FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン303「今日、私の中に聖なるキリストが誕生する。」

レッスン303です。

今日のテーマは「今日、私の中に聖なるキリスト誕生する。」です。




まず、キリストの再臨とは何かをご覧ください。

Lesson 303


The holy Christ is born in me today.
今日、私の中に聖なるキリスト誕生する。


1. Watch with me, angels, watch with me today.
 天使たちよ、私と一緒に見てください。今日こそ、私とともに。

 Let all God's holy Thoughts surround me, and be still with me while Heaven's Son is born.
 天国のが生まれるに際して、すべての神の神聖な大いなる思いたちが私を取り囲んで、私と一緒に静かに留まってくれますように。


 Let earthly sounds be quiet, and the sights to which I am accustomed disappear.
 地上の騒音が静まり、そして、私が見慣れた光景が消え去りますように。

 Let Christ be welcomed where He is at home.
 キリストがくつろげる場所に、彼を迎え入れることができますように。

 And let Him hear the sounds He understands, and see but sights that show His Father's Love.
 そして、キリストが理解できる音を彼に聞いてもらい、そして、キリストの父の大いなるを示す光景だけを彼に見てもらえますように。

 Let Him no longer be a stranger here, for He is born again in me today.
 キリストをもうこれ以上、ここでよそ者にはしてはおきません。というのも、今日、私の中にキリストが再び誕生するからです。




2. Your Son is welcome, Father.
 父よ、あなたの歓迎します。

 He has come to save me from the evil self I made.
 あなたのキリストは、私が作り出した不幸な自己から私を救うためにやってきてくれたのです。

 He is the Self that You have given me.
 キリストこそ、あなたが私に授けてくれた真の自己です。

 He is but what I really am in truth.
 キリストは、本当に私の真の姿でしかありません。

 He is the Son You love above all things.
 キリストは、あなたが何にもましてするなのです。

 He is my Self as You created me.
 キリストは、あなたが私をそのように創造してくれたままの私の真の自己です。

 It is not Christ that can be crucified.
 十字架にかけられうるものはキリストではありません。

 Safe in Your Arms let me receive Your Son.
 あなたの腕の中で安全に、あなたのを私に受け入れさせてください。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。

関連記事
キリスト誕生歓迎自己大いなる自己本当の姿創造真の自己

Comments 2

Kino

07

kenさん、こんにちは。この6月で、ブログを拝見させて頂くようになってからちょうど1年になりました。知らず知らずのうちに、少しずつ素敵な変化の兆しも散見されるようになってきた気がしています。

最近、合気道を始めたのですが、道場の皆が温かく迎えてくれて魂が久しぶりに喜んでいる感じです。このブログでご紹介頂いたトランサーフィンの本を読んで、何となくピンときたのが始めたきっかけでした。ご縁を有難うございます。また折々にご報告致しますね。

1年本当にお世話になりました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

2014-06-04 (Wed) 03:09 | EDIT | REPLY |   

ken

Re: 07

Kinoさん、コメントありがとうございます。1年間、ありがとうございます。
少しずつ変化のきざしが見えてきたとのこと、なによりです。

合気道、いいですね。私も興味があります。

身体と心の使い方を学ぶよいツールになると思います。

また、成果を教えてくださいね。

さて、ワークブックももうすぐ終わります。

もう一息、がんばりましょう!

2014-06-05 (Thu) 11:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply