There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T13-5 愛と恐れ

0   0

今回は、テキスト第十三章から「二つの感情」という一節をご紹介します。





今回は、テキストから、二つの感情という一節をご紹介します。


テキスト第十三章

V. The Two Emotions
五 二つの感情


1. I have said you have but two emotions, love and fear.
 私はすでに、あなたには恐れという二つの感情しかないと述べました。

 One is changeless but continually exchanged, being offered by the eternal to the eternal.
 は不変なるものですが、永遠なるものによって永遠なるものへと差し延べられることで、絶え間なく交換されています。

 In this exchange it is extended, for it increases as it is given.
 この絶え間ない交換の中で、は拡張されます。なぜなら、は与えられることで増大していくものだからです。

 The other has many forms, for the content of individual illusions differs greatly.
 もう一方の恐れは数多くの形態をとります。なぜなら、個々人の抱く幻想の内容は大いに異なるからです。

 Yet they have one thing in common; they are all insane.
 しかし、それらの幻想は一つの点で共通しています。その共通点とは、それらの幻想がどれもみな狂っているということです。

 They are made of sights that are not seen, and sounds that are not heard.
 それらの幻想は見えもしない光景や、聞こえもしない物音でできています。

 They make up a private world that cannot be shared.
 そして、それらの幻想が、共有されることなど不可能な自分だけの世界を作り上げてしまいます。

 For they are meaningful only to their maker, and so they have no meaning at all.
 というのも、そんな幻想はその幻想を作った当人にとってしか意味をなさず、したがって、それらの幻想にはまったく何の意味もないからです。

 In this world their maker moves alone, for only he perceives them.
 この自分だけの世界の中では、それらの幻想を作った者がひとりだけで動いています。というのも、ただその当人だけがその幻想を知覚しているわけだからです。


名称未設定

2. Each one peoples his world with figures from his individual past, and it is because of this that private worlds do differ.
 誰もが一人ひとり、自分の個人的な過去からの登場人物たちで自分の世界を埋め尽くしてしまいます。この理由によって、個々人の私的な世界は非常に異なるのです。

 Yet the figures that he sees were never real, for they are made up only of his reactions to his brothers, and do not include their reactions to him.
 しかし、その人の見る人物たちは一度も実在したことはありません。なぜなら、その人物たちは自分の兄弟たちに対するその人の反応だけから作り上げられたものであり、その人に対する兄弟たちからの反応は含まれていないからです。

 Therefore, he does not see he made them, and that they are not whole.
 したがって、自分がそんな人物たちを作ったということも、そして、そんな人物たちが完全ではないということも、彼にはわかりません。

 For these figures have no witnesses, being perceived in one separate mind only.
 というのも、これらの登場人物たちは一つの分離した心の中でだけ知覚されているものなので、その存在を証明する証人が一人もいないからです。




3. It is through these strange and shadowy figures that the insane relate to their insane world.
 これらの奇妙な影法師たちを通して、狂気の者たちは自らの狂気の世界と関係を持ちます。

 For they see only those who remind them of these images, and it is to them that they relate.
 というのも、狂気の者たちには、自分に狂気の世界のイメージを思い起こさせる者しか見ないので、狂気の者たちが関係を持つのは、まさに奇妙で影のような人物たちだけだからです。

 Thus do they communicate with those who are not there, and it is they who answer them.
 このようにして、狂気の者たちは、そこには存在しない者たちとコミュニケーションを行っているのであり、狂気の者たちに答えているのは狂気の者たち自身なのです。

 And no one hears their answer save him who called upon them, and he alone believes they answered him.
 だから、奇妙な影法師たちの答えは、その者たちに呼びかけた当の本人以外の誰にも聞こえません。そして、彼だけが本当はそこに居ない人物たちに自分は答えてもらえたと信じているのです。

 Projection makes perception, and you cannot see beyond it.
 投影知覚を作り出すので、あなたは知覚するものを越えてその向こう側にあるものを見ることができません。

 Again and again have you attacked your brother, because you saw in him a shadow figure in your private world.
 何度も何度もあなたは自分の兄弟を攻撃してきました。なぜなら、あなたはその兄弟の中に、自分だけの世界の中の影法師を見たからです。

 And thus it is you must attack yourself first, for what you attack is not in others.
 こうして、あなたは自分自身をまず攻撃しなければならなくなります。なぜなら、あなたが攻撃するものは他の者の中にはないからです。

 Its only reality is in your own mind, and by attacking others you are literally attacking what is not there.
 あなたが攻撃しようとするものは、ただあなた自身の心の中で現実味を持っているだけです。だから、他の者を攻撃することで、あなたは文字どおり、そこに存在しないものを攻撃していることになります。


名称未設定

4. The delusional can be very destructive, for they do not recognize they have condemned themselves.
 妄想を抱く者たちは、きわめて破壊的になりえます。というのは、彼らは自分で自分に有罪を宣告しているとは気づいていないからです。

 They do not wish to die, yet they will not let condemnation go.
 彼らは死にたいとは望んではいないものの、有罪の宣告を放棄しようともしません。

 And so they separate into their private worlds, where everything is disordered, and where what is within appears to be without.
 そこで、彼らはそれぞれに自分だけの世界の中へと分離していくことになります。自分だけの世界では、あらゆるものが秩序を失っていて、また、そこでは、内側にあるものが外側にあるように見えています。

 Yet what is within they do not see, for the reality of their brothers they cannot recognize.
 しかし、彼らは内側にあるものを見ようとはしません。なぜなら、彼らは自分の兄弟たちの本当の姿に気づくことができないからです。




5. You have but two emotions, yet in your private world you react to each of them as though it were the other.
 あなたには、ただ二つの感情しかありません。しかし、あなたの自分だけの世界では、あなたはそのいずれの感情に対しても、まるで一方の感情が他方の感情であるかのように反応してしまいます。

 For love cannot abide in a world apart, where when it comes it is not recognized.
 というのは、が訪れてもとは気づかれることのない分裂した世界に、愛は留まることができないからです。

 If you see your own hatred as your brother, you are not seeing him.
 もしあなたが自分の抱く憎悪を自分の兄弟に見るなら、あなたはその兄弟を見てはいないのです。

 Everyone draws nigh unto what he loves, and recoils from what he fears.
 誰しも自分が愛するものには近づくし、自分が恐れるものからは遠ざかります。

 And you react with fear to love, and draw away from it.
 そして、あなたは愛に対して恐れを抱いて反応し、愛から引き下がってしまいます。

 Yet fear attracts you, and believing it is love, you call it to yourself.
 反対に、あなたは恐怖には魅惑され、恐れこそが愛だと信じて、あなたは恐れを自分に呼び寄せようとします。

 Your private world is filled with figures of fear you have invited into it, and all the love your brothers offer you, you do not see.
 あなたの自分だけの私的な世界は、あなたが自らその中に招き入れた恐怖の登場人物たちで満たされており、あなたは、兄弟たちが自分に差し延べてくれるどんな愛もまったく見ようとはしません。


名称未設定

6. As you look with open eyes upon your world, it must occur to you that you have withdrawn into insanity.
 あなたが見開いた目で自分の世界を見つめれば、あなたは、自分が狂気の中に引き籠ってきたことに思い至るに違いありません。

 You see what is not there, and you hear what makes no sound.
 あなたはそこに存在しないものを見たり、音を立ててもいないものの音を聞いています。

 Your manifestations of emotions are the opposite of what the emotions are.
 あなたが表現する感情は、本当の感情とは正反対のものになっています。

 You communicate with no one, and you are as isolated from reality as if you were alone in all the universe.
 あなたは誰ともコミュニケーションを取らず、まるで全宇宙の中で孤立しているかのように、現実から隔離されています。

 In your madness you overlook reality completely, and you see only your own split mind everywhere you look.
 自らの狂気の中で、あなたは完全に現実を見失ってしまっており、あなたは、自分の目を向けるところすべてに、ただ自分自身の分裂した心だけを見ています。

 God calls you and you do not hear, for you are preoccupied with your own voice.
 神はあなたを呼んでいますが、あなたにはそれが聞こえません。なぜなら、あなたは自分自身の声に心を奪われてしまっているからです。

 And the vision of Christ is not in your sight, for you look upon yourself alone.
 そして、あなたの視界の中にはキリストのヴィジョンはありません。というのも、あなたは自分自身にしか目を向けていないからです。




7. Little child, would you offer this to your Father?
 幼き者よ、あなたはこんなものを大いなる父に差し出すつもりなのでしょうか。

 For if you offer it to yourself, you are offering it to him.
 というのも、もしあなたがそれを自分自身に与えるのなら、あなたはそれを父に差し出していることになるからです。

