There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

ワークブック・エピローグ

ワークブックのエピローグです。





Epilogue
エピローグ

1. This course is a beginning, not an end.
 このコースは、終わりではなく始まりです。

 Your Friend goes with you.
 あなたの大いなる友があなたとともに進んでくれます。

 You are not alone.
 あなたはひとりきりではないのです。

 No one who calls on Him can call in vain.
 聖霊に呼びかける者が呼びかけて、それが無駄に終わることはありえません。

 Whatever troubles you, be certain that He has the answer, and will gladly give it to you, if you simply turn to Him and ask it of Him.
 どんなことがあなたを悩ませようとも、聖霊がその答えを持っていて、あなたがただ聖霊に頼って聖霊にその答えを求めさえすれば、聖霊は喜んでその答えをあなたに与えてくれると確信してください。

 He will not withhold all answers that you need for anything that seems to trouble you.
 どのようなことであれ、あなたを困らせているように思える物事のために必要な答えのすべてを聖霊が与えずにおくということはありません。

 He knows the way to solve all problems, and resolve all doubts.
 聖霊は、どんな問題解決し、どんな疑問をも解消する方法を知っています。

 His certainty is yours.
 聖霊の確信はあなたのものです。

 You need but ask it of Him, and it will be given you.
 あなたはただ聖霊に答えを求めるだけでよいのです。そうすれば、それはあなたに与えられるでしょう。



2. You are as certain of arriving home as is the pathway of the sun laid down before it rises, after it has set, and in the half-lit hours in between.
 あなたは確実にわが家へと辿り着きます。それは、太陽の通り道が、太陽が昇る前も、沈んだ後も、そして、その合間の昼と夜の時間も定まっているのと同じように確かなことです。

 Indeed, your pathway is more certain still.
 それどころか、あなたの道は、なおそれ以上に確実なものなのです。

 For it can not be possible to change the course of those whom God has called to Him.
 というのも、神が自らの下へと呼び寄せた者たちの進路を変えることなど不可能なことだからです。

 Therefore obey your will, and follow Him Whom you accepted as your voice, to speak of what you really want and really need.
 それゆえに、自分の意志に従って、そして、あなたが本当に望み本当に必要とするものについて語る自分の声としてあなたが受け入れた聖霊に従ってください。

 His is the Voice for God and also yours.
 聖霊の声は神を代弁する声であり、あなたの声でもあります。

 And thus He speaks of freedom and of truth.
 こうして、聖霊は自由と真理について語ります。



3. No more specific lessons are assigned, for there is no more need of them.
 もうこれ以上特別なレッスンが課されることはありません。というのは、もはや特別なレッスンの必要はないからです。

 Henceforth, hear but the Voice for God and for your Self when you retire from the world, to seek reality instead.
 あなたがこの世界から退いて、代わりに現実を求めるなら、これからは、神とあなたの真の自己に代わって語る大いなる声だけを聴いてください。

 He will direct your efforts, telling you exactly what to do, how to direct your mind, and when to come to Him in silence, asking for His sure direction and His certain Word.
 聖霊はあなたの努力を方向づけてくれ、あなたに正確に、何をすべきか、どのように自分の心を導けばよいか、そして、いつ静寂の中で聖霊の許を訪れて聖霊の確かな導きと聖霊の確かな言葉を求めればよいのかを教えてくれます。

 His is the Word that God has given you.
 聖霊の言葉は、神があなたに授けてくれた大いなる言葉です。

 His is the Word you chose to be your own.
 聖霊の言葉は、あなたが自分のものとなるよう選んだ大いなる言葉です。




4. And now I place you in His hands, to be His faithful follower, with Him as Guide through every difficulty and all pain that you may think is real.
 そして、今、私は、あなたが聖霊の忠実な従者となるように、あなたを聖霊の手に委ね、聖霊を大いなる導き手として、あなたが本当のことだと思うようなすべての困難やすべての苦痛を通り抜けられるようにします。

 Nor will He give you pleasures that will pass away, for He gives only the eternal and the good.
 聖霊はあなたに過ぎ去ってしまうような快楽を与えることもありません。なぜなら、聖霊はただ永遠で良きものだけを与えてくれるからです。

 Let Him prepare you further.
 聖霊にあなたがさらに進む準備をしてもらってください。

 He has earned your trust by speaking daily to you of your Father and your brother and your Self.
 聖霊は、毎日あなたに、あなたの父とあなたの兄弟そしてあなたの大いなる自己について語ることであなたの信頼を獲得しました。

 He will continue.
 聖霊はこれからも語り続けてくれるでしょう。

 Now you walk with Him, as certain as is He of where you go; as sure as He of how you should proceed; as confident as He is of the goal, and of your safe arrival in the end.
 今から、あなたは聖霊とともに歩みます。あなたは自分の行く場所について聖霊と同じ確信を持ち、自分がどのように進むべきか聖霊と同じように確信し、聖霊がゴールを確信し、最後にはあなたが無事にゴールに到達することを確信しているのと同じように自信を持ってよいのです。




