There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T23-3 妥協することのない救済

テキスト第二十三章から妥協することのない救済という一節をご紹介します。






テキスト第二十三章

III. Salvation without Compromise
妥協することのない救済



1. Is it not true you do not recognize some of the forms attack can take?
 攻撃がとる形次第では、あなたがそれが攻撃だとは気づかないこともあるというのは、本当のことではないでしょうか。

 If it is true attack in any form will hurt you, and will do so just as much as in another form that you do recognize, then it must follow that you do not always recognize the source of pain.
 もしどのような形であれ、攻撃があなたを傷づけ、あなたが確かに攻撃だとわかるような別の形の攻撃と同じくらいあなたを傷つけるというのが本当だとすれば、あなたはつねに苦しみの源を認識しているとはいえないという結論が出せます。

 Attack in any form is equally destructive.
 どんな形をとろうとも、攻撃は等しく破壊的なものです。

 Its purpose does not change.
 攻撃の目的が変わることはありません。

 Its sole intent is murder, and what form of murder serves to cover the massive guilt and frantic fear of punishment the murderer must feel?
 攻撃の唯一の目的は殺人です。そして、いったいどんな形の殺害であれば、殺人者が感じるに違いない、殺害に当然に伴うとてつもない罪悪感や気が狂いそうになるほどの処罰への恐怖を覆い隠すのに役立つというのでしょうか。

 He may deny he is a murderer and justify his savagery with smiles as he attacks.
 その人は、自分は人殺しではないと否認したり、攻撃する際に笑顔でいることで、自らの蛮行を正当化したりしようとするかもしれません。

 Yet he will suffer, and will look on his intent in nightmares where the smiles are gone, and where the purpose rises to meet his horrified awareness and pursue him still.
 それでも、彼は確かに苦しむことになるし、自分の殺意を悪夢の中で見つめることになり、その夢の中では、笑顔は消え去り、殺すという目的が思い浮かんできては、彼の恐れおののく自覚に直面し、なおも彼を追いかけてきます。

 For no one thinks of murder and escapes the guilt the thought entails.
 というのは、殺すという思いを抱きながら、そんな思いに必然的に伴う罪悪感を免れる者は、誰ひとりいないからです。

 If the intent is death, what matter the form it takes?
 もし意図しているのが死であるなら、それがどんな形をとろうと関係ありません。




2. Is death in any form, however lovely and charitable it may seem to be, a blessing and a sign the Voice for God speaks through you to your brother?
 いかなる形であれ、どんなにそれがに満ちて慈悲深いものに見えようとも、死が祝福であって、あなたを通して、あなたの兄弟に語りかける神を代弁する大いなる声の印だなどということがあるでしょうか。

 The wrapping does not make the gift you give.
 包み紙が、あなたが与える贈り物を作り出してくれるわけではありません。

 An empty box, however beautiful and gently given, still contains nothing.
 空っぽの箱は、どれほど美しかろうが、どんなに優しく与えられようが、中には何も入ってはいないままなのです。

 And neither the receiver nor the giver is long deceived.
 そして、受け取るほうも与えるほうも、いつまでも騙されたままではいません。

 Withhold forgiveness from your brother and you attack him.
 自分の兄弟に赦しを与えずにおくとき、あなたは彼のことを攻撃しているのです。

 You give him nothing, and receive of him but what you gave.
 あなたは兄弟にを与え、そして、兄弟から自分が与えたを受け取るだけです。


名称未設定

3. Salvation is no compromise of any kind.
 救済とは、いかなる種類の妥協でもありません。

 To compromise is to accept but part of what you want; to take a little and give up the rest.
 妥協することは、あなたが望むことを部分的にのみ受け入れること、つまり、少しだけ手に入れて残りは諦めることです。

 Salvation gives up nothing.
 これに対して、救いは何ひとつ諦めません。

 It is complete for everyone.
 救済は、誰にとっても完全なものです。

 Let the idea of compromise but enter, and the awareness of salvation's purpose is lost because it is not recognized.
 妥協という思いが入りこむのを容認するだけで、救済の目的を見分けられなくなるので、救済の目的の自覚は失われてしまいます。

 It is denied where compromise has been accepted, for compromise is the belief salvation is impossible.
 妥協を受け入れたら、救済の目的を否認することになります。というのも、妥協することは、救いは不可能だと信じることだからです。

 It would maintain you can attack a little, love a little, and know the difference.
 妥協は、あなたには少しだけ攻撃したり、少しだけしたりできるし、その違いを知ることもできると主張します。

 Thus it would teach a little of the same can still be different, and yet the same remain intact, as one.
 こうして、妥協は、同じもののごく一部だけを違うものにしておくことが可能で、それでいて、同じものは損なわれることなく、ひとつものであり続けることが可能だと教えようというのです。

