There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T19-4Di 平安への障害4−2

0   0

テキスト第十九章四節平安への障害から、今回は、第四の障害である「神への恐れ」の続きの「ヴェールを上げる」をご紹介します。




テキスト第十九章 第四節

i. The Lifting of the Veil
(1)ヴェールを上げる


8. Forget not that you came this far together, you and your brother.
 あなたはこんなにも遠くまで、自分の兄弟と一緒に来たのだということを忘れないでください。

 And it was surely not the ego that led you here.
 そして、あなたたちをここまで導いてきたのがエゴではないことは確かです。

 No obstacle to peace can be surmounted through its help.
 いかなる障害であれ、エゴの助けを通して平安への障害が乗り越えられることなどありえません。

 It does not open up its secrets, and bid you look on them and go beyond them.
 エゴが自分の秘密をさらけ出して、あなたに自分の秘密をよく見せたうえで、それらを越えて行くようにさせることなどありません。

 It would not have you see its weakness, and learn it has no power to keep you from the truth.
 エゴには、あなたに自分の弱みを見せて、あなたを真理から離しておく力がエゴにはないことをあなたに理解させる気などないのです。

 The Guide Who brought you here remains with you, and when you raise your eyes you will be ready to look on terror with no fear at all.
 あなたをここまで連れてきてくれた偉大な案内役である聖霊があなたと一緒に留まってくれています。だから、あなたが目を上げるとき、あなたには少しも恐れることなく恐怖を見つめる準備ができているはずです。

 But first, lift up your eyes and look on one another in innocence born of complete forgiveness of each other's illusions, and through the eyes of faith that sees them not.
 しかし、まず目を上に向けて、お互いの幻想を完全に赦すことで生まれる潔白さの中で、そして、お互いの幻想を見ることのない信頼の眼差しを通して、お互いを見つめてください。


9. No one can look upon the fear of God unterrified, unless he has accepted the Atonement and learned illusions are not real.
 贖罪を受け入れて幻想が本当にあるものではないと学ぶまでは、誰も恐れを抱くことなく神に対する恐怖を見つめることはできません。

 No one can stand before this obstacle alone, for he could not have reached this far unless his brother walked beside him.
 誰もこの障害の前にひとりで立つことはできません。というのも、彼の兄弟が彼とともに歩んでくれなかったとしたら、彼にはこんなに遠くまで辿り着くことはできなかったはずだからです。

 And no one would dare to look on it without complete forgiveness of his brother in his heart.
 そして誰も、自分の心の中で兄弟を完全に赦すことなくしては、あえてその障害を見てみようとはしないでしょう。

 Stand you here a while and tremble not.
 しばらくの間、ここに立っていてください。震えることはありません。

 You will be ready.
 あなたの準備は整うはずです。

 Let us join together in a holy instant, here in this place where the purpose, given in a holy instant, has led you.
 神聖な瞬間の中で、私たちで一緒に結ばれましょう。神聖な瞬間において授けられた目的があなたを導いてくれたこの場所で。

 And let us join in faith that he who brought us here together will offer you the innocence you need, and that you will accept it for my love and his.
 そして、私たちを一緒にここまで導いてくれた聖霊が、あなたが必要とする潔白さを差し延べてくれるし、私の愛と聖霊の愛ゆえにあなたがその潔白さを受け入れることになることを確信して、私たちの心をひとつにしましょう。


名称未設定

10. Nor is it possible to look on this too soon.
 それに、この神への恐れという障害を見ることが時期尚早であるということはありえません。

 This is the place to which everyone must come when he is ready.
 ここは、その人の準備ができ次第、誰もがみな辿り着くに違いない場所です。

 Once he has found his brother he is ready.
 ひとたびその人が自分の兄弟を見出したからには、彼には準備ができているのです。

 Yet merely to reach the place is not enough.
 ただし、単にその場所に辿り着くだけでは十分ではありません。

 A journey without a purpose is still meaningless, and even when it is over it seems to make no sense.
 目的のないは依然として無意味なものであり、たとえその路が終わっても何の意味もなさないように思えます。

