FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン319「私は、この世界の救済のために来た。」

レッスン319です。

今日のレッスンは「私は、この世界の救済のために来た。」です。




まず、最後の審判とは何かをご覧ください。

Lesson 319


I came for the salvation of the world.
私は、この世界の救済のために来た。



1. Here is a thought from which all arrogance has been removed, and only truth remains.
 ここには、すべての傲慢さが取り除かれ、ただ真理のみが残るひとつの想念がある。

 For arrogance opposes truth.
 というのも、傲慢さ真理に抵抗するものだからだ。

 But when there is no arrogance the truth will come immediately, and fill up the space the ego left unoccupied by lies.
 しかし、ひとつも傲慢さがなくなったとき、真理がすぐさまやってきて、エゴ偽りによって占めることをやめた場所を満たすだろう。

 Only the ego can be limited, and therefore it must seek for aims which are curtailed and limiting.
 ただエゴだけが制限されることができるので、エゴは切り詰められて制限された目的を追い求めざるをえない。

 The ego thinks that what one gains, totality must lose.
 エゴは、ある者が得るものを全体は必ず失うことになると考える。

 And yet it is the Will of God I learn that what one gains is given unto all.
 それでも、ある者が得るものは全体に与えられると私が学ぶことこそが神の意志なのだ。



2. Father, Your Will is total.
 父よ、あなたの大いなる意志は完全です。

 And the goal which stems from it shares its totality.
 そして、あなたの完全な意志に基づく目標はあなたの意志の完全性を分かち合っています。

 What aim but the salvation of the world could You have given me?
 この世界の救済以外のどんな目的を、あなたが私に授けることができたというのでしょうか。

 And what but this could be the Will my Self has shared with You?
 そして、私の真の自己があなたと分かち合う大いなる意志が、世界の救済以外の何でありうるでしょうか。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




次

関連記事
世界の救済傲慢さ真理エゴ偽り制限全体神の意志真の自己

Comments 0

Leave a reply