 Does this make sense?
 こんなことが意味をなすでしょうか。

 Can it be understood?
 これは理解できることでしょうか。




4. This course is easy just because it makes no compromise.
 このコースが簡単であるのはまさに、まったく妥協しないからなのです。

 Yet it seems difficult to those who still believe that compromise is possible.
 ただし、いまだに妥協することが可能だと信じている者にとっては、このコースは難しく見えます。

 They do not see that, if it is, salvation is attack.
 もし妥協が可能だとすれば、救済とは攻撃であるということになってしまうことが彼らにはわかりません。

 Yet it is certain the belief that salvation is impossible cannot uphold a quiet, calm assurance it has come.
 しかし、救済は不可能だと信じていたら、すでに救いが訪れているという静かで穏やかな確信を維持できないことは確かです。

 Forgiveness cannot be withheld a little.
 赦しを少しだけ与えずにおくということはできません。

 Nor is it possible to attack for this and love for that and understand forgiveness.
 それに、このことについては攻撃するけれど、あのことについてはする、としておきながら、赦しを理解しようとしても、それは不可能というものです。

 Would you not want to recognize assault upon your peace in any form, if only thus does it become impossible that you lose sight of it?
 もし平安に対する攻撃を認識することによってのみ、あなたが平安を見失うことが不可能になるのだとすれば、あなたはどのような形であれ自分の平安に対する攻撃を認識したいとは思わないでしょうか。

 It can be kept shining before your vision, forever clear and never out of sight, if you defend it not.
 あなたが平安を守ろうとしなければ、平安は、あなたのヴィジョンの前で、永遠にはっきりと決して見失われることなく、その輝きを保ち続けることができるのです。


名称未設定

5. Those who believe that peace can be defended, and that attack is justified on its behalf, cannot perceive it lies within them.
 平安を防衛することができると信じ、そのための攻撃を正当化できると信じる者には、平安が自分の内にあることが知覚できません。

 How could they know?
 どうして彼らにわかるというのでしょう。

 Could they accept forgiveness side by side with the belief that murder takes some forms by which their peace is saved?
 自分たちの平安が事に守られるのであれば、何らかの形での殺人もその手段となりうるという信念を抱きながら、それでいて、その彼らが同時に赦しを受け入れることなどできるでしょうか。

 Would they be willing to accept the fact their savage purpose is directed against themselves?
 彼らが、自分たちの残忍な目的が、自分たち自身に向けられているという事実を進んで受け入れようとするでしょうか。

 No one unites with enemies, nor is at one with them in purpose.
 誰しも、敵と手を結ぶことはないし、敵と同じひとつの目的を持つこともありません。

 And no one compromises with an enemy but hates him still, for what he kept from him.
 それに、敵と妥協する者は誰でも、敵がまだ自分に与えずに保っているもののゆえに、敵のことを憎まずにはいられません。




6. Mistake not truce for peace, nor compromise for the escape from conflict.
 休戦を平和と取り違えてはなりません。また、争いから逃れるために妥協してもなりません。

 To be released from conflict means that it is over.
 争いから解放されることは、葛藤が終わったことを意味します。

 The door is open; you have left the battleground.
 扉が開かれ、あなたはその戦場から立ち去ったのです。

 You have not lingered there in cowering hope that it will not return because the guns are stilled an instant, and the fear that haunts the place of death is not apparent.
 あなたは、銃声が一瞬の間静まり、死に場所につきまとう恐怖が姿を見せなくなったからといって、恐怖に身をすくめて再び戦闘が始まることがないようにと期待しながら、ぐずぐず戦場に留まるようなことをしなかったということです。

 There is no safety in a battleground.
 戦場には、いかなる安全も存在しません。

 You can look down on it in safety from above and not be touched.
 あなたは、戦場の上空からであれば、戦場を安全に見下ろせるし、影響を受けずに済みます。

 But from within it you can find no safety.
 しかし、戦場のさなかにあっては、あなたはいかなる安全も見出せません。

 Not one tree left still standing will shelter you.
 いまだに残って立っている木はどれひとつとして、あなたの避難所にはなりません。

 Not one illusion of protection stands against the faith in murder.
 守られているという錯覚は、何ひとつ、殺害という信仰に対抗できません。

 Here stands the body, torn between the natural desire to communicate and the unnatural intent to murder and to die.
 ここでは、身体は、コミュニケーションを取りたいという自然な願望と、殺したり死にたいという不自然な意図とに引き裂かれてしまっています。

 Think you the form that murder takes can offer safety?
 あなたは、それがとる形態によっては、殺人が安全をもたらすことができると思っているのでしょうか。

 Can guilt be absent from a battlefield?
 戦場から罪悪感がなくなることなどありうるでしょうか。

名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
攻撃殺人罪悪感恐れ赦し妥協救済救い

Comments 0

Leave a reply