There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T25-Intro 真理への絆

今回は、テキスト第二十五章の序文と真理への絆という一節をご紹介します。




Chapter 25 THE JUSTICE OF GOD
第二十五章 神の正義


Introduction
序論


1. The Christ in you inhabits not a body.
 あなたの中にいるキリストは、身体に宿っているわけではありません。

 Yet He is in you.
 それでも、キリストはあなたの中にいます。

 And thus it must be that you are not within a body.
 そうだとすれば、あなたは身体の中にはいないに違いありません。

 What is within you cannot be outside.
 あなたの中にいるものが外にいるはずがないからです。

 And it is certain that you cannot be apart from what is at the very center of your life.
 それに、あなたが自分の生命のまさに中心にあるものから離れることなどできないのも確かなことです。

 What gives you life cannot be housed in death.
 あなたに生命を与えるものを、死の中に閉じこめることなどできません。

 No more can you.
 あなたについても同様です。

 Christ is within a frame of Holiness whose only purpose is that He may be made manifest to those who know Him not, that He may call to them to come to Him and see Him where they thought their bodies were.
 キリストは神聖さの枠内にあり、その唯一の目的は、キリストを知らない者たちに自らをはっきりと現し、そうして彼らにキリストの許に来て、彼らが自分たちの身体があると思っていたところにキリストを見るようにと呼びかけることだけです。

 Then will their bodies melt away, that they may frame His Holiness in them.
 そうすれば、彼らの中にキリストの神聖さが縁どられるように、彼らの身体はいつの間にか消え去るでしょう。




2. No one who carries Christ in him can fail to recognize Him everywhere.
 自らの内にキリストを携えている者は誰も、あらゆるところにキリストを認識し損ねることはありえません。

 Except in bodies.
 ただし、身体の中は別です。

 And as long as he believes he is in a body, where he thinks he is He cannot be.
 だから、その人が自分が身体の中にいると信じている間は、彼はキリストが存在しえない場所に自分がいると思っているのです。

 And so he carries Him unknowingly, and does not make Him manifest.
 したがって、彼はキリストを携えていることを知らずにいるので、キリストを顕現することはありません。

 And thus he does not recognize Him where He is.
 それゆえに、彼は、キリストがいるところでキリストに気づくことがありません。

 The son of man is not the risen Christ.
 人の子は、よみがえったキリストではありません。

 Yet does the Son of God abide exactly where he is, and walks with him within his holiness, as plain to see as is his specialness set forth within his body.
 しかし、神の子は人の子がいるまさにその場所に留まっており、自らの神聖さの中を人の子とともに歩んでおり、それは人の子の身体の中に現れている特別性と同じくらい、はっきり見ることができます。

名称未設定


3. The body needs no healing.
 身体にはいかなる癒しも必要ありません。

 But the mind that thinks it is a body is sick indeed!
 しかし、自らを身体だと思っている心が病んでいるのは確かです。

 And it is here that Christ sets forth the remedy.
 だから、キリストが治療を行おうとするのは、ここにおいてなのです。

 His purpose folds the body in His light, and fills it with the Holiness that shines from Him.
 キリストの目的が身体をキリストの光に包みこみ、キリストから輝き出す神聖さで身体を満たします。

 And nothing that the body says or does but makes Him manifest.
 そうすると、身体の言うことや行うことは、余すところなくキリストを顕現するものとなります。

 To those who know Him not it carries Him in gentleness and love, to heal their minds.
 その身体は、優しさと愛の中にキリストを携えて、キリストを知らない者たちの心を癒すために、キリストを届けます。

 Such is the mission that your brother has for you.
 このようなことが、あなたの兄弟があなたのために持っている使命です。

 And such it must be that your mission is for him.
 そして、あなたが兄弟のために担う使命もこのようなものであるに違いないのです。




I. The Link to Truth
一 真理への絆


1. It cannot be that it is hard to do the task that Christ appointed you to do, since it is He Who does it.
 キリストがあなたになすようにと定めた任務を遂行することが難しいはずがありません。なぜなら、その任務をなすのはキリスト自身だからです。

 And in the doing of it will you learn the body merely seems to be the means to do it.
 そして、その任務を遂行するうちに、あなたにも身体はその任務を遂行するための道具のように見えているだけだとわかってきます。

 For the Mind is His.
 というのは、大いなる心はキリストのものだからです。

 And so it must be yours.
 そうだとすれば、大いなる心はあなたのものでもあるに違いありません。

 His Holiness directs the body through the mind at one with Him.
 キリストの神聖さが、そのキリストの大いなる心とひとつのものであるその心を通して身体を導くのです。

