There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T14-Intro,1 学習のための条件

テキスト第十四章から、序文と第一節をご紹介します。


Chapter 14

TEACHING FOR TRUTH
第十四章 真理のための教え

Introduction
序論



 Yes, you are blessed indeed.
 本当に、あなたが恵まれているというのは確かなことです。

 Yet in this world you do not know it.
 もっとも、この世界の中においては、あなたには自分が恵まれていることがわかりません。

 But you have the means for learning it and seeing it quite clearly.
 しかし、あなたには自分が恵まれていることを学び、自分が恵まれていることをきわめて明確に理解するための方法があります。

 The Holy Spirit uses logic as easily and as well as does the ego, except that his conclusions are not insane.
 聖霊は、エゴがなすのと同じようにやすやすと、そして巧みに論理を用います。ただし、聖霊の出す結論は狂っていないという違いがあります。

 They take a direction exactly opposite, pointing as clearly to Heaven as the ego points to darkness and to death.
 聖霊とエゴは正反対の帰結を辿ります。エゴの結論が確実に闇と死を指し示しているのに対して、聖霊の結論は同じくらい確実に天国の方向を指し示しています。

 We have followed much of the ego's logic, and have seen its logical conclusions.
 私たちは、今までエゴの論理の大筋を後追いして辿り、その論理的な帰結を見てきました。

 And having seen them, we have realized that they cannot be seen except in illusions, for there alone their seeming clearness seems to be clearly seen.
 エゴの論理的帰結を見たからこそ、私たちは、そんな帰結は幻想の中でしか見ることのできないものだと悟ったのです。なぜなら、幻想の中においてのみ、エゴの論理的帰結が一見すると明晰なものであるように思えるからです。

 Let us now turn away from them, and follow the simple logic by which the Holy Spirit teaches the simple conclusions that speak for truth, and only truth.
 今こそ私たちで、エゴの論理的帰結から目を背け、聖霊がそれを用いて、真理を、そしてただ真理のみを語る単純な帰結を教えようとする簡単な論理を追っていくことにしましょう。




I. The Conditions of Learning
一 学びのための条件


1. If you are blessed and do not know it, you need to learn it must be so.
 もしあなたが恵まれているにもかかわらず、自分が恵まれていることを知らないとすれば、あなたは自分が恵まれているに違いないと学ぶ必要があります。

 The knowledge is not taught, but its conditions must be acquired for it is they that have been thrown away.
 知識は教わるものではありませんが、知識を得るための条件は習得されなければなりません。なぜなら、投げ捨てられてしまっているのはこれらの知識条件だからです。

 You can learn to bless, and cannot give what you have not.
 あなたは祝福して恵みを与えることを学ぶことができます。そして、あなたには自分の持っていないものを与えることはできません。

 If, then, you offer blessing, it must have come first to yourself.
 そうだとすれば、もしあなたが恵みを差し延べるなら、そのとき、恵みはまず先にあなた自身の許に訪れているはずです。

 And you must also have accepted it as yours, for how else could you give it away?
 そしてまた、あなたは、その恵みを自分のものとして受け入れているはずです。なぜなら、そうでなければ、あなたにはその恵みを人に与えることなどできないからです。

 That is why miracles offer you the testimony that you are blessed.
 このようにして、奇跡はあなたに自分が恵まれているということを証明してくれるのです。

 If what you offer is complete forgiveness you must have let guilt go, accepting the Atonement for yourself and learning you are guiltless.
 もしあなたが捧げるものが完全な赦しであるとすれば、あなたは自分自身のために贖罪を受け入れ、自分が罪なき者であると学んで、すでに罪悪感を手放しているに違いありません。

 How could you learn what has been done for you, unknown to you, unless you do what you would have to do if it had been done for you?
 もしそれが自分のためにすでに成し遂げられているとすれば、自分がしなければならないはずのことをする以外に、あなたのためにすでになされているけれど、あなたが知らずにいることを学ぶためにどんな方法があるでしょうか。


名称未設定

2. Indirect proof of truth is needed in a world made of denial and without direction.
 否認によって成り立つ方向性の定まらない世界においては、間接的に真理を証明する必要があります。

 You will perceive the need for this if you realize that to deny is the decision not to know.
 もしあなたが否認することが知らずにいると決断することだと気づいたなら、あなたは間接的に真理を証明する必要があることを認めることでしょう。

 The logic of the world must therefore lead to nothing, for its goal is nothing.
 したがって、この世界の論理は必ず無に帰結することになります。というもの、この世界の論理の目標は無だからです。

 If you decide to have and give and be nothing except a dream, you must direct your thoughts unto oblivion.
 もしあなたが以外には何も手に入れず、以外には何も与えず、以外の何ものにもなろうとしないと決断するなら、あなたは自分の思考を忘却へと向かわせなければなりません。

 And if you have and give and are everything, and all this has been denied, your thought system is closed off and wholly separated from the truth.
 そして、もしあなたがあらゆるものを持ち、あらゆるものを与え、そして、あなた自身があらゆるものであるとしても、このことがすべて否認されてきたのだとすれば、あなたの思考システムは閉鎖され、真理から完全に切り離されてしまっているということになります。

