは、過去に大いに投資しています。だから、エゴは、究極的に、過去だけが意味のある時間の側面であると信じています。

 Remember that its emphasis on guilt enables it to ensure its continuity by making the future like the past, and thus avoiding the present.
 エゴは罪悪感を強調することで未来を過去と同じようにし、そうして、現在を避けることによって、エゴの継続性を確実なものにするのだということを覚えておいてください。

 By the notion of paying for the past in the future, the past becomes the determiner of the future, making them continuous without an intervening present.
 過去の付けを将来において支払うという観念によれば、過去が将来を決定するものとなり、その間に現在という時が介在することなく、過去と未来が連続して結び付くことになります。

 For the ego regards the present only as a brief transition to the future, in which it brings the past to the future by interpreting the present in past terms.
 というのも、エゴは現在を単なる未来への短い変わり目にすぎないと見なしており、その変わり目で、エゴは、現在を過去の観点から解釈することによって、過去を未来へともたらすからです。


5. 'Now' has no meaning to the ego.
「今」は、エゴにとっては何の意味も持ちません。

 The present merely reminds it of past hurts, and it reacts to the present as if it were the past.
 現在は、単にエゴに過去の傷を思い出させるだけです。だから、エゴは、現在に対して、まるで現在が過去であるかのように反応します。

 The ego cannot tolerate release from the past, and although the past is over, the ego tries to preserve its image by responding as if it were present.
 エゴは、過去から解放されることに耐えられません。だから、過去が過ぎ去ったにもかかわらず、エゴは、過去があたかも現在であるかのように反応することによって、過去のイメージを保とうとするのです。

 It dictates your reactions to those you meet in the present from a past reference point, obscuring their present reality.
 エゴは、あなたに自分が現在出会う人たちに対してどう反応すべきか、過去の参照点から指図して、あなたの出会う人たちの今ある真の姿を不明瞭にしてしまいます。

 In effect, if you follow the ego's dictates you will react to your brother as though he were someone else, and this will surely prevent you from recognising him as he is.
 実際のところ、あなたがエゴの指図に従うならば、あなたは自分の兄弟に対して、まるで彼が誰か別の人であるかのように反応することになってしまいます。そして、このことによって、あなたがその兄弟のことをありのままに認識できなくなってしまうことは確実なことです。

 And you will receive messages from him out of your own past because, by making it real in the present, you are forbidding yourself to let it go.
 そして、あなたは、自分自身の過去からのメッセージを、その兄弟を介して受け取ることになります。なぜなら、あなたは、過去を現在において現実化することによって、自分自身に過去を手放すことを禁じているからです。

 You thus deny yourself the message of release that every brother offers you now.
 こうして、あなたは、兄弟の一人ひとりが、今、あなたに差し出してくれている解放のメッセージを自分自身に拒絶することになってしまうのです。


6. The shadowy figures from the past are precisely what you must escape.
過去からの影のような姿こそ、まさにあなたが逃れなければならないものです。

 They are not real, and have no hold over you unless you bring them with you.
 彼らは実在しないし、あなたが自分と一緒に連れて歩かない限り、彼らにはあなたを支配する力などありません。

 They carry the spots of pain in your mind, directing you to attack in the present in retaliation for a past that is no more.
 彼らは、あなたの心の中の痛みを生ずるポイントを押さえており、既に終わった過去に仕返しするために、現在において攻撃するように、あなたに指図します。

 And this decision is one of future pain.
 そして、この現在において攻撃するとの決断は、未来の苦痛の一つです。

 Unless you learn that past pain is an illusion, you are choosing a future of illusions and losing the many opportunities you could find for release in the present.
 あなたが過去の痛みは錯覚だということを学ばない限り、あなたは幻想の未来を選択していることになるので、現在において、いくらでも見出すことのできる解放の機会をみすみす見逃してしまうことになります。

 The ego would preserve your nightmares, and prevent you from awakening and understanding they are past.
 エゴはあなたの悪夢を取り分けておいて、あなたが目を覚まして、そんな悪夢は過ぎ去ってしまっていることに気が付くことができないようにしようとします。

 Would you recognise a holy encounter if you are merely perceiving it as a meeting with your own past?
 もしあなたが、単に聖なる出会いを、自分自身の過去と対面することとして知覚するなら、それが聖なる出会いであることに気付くことなどできるでしょうか。

 For you would be meeting no one, and the sharing of salvation, which makes the encounter holy, would be excluded from your sight.
 なぜなら、あなたは誰とも出会わないことになってしまい、出会いを聖なるものとする救いの共有があなたの視界から排除されてしまうからです。