 And he will not return it, for it is unworthy of you because it is unworthy of him.
 そして、神はそんな状態をそのまま与え返すようなことはしません。というのは、そんなものは神にとって無価値なものなので、あなたにとってもふさわしいものではないからです。

 Yet he would release you from it and set you free.
 それでも、神はあなたをそんな状態から解放して、あなたを自由にすることを意図してくれました。

 His sane Answer tells you what you have offered yourself is not true, but his offering to you has never changed.
 神の正気の答えは、あなたが自分自身に提供したものは真実ではないけれど、神があなたに差し延べているものは一度も変わったことはないということをあなたに教えてくれます。

 You who know not what you do can learn what insanity is, and look beyond it.
 自分が何をしているのかわかっていないあなたも、狂気が何であるかを学び、その狂気を越えて見ることはできます。

 It is given you to learn how to deny insanity, and come forth from your private world in peace.
 あなたには、どうやって狂気を否認し、どのようにして平安のうちに自分だけの私的な世界から抜け出せばよいのか学ぶ力が与えられています。

 You will see all that you denied in your brothers because you denied it in yourself.
 あなたは、あなたが自分自身の中にそれらがあることを否認したせいで、あなたが兄弟たちの中にあるのを否認していたあらゆるものを見るようになります。

 For you will love them, and by drawing nigh unto them you will draw them to yourself, perceiving them as witnesses to the reality you share with God.
 というのも、あなたは兄弟たちを愛するようになるし、あなたは、彼らに近づくことによって彼らを自分自身に引き寄せることになるので、彼らのことを自分が神と共有する現実の証人として知覚するようになるからです。

 I am with them as I am with you, and we will draw them from their private worlds, for as we are united so would we unite with them.
 私があなたと共にいるように、私はその兄弟たちとも一緒にいます。そして、私たちは兄弟たちを彼らの自分だけの世界から導き出すことになります。なぜなら、私とあなたが心を一つにするとき、私たちは兄弟たちとも一つに結ばれることを意図するようになるからです。

 The Father welcomes all of us in gladness, and gladness is what we should offer him.
 大いなる父は、私たちみんなを喜んで歓迎してくれます。そして、喜びこそ私たちが父に捧げるべきものです。

 For every Son of God is given you to whom God gave himself.
 なぜなら、神が自らを与えたあなたに対して、神の子はひとり残らず与えられているからです。
 
 And it is God whom you must offer them, to recognize his gift to you.
 そして、自分に与えられた神からの贈り物を見分けるために、あなたは神の子みんなに神を捧げなければならないのです。

名称未設定


8. Vision depends on light.
 ヴィジョンは光に依存します。

 You cannot see in darkness.
 闇の中では、あなたは見ることができません。

 Yet in darkness, in the private world of sleep, you see in dreams although your eyes are closed.
 しかし、闇の中で、すなわち、眠りによる自分だけの世界の中でなら、あなたの目が閉じていても、あなたは夢の中で見ることができます。

 And it is here that what you see you made.
 そして、自分に見えるものをあなたが作り出したのは、まさにこの夢の中でのことなのです。

 But let the darkness go and all you made you will no longer see, for sight of it depends upon denying vision.
 ただその闇を去らせなさい。そうすれば、あなたはもう自分で作ったすべてのものを目にすることがなくなります。なぜなら、あなたが作ったものはヴィジョンを否認することによって見えているものだからです。

 Yet from denying vision it does not follow you cannot see.
 とはいっても、ヴィジョンを否認することによって、あなたは真に見えなくなってしまうわけではありません。

 But this is what denial does, for by it you accept insanity, believing you can make a private world and rule your own perception.
 ヴィジョンの否認がなすのは、夢の中で自分で作り出したものを見ることでしかありません。というのも、ヴィジョンを否認することによって、自分だけの世界を作って自分の知覚を支配できるものと信じて、あなたは狂気を受け入れるからです。

 Yet for this, light must be excluded.
 ただし、ヴィジョンを否認するためには、光が締め出されていることが必要です。

 Dreams disappear when light has come and you can see.
 光が射し込んで、あなたが見ることができるようになれば、夢など消え失せてしまいます。




9. Do not seek vision through your eyes, for you made your way of seeing that you might see in darkness, and in this you are deceived.
 あなたの肉眼を通してヴィジョンを得ようとしてはなりません。というのは、あなたは闇の中でも見えるように、自分独自のものの見方を作り出したのであり、あなたは、この見方によって欺かれているからです。