5. The end is certain, and the means as well.
 目的は確かであり、その手段も同じように確実なものです。

 To this we say "Amen."
 このために、私たちは「アーメン」と言います。

 You will be told exactly what God wills for you each time there is a choice to make.
 なすべき選択が訪れるたびに、あなたには正確に神があなたのために意図することが告げられることでしょう。

 And He will speak for God and for your Self, thus making sure that hell will claim you not, and that each choice you make brings Heaven nearer to your reach.
 そして、聖霊が神とあなたの真の自己に代わって語り、そうして、地獄があなたを必要としないことを確かなものにしてくれるので、あなたが下す一つひとつの選択が、天国をあなたの手の届くところまで近づけることになります。

 And so we walk with Him from this time on, and turn to Him for guidance and for peace and sure direction.
 だから、私たちはこの瞬間から、聖霊とともに歩み、聖霊に案内と平安を頼み、その導きを確信します。

 Joy attends our way.
 喜びが私たちに同道してくれます。

 For we go homeward to an open door which God has held unclosed to welcome us.
 というのも、私たちは神が私たちを出迎えるために閉めないままにしてくれている開かれた扉に向かう家路を歩んでいるからです。




6. We trust our ways to Him and say "Amen."
 私たちは、聖霊のことを信頼して自分たちの道を委ね、そして、言います。「アーメン」と。

 In peace we will continue in His way, and trust all things to Him.
 聖霊の道を私たちは平安の内に歩みつづけ、そして、私たちは信頼して、あらゆる物事を聖霊に委ねます。

 In confidence we wait His answers, as we ask His Will in everything we do.
 私たちは自分たちが何をなすに際しても聖霊の大いなる意志を尋ねることにして、確信をもって聖霊の答えを待ちます。

 He loves God's Son as we would love him.
 聖霊は神の子を愛しており、私たちは聖霊と同じように神の子を愛するつもりです。

 And He teaches us how to behold him through His eyes, and love him as He does.
 そして、聖霊は私たちに、どのようにして聖霊の目を通して神の子を見つめるのか、そして、どのようにして聖霊が愛するように神の子を愛すればいいのか教えてくれます。

 You do not walk alone.
 あなたはひとりきりで歩むのではありません。

 God's angels hover near and all about.
 神の天使たちが近くであらゆる場所に舞っています。

 His Love surrounds you, and of this be sure; that I will never leave you comfortless.
 神の大いなる愛があなたを包み込んでいます。だから、次のことを確信してください。私は絶対に、あなたを慰みのないままにして去ることはしません。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
聖霊答え問題解決疑問確信意志自由言葉導き

Comments 4

Kino

07

kenさんこんにちは。ワークブックは本日で完結ですか?今320台なので、今日の365番を開くのは後の楽しみにとっておきますが、最後の5レッスンは1つにまとまっているんですね。

ともあれ、kenさんのおかげでここまで付いてこられることが出来ましたし、ご紹介の本や映画からも沢山学ばせて頂いています。合気道の稽古を通じても色々探究してコースの実践にも繋げていけるよう取り組みますので、今後ともどうぞ暖かくお見守り下さい。いつも感謝しております。

2014-07-16 (Wed) 17:31 | EDIT | REPLY |   

ken

Re: 07

Kinoさん

コメント、ありがとうございます。

> kenさんこんにちは。ワークブックは本日で完結ですか?今320台なので、今日の365番を開くのは後の楽しみにとっておきますが、最後の5レッスンは1つにまとまっているんですね。

そういうことです。残りもう少し、がんばってくださいね。

> ともあれ、kenさんのおかげでここまで付いてこられることが出来ましたし、ご紹介の本や映画からも沢山学ばせて頂いています。合気道の稽古を通じても色々探究してコースの実践にも繋げていけるよう取り組みますので、今後ともどうぞ暖かくお見守り下さい。いつも感謝しております。

こちらこそ、いつも分かち合いいただき、ありがとうございます。

ワークブックも終わったので、これからはテキストのご紹介をコツコツと続けていきたいと思います。

これからもおつき合いください。

2014-07-16 (Wed) 18:16 | EDIT | REPLY |   

くら

今日で

ワークブック、最後までくることができました。途中中断してしまったときもありましたが、ここの新着記事を読みにくるたびにまた気をとりなおして再開することができました。本当にありがとうございました。更新作業は大変と思いますが、楽しみにしてます。これからもよろしくお願いします

2014-10-18 (Sat) 09:54 | EDIT | REPLY |   

 ken

Re: 今日で

くらさん

いつもありがとうございます。

ワークブック、最後までお疲れさまでした!

テキストのご紹介も、少しずつではありますが、進んできていますので、これからもぜひ読みにきてくださると嬉しいです。

また、コメント欄をメモ書き代わりに使ってもらうと、ほかの読者の方の気づきにも役立つと思いますので、疑問や気づいたことなど書き込むような使い方もご自由にしていただけるとありがたいです。

これからもよろしくお願いします。

2014-10-18 (Sat) 12:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply