FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン322「私に手放せるのは、一度も実在しなかったものだけだ」

レッスン322です。

今日のレッスンは「私に手放せるのは、一度も実在しなかったものだけだ」です。





まず、創造ってなに?をご覧ください。

救いとは幻想に惑わされた狂気の状態から正気を取り戻すことなので、救済の実現は、幻想の喪失です。

つまり、救済は幻想犠牲にして成立するのであり、救済には幻想手放すことが必要になるということです。

これを幻想の中で生きる私たちは損失と考えて恐れます。

でも、エゴ・身体というアバターが自分だという観点からすれば、この恐れはもっともなものでしょう。

そこそこ納得して生きている場合、苦心して手に入れた立場や所有物、影響力、何より、自分だと思っている自分自身のアバターやそれを取り巻く家族等、この人生が夢だとしても、これらの大切なものを失ってまで夢から醒めようとは思わないというのが実情ではないでしょうか?

もちろん、不遇な人生によって失って後悔するようなものは何もないという心境に至っている人もいくらでもいるでしょうが、そのような場合、思い通りにいかない人生や世界に対する不満や嫌悪によって世界を消去したいという積極的な意欲やどうでもいいという投げやりな無力感を抱いた結果でしかなく、裏を返せば、世界や人生への期待と執着をまったく離れていないということになります。


この執着がなかなか断ち切れないのは当然のことだし、この人間としての情愛や憎悪等の感情に基づく特別な関係の束縛こそ、エゴが私たちを世界に縛り付けておく有効な道具です。

特別な関係を聖霊に委ねることで、それまでは、エゴの道具であった特別な関係は、その関係性を用いて、その関係以外の他者も含めて他者が自分自身であることに気づく神聖な関係に昇華します。

特別な関係と神聖な関係が参考になると思います。


神聖な関係を通して世界を眺めると、私たちが感情移入していた自分というキャラクターを含めたすべてが等しく自分自身を反映する世界が見えるので、救済とは、私たちが、思い入れ深く愛読した大河小説の愛すべき登場人物たち、感情移入して一体化した主人公と、物語が終わって別れるのを惜しむのと同じようなもので、その幻想に深い感慨と感謝と愛を捧げて手放すことができるようになります。



Lesson 322


I can give up but what was never real.
私に手放せるのは、一度も実在しなかったものだけだ。



1. I sacrifice illusions; nothing more.
 私が犠牲にするのは幻想であり、ただそれだけだ。

 And as illusions go I find the gifts illusions tried to hide, awaiting me in shining welcome, and in readiness to give God's ancient messages to me.
 そして、幻想が去ると、私は幻想が隠そうとしていた贈り物を見出すことになる。その贈り物は、輝きを放ちながら私に受け取られるのを待ち受けていて、神の太古からのメッセージを私に伝える用意ができている。

 His memory abides in every gift that I receive of Him.
 神の記憶は、私が神から受け取る一つひとつの贈り物の中に留まっている。

 And every dream serves only to conceal the Self which is God's only Son, the likeness of Himself, the Holy One Who still abides in Him forever, as He still abides in me.
 そして、すべての夢はただ大いなる自己を隠すことのみに奉仕している。その大いなる自己とは、神自身の似姿である神のひとり子のことであり、神の子は、神が今なお私の中に留まっているように、今なお神自身のうちに永遠に留まっている聖なる存在だ。



2. Father, to You all sacrifice remains forever inconceivable.
 父よ、あなたにとっては、どのような犠牲永遠に思いもよらないものであり続けます。

 And so I cannot sacrifice except in dreams.
 だから、私には夢の中でしか犠牲を払うことなどできません。

 As You created me, I can give up nothing You gave me.
 私はあなたに創造されたのですから、私には、あなたが私に授けてくれたものを何ひとつ手放すことはできません。

 What You did not give has no reality.
 あなたが授けなかったものには、何の実在性もありません。

 What loss can I anticipate except the loss of fear, and the return of love into my mind?
 恐れを失うこと以外に、いったいどんな損失を予期しうるというのでしょう。恐れを失えば、愛が私の心に戻るのです。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




次

関連記事
本物犠牲幻想手放す贈り物メッセージ神の記憶大いなる自己永遠

Comments 0

Leave a reply