 How can you know that it is over unless you realize its purpose is accomplished?
 あなたが目的が果たされたと気づかないかぎり、どのようにしてあなたはその路が終わったことを知ることができるでしょうか。

 Here, with the journey's end before you, you see its purpose.
 ここで、路の終わりを目前にして、あなたには目的がわかります。

 And it is here you choose whether to look upon it or wander on, only to return and make the choice again.
 そして、ここにおいて、あなたは神に対する恐れを見てみるのか、あるいは、ただ逆戻りして同じ選択をもう一度なすためだけに脇道に逸れるのかを選択することになります。




11. To look upon the fear of God does need some preparation.
 神への恐れを見るためには、多少の準備を要するのは確かです。

 Only the sane can look on stark insanity and raving madness with pity and compassion, but not with fear.
 ただ正気の者だけが、恐れではなく、哀れみと同情をもって、まったくの狂気や錯乱した狂気の沙汰を見つめることができます。

 For only if they share in it does it seem fearful, and you do share in it until you look upon your brother with perfect faith and love and tenderness.
 というのは、ただ彼らが狂気を分かち合う場合にのみ、狂気は恐ろしく思えるのであり、あなたが自分の兄弟を完璧な信頼と愛と優しさで見つめるようになるまでは、あなたは確かに狂気を共有しているからです。

 Before complete forgiveness you still stand unforgiving.
 完全な赦しを前にして、あなたはなおも赦さずに立っています。

 You are afraid of God because you fear your brother.
 あなたが神を恐れるのは、自分の兄弟のことを恐れているからです。

 Those you do not forgive you fear.
 あなたは自分が赦していない人たちのことを恐れているのです。

 And no one reaches love with fear beside him.
 そして、誰も恐怖を携えて愛に到達することはありません。


名称未設定

12. This brother who stands beside you still seems to be a stranger.
 あなたの傍に立っているこの兄弟は、まだ見知らぬ存在であるように思えます。

 You do not know him, and your interpretation of him is very fearful.
 あなたは彼を知らないし、あなたは彼のことをとても恐ろしい存在だと解釈しています。

 And you attack him still, to keep what seems to be yourself unharmed.
 だから、あなたは、自分自身であるように思えるものが傷つかずに保たれるように、今でも彼のことを攻撃しようとします。

 Yet in his hands is your salvation.
 しかし、あなたの救済は彼の手に握られているのです。

 You see his madness, which you hate because you share it.
 あなたは彼の狂気を目にし、自分がその狂気を分かち合っているがゆえに、あなたはその狂気を憎みます。

 And all the pity and forgiveness that would heal it gives way to fear.
 そうなると、その狂気を癒せるはずの哀れみや赦しのすべては、恐怖に道を譲ってしまうことになります。

 Brother, you need forgiveness of each other, for you will share in madness or in Heaven together.
 兄弟よ、あなたたちはお互いを赦さなければなりません。というのも、あなたは兄弟と一緒に、狂気か天国のどちらかを分かち合うことになるからです。

 And you will raise your eyes in faith together, or not at all.
 そして、あなたたちは一緒に信頼して目を上げるか、まったく目を上げないかのどちらかだからです。




13. Beside each of you is one who offers you the chalice of Atonement, for the Holy Spirit is in him.
 あなたたち各自の傍にいるのは、贖罪の聖杯を差し延べてくれる者なのです。というのも、彼の中には聖霊が居るからです。

 Would you hold his sins against him, or accept his gift to you?
 あなたは兄弟の罪を根拠に彼を非難したいのでしょうか。それとも、彼が自分に差し延べてくれている贈り物を受け取りたいのでしょうか。

 Is this giver of salvation your friend or enemy?
 この救いの与え主は、あなたの味方なのでしょうか。それとも敵なのでしょうか。

