There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T12-3 現実への投資

0   0

今回は、テキスト第十二章から、現実への投資という一節をご紹介します。





テキスト第十二章

III. The Investment in Reality
三 現実への投資







1. I once asked you to sell all you have and give to the poor and follow me.
 私はかつて、あなたたちに自分の所有するすべてのものを売り払って貧しい人々に与えてから、私に付き従うようにと求めました。

 This is what I meant: If you have no investment in anything in this world, you can teach the poor where their treasure is.
 私が言わんとしたのは次のことです。それは、もしあなたがこの世界において何ものにも期待して思いを注ぎ込んで投資していないなら、あなたは貧しい人々に彼らの宝がどこにあるのか教えることができるということです。

 The poor are merely those who have invested wrongly, and they are poor indeed!
 貧しい人々とは、単に間違って投資してしまった者たちのことでしかありませんが、彼らが貧しいということは確かです。

 Because they are in need it is given you to help them, since you are among them.
 彼らは必要に迫られているので、あなたには彼らを手助けする機会が与えられているのです。なぜなら、あなたも彼らの中のひとりだからです。

 Consider how perfectly your lesson would be learned if you were unwilling to share their poverty.
 もしあなたが彼らの貧しさを共有することを不本意に思うようになったなら、そのとき、自分がいかに申し分なくレッスンを学ぶようになるか、よく考えてみるとよいでしょう。

 For poverty is lack, and there is but one lack since there is but one need.
 というのは、貧しいということは欠乏しているということですが、必要なものはひとつしかないので、欠乏しているものもひとつしかないからです。




2. Suppose a brother insists on having you do something you think you do not want to do.
 仮にある兄弟が、あなたが自分ではやりたくないと思うことをあなたにして欲しいと、しつこく要求していると考えてみましょう。

 His very insistence should tell you that he believes salvation lies in it.
 彼が実に執拗であること自体が、あなたがそれをすることに自分の救いがかかっているものとその兄弟が信じていることを物語っているはずです。

 If you insist on refusing and experience a quick response of opposition, you are believing that your salvation lies in not doing it.
 もしあなたが兄弟の求めを断固として拒絶しようとして即座に抵抗感を覚えたとすれば、あなたは兄弟の求めることをしないでいることにこそ自らの救いがあると信じていることになります。

 You, then, are making the same mistake he is, and are making his error real to both of you.
 そのとき、あなたは自分の兄弟が犯しているのと同じ過ちを犯していることになり、その兄弟の誤りをあなたたち双方にとっての現実にしてしまうことになります。

 Insistence means investment, and what you invest in is always related to your notion of salvation.
 強く主張することは何かに期待して思いを注ぎ込んでいることを意味します。そして、あなたが何に対して思いを投資するかということはつねに、あなたが救いのことをどのように考えているのかということと関連しています。

 The question is always twofold; first, what is to be saved?
 質問は必ず二段構えになっています。第一は、何が救われるべきなのかという質問です。

 And second, how can it be saved?
 そして第二は、どのようにすれば、それは救われうるだろうかという質問です。

名称未設定


3. Whenever you become angry with a brother, for whatever reason, you are believing that the ego is to be saved, and to be saved by attack.
 それがどんな理由にせよ、あなたが兄弟に怒りを覚えるときには必ず、あなたはエゴが救われるべきで、それも攻撃することによって救われるべきだと信じているのです。

 If he attacks, you are agreeing with this belief; and if you attack, you are reinforcing it.
 もし兄弟が攻撃するなら、あなたはこう信じることに同意しているのだし、もしあなたが攻撃するなら、あなたはこの信念を増強していることになります。

 Remember that those who attack are poor.
 攻撃する者は貧しいということを覚えておきなさい。

 Their poverty asks for gifts, not for further impoverishment.
 もっとも、彼らの貧しさは、よりいっそう貧しくなることを求めているわけではなく、贈り物を求めているのです。