 Beyond this darkness, and yet still within you, is the vision of Christ, Who looks on all in light.
 この闇を越えたところには、とはいってもそれは依然としてあなたの内側なのですが、キリストのヴィジョンがあります。そして、キリストはあらゆるものを光の中で見ています。

 Your "vision" comes from fear, as his from love.
 あなたの「視覚」は恐れから生じますが、キリストのヴィジョンは愛から生じます。

 And he sees for you, as your witness to the real world.
 そして、キリストは真の世界についてのあなたの証人として、あなたに代わって見てくれます。

 He is the Holy Spirit's manifestation, looking always on the real world, and calling forth its witnesses and drawing them to you.
 キリストは聖霊の顕現であり、いつも真の世界を見つめています。そして、真の世界の証人たちを呼び出して、彼らをあなたの許へと連れてきてくれます。

 He loves what he sees within you, and he would extend it.
 キリストはあなたの内に見るものを愛し、それを拡張しようとします。

 And he will not return unto the Father until he has extended your perception even unto him.
 そして、キリストは、大いなる父の下へと届くまであなたの知覚を拡張させないかぎりは、大いなる父の下に戻ることはありません。

 And there perception is no more, for he has returned you to the Father with him.
 そして、そこでは、もはや知覚はありません。なぜなら、キリストは自分と共にあなたを神の下に連れ戻したからです。


名称未設定

10. You have but two emotions, and one you made and one was given you.
 あなたには、ただ二つの感情があるだけです。その一つはあなたが自分で作り出したものであり、もう一つはあなたに与えられたものです。

 Each is a way of seeing, and different worlds arise from their different sights.
 それぞれの感情はものの見方であり、それぞれの異なった視点からは異なった世界が現れてきます。

 See through the vision that is given you, for through Christ's vision he beholds himself.
 あなたに与えられたヴィジョンを通して見てください。というのは、キリストのヴィジョンを通して、キリストはキリスト自身を見つめるからです。

 And seeing what he is, he knows his Father.
 そして、自身のありのままの姿を見ているので、キリストは自らの大いなる父を知っています。

 Beyond your darkest dreams he sees God's guiltless Son within you, shining in perfect radiance that is undimmed by your dreams.
 あなたの見る最も暗い夢の向こう側に、キリストはあなたの内にいる罪なき神の子を見ています。その神の子はあなたの夢によっても曇ることのない完全な輝きの中で煌いています。

 And this you will see as you look with him, for his vision is his gift of love to you, given him of the Father for you.
 そして、あなたがキリストと共に見つめるとき、あなたはこの光景を見ることになります。というのも、キリストのヴィジョンは、あなたへのキリストからの愛の贈り物であり、その贈り物は、あなたのために大いなる父からキリストに与えられたものだからです。




11. The Holy Spirit is the light in which Christ stands revealed.
 聖霊は光です。その光の中に、キリストが姿を現して立っています。

 And all who would behold him can see him, for they have asked for light.
 そして、キリストを見たいと望む者は誰でも、キリストを見ることができます。というのも、彼らは光を求めたからです。

 Nor will they see him alone, for he is no more alone than they are.
 また、彼らはキリストだけを見るのではありません。なぜなら、彼らがひとりきりではないのと同様に、キリストもひとりきりではないからです。

 Because they saw the Son, they have risen in him to the Father.
 彼らは神の子を見たので、彼らはキリストの中で大いなる父の下にまで昇ったのです。

 And all this will they understand, because they looked within and saw beyond the darkness the Christ in them, and recognized him.
 そして、彼らはこうしたことをすべて理解するでしょう。なぜなら、彼らは自分の内面を覗いて、闇を越えて自分の中にキリストを見て、キリストを認めたからです。

 In the sanity of his vision they looked upon themselves with love, seeing themselves as the Holy Spirit sees them.
 キリストのヴィジョンによる正気の中で、彼らは愛を込めて自分自身を見るようになったので、聖霊が彼らを見るがごとくに自分のことを見ているのです。

 And with this vision of the truth in them came all the beauty of the world to shine upon them.
 そして、彼らの中にある真理を見通すこのヴィジョンとともに、世界の美しさのすべてが姿を現して彼らを照らし出すのです。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/599-1e61b2d1
該当の記事は見つかりませんでした。