 Choose which he is, remembering that you will receive of him according to your choice.
 自分の選択に従って彼から受け取ることになることを思い出しながら、彼の味方になるのか敵になるのか選択してください。

 He has in him the power to forgive your sin, as you for him.
 あなたに彼の罪を赦す力が備わっているように、彼も自分の中にあなたの罪を赦す力を持っています。

 Neither can give it to himself alone.
 ただし、あなたも彼もひとりだけでは自分自身に罪の赦しを与えることはできません。

 And yet your savior stands beside each one.
 それでも、あなたたちの救い主はあなたと兄弟のそれぞれの傍に立っています。

 Let him be what he is, and seek not to make of love an enemy.
 彼をありのままで居させてください。そして、愛を敵にしようとしないでください。


名称未設定

14. Behold your friend, the Christ who stands beside you.
 あなたの傍に立っているあなたの友キリストを見つめてください。

 How holy and beautiful he is!
 キリストはなんと神聖で美しいことでしょう。

 You thought he sinned because you cast the veil of sin upon him to hide his loveliness.
 あなたはキリストが罪を犯したと思っていましたが、その理由は、あなたがキリストの素晴らしさを隠すために、彼に罪のヴェールをかけたからです。

 Yet still he holds forgiveness out to you, to share his holiness.
 それでもなお、キリストは、自らの神聖さを分かち合うために、あなたに赦しを差し延べてくれています。

 This "enemy," this "stranger" still offers you salvation as his friend.
 この「敵」、この「見知らぬよそ者」は、なおも自らの友であるあなたに救いを差し延べてくれます。

 The "enemies" of Christ, the worshippers of sin, know not Whom they attack.
 キリストの「敵たち」、罪の崇拝者たちは、自分たちがいったい誰を攻撃しているのかわかっていないのです。




15. This is your brother, crucified by sin and waiting for release from pain.
 これこそ、罪によって磔刑にされ、苦痛から解放されるのを待っているあなたの兄弟です。

 Would you not offer him forgiveness, when only he can offer it to you?
 彼だけが赦しをあなたに差し延べることができるというのに、あなたは彼に赦しを捧げたいと思わないのでしょうか。

 For his redemption he will give you yours, as surely as God created every living thing and loves it.
 神が生命あるものすべてを創造し、それを愛しているのと同じくらい確実に、彼は、自らの救いのために、あなたにも救いを与えてくれるでしょう。

 And he will give it truly, for it will be both offered and received.
 そして、本当に彼は救いを与えてくれます。というのも、救いは差し延べられると同時に受け取られることになるからです。

 There is no grace of Heaven that you cannot offer to one another, and receive from your most holy Friend.
 あなたたちがお互いに差し延べながら、自らの最も神聖な大いなる友から受け取ることのできない天国の恵みなど何ひとつありません。

 Let him withhold it not, for by receiving it you offer it to him.
 あなたの兄弟にその恵みを与えないままにさせてはなりません。というのも、彼から恵みを受け取ることによって、あなたはその恵みを彼に差し延べることになるからです。

 Redemption has been given you to give each other, and thus receive it.
 救いは、あなたたちがお互いに与えることで、それを受け取ることができるようにと、あなたに与えられているのです。

 Whom you forgive is free, and what you give you share.
 あなたが赦す相手は解放され、あなたは自分が与えるものを分かち合います。

 Forgive the sins your brother thinks he has committed, and all the guilt you think you see in him.
 自分が犯したとあなたの兄弟が思い込んでいる罪を赦してください。そして、あなたが自分の兄弟の中に見ていると思っている罪もすべて赦してください。


名称未設定

16. Here is the holy place of resurrection, to which we come again; to which we will return until redemption is accomplished and received.
 ここに神聖な復活の場があり、私たちは再びそこにやってきます。救済が成就して受け入れられるまでは、私たちは幾度でもその場所に舞い戻ることになります。

 Think who your brother is, before you would condemn him.
 兄弟のことを非難しようとする前に、自分の兄弟が誰なのか考えてみてください。