 You who could help them are surely acting destructively if you accept their poverty as yours.
 彼らを助けることのできたはずのあなたが、もし彼らの貧しさを自分のものとして受け入れるとすれば、あなたは破壊的に振る舞っているといって間違いありません。

 If you had not invested as they had, it would never occur to you to overlook their need.
 もしあなたが彼らがそうしたように思いを注ぎ込んで投資していなかったなら、あなたが彼らが必要としているものを見過ごしてしまうことなど決してなかったはずです。




4. Recognize what does not matter, and if your brothers ask you for something "outrageous," do it because it does not matter.
 重要でないものを見極めなさい。そして、もしあなたの兄弟たちがあなたに何か「とんでもないこと」を求めるなら、それはどうでもよいことなのだから、求められるがままにそれをしてあげればよいのです。

 Refuse, and your opposition establishes that it does matter to you.
 それを拒絶するなら、あなたが反対すること自体が、あなたにとってそれが重要であることを確かなものにしてしまいます。

 It is only you, therefore, who have made the request outrageous, and every request of a brother is for you.
 したがって、兄弟の頼み事をとんでもないことにしてしまったのは、あなたにほかならないということです。そして、兄弟からの願いは、ひとつ残らずあなたのためになるものなのです。

 Why would you insist in denying him?
 あなたはなぜ、頑として兄弟を拒もうとするのでしょうか。

 For to do so is to deny yourself and impoverish both.
 というのも、兄弟を拒むことはあなた自身を拒むことであり、あなたと兄弟の両方を貧しくすることになってしまうからです。

 He is asking for salvation, as you are.
 その兄弟は、あなたと同じように、救いを求めているのです。

 Poverty is of the ego, and never of God.
 貧困はエゴから生じるものであり、決して神から来るものではありません。

 No "outrageous" requests can be made of one who recognizes what is valuable and wants to accept nothing else.
 何が価値あるものであるか認識し、それ以外には何ものも受け入れることを望まない者から「とんでもない」要求が出されることなどありえません。

名称未設定


5. Salvation is for the mind, and it is attained through peace.
 救いは心のためのものであり、それは平安を通して得られます。

 This is the only thing that can be saved and the only way to save it.
 心だけが救われうる唯一のものであり、平安こそが心を救うただひとつの方法です。

 Any response other than love arises from a confusion about the "what" and the "how" of salvation, and this is the only answer.
 愛以外のどんな反応も、「何が」、「どのようにして」救われるのかについて混乱することから生じるのであって、愛だけがその唯一の答えです。

 Never lose sight of this, and never allow yourself to believe, even for an instant, that there is another answer.
 決してこのことを見失ってはなりません。そして、たとえ一瞬でも、別の答えが存在するなどと自分が信じることを許してはなりません。

 For you will surely place yourself among the poor, who do not understand that they dwell in abundance and that salvation is come.
 というのも、さもないと、あなたはきっと自分自身を貧しい者の仲間だと位置づけてしまうからです。その貧しい者たちは、自分がすでに豊かさの中に生きており、救いが到来していることを理解していない者たちのことです。




6. To identify with the ego is to attack yourself and make yourself poor.
 自分をエゴと同一視することは、あなた自身を攻撃し、あなた自身を貧しくすることです。

 That is why everyone who identifies with the ego feels deprived.
 だからこそ、エゴと一体化する者は誰もみな、自分が奪われて欠乏していると感じるのです。

 What he experiences then is depression or anger, because what he did was to exchange self-love for self-hate, making him afraid of himself.
 それゆえ、エゴと一体化する者は憂鬱になったり怒りを感じたりします。なぜなら、彼がなしたのは、自己愛を自己嫌悪と交換して、自分に自分自身のことを恐れさせることだったからです。

 He does not realize this.
 彼には、このことがわかっていません。

 Even if he is fully aware of anxiety he does not perceive its source as his own ego identification, and he always tries to handle it by making some sort of insane "arrangement" with the world.
 たとえ彼が自分の心が不安で落ち着かないことに十分気づいているとしても、彼が、その元凶が自分自身がエゴと同一化しているせいだと知覚することはありません。そして、彼はつねに、この世界と何らかの狂気の「協定」を結ぶことでこの不安を処理しようとします。

