There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T13-1 罪がないということは死はないということ

0   0

昨日の序論に続き、第十三章の第一節の「無性と不性」をご紹介します。


第十三章

I. Guiltlessness and Invulnerability
一 無性と不


1. Earlier, I said that the Holy Spirit shares the goal of all good teachers, whose ultimate aim is to make themselves unnecessary by teaching their pupils all they know.
 前に述べたことですが、聖霊は優れた教師の誰もが抱く目標を共有しています。優れた教師たちが究極的に目指すのは、自分の知っていることをすべて生徒たちに教えることによって、自分が必要とされなくなるようにすることです。

 The Holy Spirit wants only this, for sharing the Father's Love for his Son, he seeks to remove all guilt from his mind that he may remember his Father in peace.
 聖霊はただこれだけを望んでいます。なぜなら、聖霊は父の子に対する大いなる愛を共有しているので、神の子の心からことごとく罪悪感を取り除いて、神の子が彼の大いなる父を平安のうちに思い出せるようにしようとしているからです。

 Peace and guilt are antithetical, and the Father can be remembered only in peace.
 平安と罪悪感とは正反対のものであり、大いなる父は平安の中でのみ思い出すことができます。

 Love and guilt cannot coexist, and to accept one is to deny the other.
 愛と罪悪感は共存できないので、一方を受け入れることは他方を拒否することになります。

 Guilt hides Christ from your sight, for it is the denial of the blamelessness of God's Son.
 罪悪感は、あなたの視界からキリストを隠してしまいます。というのは、罪悪感は神の子が潔白であることを否認するものだからです。




2. In the strange world that you have made the Son of God has sinned.
 あなたが作り出した異常な世界の中においては、神の子が罪を犯したのは確かです。

 How could you see him, then?
 そうだとすれば、どうしてあなたに神の子を見ることができるでしょうか。

 By making him invisible, the world of retribution rose in the black cloud of guilt that you accepted, and you hold it dear.
 神の子を見えないようにしたことによって、あなたが受け入れた罪悪感の黒い雲の中に、報復の世界が立ち現れました。そして、あなたはその世界に愛着しているのです。

 For the blamelessness of Christ is the proof that the ego never was, and can never be.
 しかし、キリスト潔白さが、エゴは一度も存在したことがないし、これからも決して存在しえないと証明してくれます。

 Without guilt the ego has no life, and God's Son is without guilt.
 罪悪感なくしては、エゴに生命はありません。そして、神の子には罪悪感はないのです。


名称未設定

3. As you look upon yourself and judge what you do honestly, you may be tempted to wonder how you can be guiltless.
 あなたが自分自身を顧みて、自分のしていることを正直に価値判断するなら、あなたは、どうして自分に罪が無いなどと言えようか、と訝しむことでしょう。

 Yet consider this: You are not guiltless in time, but in eternity.
 しかし、次のように考えてみてください。すなわち、あなたは、時間の中では罪が無いとはいえなくても、永遠においては罪は無いのです。

 You have "sinned" in the past, but there is no past.
 あなたは過去において「罪を犯した」としても、どこにも過去など存在しないのです。

 Always has no direction.
 常しえなる状態には方向性などありません。

 Time seems to go in one direction, but when you reach its end it will roll up like a long carpet spread along the past behind you, and will disappear.
 時間は、ひとつの方向に進むように見えますが、あなたが時間の終点に達したなら、時間はまるで、あなたの背後の過去に沿って広がった長い絨毯が巻上げられるようにして消え失せてしまいます。

 As long as you believe the Son of God is guilty you will walk along this carpet, believing that it leads to death.
 あなたが神の子に罪があると信じるかぎり、あなたはこの絨毯の上を、それがに至るものと信じながら歩み続けることになります。

 And the journey will seem long and cruel and senseless, for so it is.
 そして、その旅路は長く残酷で、無意味なものに思えてくるでしょう。というのも、その旅はまさしく、その通りのものだからです。




4. The journey the Son of God has set himself is useless indeed, but the journey on which his Father sets him is one of release and joy.
 神の子が自ら踏み出す旅路は実に無益な旅となりますが、大いなる父が神の子を送り出す旅路は解放と喜びの旅となります。

 The Father is not cruel, and his Son cannot hurt himself.
 大いなる父は残酷ではないし、神の子には自分自身を傷つけることなどできません。

 The retaliation that he fears and that he sees will never touch him, for although he believes in it the Holy Spirit knows it is not true.
 神の子が恐れ、そして目にする報復は、決して神の子に害を及ぼすことができません。というのも、たとえ神の子がそれを信じるとしても、聖霊にはそれが真実ではないとわかっているからです。

 The Holy Spirit stands at the end of time, where you must be because he is with you.
 聖霊時間の終点に立っています。聖霊はあなたと共にいるのだから、そこにはあなたもいるに違いありません。

 He has already undone everything unworthy of the Son of God, for such was his mission, given him by God.
 聖霊はすでに、神の子にふさわしくないものをことごとく取り消しています。というのも、そうすることこそ聖霊が神から与えられた使命だったからです。

