There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T19-4D 平安への障害4

テキスト第十九章 第四節 平安への障害の続きです。

今回は第四の障害である「神への恐れ」です。次回は、これの続きの「ヴェールを上げる」をご紹介する予定です。




D. The Fourth Obstacle: The Fear of God
D 第四の障害 ― 神への恐れ



1. What would you see without the fear of death?
 に対する恐怖がなかったとしたら、はたしてあなたは何を見ることになるのでしょうか。

 What would you feel and think if death held no attraction for you?
 もしがあなたにとって魅力を持たなくなったなら、はたしてあなたは何を感じ、どんなことを思うようになるでしょうか。

 Very simply, you would remember your Father.
 ごく簡潔に言うなら、あなたは大いなる父を思い出すようになるのです。

 The Creator of life, the Source of everything that lives, the Father of the universe and of the universe of universes, and of everything that lies even beyond them would you remember.
 生命の偉大なる創造主にして生命あるものすべての大いなる源、そして、全宇宙の中の天地万物という宇宙、さらにそれらの全宇宙を超えたところに存在するすべての大いなる父をあなたは思い出すことになります。

 And as this memory rises in your mind, peace must still surmount a final obstacle, after which is salvation completed, and the Son of God entirely restored to sanity.
 そして、あなたの心にこのような記憶がよみがえってくるに際して、平安はなお最後の障害を乗り越えなければなりませんが、そのあとは、救済は完了し、神の子は完全に正気を取り戻します。

 For here your world does end.
 というのも、確実にここで、あなたの世界が終わるからです。


名称未設定

2. The fourth obstacle to be surmounted hangs like a heavy veil before the face of Christ.
 乗り越えねばならない第四の障害は、キリストの顔の前に、重いヴェールのようにかかっています。

 Yet as his face rises beyond it, shining with joy because he is in his Father's Love, peace will lightly brush the veil aside and run to meet him, and to join with him at last.
 しかし、父の大いなるに包まれているがゆえに喜びに輝くキリストがそのヴェールの向こう側で顔を上げるとき、平安は軽々とそのヴェールを払い除けて、キリストに会うために駈けつけて、ついにキリストとひとつに結ばれます。

 For this dark veil, which seems to make the face of Christ himself like to a leper's, and the bright Rays of his Father's love that light his face with glory appear as streams of blood, fades in the blazing light beyond it when the fear of death is gone.
 というのも、この暗いヴェールがキリスト自身の顔を醜いものに見せたり、キリストの顔を栄光で輝かせる父の大いなるの輝きに満ちた光線をまるで流れ伝う血の滴りのように見せたりしていたのですが、の恐れが去ってしまえば、それらはヴェールの向こう側で燃え立つように輝く光の中で次第に消えていくからです。




3. This is the darkest veil, upheld by the belief in death and protected by its attraction.
 これこそ、を信仰することで維持され、の魅力によって守られている最も暗いヴェールです。

 The dedication to death and to its sovereignty is but the solemn vow, the promise made in secret to the ego never to lift this veil, not to approach it, nor even to suspect that it is there.
 とその統治に心を捧げることは、厳粛な誓約であり、絶対にこのヴェールを持ち上げたり、ヴェールに近づいたりせず、しかも、そんなヴェールがそこに存在するのではないかと疑いすらしないとエゴと交わした密約なのです。

 This is the secret bargain made with the ego to keep what lies beyond the veil forever blotted out and unremembered.
 これこそがヴェールの向こう側に存在するものを永遠に覆い隠して、思い出されることのないように保つために交わしたエゴとの秘密の契約です。

 Here is your promise never to allow union to call you out of separation; the great amnesia in which the memory of God seems quite forgotten; the cleavage of your Self from you... the fear of God , the final step in your dissociation.
 ここにこそ、分離状態から自分が呼び出されてひとつに結ばれることを絶対に許可しないというあなたの約束があります。その分離状態とは、神の記憶がまったく忘れ去られてしまうような深刻な記憶喪失であり、あなたの真の自己があなたから分裂している状態であり、あなたが意識を解離させる状態の最終段階である神に対する恐怖のことです。

名称未設定


4. See how the belief in death would seem to "save" you.
 なぜ死を信仰することがあなたにとって「救い」となるように思えてくるのか理解してください。

 For if this were gone, what could you fear but life?
 それは、もし死が救いだと信じなかったら、あなたは生命以外には恐れるものがなくなってしまうからです。

 It is the attraction of death that makes life seem to be ugly, cruel and tyrannical.
 死の魅力が、生命というものを醜くて残酷で横暴なものに思わせるのです。

 You are no more afraid of death than of the ego.
 あなたはエゴを恐れているわけではないように、死のことを恐れているわけではありません。

 These are your chosen friends.
 エゴも死も、あなたが選んだ味方なのです。

 For in your secret alliance with them you have agreed never to let the fear of God be lifted, so you could look upon the face of Christ and join him in his Father.
 というのは、あなたはエゴや死と秘密の同盟を組んで、あなたがキリストの顔を見つめて大いなる父の中でキリストと心をひとつ結び合わせてしまうことができないように、神に対する恐れが決して取り除かれないようにすることに同意したからです。




5. Every obstacle that peace must flow across is surmounted in just the same way; the fear that raised it yields to the love beyond, and so the fear is gone.
 平安が流れ渡らなければならない障害はどれもみな、まったく同じ方法で乗り越えられることになります。それは、それらの障害を生じさせていた恐れが、恐れを越えた向こう側にあるに道を譲り、それによって恐怖が去ってしまうという方法です。

 And so it is with this.
 神への恐れという障害についても、同じことが言えます。

 The desire to get rid of peace and drive the Holy Spirit from you fades in the presence of the quiet recognition that you love him.
 平安を手放して、自分から聖を追い出したいという願望は、あなたが穏やかに自分が聖していることに気づけば、次第に消えてゆきます。

 The exaltation of the body is given up in favor of the spirit, which you love as you could never love the body.
 身体を重視して賛美することは、を支持することで放棄されることになります。なぜなら、あなたは決して身体に抱くことのできないようなしているからです。

 And the appeal of death is lost forever as love's attraction stirs and calls to you.
 そして、愛の魅力が心を揺さぶってあなたに呼びかけるとき、死の魅力は永遠に失われます。

 From beyond each of the obstacles to love, Love Itself has called.
 愛の障害の一つひとつの向こう側から、大いなる愛そのものがずっと呼びかけていたのです。

 And each has been surmounted by the power of the attraction of what lies beyond.
 だから、そんな一つひとつの障害は、その障害の向こう側にある魅力によってすでに克服されているのです。

 Your wanting fear seemed to be holding them in place.
 あなたが恐れを望むことで、それらの障害がその場所に保たれているように見えていただけなのです。

 Yet when you heard the Voice of Love beyond them, you answered and they disappeared.
 しかし、あなたがそれらの障害の向こう側にある大いなる愛の声を聞いたとき、あなたは答えたので、それらの障害は消え去ったのです。

名称未設定


6. And now you stand in terror before what you swore never to look upon.
 そして今、あなたは自分がかつて絶対に見ないと誓ったものを前にして、恐れおののきながら立ちすくんでいます。

 Your eyes look down, remembering your promise to your "friends. "
 自分の「味方」と約束したことを思い出して、あなたは俯いてじっと下を見ています。

 The "loveliness" of sin, the delicate appeal of guilt, the "holy" waxen image of death, and the fear of vengeance of the ego you swore in blood not to desert, all rise and bid you not to raise your eyes.
 罪の「素晴らしさ」や、罪悪感の儚く訴えかける力、蝋でできた死の「神聖な」像、そして、あなたが決して見捨てないと血の契りを交わしたエゴから復讐されるのではないかという恐怖、これらのすべてが心に浮かんできては、あなたに目を上げさせないようにします。

 For you realize that if you look on this and let the veil be lifted, they will be gone forever.
 というのは、もしあなたがこれらに顔を向けてヴェールが持ち上げられるに任せるなら、それらは永遠に消え去ってしまうことにあなたは気づいているからです。

 All of your "friends," your "protectors" and your "home" will vanish.
 あなたの「味方」も「守護者」も「家」もすべて消え去ります。

 Nothing that you remember now will you remember.
 あなたが今覚えていることなど、あなたは何ひとつ思い出さなくなるでしょう。




7. It seems to you the world will utterly abandon you if you but raise your eyes.
 あなたは、もし自分が目を上げようものならそれだけで、自分はこの世界から完全に見捨てられてしまうものと思っています。

 Yet all that will occur is you will leave the world forever.
 しかし、実際に起こるのは、あなたが永遠にこの世界をあとにして立ち去るだけのことです。

 This is the re-establishment of your will.
 これは、あなたの意志を再び確立するということです。

 Look upon it, open-eyed, and you will nevermore believe that you are at the mercy of things beyond you, forces you cannot control, and thoughts that come to you against your will.
 目を見開いて、障害の向こう側にあるものをしっかり見つめてください。そうすれば、あなたはもう二度と自分のことを、あなたのコントロールの及ばない力、そして、あなたの意志に逆らって生じてくる思いなどのあなたを超越する物事になされるがままに翻弄される存在だとは信じなくなります。

 It is your will to look on this.
 このことを目にすることこそ、あなたの意志なのです。

 No mad desire, no trivial impulse to forget again, no stab of fear nor the cold sweat of seeming death can stand against your will.
 どのような狂気の願望や再び忘れたいというかすかな衝動、見せかけの死に対する恐怖の刺すような痛みや冷や汗も、あなたの意志に抗うことはできません。

 For what attracts you from beyond the veil is also deep within you, unseparated from it and completely one.
 なぜなら、ヴェールの向こう側からあなたの心を惹きつけるものは、そこから分離することなく完全にひとつのまま、あなたの心の奥底にも存在しているからです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
宇宙ヴェール平安キリストの顔エゴ障害恐怖

Comments 0

Leave a reply