 He always perceives this world as outside himself, for this is crucial to his adjustment.
 彼は必ず、この世界は自分自身の外側にあるものと知覚します。というのも、そう知覚することが、彼がこの世界に適応するために決定的に重要なことだからです。

 He does not realize that he makes this world, for there is no world outside of him.
 彼の外側には世界などどこにも存在しないのだから、彼は自分がこの世界を作り出していることに気づいていないのです。

名称未設定


7. If only the loving thoughts of God's Son are the world's reality, the real world must be in his mind.
 もし神の子の愛に満ちた思いだけがこの世界の本当の姿なのだとすれば、真の世界は神の子の心の中にあるに違いありません。

 His insane thoughts, too, must be in his mind, but an internal conflict of this magnitude he cannot tolerate.
 神の子の狂気の思いもまた、彼の心の中にあるに違いありません。しかし、彼には、こんなにも大規模な内面的な葛藤に耐えることができません。

 A split mind is endangered, and the recognition that it encompasses completely opposed thoughts within itself is intolerable.
 分裂した心は危機に瀕します。そして、分裂した心にとって、その心自体の中に完全に対立する思いを抱えていると認識することは耐えきれないことです。

 Therefore the mind projects the split, not the reality.
 そこで、心は現実ではなく、分裂のほうを投影することになります。

 Everything you perceive as the outside world is merely your attempt to maintain your ego identification, for everyone believes that identification is salvation.
 あなたが自分の外側にある世界として知覚しているすべての物事は、単に自分のエゴとの一体化を持続しようとするあなたの試みでしかありません。というのは、誰もがみなエゴとの同一化こそが救いであると信じているからです。

 Yet consider what has happened, for thoughts do have consequences to the thinker.
 しかし、その結果、何が起こったのかよく考えてみてください。なぜなら、思いがその思いを抱く者に何らかの結果をもたらすことは確かなことだからです。

 You have become at odds with the world as you perceive it, because you think it is antagonistic to you.
 あなたは自分の知覚する世界と対立するようになったのです。なぜなら、あなたは世界が自分に対して敵意を持っていると思っているからです。

 This is a necessary consequence of what you have done.
 これが、あなたのなしたことの必然的な結果です。

 You have projected outward what is antagonistic to what is inward, and therefore you would have to perceive it this way.
 あなたは自分の内面にあるものと相容れないものを外側に向けて投影しました。そのせいで、あなたは世界をこんなふうに知覚せざるをえなくなったのです。

 That is why you must realize that your hatred is in your mind and not outside it before you can get rid of it; and why you must get rid of it before you can perceive the world as it really is.
 これが、あなたが自分の憎しみを取り除くためには、その前に、自分の憎しみは自分の心の中にあるのであって自分の心の外にあるわけではないと理解しなければならない理由です。そして、これが、あなたが世界を本当にあるがままに知覚できるようになるためには、その前に、あなたが自分の憎しみを取り除かなければならない理由です。




8. I said before that God so loved the world that he gave it to his only begotten Son.
 私は前に、神はそれを自らのひとり子に与えるほどに、世界をこよなく愛したと述べました。

 God does love the real world, and those who perceive its reality cannot see the world of death.
 神は確かに真の世界を愛しています。そして、この真の世界の実在性を知覚する者たちには、の世界を見ることはできません。

 For death is not of the real world, in which everything reflects the eternal.
 というのも、は、すべてのものが永遠を反映している真の世界に属するものではないからです。

 God gave you the real world in exchange for the one you made out of your split mind, and which is the symbol of death.
 神は、あなたが自らの分裂した心から作り出したの象徴である世界と引き替えに、あなたに真の世界を与えてくれたのです。

 For if you could really separate yourself from the Mind of God you would die.
 というのは、もしあなたが本当に自分自身を神の大いなる心から切り離すことができたとしたら、あなたはんでしまうはずだからです。