 And what God gives has always been.
 そして、神が与えるものはつねに存在してきたのです。


名称未設定

5. You will see me as you learn the Son of God is guiltless.
 あなたが神の子に罪はないと学ぶにつれて、あなたには私のことが見えるようになってきます。

 He has always sought his guiltlessness, and he has found it.
 神の子は、いつも自分の潔白さを探求してきました。そして、彼はそれをすでに見出しているのです。

 For everyone is seeking to escape from the prison he has made, and the way to find release is not denied him.
 というのは、誰もがみな自分で作り出した牢獄から脱出しようと努めており、牢獄からの解放を見出すための方法は誰にも拒まれてなどいないからです。

 Being in him, he has found it.
 牢獄からの脱出法は、神の子の中にあるので、彼はすでにそれを見出しているのです。

 When he finds it is only a matter of time, and time is but an illusion.
 神の子がいつそれを見出すか、それは単に時間の問題でしかありませんが、時間とは錯覚にすぎません。

 For the Son of God is guiltless now, and the brightness of his purity shines untouched forever in God's Mind.
 というのは、今、神の子には罪がないのだから、神の子の持つ清らかさの輝きは神の大いなる心の中で損なわれることのないまま、永遠に輝き続けるからです。

 God's Son will always be as he was created.
 神の子はいつまでも、創造されたままの姿であることでしょう。

 Deny your world and judge him not, for his eternal guiltlessness is in the Mind of his Father, and protects him forever.
 あなたの世界を否認してください。そして、神の子に裁きを下さないでください。というのは、神の子の永遠に罪なき姿は父の大いなる心の中にあり、彼の無罪性が神の子を永久に守ってくれるからです。




6. When you have accepted the Atonement for yourself, you will realize there is no guilt in God's Son.
 あなたが自分自身のために贖罪を受け入れたときに、あなたは神の子に罪はないと気づくことになります。

 And only as you look upon him as guiltless can you understand his oneness.
 そして、ただあなたが神の子を罪なき者として見るときにだけ、あなたは神の子がひとつであることも理解できます。

 For the idea of guilt brings a belief in condemnation of one by another, projecting separation in place of unity.
 なぜなら、罪があるという想念が、ある者が他の者に対して有罪だとして咎めることができるという信念をもたらし、統一の代わりに分離を投影することになるからです。

 You can condemn only yourself, and by so doing you cannot know that you are God's Son.
 あなたが有罪の宣告をできるのは、ただ自分自身に対してだけです。だから、そんなことをすると、あなたは自分が神の子だと知ることができなくなってしまいます。

 You have denied the condition of his being, which is his perfect blamelessness.
 あなたは、神の子が実在するための条件である、神の子の完全なる潔白性を否認してしまっているからです。

 Out of love he was created, and in love he abides.
 神の子は、愛から創造されたのであり、神の子は愛の中に留まっています。

 Goodness and mercy have always followed him, for he has always extended the Love of his Father.
 神の子には、いつも善良さと慈悲が伴って行きます。というのも、神の子は、父の大いなる愛をいつも拡張してきたからです。


名称未設定

7. As you perceive the holy companions who travel with you, you will realize that there is no journey, but only an awakening.
 あなたが自分が一緒に旅する聖なる仲間たちのことを知覚するようになると、あなたは旅路など存在せず、あるのはただ目覚めだけだと気づくようになるでしょう。

 The Son of God, who sleepeth not, has kept faith with his Father for you.
 眠りに就くことのない神の子が、あなたの代わりに、大いなる父との約束を守ってきました。

 There is no road to travel on, and no time to travel through.
 辿るべき旅路もなければ、旅するためにかかる時間もありません。

 For God waits not for his Son in time, being forever unwilling to be without him.
 というのも、神がわが子と共にいない状態を望むことなど永遠にないので、神が時間の中でわが子を待つようなことはないからです。

 And so it has always been.
 だから、今までもつねに、そうだったのです。

 Let the holiness of God's Son shine away the cloud of guilt that darkens your mind, and by accepting his purity as yours, learn of him that it is yours.
 神の子の神聖さの輝きに、あなたの心を暗くする罪悪感の雲など一掃してもらうがよいでしょう。そして、神の子の清らかさを自分のものとして受け入れることによって、その清らかさが確かに自分のものだと彼から学んでください。




8. You are invulnerable because you are guiltless.
 あなたは罪なき者であるがゆえに、あなたは傷つくことのない不の存在なのです。

 You can hold on to the past only through guilt.
 あなたは、罪悪感を通してしか、過去にしがみつくことができません。

 For guilt establishes that you will be punished for what you have done, and thus depends on one-dimensional time, proceeding from past to future.
 なぜなら、罪悪感は、あなたがなしたことに対して罰を受けるであろうことを確かなものにし、そうすることで罪悪感は、過去から未来へと進む一次元的な時間に依存することになるからです。