 And offer thanks to God that he is holy, and has been given the gift of holiness for you.
 そして、彼が神聖であり、彼が神聖さという贈り物をあなたに渡すために託されていることについて神に感謝することです。

 Join him in gladness, and remove all trace of guilt from his disturbed and tortured mind.
 喜んでその兄弟と心をひとつに結び合わせて、彼のかき乱されて苦悶する心から罪悪感の痕跡をひとつ残らず取り除いてあげなさい。

 Help him to lift the heavy burden of sin you laid upon him and he accepted as his own, and toss it lightly and with happy laughter away from him.
 あなたが彼に押しつけて、彼が自分のものとして受け入れた罪という重荷を彼が降ろすのを助けてあげなさい。そして、彼の許から、楽しげな笑い声とともにその重荷を軽々と放り出してください。

 Press it not like thorns against his brow, nor nail him to it, unredeemed and hopeless.
 その重荷を彼の額に棘のように押しつけたり、彼を重荷に釘づけにして、救われる望みのないままにしてはなりません。




17. Give faith to one another, for faith and hope and mercy are yours to give.
 お互いのことを信頼してください。というのも、信頼と希望と慈悲は、与えるためにあなたに授けられているからです。

 Into the hands that give, the gift is given.
 与える手の中に、その贈り物は与えられます。

 Look on your brother, and see in him the gift of God you would receive.
 自分の兄弟を見て、彼の中に、自分が受け取りたいと望む神からの贈り物を見てください。

 It is almost Easter, the time of resurrection.
 よみがえりの時である復活祭がもうすぐやってきます。

 Let us give redemption to each other and share in it, that we may rise as one in resurrection, not separate in death.
 私たちでお互いに救いを与え合い、救いを分かち合いましょう。そうすれば、死の中で離ればなれになるのではなく、復活において一なるものとして蘇ることができます。

 Behold the gift of freedom that I gave the Holy Spirit for you.
 あなたのためにと私が聖霊に与えた自由という贈り物を見てください。

 And be you free together, as you offer to the Holy Spirit this same gift.
 そして、これと同じ贈り物を聖霊に差し出して、あなたたちで一緒に自由になってください。

 And giving it, receive it of him in return for what you gave.
 そして、この贈り物を捧げて、あなたが渡したものへのお返しとして聖霊からそれを受け取ってください。

 He leadeth you and me together, that we might meet here in this holy place, and make the same decision.
 私たちがこの聖なる場で出合い、同じ決断ができるようにと、聖霊は私とあなたを一緒に導いてくれます。


名称未設定

18. Free your brother here, as I freed you.
 私があなたを自由にしたように、あなたもここで自分の兄弟を解放してください。

 Give him the selfsame gift, nor look upon him with condemnation of any kind.
 彼に自分とまったく同じ贈り物を与え、いかなる種類の非難もせずに彼を見てください。

 See him as guiltless as I look on you, and overlook the sins he thinks he sees within himself.
 私があなたを見ているように、あなたも罪なき者として兄弟を見て、彼が自分自身の中に見えると思っている罪を見過ごしてください。

 Offer your brother freedom and complete release from sin, here in the garden of seeming agony and death.
 苦悶と死の場所に見えているこの庭園で、あなたの兄弟に自由と罪からの完全な解放を差し延べてください。

 So will we prepare together the way unto the resurrection of God's Son, and let him rise again to glad remembrance of his Father, Who knows no sin, no death, but only life eternal.
 こうして、私たちは一緒に神の子の復活への道を用意し、そして、罪も死もまったく知ることなく、ただ永遠の生命のみを知る大いなる父を喜んで思い出せるように、神の子をよみがえらせるのです。




19. Together we will disappear into the Presence beyond the veil, not to be lost but found; not to be seen but known.
 私たちは一緒に、ヴェールの向こう側にある大いなる存在の中へと消え去ることになりますが、それは、失われるためではなくて見出されるためであり、見られるためではなくて、知られるためです。

