FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン312「私はあらゆる物事を自分がそう見たいように見ている。」

レッスン312です。

今日のレッスンは「私はあらゆる物事を自分がそう見たいように見ている。」です。




まず、最後の審判とは何かをご覧ください。

Lesson 312


I see all things as I would have them be.
私はあらゆる物事を自分がそう見たいように見ている。


1. Perception follows judgment.
 知覚価値判断に従います。

 Having judged, we therefore see what we would look upon.
 すでに価値判断して裁いているがゆえに、私たちは自分の見たいと思ったものを見るようになります。

 For sight can merely serve to offer us what we would have.
 というのも、視覚には単に自分が得ようとするものを私たちに与える機能しか果たせないからです。

 It is impossible to overlook what we would see, and fail to see what we have chosen to behold.
 自分が見ようとするものを無視するのは不可能だし、自分が見ることを選択したものを見損ねるのも不可能です。

 How surely, therefore, must the real world come to greet the holy sight of anyone who takes the Holy Spirit's purpose as his goal for seeing.
 そうであるなら、誰であれ、見ることについての自分の目標として聖霊の目的を据える者の神聖な視覚に真の世界が見えるようになるのは、なんと確実なことでしょう。

 And he cannot fail to look upon what Christ would have him see, and share Christ's Love for what he looks upon.
 そして、彼には、キリストが彼に見せようとするものを見損ねることはできないし、彼は自分の目にするものに対するキリストの大いなる愛を分かち合うことになります。



2. I have no purpose for today except to look upon a liberated world, set free from all the judgments I have made.
 今日、私には、私が下したすべての価値判断から解放された世界を見ること以外に何の目的もありません。

 Father, this is Your Will for me today, and therefore it must be my goal as well.
 父よ、これこそあなたが私のために意図することであり、したがって、それは私の目標であるに違いありません。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




次

関連記事
価値判断物事知覚視覚聖霊実相の世界キリスト解放自由意図

Comments 0

Leave a reply