FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

レッスン317です。

今日のレッスンは「私は自分に定められたに従う」です。




まず、最後の審判とは何かをご覧ください。


「1. I have a special place to fill; a role for me alone.
 私には就くべき特別な立場、私だけの役割がある。

 Salvation waits until I take this part as what I choose to do.
 私が自ら果たすべきものと選んでこの役割を引き受けるときを、救済はずっと待っている。

 Until I make this choice, I am the slave of time and human destiny.
 私がこの選択をなすまでは、私は時間奴隷であり、人間としての運命奴隷だ。

 But when I willingly and gladly go the way my Father's plan appointed me to go, then will I recognize salvation is already here, already given all my brothers and already mine as well.
 しかし、私が意欲をもって喜んで自分の父の計画が私に進むようにとに定めてくれたそのを行くなら、私は、救済はすでにここにあり、すでに私の兄弟全員に与えられているのと同じように、すでに私のものであることに気づくはずだ。」


私たちが自分だけの役割を引き受けることを選ぶまでは、私たちはエゴに従属して自由意志を持たず、時間運命奴隷のままです。

「It is not your will to be imprisoned because your will is free.
 囚われの身となることは、あなたの意志ではありません。なぜなら、あなたの意志は自由だからです。

 That is why the ego is the denial of free will.
 だから、エゴとは自由意志の否定なのです。」(テキスト第八章 二 幽閉と自由との違い 3)


Lesson 317


I follow in the way appointed me.
私は自分に定められたに従う。



1. I have a special place to fill; a role for me alone.
 私には就くべき特別な立場、私だけの役割がある。

 Salvation waits until I take this part as what I choose to do.
 私が自ら果たすべきものと選んでこの役割を引き受けるときを、救済はずっと待っている。

 Until I make this choice, I am the slave of time and human destiny.
 私がこの選択をなすまでは、私は時間奴隷であり、人間としての運命奴隷だ。

 But when I willingly and gladly go the way my Father's plan appointed me to go, then will I recognize salvation is already here, already given all my brothers and already mine as well.
 しかし、私が意欲をもって喜んで自分の父の計画が私に進むようにとに定めてくれたそのを行くなら、私は、救済はすでにここにあり、すでに私の兄弟全員に与えられているのと同じように、すでに私のものであることに気づくはずだ。



2. Father, Your way is what I choose today.
 父よ、今日私が選ぶのはあなたのです。

 Where it would lead me do I choose to go; what it would have me do I choose to do.
 あなたのが私を導く場所に行くことを私は選びます。あなたのが私にさせようとすることをなすことを私は選びます。

 Your way is certain, and the end secure.
 あなたのは確かで、その終着は間違いありません。

 The memory of You awaits me there.
 あなたの記憶がそこで私を待ってくれています。

 And all my sorrows end in Your embrace, which You have promised to Your Son, who thought mistakenly that he had wandered from the sure protection of Your loving Arms.
 そして、あなたがあなたの子に約束してくれたように、すべての私の悲しみはあなたの抱擁の中で終わります。神の子は、自分があなたの愛に満ちた抱擁の確実な加護から離れてさまよっていたと誤解していただけだったのです。

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




次

関連記事
役割選択時間運命奴隷計画救済兄弟記憶

Comments 0

Leave a reply