 And you are manifest unto your holy brother, as he to you.
 だから、あなたの兄弟があなたに顕われているように、あなたはあなたの聖なる兄弟に顕われています。

 Here is the meeting of the holy Christ unto Himself; nor any differences perceived to stand between the aspects of His Holiness, which meet and join and raise Him to His Father, whole and pure and worthy of His everlasting Love.
 ここにおいて、聖なるキリストが自分自身と出会うことになります。しかも、キリストの神聖さの様々な側面の間を遮るようないかなる違いも知覚されることはありません。キリストの神聖さの側面たちは出会って一体となり、完全かつ純粋で、の永遠の愛にふさわしいキリストをの下へと昇らせます。

名称未設定


2. How can you manifest the Christ in you except to look on holiness and see Him there?
 神聖さを見つめ、そこにキリストを見る以外に、どうやってあなたに自分の中にいるキリストを顕現できるでしょうか。

 Perception tells you you are manifest in what you see.
 知覚は、あなたの見ているものの中にあなたが顕われるのだと教えてくれます。

 Behold the body, and you will believe that you are there.
 身体を見るなら、あなたは自分が身体の中にいると信じるでしょう。

 And every body that you look upon reminds you of yourself; your sinfulness, your evil and, above all, your death.
 そして、あなたが目にする身体の一つひとつが、あなたの罪深さや邪悪さ、何にもまして、あなたの死というものをあなたに思い起こさせます。

 And would you not despise the one who tells you this, and seek his death instead?
 そうなれば、あなたはこんなことを自分に告げるものを毛嫌いして、自分の代わりに死んでくれればいいと思わずにいられないはずです。

 The message and the messenger are one.
 メッセージそのものと、それを伝える者とはひとつのものです。

 And you must see your brother as yourself.
 だから、あなたは自分の兄弟を自分自身だと見なければなりません。

 Framed in his body you will see your sinfulness, wherein you stand condemned.
 兄弟を身体という枠の中に見るとき、あなたは自分の罪深さを見て、そこであなたは有罪宣告を受けることになります。

 Set in his holiness, the Christ in him proclaims Himself as you.
 兄弟を神聖さの中に見るとき、彼の中のキリストが、キリスト自身があなたなのだと宣言してくれます。




3. Perception is a choice of what you want yourself to be; the world you want to live in, and the state in which you think your mind will be content and satisfied.
 知覚とは、あなたが自分自身がどうあることを望むかを選択することです。それは、自分の住みたい世界や、自分の心が満たされて充足していると思える状態を選ぶことです。

 It chooses where you think your safety lies, at your decision.
 知覚は、あなたの決断によって、あなたが安全を見出せると思う場所を選ぶわけです。

 It reveals yourself to you as you would have you be.
 知覚は、あなたの思い通りの自分の姿を、あなたに見せてくれます。

 And always is it faithful to your purpose, from which it never separates, nor gives the slightest witness unto anything the purpose in your mind upholdeth not.
 そして、知覚は、いつもあなたの目的に忠実で、決してその目的から離れはしないし、あなたが心に抱く目的が支持しないことについては、少しも証明しようとはしません。

 Perception is a part of what it is your purpose to behold, for means and end are never separate.
 知覚することは、見るというあなたの目的に欠かせないものです。というのも、手段と目的は、絶対に離れないからです。

 And thus you learn what seems to have a life apart has none.
 こうして、あなたは、一個の生命を別々に持っているように見ているものは、実は何も持っていないのだと学びます。

名称未設定


4. You are the means for God; not separate, nor with a life apart from His.
 あなたこそが神の手段です。あなたは、神から分離しておらず、神の大いなる生命とは別の一個の生命を持っているわけでもありません。

 His life is manifest in you who are His Son.
 神の生命が、神の子であるあなたに顕現されているのです。

 Each aspect of Himself is framed in holiness and perfect purity, in love celestial and so complete it wishes only that it may release all that it looks upon unto itself.
 神自身の一つひとつの側面は、神聖さと完璧な清らかさに包まれているし、崇高でこの上ない愛に包まれているので、自らが目にするものすべてがそれ自体に向けて解放されることを願うだけです。

 Its radiance shines through each body that it looks upon, and brushes all its darkness into light merely by looking past it to the light.
 その燦然とした輝きは、それが見る身体の一つひとつを貫いて煌き、単に身体を通り越して光を見ることによって、身体の闇を払い除けて光へと変えます。

 The veil is lifted through its gentleness, and nothing hides the face of Christ from its beholders.
 その優しさでヴェールは持ち上げられ、キリストの顔を見ようとする者から、その顔を隠すものは何もなくなります。

