There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン9「私は何もそれが今あるままに見てはいない」

レッスン9です。

Workbook Lesson 9
I see nothing as it is now.

私は何もそれが今あるままに見てはいない。



I see nothing as it is now.
私は何もそれが今あるままに見てはいない。







1. This idea obviously follows from the two preceding ones.
 この考えは、明らかに前の2回のレッスンから導かれるものです。

 But while you may be able to accept it intellectually, it is unlikely that it will mean anything to you as yet.
 しかし、あなたはこの考えを知的に受け入れることはできるかもしれませんが、まだ今のところは、この考えがあなたにとって何かを意味するということはないでしょう。

 However, understanding is not necessary at this point.
 しかし、この段階では、理解することは必要ではありません。

 In fact, the recognition that you do not understand is a prerequisite for undoing your false ideas.
 それどころか、自分が理解していないと認識することこそ、あなたの間違った考え方を取り消すためには不可欠なのです。

 These exercises are concerned with practice, not with understanding.
 これらの実習は、理解することではなく、実践することに主眼を置くものです。

 You do not need to practice what you already understand.
 自分がすでに理解していることであれば、あなたは実践する必要はありません。

 It would indeed be circular to aim at understanding, and assume that you have it already.
 事実、理解することを目指していても、自分がすでに理解していると思いこんでいたのでは、堂々巡りになって理解には至らないでしょう。







2. It is difficult for the untrained mind to believe that what it seems to picture is not there.
 訓練されていない心にとっては、自分が見ていると思っている景が実は存在しないということを信じるのは難しいことです。

 This idea can be quite disturbing, and may meet with active resistance in any number of forms.
 この考えは、きわめて心をかき乱す恐れがあるし、いろんな形での激しい抵抗感が生じるはずです。

 Yet that does not preclude applying it.
 しかし、それがこの考えをあてはめるのを不可能にするわけではありません。

 No more than that is required for these or any other exercises.
 今日の実習でも別の実習でも、考えをあてはめること以上のことは求められてはいません。

 Each small step will clear a little of the darkness away, and understanding will finally come to lighten every corner of the mind that has been cleared of the debris that darkens it.
 一つひとつの小さな一歩が少しずつを消し去り、心を暗くしていた様々なかけらが取り除かれ、最終的には理解が訪れて、そので心の隅々まで照らしてくれます。




3. These exercises, for which three or four practice periods are sufficient, involve looking about you and applying the idea for the day to whatever you see, remembering the need for its indiscriminate application, and the essential rule of excluding nothing.
 この実習は3,4回行えば十分ですが、あなたの周囲を見回して今日のこの考えをあなたが見る何にでもあてはめることを必要とします。その際には、無差別に適用することと何も除外しないという必須の決まりを忘れないでください。

 For example:
 例えば、

I do not see this typewriter as it is now.
私は、このタイプライターを今あるままに見てはいない。

I do not see this telephone as it is now.
私は、この電話を今あるままに見てはいない。

I do not see this arm as it is now.
私は、この腕を今あるままには見てはいない。




4. Begin with things that are nearest you, and then extend the range outward:
 自分の近くにあるものから初めて、それから適用する範囲を外に向けて広げていってください


I do not see that coat rack as it is now.
私はあのコート掛けを今あるままには見てはいない。

I do not see that door as it is now.
私は、あのドアを今あるままには見てはいない。

I do not see that face as it is now.
私は、あの顔を今あるままには見てはいない。




5. It is emphasized again that while complete inclusion should not be attempted, specific exclusion must be avoided.
 目にするものすべてを対象に含めようとする必要はありませんが、特別に何かを除外しようとすることは避けなければならないということは改めて強調しておきます。

 Be sure you are honest with yourself in making this distinction.
 この両者を区別することについては、絶対に自分に正直であるように注意してください。

 You may be tempted to obscure it.
 というのも、あなたは、この区別を曖昧にしたい誘惑に駆られる可能性があるからです。


名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
レッスン理解かき乱す抵抗欠片区別誘惑無差別

Comments 0

Leave a reply