 This is an insane world, and do not underestimate the extent of its insanity.
 これこそ狂気の世界です。そして、その狂気の程度を見くびってはなりません。

 There is no area of your perception that it has not touched, and your dream is sacred to you.
 あなたの知覚でその狂気に冒されていない領域など一切ありません。だから、あなたにとっては自分のこそが神聖なものなのです。

 That is why God placed the Holy Spirit in you, where you placed the dream.
 このゆえにこそ、あなたがそんなを置いた場所であるあなた自身の中に、神は聖霊を宿らせてくれたのです。




3. Seeing is always outward.
 見るということは、つねに自分の外側へと向かいます。

 Were your thoughts wholly of you, the thought system you made would be forever dark.
 あなたの思考が全面的にあなたに由来し属するものであるとすれば、あなたの作った思考システムは永遠に闇のままになっていたことでしょう。

 The thoughts the mind of God's Son projects or extends have all the power that he gives to them.
 神の子の心が投影したり拡張したりする思いには、神の子がそれらの思いに与える力のすべてが備わっています。

 The thoughts he shares with God are beyond his belief, but those he made are his beliefs.
 自分が神と共有する思いは神の子には信じがたいことですが、自分が作り出した思いであれば、神の子にも信じられることです。

 And it is these, and not the truth, that he has chosen to defend and love.
 そして、神の子が防衛し、愛することを選んだのは、真理ではなく、こんな信念のほうなのです。

 They will not be taken from him.
 自分で作り出した信念が神の子から取り上げられてしまうことはありません。

 But they can be given up by him, for the Source of their undoing is in him.
 しかし、神の子が自分で作り出した信念を手放すことは可能です。なぜなら、それらの信念を取り消す大いなる源が彼の中にあるからです。

 There is nothing in the world to teach him that the logic of the world is totally insane and leads to nothing.
 この世界の論理がまったくの狂気であり、無に導くだけのものだと神の子に教えてくれるものは、この世界の中には何ひとつ存在しません。

 Yet in him who made this insane logic there is One Who knows it leads to nothing, for he knows everything.
 しかし、こんな狂気の論理を作った当の神の子本人の心の中には、その論理が無に帰結すると知る大いなる存在がいます。なぜなら、その聖霊にはすべてのことがわかっているからです。

名称未設定


4. Any direction that would lead you where the Holy Spirit leads you not, goes nowhere.
 それがどんな導きであろうとも、聖霊があなたを導こうとしない方向にあなたを導くなら、どこにも行き着くことはありません。

 Anything you deny that he knows to be true you have denied yourself, and he must therefore teach you not to deny it.
 何事であれ聖霊が真理であると知っていることをあなたが否認するなら、あなたは自分自身を否認したことになります。したがって、聖霊はあなたに真理を否認しないように教えなければなりません。

 Undoing is indirect, as doing is.
 行うことが間接的になされるように、取り消すことも間接的になされます。

 You were created only to create, neither to see nor do.
 あなたはただ創造するためにだけ創造されたのであり、見るために創造されたわけでも、行うために創造されたわけでもありません。

 These are but indirect expressions of the will to live, which has been blocked by the capricious and unholy whim of death and murder that your Father does not share with you.
 見ることや行うことは、ただ生きようとする意志の間接的な発露にすぎません。この生きる意志は、あなたの大いなる父があなたと分かち合うことのない、死や殺人のような衝動的で不浄な気まぐれによって妨げられてきました。

 You have set yourself the task of sharing what cannot be shared.
 あなたは、共有できないものを共有しようとする重荷を自分で背負い込んでしまっています。

 And while you think it possible to learn to do this, you will not believe all that is possible to learn to do.
 そして、あなたが共有できないものを共有するという課題を学ぶことが可能だと思っているかぎり、あなたは自分が学べばできるようになることのすべてを信じようとはしないでしょう。




5. The Holy Spirit, therefore, must begin his teaching by showing you what you can never learn.
 そこで、聖霊は、あなたには絶対に学ぶことができないものを示すことから、自らの教えを始めなければなりません。

 His message is not indirect, but he must introduce the simple truth into a thought system which has become so twisted and so complex you cannot see that it means nothing.
 聖霊のメッセージは間接的なものではありません。しかし、あまりに捻じ曲がり、あまりに複雑化してしまっているために、それが無意味であることが理解できなくなってしまっているあなたの思考システムの中に、聖霊は単純な真理を導入しなければなりません。

 He merely looks at its foundation and dismisses it.
 聖霊は単にあなたの思考システムの基礎部分を見て、それを去らせるだけです。

 But you who cannot undo what you have made cannot see through it.
 しかし、自分で作り出したものを取り消すことができずにいるあなたには、その思考システムを見通すことができません。

 It deceives you, because you chose to deceive yourself.
 あなたの思考システムはあなたのことを騙してしまいます。なぜなら、あなたが自分自身を騙すことを選んだからです。

 Those who choose to be deceived will merely attack direct approaches, because they seem to encroach upon deception and strike at it.
 騙されることを選択した者たちは、直接的に近づいてくるものを攻撃するだけです。なぜなら、直接的に接近するものは、欺瞞の中に侵入して、それに打ってかかるように思えるからです。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
条件学び恵み知識聖霊真理狂気思考システム信念

Comments 0

Leave a reply