 No one who believes this can understand what "always" means, and therefore guilt must deprive you of the appreciation of eternity.
 このようなことを信じていたのでは誰も、「つねに」とは何を意味するのか理解することができません。その結果、罪悪感はあなたが永遠のことを正しく理解できないようにしてしまうに違いありません。

 You are immortal because you are eternal, and "always" must be now.
 あなたは永遠なるものなので、不の存在です。そして、「つねに」とは今のことであるに違いありません。

 Guilt, then, is a way of holding past and future in your mind to ensure the ego's continuity.
 そうだとすれば、罪悪感はエゴの継続性を確保するために、あなたの心の中に過去と未来を留めておく方法ということになります。

 For if what has been will be punished, the ego's continuity is guaranteed.
 というのは、もしこれまで存在してきたものが未来に罰せられるようになるとすれば、エゴの継続性が保証されるからです。

 Yet the guarantee of your continuity is God's, not the ego's.
 しかし、あなたの継続性を保証するのは神なのであって、エゴではありません。

 And immortality is the opposite of time, for time passes away, while immortality is constant.
 そして、不性は時間とは対極にあるものです。なぜなら、時間は過ぎ去りますが、不性は変わることなく持続するものだからです。


名称未設定

9. Accepting the Atonement teaches you what immortality is, for by accepting your guiltlessness you learn that the past has never been, and so the future is needless and will not be.
 贖罪を受け入れることが、あなたに不死とは何であるかを教えてくれます。なぜなら、自分に罪がないことを受け入れることによって、あなたは、過去が一度も存在していなかったので、未来は不要であり、未来が存在するようになることもないということを学ぶからです。

 The future, in time, is always associated with expiation, and only guilt could induce a sense of a need for expiation.
 時間の中においては、未来は罪の償いとつねに関連づけられています。そして、罪滅ぼしが必要だという思いを引き起こすことができるのは罪悪感だけです。

 Accepting the guiltlessness of the Son of God as yours is therefore God's way of reminding you of his Son, and what he is in truth.
 したがって、神の子の無罪性を自分のものとして受け入れることが、あなたに神の子と彼の真の姿を思い出させるための神の方法といえます。

 For God has never condemned his Son, and being guiltless he is eternal.
 なぜなら、神はわが子に一度も罪の宣告などしたことはなく、罪なき者であるがゆえに、神の子は永遠なる存在だからです。




10. You cannot dispel guilt by making it real, and then atoning for it.
 罪を現実のものにしておいて、そのあとで罪の償いをすることで、罪悪感を拭い去ろうとしても、そんなことはできません。

 This is the ego's plan, which it offers instead of dispelling it.
 こうすることはエゴの計画であり、エゴは、罪悪感を払拭するのではなく、エゴの計画を差し出します。

 The ego believes in atonement through attack, being fully committed to the insane notion that attack is salvation.
 エゴは攻撃することで罪を償うことができると信じています。それは、エゴが攻撃こそが救済であるという狂気の考えに全面的に入れ込んでいるからです。

 And you who cherish guilt must also believe it, for how else but by identifying with the ego could you hold dear what you do not want?
 そして、罪悪感を大切にしている以上は、あなたも攻撃こそが救済であると信じ込んでいるに違いありません。というのも、エゴと同一化することなくして、あなたが自分の欲しくもないものを大切にするはずがないからです。


名称未設定

11. The ego teaches you to attack yourself because you are guilty, and this must increase the guilt, for guilt is the result of attack.
 エゴは、あなたは有罪なのだから自分自身を攻撃するようにとあなたに教えます。そして、この教えに従うと、罪悪感は増大するに違いありません。なぜなら、罪悪感は攻撃の結果だからです。

 In the ego's teaching, then, there is no escape from guilt.
 したがって、エゴの教えの中には、罪悪感から逃れる道はありません。

 For attack makes guilt real, and if it is real there is no way to overcome it.
 というのは、攻撃が罪悪感を現実のものにするので、もし罪悪感が現実にあるとしたら、罪悪感を克服する方法など存在しないはずだからです。

 The Holy Spirit dispels it simply through the calm recognition that it has never been.
 聖霊は単に、罪は一度も存在したことがないと冷静に認識することを通して、罪悪感を払いのけてくれます。

 As he looks upon the guiltless Son of God, he knows that this is true.
 聖霊は罪のない神の子を見ているので、聖霊はこれが真実だと知っています。

 And being true for you, you cannot attack yourself, for without guilt attack is impossible.
 そして、神の子に罪がないことは、あなたにとっても真実なのだから、あなたは自分自身を攻撃できないはずです。というのは、罪悪感なくして攻撃することは不可能だからです。

 You, then, are saved because God's Son is guiltless.
 したがって、神の子が無罪であるがゆえに、あなたは救われていることになります。

 And being wholly pure, you are invulnerable.
 そして、完全に純粋無垢であるゆえに、あなたは傷つくことのない不死の存在なのです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/630-cb1fad69
該当の記事は見つかりませんでした。