 And knowing, nothing in the plan God has established for salvation will be left undone.
 そして、知ることによって、神が救済のために定めた計画において成就されないままになるものは何もなくなります。

 This is the journey's purpose, without which is the journey meaningless.
 これこそ、旅の目的であり、この目的を抜きにしては旅路は無意味です。

 Here is the peace of God, given to you eternally by him.
 ここに、神によってあなたに永遠に授けられている神の平安があります。

 Here is the rest and quiet that you seek, the reason for the journey from its beginning.
 ここにあなたの求める安息と静寂があり、これこそ、旅立ちのときからの旅の理由です。

 Heaven is the gift you owe your brother, the debt of gratitude you offer to the Son of God in thanks for what he is, and what his Father created him to be.
 天国というのは、あなたが兄弟に対して返さねばならない贈り物であり、あなたが神の子に対して、彼の真の姿と大いなる父が彼にそうあるようにと創造したままの姿について感謝して、その恩義に報いるために捧げる贈り物なのです。


名称未設定

20. Think carefully how you would look upon the giver of this gift, for as you look on him so will the gift itself appear to be.
 この贈り物を渡してくれる相手のことを自分はどのように見たいと思っているのか、じっくり考えてみてください。というのは、あなたが彼のことをどう見るかによって、贈り物自体も、それに見合うものとして見えてくるからです。

 As he is seen as either the giver of guilt or of salvation, so will his offering be seen and so received.
 彼を罪悪感をもたらす者と見るか、救いをもたらす者と見るかによって、彼の差し出すものが罪か救済のどちらかに見られ、そして、そのように受け取られることになります。

 The crucified give pain because they are in pain.
 十字架にかけられている者は、苦しんでいるので、苦痛を与えます。

 But the redeemed give joy because they have been healed of pain.
 しかし、救われた者は、苦痛を癒されているので、喜びを与えます。

 Everyone gives as he receives, but he must choose what it will be that he receives.
 誰もが自分が受け取るように与えるのですが、自分が受け取るものを何にするかはその人が選ばなければなりません。

 And he will recognize his choice by what he gives, and what is given him.
 そして、その人は、自分が何を与え、何を与えられるかによって、自分が何を選択したのか気づくことになります。

 Nor is it given anything in hell or Heaven to interfere with his decision.
 そしてまた、地獄に属するものであれ天国に属するものであれ、何ものにも、彼の決断を邪魔する力はありません。




21. You came this far because the journey was your choice.
 あなたがこんなにも遠くまで来ることができたのは、この旅路をあなたが選んだからこそです。

 And no one undertakes to do what he believes is meaningless.
 そして、誰しも、自分が無意味だと信じることに取りかかろうとする者はいません。

 What you had faith in still is faithful, and watches over you in faith so gentle yet so strong that it would lift you far beyond the veil, and place the Son of God safely within the sure protection of his Father.
 あなたが信頼したものは、今でも信頼するに足るものであり、本当に穏やかでありながらも力強い信頼の下であなたを見守ってくれているので、そのヴェールのはるか彼方まであなたを持ち上げて、神の子を父の確実な加護の中へと安全に置いてくれます。

 Here is the only purpose that gives this world, and the long journey through this world, whatever meaning lies in them.
 この世界とこの世界を通り抜ける長い旅路が意味を持ちうるとしたら、その意味のすべてを与える唯一の目的がここにあります。

 Beyond this, they are meaningless.
 この唯一の目的なくしては、この世界や旅路は何の意味も持ちません。

 You and your brother stand together, still without conviction they have a purpose.
 あなたと兄弟は、いまだに世界や旅路に目的があると確信が持てないまま、一緒に佇んでいます。

 Yet it is given you to see this purpose in your holy Friend, and recognize it as your own.
 しかし、あなたがこの目的を自分の神聖な大いなる友の中に見て、その目的が自分のものだと気づくようにと、この唯一の目的はあなたに与えられているのです。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/624-854e8509
該当の記事は見つかりませんでした。