FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン306「私は今日、キリストからの贈り物だけを求める」

レッスン306です。

今日のテーマは「私は今日、キリストからの贈り物だけを求める」です。




まず、キリストの再臨とは何かをご覧ください。


キリストからの贈り物とは、キリストのヴィジョンのことです。

「2. And so, our Father, we return to You, remembering we never went away; remembering Your holy gifts to us.
 だから、われらが大いなる父よ、私たちは自分たちが一度もどこにも去っていなかったことを思い出し、私たちへのあなたからの聖なる贈り物を思い出しながら、あなたの下へと帰ります。」

この文章は、救済の実現はVR体験からの脱出と同じである、つまり、VR世界に入り込んでいただけで、どこか別の場所に行っていたわけではなく、ただVR機器を装着して奪われていた意識を機器を外して自分の目で見る状態に戻って自分が誰なのか自覚を取り戻すのと同じであることを如実に表しています。



Lesson 306


The gift of Christ is all I seek today.
私は今日、キリストからの贈り物だけを求める。



1. What but Christ's vision would I use today, when it can offer me a day in which I see a world so like to Heaven that an ancient memory returns to me?
 キリストのヴィジョンが、私が太古の記憶を取り戻すほど天国に似た世界を私に見せてくれるというのに、今日、私がキリストのヴィジョン以外にいったい何を用いようとするでしょうか。

 Today I can forget the world I made.
 今日、私は自分の作り出した世界を忘れることができます。

 Today I can go past all fear, and be restored to love and holiness and peace.
 今日、私はあらゆる恐怖を通り過ぎて、愛と神聖さと平安を回復することができます。

 Today I am redeemed, and born anew into a world of mercy and of care; of loving kindness and the peace of God.
 今日こそ、私は救われ、慈しみと思いやりの世界、愛に満ちた優しさと神の平安の世界の中へと新たに生まれます。



2. And so, our Father, we return to You, remembering we never went away; remembering Your holy gifts to us.
 だから、われらが大いなる父よ、私たちは自分たちが一度もどこにも去っていなかったことを思い出し、私たちへのあなたからの聖なる贈り物を思い出しながら、あなたの下へと帰ります。

 In gratitude and thankfulness we come, with empty hands and open hearts and minds, asking but what You give.
 溢れる感謝と喜びに満たされながら、両手に何も持たず、開かれた心と思考で、あなたの授けてくれるものだけを求めて、私たちはあなたの下へと参ります。

 We cannot make an offering sufficient for Your Son.
 私たちには、あなたの子にふさわしい捧げものを作り出すことはできません。

 But in Your Love the gift of Christ is his.
 ただあなたの大いなる愛の中においてのみ、キリストの贈り物は神の子のものとなるのです。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

Comments 0

Leave a reply