There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン322「私には、一度も本物ではなかったものしか手放すことはできない。」

レッスン322です。

今日のレッスンは「私には、一度も本物ではなかったものしか手放すことはできない。」です。





まず、創造ってなに?をご覧ください。


Lesson 322


I can give up but what was never real.
私には、一度も本物ではなかったものしか手放すことはできない。


1. I sacrifice illusions; nothing more.
 私が犠牲にするのは幻想であり、それ以上の何ものでもない。

 And as illusions go I find the gifts illusions tried to hide, awaiting me in shining welcome, and in readiness to give God's ancient messages to me.
 そして、幻想が去るとき、私は幻想が隠そうとしていた贈り物を見出すことになる。その贈り物は、輝くような歓待の中で私を待ち受けていて、神の太古からのメッセージを私に伝える用意ができている。

 His memory abides in every gift that I receive of Him.
 神の記憶は、私が神から受け取る一つひとつの贈り物の中に留まっている。

 And every dream serves only to conceal the Self which is God's only Son, the likeness of Himself, the Holy One Who still abides in Him forever, as He still abides in me.
 そして、すべての夢はただ大いなる自己を隠すことのみに奉仕している。その大いなる自己とは、神が今なお私の中に留まっているように、今なお神自身のうちに永遠に留まっている聖なる存在である、神自身に等しいものである神のひとり子のことだ。



2. Father, to You all sacrifice remains forever inconceivable.
 父よ、あなたにとっては、どのような犠牲永遠に思いもよらないものであり続けます。

 And so I cannot sacrifice except in dreams.
 だから、私には夢の中でしか犠牲を払うことなどできません。

 As You created me, I can give up nothing You gave me.
 私はあなたに創造されたのですから、私には、あなたが私に授けてくれたものを何ひとつ手放すことはできません。

 What You did not give has no reality.
 あなたが授けなかったものには、何の実在性もありません。

 What loss can I anticipate except the loss of fear, and the return of love into my mind?
 恐れを失うこと以外に、いったい私が何を失うことになるというのでしょう。恐れを失えば、愛が私の心に戻るのです。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
本物犠牲幻想手放す贈り物メッセージ神の記憶大いなる自己永遠

Comments 0

Leave a reply