There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

真の世界ってなに?

ワークブックパート2から「真の世界とは何か」をご紹介します。



キリストのヴィジョンが参考になると思います。


What is the Real World?
真の世界とは何か


1. The real world is a symbol, like the rest of what perception offers.
 真の世界とは、知覚が差し出すその他のものと同じく、ひとつの象徴です。

 Yet it stands for what is opposite to what you made.
 しかし、真の世界は、あなたの作り出したものと正反対であるものを象徴しています。

 Your world is seen through eyes of fear, and brings the witnesses of terror to your mind.
 あなたの世界は、恐れの目を通して見えるので、あなたの心に恐怖を証明するものをもたらします。

 The real world cannot be perceived except through eyes forgiveness blesses, so they see a world where terror is impossible, and witnesses to fear can not be found.
 真の世界は、赦しによって祝福された目を通してしか知覚できないので、そのような目には、恐怖が不可能な世界が見えるし、恐れを証明するものを見つけることはできません。




2. The real world holds a counterpart for each unhappy thought reflected in your world; a sure correction for the sights of fear and sounds of battle which your world contains.
 真の世界には、あなたの世界に反映されている不幸な想念の一つひとつに対応する、あなたの世界にある恐ろしい光景や戦いの物音を確実に修正した対照的な部分があります。

 The real world shows a world seen differently, through quiet eyes and with a mind at peace.
 真の世界は、静かな目と平安に満ちた心を通して、違ったふうに世界を見せてくれます。

 Nothing but rest is there.
 真の世界には、安息しかありません。

 There are no cries of pain and sorrow heard, for nothing there remains outside forgiveness.
 真の世界では、苦痛や悲しみの叫びは一切聞こえません。というのも、そこで赦されることのないまま留まるものなど何ひとつないからです。

 And the sights are gentle.
 だから、その光景は穏やかなものです。

 Only happy sights and sounds can reach the mind that has forgiven itself.
 自らを赦した心に届くことができるのは、ただ幸福な光景と響きだけです。




3. What need has such a mind for thoughts of death, attack and murder?
 自らを赦した心にとって、死や攻撃や殺人について思いを抱くどんな必要があるというのでしょうか。

 What can it perceive surrounding it but safety, love and joy?
 自らを赦した心には、自分を取り巻くのは安全と愛と喜びしかないと知覚することしかできないのではないでしょうか。

 What is there it would choose to be condemned, and what is there that it would judge against?
 そんな心が咎めを受けるべきものと選択したり、反対の価値判断をして裁こうとする何があるというのでしょうか。

 The world it sees arises from a mind at peace within itself.
 そんな心の見る世界は、平安が自らの内に満ちている心から生じてきます。

 No danger lurks in anything it sees, for it is kind, and only kindness does it look upon.
 それが何であれ、その心が見るものには、どんな危険も潜んではいません。というのも、その心は優しさに溢れ、その心が見るものはただ優しさだけだからです。




4. The real world is the symbol that the dream of sin and guilt is over, and God's Son no longer sleeps.
 真の世界は、罪と罪悪感の夢が終わり、神の子がもうこれ以上眠らないことの象徴です。

 His waking eyes perceive the sure reflection of his Father's Love; the certain promise that he is redeemed.
 神の子の覚めた目は、彼の父の大いなる愛の確かな反映として自分が救われるという確かな約束を知覚します。

 The real world signifies the end of time, for its perception makes time purposeless.
 真の世界は、時間の終わりを意味します。というのも、真の世界を知覚することが時間を目的のないものにするからです。




5. The Holy Spirit has no need of time when it has served His purpose.
 時間聖霊の目的を果たすことに役立った後は、聖霊はもう時間を必要とはしません。

 Now He waits but that one instant more for God to take His final step, and time has disappeared, taking perception with it as it goes, and leaving but the truth to be itself.
 今や、聖霊はただ、神に最後の一歩を踏み出してもらうその一瞬を待つばかりであり、真理がただ真理そのものとなるに任せて、時間は自らと共に知覚を伴って消え去ります。

 That instant is our goal, for it contains the memory of God.
 その瞬間こそが私たちのゴールです。というのも、その瞬間には神の記憶が含まれているからです。

 And as we look upon a world forgiven, it is He Who calls to us and comes to take us home, reminding us of our Identity which our forgiveness has restored to us.
 そして、私たちが赦された世界を眺めるとき、神が私たちを呼び、我が家へと連れ帰るために私たちの許へと来てくれて、私たちの赦しが私たちに回復した私たちの真のアイデンティティーを私たちに思い出させてくれるのです。

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
キリストのヴィジョン真の世界瞬間知覚時間聖霊価値判断世界赦し幸福

Comments 0

Leave a reply