There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン330「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。」

0   0

レッスン330です。

今日のレッスンは「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。」です。




まず、創造ってなに?をご覧ください。



Lesson 330



I will not hurt myself again today.
今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。


1. Let us this day accept forgiveness as our only function.
 今日、私たちが自分たちの唯一の役割として赦しを受け入れられますように。

 Why should we attack our minds, and give them images of pain?
 いったいどうして私たちが自分たちのを攻撃して、自分たちの苦痛を思い描かせなければならないというのでしょう。

 Why should we teach them they are powerless, when God holds out His power and His Love, and bids them take what is already theirs?
 神がそのを差し延べ、私たちのにすでに自分たちのものであるものを受け取るようにさせてくれているというのに、なぜ私たちが自分たちのにそれが無力であると教えなければならないのでしょう。

 The mind that is made willing to accept God's gifts has been restored to spirit, and extends its freedom and its joy, as is the Will of God united with its own.
 喜んで神の贈り物を受け入れるように変えられたは、に戻されたのであり、神の大いなる意志がその意志に属するものと結びついているがゆえに、その自由と喜びを拡張するようになります。

 The Self which God created cannot sin, and therefore cannot suffer.
 神が創造した大いなる自己は罪を犯すことなどできません。したがって、大いなる自己が苦しむことはありえません。

 Let us choose today that He be our Identity, and thus escape forever from all things the dream of fear appears to offer us.
 今日、私たちが神に創造された大いなる自己が自分たちの真のアイデンティティーであることを選択し、そうして、恐怖の夢が私たちに押しつけるように見えるすべての物事から永遠に逃れられますように。



2. Father, Your Son can not be hurt.
 父よ、あなたの子が傷つけられることなどありえません。

 And if we think we suffer, we but fail to know our one Identity we share with You.
 そしてもし、私たちが自分たちが苦しいと思うなら、それは私たちが単に、自分たちがあなたと分かち合う自分たちの唯一の真のアイデンティティーを知り損ねているだけのことなのです。

 We would return to It today, to be made free forever from all our mistakes, and to be saved from what we thought we were.
 私たちは今日、自分たちの真のアイデンティティーを取り戻し、自分たちのあらゆる過ちから永遠に解放され、私たちが自分であると思い込んでいたものから救ってもらうことにします。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/583-498f9e12
該当の記事は見つかりませんでした。