名称未設定


9. The world you perceive is a world of separation.
 あなたの知覚しているこの世界は、分離の世界です。

 Perhaps you are willing to accept even death to deny your Father.
 おそらくあなたは自らの大いなる父を否認するためであれば、すらも進んで受け入れることを厭わないでしょう。

 Yet he would not have it so, and so it is not so.
 しかし、神はそのようなことを意図しませんでした。だから、現にそのようにはなっていません。

 You still cannot will against him, and that is why you have no control over the world you made.
 あなたは今なお、神に反して意図することなどできません。だから、それゆえに、あなたは自分で作った世界に対してまったくコントロールを及ぼすことができないのです。

 It is not a world of will because it is governed by the desire to be unlike God, and this desire is not will.
 あなたの作り出した世界は、意志の世界ではありません。なぜなら、あなたの作った世界は、神とは違ったものになりたいという強い願望によって支配されており、こんな願望は意志ではないからです。

 The world you made is therefore totally chaotic, governed by arbitrary and senseless "laws," and without meaning of any kind.
 それゆえ、あなたの作り出した世界はまったくの混沌状態にあり、その世界は恣意的で無意味な「法則」によって統治されているので、いかなる意味もありません。

 For it is made out of what you do not want, projected from your mind because you are afraid of it.
 というのも、あなたの作った世界は、あなたがそれに恐れるがゆえに自分の心から投影したあなたの望まないものによって作り上げられているからです。

 Yet this world is only in the mind of its maker, along with his real salvation.
 しかし、こんな世界はただその作り主の心の中にだけ存在するのであって、その作り主の心の中には彼の真の救済も共に存在しているのです。

 Do not believe it is outside of yourself, for only by recognizing where it is will you gain control over it.
 世界が自分の外側にあるなどと信じてはなりません。なぜなら、ただ世界がどこにあるのか認識することによってのみ、あなたは世界にコントロールを及ぼす力を得ることになるからです。

 For you do have control over your mind, since the mind is the mechanism of decision.
 というのも、心とは物事を決定する仕組みなので、あなたは自分の心であればコントロールする力を持っていることは確かなことだからです。




10. If you will recognize that all the attack you perceive is in your own mind and nowhere else, you will at last have placed its source, and where it begins it must end.
 もしあなたが自分が知覚する攻撃はすべて自分自身の心の中にあり、自分の心の中以外のどこにもないと認識するようになるなら、あなたはついに攻撃の源を探り当てたことになります。そして、攻撃は、それが始まるところで必ず終わることになります。

 For in this same place also lies salvation.
 なぜなら、その同じ場所に救いも見出されるからです。

 The altar of God where Christ abideth is there.
 そこにはキリストの住む神の祭壇があります。

 You have defiled the altar, but not the world.
 あなたは、祭壇を穢してしまいましたが、世界を穢してはいません。

 Yet Christ has placed the Atonement on the altar for you.
 しかし、キリストはあなたのために、その祭壇に贖罪を置いてくれています。

 Bring your perceptions of the world to this altar, for it is the altar to truth.
 世界についてのあなたの知覚をこの祭壇に持ってきてください。なぜなら、この祭壇は真理への祭壇だからです。

 There you will see your vision changed, and there you will learn to see truly.
 この祭壇において、あなたは自分の視覚が変容するのがわかるでしょう。そして、この祭壇で、あなたは真に見ることを学ぶようになります。

 From this place, where God and his Son dwell in peace and where you are welcome, you will look out in peace and behold the world truly.
 神と神の子が平安のうちに住み、あなたが喜びをもって歓迎されるこの場所から、あなたは心安らかに外に目を向けて、世界を真に見ることになります。

 Yet to find the place, you must relinquish your investment in the world as you project it, allowing the Holy Spirit to extend the real world to you from the altar of God.
 しかし、その場所を見つけるためには、あなたは自分が投影している世界へと自分が注ぎ込んできた投資を放棄して、聖霊が真の世界を神の祭壇からあなたへと拡張することができるようにしなければなりません。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/633-e7a269e6
該当の記事は見つかりませんでした。