 You and your brother stand before Him now, to let Him draw aside the veil that seems to keep you separate and apart.
 今、あなたと兄弟はキリストの前に立ち、あなたたちを分離して引き離されたままに保つように見えるヴェールをキリストに取り払ってもらうのです。




5. Since you believe that you are separate, Heaven presents itself to you as separate, too.
 あなたが自分は分離していると信じているために、天国もまた、あなたに分離した状態としてその姿を示すことになります。

 Not that it is in truth, but that the link that has been given you to join the truth may reach to you through what you understand.
 これは、本当はそうではないのですが、あなたに理解できることを通してあなたが真理に到達できるようにと、真理につながるための絆があなたに与えられているということです。

 Father and Son and Holy Spirit are as One, as all your brothers join as one in truth.
 と子と聖霊はひとつの存在であり、それは、あなたの兄弟たちがみんな本当はひとつに結ばれているのと同じことです。

 Christ and His Father never have been separate, and Christ abides within your understanding, in the part of you that shares His Father's Will.
 キリストとそのが別々に離れたことは一度もないし、キリストはあなたの理解の中に、すなわち、キリストのの大いなる意志を分かち合っているあなたの部分の中に留まっています。

 The Holy Spirit links the other part--the tiny, mad desire to be separate, different and special--to the Christ, to make the oneness clear to what is really one.
 聖霊は、それ以外の別の部分、すなわち、分離していたいとか、ほかとは違う特別な存在でありたいという卑小な狂気の願望を抱く部分をキリストにつなぎ合わせて、本当はひとつであるものにその一体性を明確化しようとします。

 In this world this is not understood, but can be taught.
 この世界では、このことは理解されてはいませんが、教わることはできます。

名称未設定


6. The Holy Spirit serves Christ's purpose in your mind, so that the aim of specialness can be corrected where the error lies.
 聖霊は、あなたの心の中にあるキリストの目的に奉仕するので、特別であろうとする目的は、その誤りが存在する場所で修正できるようになります。

 Because His purpose still is one with Both the Father and the Son, He knows the Will of God and what you really will.
 キリストの目的は、今なおと子の両方とひとつのものなので、聖霊には、神の大いなる意志とあなたの本当の意志がわかっています。

 But this is understood by mind perceived as one, aware that it is one, and so experienced.
 ただし、このことが理解されるのは、自らをひとつのものとして知覚し、自らがひとつであることを自覚して、そのように経験した心によってです。

 It is the Holy Spirit's function to teach you how this oneness is experienced, what you must do that it can be experienced, and where you should go to do it.
 あなたがこの一体性をどのようにして経験するのか、これを経験するにはあなたは何をしなければならないか、それをするためにあなたはどこへ行くべきか、それを教えるのは聖霊の役目です。




7. All this takes note of time and place as if they were discrete, for while you think that part of you is separate, the concept of a Oneness joined as One is meaningless.
 ここで述べたことはすべて、まるで時間と空間が別々のものであるがごとくに記しています。それは、あなたが自分の一部が分離していると思っている間は、ひとつに結び合さった一体性という概念は意味を持たないからです。

 It is apparent that a mind so split could never be the Teacher of a Oneness which unites all things within Itself.
 そのように分裂した心が、すべての物事をそれ自体の内に統合する一体性を教える大いなる教師であることは決してありえないのは明白です。

 And so What is within this mind, and does unite all things together, must be its Teacher.
 そうだとすれば、この個別の心の中にあって、現にすべての物事を一緒に結びつけている存在こそが、その心に教える大いなる教師であるに違いありません。

 Yet must It use the language that this mind can understand, in the condition in which it thinks it is.
 しかし、この大いなる教師は、その個別の心が自分が存在していると思いこんでいる状況において、その心に理解できる言葉を使わなければなりません。

 And It must use all learning to transfer illusions to the truth, taking all false ideas of what you are, and leading you beyond them to the truth that is beyond them.
 そして、大いなる教師は、幻想の数々を真理へと移すために、すべての学びを用いなければならないし、あなたが何者であるかについての間違った想念をすべて取り上げて、それらの間違った想念を乗り越えて、それらを超越する真理の下へとあなたを導いていかなければなりません。

 All this can very simply be reduced to this:
 これらすべては、きわめて簡単に、次のように要約できます。


What is the same can not be different, and what is one can not have separate parts.
同じであるものが異なっていることはできないし、ひとつであるものが分離した部分を持つことはできない。



名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
真理教師聖霊一体性キリスト分離天国ヴェールキリストの顔

Comments 0

Leave a reply