 The Holy Spirit teaches that you always meet yourself, and the encounter is holy because you are.
 聖霊は、あなたは常に自分自身と出会っているのであって、あなたが神聖であるゆえに、そうした出会いは神聖なものであると教えてくれます。

 The ego teaches that you always encounter your past, and because your dreams were not holy, the future cannot be, and the present is without meaning.
 これに対して、エゴは、あなたは常に自分の過去と出くわすのだと教えます。そして、あなたの夢は神聖ではなかったがゆえに、未来が神聖であるはずがないし、現在には何の意味も無いのだと教えるのです。


7. It is evident that the Holy Spirit's perception of time is the exact opposite of the ego's.
聖霊による時間の知覚は、エゴによる知覚とは全く逆であることは歴然としています。

 The reason is equally clear, for they perceive the goal of time as diametrically opposed.
 その理由も同じように明確です。その理由とは、聖霊とエゴは、時間の目標を正反対のものとして知覚するということです。

 The Holy Spirit interprets time's purpose as rendering the need for time unnecessary.
 聖霊は、時間の目的について、時間それ自体を不必要にすることだと解釈しています。

He regards the function of time as temporary, serving only His teaching function, which is temporary by definition.
 聖霊は、時間の役割は過渡的なものであり、教えるという言葉の意味からして過渡的なものである聖霊の教えるという役目を果たすことに奉仕するものにすぎないと見なします。

 His emphasis is therefore on the only aspect of time that can extend to the infinite, for now is the closest approximation of eternity that this world offers.
 したがって、聖霊は、時間の無限に拡張し得る側面だけを強調します。というのも、今こそ、この世界が差し出せる永遠に最も近い近似値だからです。

 It is in the reality of 'now', without past or future, that the beginning of the appreciation of eternity lies.
 過去も未来もない「今」の真実の姿の中にこそ、永遠に対する正しい認識の始まりがあります。

 For only 'now' is here, and only 'now' presents the opportunities for the holy encounters in which salvation can be found.
 というのは、ここにあるのは「今」だけであって、「今」このときだけが、そこで救いを見出し得る聖なる出会いの機会を与えてくれるからです。


8. The ego, on the other hand, regards the function of time as one of extending itself in place of eternity, for like the Holy Spirit, the ego interprets the goal of time as its own.
他方で、エゴは、永遠に取って代わって、エゴそのものを拡大することが時間の役割だと見なしています。なぜなら、エゴも聖霊と同じように、時間の目標を自分の目標として解釈するからです。

 The continuity of past and future, under its direction, is the only purpose the ego perceives in time, and it closes over the present so that no gap in its own continuity can occur, Its continuity, then, would keep you in time, while the Holy Spirit would release you from it.
 エゴの指図の下に過去と未来を継続させることこそ、エゴが時間の中に知覚する唯一の目的です。そして、エゴは、エゴ自身の継続性に断絶が生じないように、現在という時を覆い隠してしまいます。したがって、エゴの継続性は、あなたを時間の中に留め置くことになるでしょう。しかし、聖霊は、あなたを時間から解放してくれます。

 It is His interpretation of the means of salvation that you must learn to accept, if you would share His goal of salvation for you.
 もしあなたが、聖霊のあなたのための救いの目標を分かち合いたいなら、あなたが受け入れることを学ばなければならないのは、救いの方法についての聖霊の解釈です。


9. You, too, will interpret the function of time as you interpret yours.
あなたもまた、自分の役割を解釈するように、時間の役割を解釈するようになるでしょう。

 If you accept your function in the world of time as one of healing, you will emphasise only the aspect of time in which healing can occur.
 もしあなたが時間の世界における自分の役割が癒しであるということを受け入れるなら、あなたはただ癒しが起こり得る時間の側面だけを強調するようになるでしょう。

 Healing cannot be accomplished in the past.
 過去において癒しを成し遂げることなどできません。

 It must be accomplished in the present to release the future.
未来を解放するには、現在において癒しが成し遂げられなければなりません。

 This interpretation ties the future to the present, and extends the present rather than the past.
 この解釈は未来を現在に結び付け、過去よりも現在を拡張することになります。

 But if you interpret your function as destruction, you will lose sight of the present and hold on to the past to ensure a destructive future.
 しかし、もしあなたが自分の役割は破壊することだと解釈するなら、あなたは現在を見失い、破壊的な未来を確実なものとするべく、過去にしがみ付くことになってしまいます。

 And time will be as you interpret it, for of itself it is nothing.
 そして、時間はあなたが解釈する通りになります。なぜなら、時間それ自体は無でしかないからです。」(テキスト 第十三章  IV. The Function of Tim 四 時間の役割)

名称未設定




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
過去経験想念時間空白占領原因現在未来ヴィジョン

Comments 0

Leave a reply